instagramはじめました!フォローはこちら

【ANA】変更不可チケットも無料でキャンセル・延期が可能! 急病や悪天候なら取消手数料は不要&ノーチャージなら区間変更も!?

follow us in feedly

変更不可の航空券でも無料でキャンセルできる場合がある

飛行機に乗れなくなるかも?!という事態に陥ったこと、きっと誰しもありますよね。

ANAの「ANA SUPER VALUE(スーパーバリュー)」のような早期割引運賃は、普通運賃と比べて半額以下になることもあり、出来るだけ安く飛行機に乗りたい場合に重宝します。

しかしその反面、キャンセル料が高額なため、急な予定の変更などで困った事態になることも。

お得だと思って利用したはずが、結果的には損してしまう可能性もあります。

そんな時でも、すぐに諦めてしまうのは早計です!

バーゲン運賃でも、「取消手数料無料で払い戻し」 or「出発予定日から30日以内の空席がある便への変更が可能」な場合がありますので、以下にて詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

CASE1. 体調不良の場合

1月も終わりに近づき、「インフルエンザ」や「りんご病」の流行情報が取り沙汰されることも増えてきました。うちの子供が通う保育園でも何人かインフルエンザのお子さんが出始め、ウイルスがいつ家に入ってくるか気がかりなこの頃ですね。

飛行機に乗る直前、体調不良になったら

まずは予約センターに電話で相談してみよう

もし搭乗日直前に病気にかかって、とても出かけられないような状態になってしまったら、慌てずに以下の手続きを取りましょう。

  • 医療機関で診断書をもらう
  • 出発時間までにANAに電話する or ANA国内線空港カウンターで申し出る
  • ANAに診断書を提出する(FAX)

航空会社側も、病気のお客様に無理して乗って頂きたいとは考えていませんので、上記手続きで問題なく取消手数料無料で払い戻し/また予約便出発予定日から30日以内の便への変更をして貰えます。

我が家の場合、本人だけでなく同行者分にも適用されました

感染症に限らず、旅行できない程度の病気とお医者さんの診断書が出れば、もちろん同様の手続きで手数料免除となります。

実際、私も数年前に一緒に旅行するはずだった義父が脳出血で倒れた際に、この手続でドイツへの国際線航空券を全額払い戻ししてもらった経験があります。病気で倒れた本人の分のみならず、同行する予定の人たちの分も、もちろん同様に取消・払戻手数料は不要という対応でした。

電話窓口一覧

意外とこの方法を知らずに、変更できないチケットだからと素直に手数料を払う方が多いのですが、航空会社も鬼じゃありません。

困ったことになったら、ひとまず予約センター等に相談してみて下さいね(かくいう私も、地上係員という仕事をしていなかったら、知らないままだったかもしれません。)!

<ANAの電話窓口一覧>

  • マイレージクラブ非会員 0570-029-222
  • マイレージクラブ会員 0570-029-767
  • ダイヤモンドデスク 0120-029-678
  • プラチナデスク 0120-029-140
  • ブロンズデスク 0120-029-062
  • SFCデスク 0120-029-340

国内線は朝6時30分から夜10時、国際線は24時間対応しています。

CASE2. 悪天候の場合

悪天候による遅延欠航

今月は全国的に雪の影響で、交通ダイヤが大幅に乱れることが多々有りました。もちろん、飛行機も例外ではありません。

雪の多い地方、例えば新千歳空港などでは、凄まじく高性能な除雪車があり、雪が弱まった隙を見て、あっという間に掃除し滑走路を開けてしまいます。

しかし、雪に不慣れな羽田空港などでは、そこまでの大雪でなくても、なす術なくあっけなく欠航になってしまうことがよくあります。

欠航、遅延かも…?でも変更できないチケットだからとりあえず空港には行かなきゃ!という方、ちょっと待ってください。

まず運行状況をHPでよく確認してみましょう。空港に行かずとも自分で手続きできる場合があります。

ノーチャージって何?どうやって調べるの?

まず、ANAトップページ右側の運行の見通しをクリック(下図赤枠)。

ana 運行について
すると、以下の様なページが出てきますね。

ana ノーチャージ

赤枠部分に注目して下さい。

明日・午前中の羽田発着便は、まだ欠航と決まったわけではありませんが、除雪作業が必要になる可能性があることから、現段階で日程振替を受け付け始めました。

文中の「対象空港はこちら」をクリックしてみましょう。詳細が見られます。↓

ノーチャージANA

明日30日、午前中の羽田発着便全て、降雪による影響を受ける可能性ありになっています。

台風や降雪など、天候要因で遅延欠航になることが予想される場合は、このように前日のうちに振替の提案が出ることがよくあります。

当日の空港で、運行できるか不明確な状態で長くお客様をお待たせすることは、航空会社側も避けたいのです。ここで振替提案の出ている便のことを、「ノーチャージフライト」といいます。

その名の通り、チャージ(課金)なしで変更払い戻しが可能な便のことです。

スポンサーリンク

実際に予約していた便がノーチャージフライトに

実はまさにこの時、私が予約していた便もノーチャージフライトに入っていました!

今回の旅程は以下の通り。

1. 羽田ー沖縄(プレミアム株主優待)※朝6時台出発
2. 沖縄ー成田(プレミアム旅割28)

これを日帰りでこなす予定でした。

復路で利用する成田空港は、今の所ノーチャージ対象空港に入っていませんが、往路の羽田空港からの便が飛ばなければ、そもそも沖縄から帰って来られません。

こういう場合は、往復を別の予約番号で予約していたとしても、往復一緒に日程変更することが出来ます。つまり、片道でもノーチャージ対象になっていれば、対象外の成田空港の便も変更することが出来るのです。

しかもなんと!区間変更(出発空港と到着空港の変更)まで出来てしまうんです!当然ノーチャージ=無料!

成田空港発を羽田空港発に変更してみました

成田空港発の便は、羽田空港発の便と比べるとお安くてよいのですが、移動にお金も時間もかかります。

今週末は雪の可能性と聞いた時から、「羽田発に変更したい!」と、実はノーチャージになることをひそかに待ち望んでいました。

ANAのノーチャージ発表を確認してから、日程と区間を変更をすることに。区間を変更する場合は、ANAの国内線窓口に電話してお願いする必要があります。

そして先ほど、無事2月中旬の羽田発着便に変更することが出来ました!やったー!

1. 羽田ー沖縄(プレミアム株主優待)※朝9時台出発
2. 沖縄ー成田(プレミアム旅割28)

羽田路線は成田路線よりも1万円以上運賃が高いのに、無料で変更できるなんてすごいですよね。これで、羽田-沖縄線限定サービスの黒糖アイスも食べられちゃいます。

その上、元の予約では早朝発だった行きの羽田便(一番安い)を、9時過ぎ出発の便にしたことで、気持ちにもゆとりが出ました。

いつも朝起きられるかどうかドキドキで、何度も目が覚めたあげくに結局5時前起きというパターンなので、朝のんびり出来るのはうれしい♪とっても得した気分です。

自分で早めにチェックすることをオススメ

ちなみにこの段階で、ANAから振替を案内するメールは来ていませんでした。

いち早く情報を入手するためには、自分でまめにANA公式HPの「運行の見通し」をチェックすることをオススメします。

振り替えるにも希望する日程に空席がなければ、どうしようもありません。全ては早い者勝ちなのです!

日程変更だけなら、WEB上で手続きできます

なお、区間変更のない場合のノーチャージフライトの変更/払戻手続については、基本的にWEB上で済ませることが可能です。

下の方にある“航空券の取扱い”をクリック。

ana ノーチャージ手続き

 

次のページで便変更(赤枠)か払い戻し(青枠)が選べますので、どちらかを選択して手続きを行います。
ana ノーチャージ手続き2

 

便変更を選択すると、以下の様な画面に移ります。

振替

オレンジの「振替」ボタンを押すと、予約日以降30日以内の便を空席照会・予約することが可能となります。

ちなみに、運行状況のページには、機材故障による欠航等は含まれていません。あくまで気象起因の運行情報だけですので、ご注意下さいね。

ノーチャージまとめ

以上説明して着たように、通常であればキャンセル料が必要な航空券でも、「急病による変更/キャンセル」や、「悪天候による欠航/遅延変更」が無料で可能な場合があります。

この仕組みを知っていれば、先の予約に対するハードルも少しは下がるのではないでしょうか。

安い航空券を活用して上手にフライトを手配しましょう。

ただし、仕事や家庭の事情で変更/払い戻しは(多分)難しいと思いますので、その点はご注意くださいね!

トップへ戻る