instagramはじめました!フォローはこちら

イチオシ!「オハコルテベーカリー」は沖縄・那覇市のオシャレベーカリー<ANA SFC修行3-3>

follow us in feedly

沖縄の朝ごはん、と言えば、何を思い浮かべますか?

沖縄ならではの大衆食堂や、ポークたまごおにぎりなんかもいいですよね。でも、今回私が選んだのは、あえてのオシャレベーカリー!

というのも、ここ数年で知名度&人気急上昇なパン屋さん「オハコルテ」が宿泊していたホテルのすぐそばにあったから。朝早くから開いているようですし、さっそく行ってみましょう♪

スポンサーリンク

平日の静かな朝でした

その日の朝は、雨が降っていました。平日の朝なので、皆さん仕事に出かけるのでしょう。車の往来が盛んです。

↓写真左側の建物が宿泊したホテル『KARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前 』です。

かりゆしlch

おしゃれなパン屋さんオハコルテベーカリー

ホテルから『オハコルテベーカリー』までは徒歩5分。

オハコルテベーカリー地図

『オハコルテ』は、もともと沖縄で有名なタルト専門店。ここはそのチェーン店で、パンをメインに販売しているようです。写真を見てみると、ヨーロッパ調のとっても素敵なお店だったので、ワクワク!

道中にはちょこちょこ小さな飲食店がありましたが、どこも閉まっていて、静かな街並みでした。

あらかじめストリートビューで予習していたおかげで、今日は迷わずお店を発見!(ひどい方向音痴なもので…)ハーバービュー通り沿い、『上泉』というバス停のちょうど目の前にあります。

オハコルテベーカリー

いかにも女性に人気が出そうな、お洒落な佇まいですね!

オハコルテの由来

このお店に行こうと決めてから、オハコルテ…オハコルテ…オコ…ハルテ??と、何度も繰り返したのになかなか覚えられず。

意味がわからない言葉って、なかなかすんなりと頭に入って来てくれません。

その由来は、オハコルテ港川店の住所が18番地=オハコ+タルトの造語で『オハコルテ』なんだそう。

…今度はオハコルトとごっちゃになりそうです。トルテじゃなくて、タルトなのに(ト)ルテ…。でも、お店が可愛くて大好きになってしまったので、ALL OK、無問題です。

港川店は外人住宅を改装したお店で、そこもとっても素敵なんだとか。いつか行けるといいな。

オハコルテベーカリー店内の様子

開店後すぐに入ったので、並べてあるパンはまだ10種類ほどでした。

オハコルテベーカリー店内

値段は東京とあまり変わらないと思います。小さめのお総菜パン260円、スコーン150円とか、そのくらいでした。地方にしては高いけど、観光地価格と思えばそんなものかな、といったところです。ちょっとしたデリも置いていました。

本場ヨーロッパよりもヨーロッパっぽいインテリアで、沖縄にいることを忘れてしまいそう!

奥の棚には、ドイツ製のジャムなども置いてありました。こんなお店が近くにあったら、一揃い買ってホームパーティーしたくなるでしょうね。

写真を撮っていいか聞いた時、店員のお兄さんがとっても素敵な笑顔で快諾して下さったのが印象に残りました。

第1回目の修行で訪れた『ゆうなんぎい』や『歩のサーターアンダギー』の店員さんもあったかかったなぁ。沖縄の店員さんって、皆優しいですね~。

その時のレポートはこちら↓

<ゆうなんぎい>

<歩のサーターアンダギー>

テイクアウトしてホテルへ

お店でイートインも出来るようですが、ホテルでゆっくり食べたかったので、今回はテイクアウトにしました。

店内を見渡すと、パンだけでなく、DIY用品やキッチングッズも売っています。

オハコルテDIY

どれをとっても可愛いものばかりで、癒されました。こんな雰囲気のお家に憧れるけど、掃除も大変だろうし、子どもが小さいうちは無理だろうな…(と、所帯染みたことを考えてみる)。

後ろ髪引かれつつ退店。のんびり歩いてホテルの部屋に戻ってきました。さっそくビニール袋から取り出してみると、紙袋も雑貨屋さん調でかわいい!

オハコルテベーカリー袋

この日は、オハコルテベーカリーの一番人気という、ウインナードックを買ってきました。320円です。焼きたてほかほか!

オハコルテ一番人気

一見何の変哲もないお総菜パンですが、ウインナーの荒挽き具合がちょうどよくジューシーで、たっぷりチーズ&中に入っている甘めの刻みピクルスと相性ぴったり、絶妙なおいしさでした!

オハコルテ、オシャレだし美味しいしでいいですね♪沖縄に来たらぜひ再訪したいお店となりました♡

亀かめそばには訪問できないまま、那覇空港へ

この日のフライトは12:05那覇空港発の成田行なので、朝ごはんを食べてちょっとゆっくりした後、10時半頃に美味しいソーキそばで有名な『亀かめそば』に行くつもりでした…

が、どう頑張ってもお腹が空かないので、道の途中であきらめて、空港に行くことに。

那覇市内でゆっくりできるのはSFC修行中これが最後なので、『こってり』美味しいと評判の沖縄そばを食べることが出来ず、とても残念です…。

↓ご参考までに、青の四角がホテル、赤五角形が旭橋駅、オレンジ丸が亀かめそばです。グーグルの経路検索によると、ホテルから亀かめそばまで徒歩11分・1km弱と出ていました。

KARIYUSHI IZUMIZAKI

ホテルの最寄り駅は県庁前駅ですが、旭橋駅も歩いて5,6分といったところで、大差はないです。

県庁前駅付近には、大きなショッピングモールや国際通り入口がある一方、ホテルから旭橋駅までは何もありません。

ゆいレール旭橋駅

今回が、SFC修行始まって三度目の沖縄。

夜やOKAタッチ(とんぼ返り)の時には晴れていることが多かったのですが、日中出歩ける時間がある時は、あいにくあまり天気に恵まれませんでした。

ゆいレール旭橋駅ホーム

旭橋駅ホームです。出勤ラッシュも終わり、静かでした。

時折聞こえるのは中国語ばかり。近いだけあって、中国人観光客が多いのでしょうね。

那覇市内でゆっくりできるのも今回でおしまい。那覇空港に向かいます!

<次の話>

沖縄土産にオススメ!那覇空港食堂の名物メニュー「ソーキそば」をテイクアウトしてみました<ANA SFC修行3-4>
おみやげ探し 那覇空港には、10:20頃到着しました。出発時刻が12:05ですので、1時間半程度余裕があります。今回、絶対に買おうと思っていたお土産を探しに、さっそくお店に向かいます。ANAカウンターは、ゆいレール駅から向かって右手にあるのですが、この日初めて、左のJAL側ターミナルへ行ってみました。

<前の話>

プレミアムクラスで沖縄まで!那覇市内1泊3000円台の格安ホテルに宿泊します<ANA SFC修行3-2>
NH2159のプレミアムGOZEN ドアクローズ後、滑走路混雑の為30分ほど待機してようやく離陸。成田発便は毎回揺れます…。そういう気がするだけでしょうか。水平飛行になって、ベルト着用サインが消灯してから、機内食『PREMIUM GOZEN』が提供されました。
トップへ戻る