マクドナルドがクレジットカード支払い導入を発表!SuicaやPASMOも利用可能に

マクドナルドのハンバーガー

マクドナルドは世界有数のファーストフードチェーン店ですが、これまで基本的にクレジットカードによる支払いをすることはできませんでした。

しかし、2017年3月21日付けのニュースリリースで、今後クレジットカード支払いに順次対応していく予定であることが発表されました。

ついにマックでもクレジットカードが使える日がやってくるのです!

実際にサービスが開始されるのは2017年下半期からのようですが、全国のマクドナルド(約2,900店舗)で利用可能になるようで、普段からクレジットカードを利用している方にとっては非常に嬉しいニュースです。

スポンサーリンク

従来から利用可能な支払い方法

これまでマクドナルドでは、現金以外にも「iD」、「WAON」、「楽天Edy」による支払いが可能でした。私自身も、マクドナルドでハンバーガーを購入する際には「iD」を主に使っていました。

「iD」に関しては、支払代金がクレジットカードの利用額として請求されるシステムになっています。このため、マクドナルドでは絶対にクレジットカードが使えないかというと、そうではありませんでした。

しかし、iDを利用できるのは三井住友VISAカード等の一部のクレジットカードだけで、全てのカードには対応していません。

普段使っているクレジットカードがiDに対応していなければ、iDに対応しているカードを別途用意する必要がありました。

一方、「WAON」、「楽天Edy」に関しては、クレジットカードを使ってチャージをすることで、実質的にはクレジットカードを使って決済するのと同じような状況を作り出すことが可能でした。

ただし、この場合は事前にチャージをする手間がかかりますし、電子マネーへのチャージについては、クレジットカード決済によるポイントが付与されないケースが増えてきています。

このように、マクドナルドでクレジットカード支払いをしようとする場合には、いくつかの制限があり、少額でもほぼすべてのクレジットカードが使えるコンビニ等と比べてしまうと少しだけ不便でした。

これから利用可能になる支払い方法

今回のニュースリリースで発表された新たに利用可能となる支払い方法は以下の通りです。

電子マネー クレジットカード NFC
・nanaco
・Kitaca
・Suica
・PASMO
・TOICA
・manaca(マナカ)
・ICOCA
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
・Visa
・Mastercard
・JCB
・ダイナース
・ディスカバー
・アメリカン・エキスプレス
<電子マネー>
・QUICPay+
<その他>
・JCB PREMO
・Visa payWave
・Mastercard
コンタクトレス
・J/Speedy
・American Express
Contactless

クレジットカードについては、ほぼ全ての国際ブランドで利用できるようになります。利用者数ではVisaやMasterが多いでしょうが、個人的にはダイナースやアメックスも利用できるのは嬉しいポイントです。

また、クレジットカード以外にも、「nanaco」や「Suica」、「PASMO」等の電子マネーが利用できるようになりますし、スマホ等を使って決済できる「NFC」が導入されるのもよいですね。

カード支払いに抵抗がある方でも、交通系の電子マネーは使っている可能性が高いでしょうから、今回の変更によってメリットを享受できる人はかなり多いと推測されます。

NFCは「Near Field Communication(近接距離通信)」の略称で、非接触通信による決済を可能とするための国際規格です。Suica等に採用されている規格はSonyのfelicaという規格ですが、日本でしか普及しておらず、海外からの旅行者にとっては不便なものでした。NFCを採用した背景には、日本人以外のユーザーの利便性を高めるという狙いがあるのかもしれません。

スポンサーリンク

クレジットカード支払いでもっとお得に

クレジットカード支払いをすれば、カード会社から決済額に応じたポイントが還元されます。このため、現金で支払う場合よりも実質的に安く商品を購入することができます。

例えばポイント還元が1%のクレジットカードを利用すれば、マクドナルドでの購入代金が1%オフになるのと同じです。還元額だけを見ればわずかなものですが、少しでも安く買えるのは嬉しいですよね。

マクドナルドの利用者には節約志向の方も多いでしょうし、魅力を感じる方は少なくないはずです。

カード利用可は陸マイラーにも嬉しい

私のような陸マイラーにとっては、買い物をする時にカードが使えるお店であるかどうかというのが非常に重要です。

クレジットカードでの支払いによって貯まるポイントは、航空会社のマイルに交換して使うと効率がよく、もともとの還元率が低くても価値を高めることができます。

例えば、私が現在メインカードとして使っている「ダイナースプレミアムカード」は、カード利用で3%のポイント還元を実現できますが、貯めたポイントをANAマイルに交換することで実質的な還元率は6%にまで上昇します。

陸マイラー最強装備?ダイナースプレミアムは100円で3マイル還元
マイルが貯まるクレジットカードのランキング第1位筆頭候補の「ダイナースクラブプレミアムカード」について詳しく解説しています。年会費は高額ですがマイル還元率3%の超優秀なカードです。

つまり、今回のマクドナルドからの発表は、私からすれば全てのハンバーガーが6%オフになるというニュースに等しいのです。

少し大げさになってしまいましたが、結論としては「McDonald’s Good Job!!」です。

支払い時間も短縮されるはずです

レジスターとお札と小銭

クレジットカード支払いのメリットはポイント還元だけではありません。カードで支払いをすれば、財布から小銭を探して現金で支払う場合と比べて、レジでの時間が短縮されると予想できます。

小銭を素早く取り出せる方であれば何の問題もありませんが、そうでない方もいますからね。

クレジットカードであればカードを渡して暗証番号を入力するだけですし、タッチするだけの電子マネーであれば一瞬です。

全体で見れば確実に1人あたりの支払い時間は短くなるでしょう。

昼時には長い行列ができる店舗もありますから、支払い時間の短縮は利用者だけでなく、お店側にとっても大きなメリットとなり得ます。

ポイントなんて必要ないという方でも、現金払いはやめて、クレジットカードや電子マネーを積極的に利用することをオススメします。

まとめ

  • 2017年下半期から全国のマクドナルドでクレジットカード支払いが可能になる。
  • Visa、Master、JCB、Diners、AMEXが全て利用可能。
  • SuicaやPASMO等の交通系電子マネーも利用可能。
  • クレジットカードで支払えばポイントが還元されるのでお得。
  • クレジットカードを使えば支払い時間の短縮にもなる。

マクドナルドのようなファーストフード店でクレジットカードを使いたいと考える方は少数派なのかもしれません。

しかし、たとえ少額であっても、現金で支払うよりカードで支払う方が絶対にお得かつ便利ですから、あえて使わない理由はありません。

ただ、今すぐお店に行っても、現時点ではまだ導入されていませんので注意してください。実際に使えるようになるのはもう少し先ですので、サービス開始のアナウンスを待ちましょう。

低価格の商品を扱うお店では、手数料による負担が大きくなるためカード決済の導入は想像以上に難しいのかもしれません。しかし、マクドナルドに追随して、他のファーストフード店でもクレジットカードが使えるお店が増えていって欲しいものです。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク