instagramはじめました!フォローはこちら

スーパーフライヤーズカードって何?ANAカードから切り替える場合の注意点やプラチナサービスとの違いは?無料で獲得する方法まで解説

follow us in feedly

anasfc申込・切替・特典内容まで徹底解説!

ANA上級会員としてのステータスを半永久的に維持できるクレジットカード、スーパーフライヤーズカード(SFC)。

空港ラウンジの利用や優先搭乗などなど、数え切れないほどの特典を享受できるカードとして近年注目を集めています。

このカードは誰でも申し込めるものではなく、まずは一定以上飛行機に乗り続けなければなりません。巷ではそれをSFC修行と呼んでいるのですが、私も先日とうとう目標に達し、申込書を手にすることができました!

今回はこの念願のSFCについて、入手方法から具体的な特典内容、注意点などについて詳しくご紹介したいと思います。

最後には無料でSFCを獲得する方法も記載していますので、皆様のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

SFCとは?

まずSFCとは、クレジットカード機能付・年会費有料で、半永久的にANAのプレミアムサービスを受けられるスーパーフライヤーズカード」のこと。

普通のANA一般カード(クレジット機能付き)は異なるブランド、ステータスのものを複数枚持つことが出来ますが、SFCは一人一枚しか持つことが出来ません。

申し込める人

申し込むことが出来るのは、以下の通りです。

  • ANAマイレージクラブ「プラチナメンバー」(1〜12月の1年間に50,000プレミアムポイント獲得)
  • ANAマイレージクラブ「ダイヤモンドメンバー」(1〜12月の1年間に100,000プレミアムポイント獲得)
  • 「ミリオンマイラー」(ANAマイレージクラブ入会からの総飛行距離=ライフタイムマイルが100万到達)

SFC修行についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

SFC修行のすべて~ANA上級会員になるために【2020年対応最新版】
SFC修行について詳しく解説しています。「そもそもSFCってなに?」、「なぜ修行するの?」など、SFC修行に関する疑問への答えが全てこの記事に書かれています。

SFCとプラチナサービスの違いは?

SFCに申し込むためには、上記の通りまず一度だけでいいので、プラチナ以上のステータスを獲得する必要があります。

プラチナとSFCの間にはどんな違いがあるのかと思われる方もいらっしゃることでしょう。

以前もちょこっとだけ触れましたが、SFCとプラチナサービスの違いを表にまとめるとこんな感じです。プラチナは本人しか特典利用できませんが、SFCなら家族会員も恩恵を受けることが出来ます。

特典内容 プラチナ会員 SFC
本会員
SFC
家族会員

プレミアムメンバー専用サービスデスク

ラウンジ利用
座席クラスのアップグレード ×
ANA国際線アップグレード特典

国内線予約の先行受付

国内線座席指定の優先(同行者も可)

※クリックして拡大します

国内線優先座席指定

青枠 茶枠 茶枠
国際線事前座席指定料金の免除 × ×
予約時の空席待ちの優先
国内線特典航空券・いっしょにマイル割の先行予約
国際線特典航空券・アップグレード特典の優先
優先チェックインカウンター
手荷物受け取りの優先  ◯

手荷物許容量の優待

専用保安検査場の利用

優先搭乗

空港での空席待ち優先

マイカー・バレー優待(成田空港)

羽田空港駐車場の優先予約

香港国際空港の優先レーン

アップグレードポイントプレゼント

×

フライトボーナスマイル

90~105% 35~50% 35~50%
ANAゴールドカード / ANAカード プレミアム特別ボーナスマイル × ×
マイルからANA SKY コインへ特別倍率で交換 1~1.7倍 1~1.6倍 1~1.6倍

アップグレードポイントからANA SKY コインへの交換

×

IHG・ANA・ホテルズグループジャパンでの優待

5% 10% 10%

ANAマイレージクラブ Financial Pass VisaデビットカードATM

出金手数料無料

× ×

オリジナルネームタグプレゼント

× ×
プレミアムメンバー限定ANAセレクション
ライフスタイルマガジン ×

ダイアリー・カレンダー・手帳のプレゼント

×

こうして並べて比較してみると、意外と(?)SFCにしか与えられない特典があったり、プラチナよりもレートがいい特典があったりすることに気が付きますね。

なお、上図記載のプラチナ特典内容は、本サービス提供期間中のものであり、事前サービス中には利用できないものも含まれています。本サービスと事前サービスの違いについては、↓記事で詳しく紹介しています。

SFCは全8種類

全8種類の一覧はこちらです。

カード種別

年会費
本会員
年会費
家族会員

ANAスーパーフライヤーズカード(一般カード)
JCB・VISA・マスターカード

11,275円

 5,610円
ANAスーパーフライヤーズ ゴールドカード
JCB・VISA・マスターカード
16,500円  8,250円

ANAダイナース スーパーフライヤーズカード

30,800円

 11,550円

ANAアメリカン・エキスプレス
スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード

34,100円

 17,050円

ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム

77,000円

 4,400円

ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード

170,500円

 無料

ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード

88,000円

 4,400円

ANAアメリカン・エキスプレス
スーパーフライヤーズ・プレミアム・カード

165,000円 無料
(4枚まで)

オススメSFCはどれ?

結論から言いますと、イチオシは「ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA/MASTER)」。

SFCを取得するにあたっては、SFC修行を始める前から「ANAワイドゴールドカード」を持っておいて、修行完了後に「ANAスーパーフライヤーズゴールドカード(VISA/MASTER)」に切替えるのが一番安全でオススメです!

新規入会ではなく切替をオススメしている理由は、いざSFC申込み条件である50,000PPに到達しても、クレジットカード会社の審査に落ちてしまったら、SFCを手に入れることが難しくなる可能性があるからなのです。

その点、修行を始める前からANAワイドゴールドを持っていれば、SFCの申し込み基準に達していざ申し込む段階になっても、新たな審査なく切り替えが可能。

詳しくはこちらで解説していますので、ぜひご一読下さい。

なお前述の通り、1人が持てるSFCはいずれか1枚だけですので、ライフスタイルをよく考えて選択する必要がありますね。

ただし、スーパーフライヤーズカードを一旦発行した後でも、別ブランドに切替えることは可能です。

ANAカードからSFCへの切り替えにあたって

すでに一般のANAカードを持っていて、同じブランドのSFCに切り替える場合、いくつか注意事項があります。

切り替えられないANAカードもある

もともとクレジット機能付きのANAカードを持っていて、いざ同ブランドのSFCに切り替えよう!と思っても、切替ができないANAカードが存在しています。

●ANA VISA Suicaカード
●ANA To Me CARD PASMO JCB
●ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード
●ANA VISA nimoca カード

これらのカードを持っていて、同ブランドのSFCを作りたい場合は、新規入会扱いとなり、新たに審査を受ける必要があります。

元のカードを維持する場合、または退会する場合でも、忘れずに移行手続きを行えば、貯めたマイルやプレミアムポイントが消滅することはありません。

SFC切替後の疑問点

SFCに切り替える際、注意しておくべきポイントがいくつかあります。

年会費が二重にかかる?実際はかかりませんでした!

その一つが年会費。

ANAカードからSFCへの切替時には、原則として、年会費を改めて請求すると公式サイトに記載されています。

ANA SFC切替

ということは、4月に申込んだとして、5~6月あたりに改めてSFC年会費が発生するということでしょうか。

が、しかし。

実際に届いたSFC添付書類を見ると、SFC年会費の請求予定日は来年1月10日になっています。これは、元々持っていたANAワイドゴールドカードの次回年会費発生日です。

「年会費を改めて徴収」と書かれていたため、3ヶ月前にワイドゴールドの年会費を払ったばかりなのに、SFCに切り替えたら再度11,070円を支払わないといけないのか…と思っていましたが、VISAゴールドデスクに確認したところ、切替の場合は、切り替える前のカードの年会費発生日が引き継がれるとのこと。

ということは、元のカードの年会費を払った後、すぐにSFCに切り替えるのがお得ということになりますね!

ただこれは、あくまでワイドゴールドカード(VISA)→SFCゴールドカードへ(VISA)の切り替えのケースですので、一般や他ブランドだと、また取扱が違うかもしれませんのでご注意下さい。

Edy残高は引き継ぎされない

古いカードのEdyは無効になってしまいますので、切替前に使い切っておく必要があります。

少しめんどくさい気もしますが、消えてしまってはもったいないですから、忘れずにEdyカードの残高はゼロにしておきましょう。

クレジットカード番号が変更になるカードも

ANAアメリカン・エキスプレス・カード(一般カード/ゴールド・カード/プレミアム・カード)から、スーパーフライヤーズカード(ゴールド・カード/プレミアム・カード)への切替の場合は、クレジットカード番号が変わります。

それほど大きな問題ではないかと思いますが、水道光熱の引き落としで登録している場合などには気をつけましょう。

マイレージクラブお客様番号は変わらない

切り替えの場合、マイレージクラブお客様番号は変わりません。

もしこれが変わってしまうと、番号ごとに管理されている予約が行方不明になったりもするので面倒ですが、変更されないなら安心ですね。

SFCを家族名義にすることは出来ない

「50,000プレミアムポイントを獲得出来てよかったよかった♪そうだ!SFCは切り替えついでに夫の名義にしておこう!」

…ということは、残念ながらできません。

ANAスーパーフライヤーズカードに入会したあとに、本会員⇔家族会員の切り替えをすることもできません。我が家のようにSFC修行を妻が行い、SFC取得後に夫を本会員にすることは出来ないのです。

-shared-img-thumb-ELLY15010354_TP_V

無料でSFCを取得するためには?

私自身は家庭の事情もあって、全て自腹でSFC修行を行いました(約50万円)。

しかし、もしあなたが余裕を持って計画できるのであれば、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換し、さらにスカイコインに換えることにより、手出しなしでSFCを取得することも可能です。

具体的な貯め方はこちらをどうぞ!

最後に

  • SFCは半永久的にANA上級会員資格を維持できるクレジットカード
  • 申し込むためには飛行機に乗り続ける必要がある
  • プラチナステータスに近い特典が受けられる
  • SFCは8種類
  • 一般のANAカードにはSFCへの切り替えが出来ないものも

SFCさえあれば、毎年プレミアムポイントを稼ぐことなく、半永久的にプレミアムメンバーの特典を受けることが出来ますので、費用対効果は抜群!

もちろん、ANAだけでなく、スターアライアンスゴールドステータスを兼ねていますので、海外でも大活躍。何度SFCを持っていてよかったと思ったことでしょう。

ANAやスターアライアンス系の飛行機を利用する機会が多い方には、間違いなくオススメできるカードです!

マイルを貯めて気軽に旅行しましょう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

【行き先・ブランド別】一度は泊まってみたい国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを...
トップへ戻る