2016年 ANA SFC修行第1回-5:那覇イチオシの格安ホテルご紹介

SFC修行は日帰りで終わらせることもできますが、旅程の組み方によっては、どうしても宿泊が必要になることがあります。

観光も兼ねて修行する場合、思い切って高級なホテルを予約してしまうのもありですが、私の場合「コスパ重視」の修行ですから、できるだけ価格の安いホテルに泊まりたいところ。

せっかく航空券を安く購入してプレミアムポイント単価(PP単価)を低くできても、宿泊費が高くなってしまえば、総費用で見た場合のPP単価は上がってしまいます。

SFC修行において、宿泊先の選択は結構重要です。

スポンサーリンク

SFC修行にオススメ!那覇市内のローコストホテル

SFC修行で沖縄に宿泊することを決めてから、予算一泊あたり5,000円以下、セキュリティがしっかりしていて、ゆいレール最寄り駅から徒歩5分以内であることを条件に、いろいろなホテルを検討しました。

1月のオフシーズンとはいえ、さすが常夏観光地の沖縄、なかなか条件に合うホテルが見つかりません。

そこで夫が探してきてくれたのが、「KARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前 」です。

KARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前のエントランス

県庁前駅から徒歩5分、築浅2013年オープン、無料wi-fiにウォシュレットまで付いて、一泊なんと3,601円!これが通年価格というから驚きです。

さらに、90日前の予約で3,074円~、45日前でも3,425円~で泊まることが出来てしまいます(いずれも税抜)。

セキュリティもしっかりしていて、エレベーターを呼ぶにもルームキーが必要で、自室の階以外には停まりません。

アメニティはタオルだけなので、洗面用具やパジャマは持っていく必要がありますが、1階がローソンなので全く不自由はしませんでした。

気になるお部屋の中は?

お部屋は少し狭いですがとっても機能的です!

入口のドアを開けると、まず洗面ボウルとご対面。

KARIYUSHI LCH. Izumizaki 県庁前の洗面ボウル
入口正面にちょっとしたスペースがあります。

液晶テレビ、コップや湯沸かし器が置いてありました。

掘りごたつ式の机も使いやすいです。なにより限られたスペースを有効活用しているのが素晴らしい。
掘りごたつ式の机

テレビを背中に階段を上がります。この部屋にはロフトが付いているのです。

ロフトに続く階段

ロフトは寝床になっています。

マットレスは薄めですが、背中が床に付く感じはなかったです。

足側にテレビ、壁側に棚があって、十分な設備でした。エアコンがここまで至近距離に設置してあるのは少し不思議な感じ。

寝床にはテレビと冷房完備
階段途中から部屋全体を見下ろすと、こんな感じです。

部屋全体の眺め
シャワーとトイレは入り口左側にありました。

シャワーカーテンだけで仕切られているので、トイレがずぶ濡れになるという口コミがたくさんありましたが、ガラス壁に貼ってある説明書きの通りにシャワーカーテンの両端を濡らして壁に貼り付ければ、まったく問題ありませんでした。

トイレとシャワースペース
広々とした部屋を求めている方には不向きかもしれませんが、1人で過ごすには十分な広さです。

コスパ重視のSFC修行には、まさにうってつけのお部屋だと思います。次回もまた宿泊してみようと思えるオススメホテルでした。

ふるさとクーポン利用でステキなおみやげを頂きました

今回、ホテルには2泊しましたが、そのうち1泊は「沖縄ふるさとクーポン」を使って予約しました。

ふるさとクーポンとは、国が地方活性化のために設定した「地域住民生活等緊急支援のための交付金」を資金源とする、旅行補助・割引制度です。不定期・枚数制限で主要旅行サイト(楽天トラベル、じゃらん、るるぶトラベル等)で配布されます。

今回のクーポンは料金5,000円で1,000円のクオカードとおみやげ3,000円分を頂けるというものでした。

実質1,000円で泊まれたことになります。可能な限り費用を抑えたいSFC修行でこれは助かります!

気になるおみやげは、沖縄の会社が作っているバスグッズでした。

ホテルのおみやげ 沖縄産バスグッズ

食べ物かと思っていたら予想外にオシャレなおみやげで嬉しかったです。

現在このプランは既に終了してしまったようですが、ふるさとクーポンは時々復活しますので、もしめぼしいプランがまた出ましたら、ご紹介したいと思います。

国際通りまですぐ!沖縄料理の名店もご近所

ホテルから徒歩5分程度で国際通りにも遊びに行けます。那覇市内の観光にも便利なのが嬉しいですね。

ホテルのそばに国際通り

この日の夕食は、有名な沖縄料理店「ゆうなんぎい」に行きました。入口から沖縄っぽい雰囲気があります。

ゆうなんぎい入口

お店の中はこんな感じです。

カウンターに座ってみました。

ゆうなんぎい店内

ゆうなんぎい人気メニューの「ふーちゃんぷるー」。お店に行く前からこれを食べようと決めていました。

ゆうなんぎいの「ふーちゃんぷるー」
少食の私はこれだけでお腹いっぱい。

また訪れる機会があれば、今度はラフテーを注文してみようと思ってます。

店員さんは皆明るくて優しいし、お料理も評判通りでした!お酒を飲んでもホテルまですぐなら安心ですね。

まとめ

単身者専用のホテルなので、皆さん静かに過ごされているのでしょう、隣室の物音や話し声が聞こえなかったのも◎。

この価格帯で泊まれるのはゲストハウスばかり。知らない人との交流が楽しいとの声も聞きますが、個人的に一人が好きなのでちょっと辛い…。

こんなに清潔、機能的かつ合理的なホテルが3,000円台であるなんて、本当にありがたい限りです。

まさに修行僧のためのホテルと言っても過言ではないでしょう。ぜひともオススメします!!

by トマレバ

2016年 ANA SFC修行第1回-6に続きます…

2016年 ANA SFC修行第1回-6:那覇-関西を半日で往復
SFC修行2日目は、第2レグ&第3レグである「那覇-関西-那覇」を半日で行います。修行らしい1日になりそうです。 那覇→関空の出発時刻が朝8時...

前回の記事(第4回)はこちら

2016年 ANA SFC修行第1回-4:プレミアムクラス&那覇空港
SFC修行記も4回目ですが、ようやく飛行機に搭乗です。 出張などで国際線のビジネスクラスの経験はありますが、国内線のプレミアムクラスは初体験の...