instagramはじめました!フォローはこちら

【マリオット】無料宿泊の必要ポイント数まとめ~オフピークの割引率はどのカテゴリーがお得?

follow us in feedly

マリオット無料宿泊必要ポイントまとめ

マリオットグループのホテルには、ランクに応じて「ホテルカテゴリー」が設定されています。

ホテルカテゴリーは「1」~「8」の8段階で、数字が大きいほど高級なホテルとなり、このホテルカテゴリーによって、ポイント宿泊(無料宿泊)する際に必要なポイント数が決まります。

今回は、ポイント宿泊に必要となるポイント数の違いと、そこから分かるポイント宿泊のお得度について解説していきます。

スポンサーリンク

カテゴリー別の宿泊必要ポイント数

ポイント宿泊に必要なポイント数をまとめると下記の通り。

ホテルカテゴリー オフピーク
スタンダード ピーク
1 5,000pt 7,500pt 10,000pt
2 10,000pt 12,500pt 15,000pt
3 15,000pt 17,500pt 20,000pt
4 20,000pt 25,000pt 30,000pt
5 30,000pt 35,000pt 40,000pt
6 40,000pt 50,000pt 60,000pt
7 50,000pt 60,000pt 70,000pt
8 70,000pt 85,000pt 100,000pt

当然ながら、カテゴリーが高いほど必要ポイント数は増えますが、宿泊する時期によっても変動します。

オフピーク期間のポイント宿泊がお得

上記表を見ても分かるように、ポイント宿泊する場合は、比較的利用者の少ないオフピーク期間(閑散期)がお得です。

なお、宿泊時期がオフピークかどうかは、ホテル予約時に表示される必要ポイント数で判断できます。

具体的にいつからいつまでオフピーク期間となるかは明確に規定されていませんが、意外な時期がオフピークとして設定されていることもあるので、お得なタイミングを見逃さないようにしましょう。

たび
たび

まさに現在、10月15日までの期間限定で、大部分のホテルをオフピーク料金で利用できる期間限定のキャンペーンが実施中です!

公式Week of Wonders – 発見の一週間

どのホテルカテゴリーがお得?

オフピーク期間のポイント割引率は、ホテルカテゴリーによって微妙に異なります。

具体的にどのくらいお得になるのか、カテゴリー別に比較してみました。

スタンダードとオフピークの比較

まずは基本となる「スタンダード期間」と最安の「オフピーク期間」を比べてみましょう。

ホテルカテゴリー スタンダード オフピーク
ポイント差額
割引率
1 7,500pt 5,000pt -2,500pt 33%
2 12,500pt 10,000pt -2,500pt 20%
3 17,500pt 15,000pt -2,500pt 14%
4 25,000pt 20,000pt -5,000pt 20%
5 35,000pt 30,000pt -5,000pt 14%
6 50,000pt 40,000pt -10,000pt 20%
7 60,000pt 50,000pt -10,000pt 17%
8 85,000pt 70,000pt -15,000pt 18%

上記のように、ポイント差額はカテゴリーが高くなるほど増えていきます。

ただし、もともと宿泊に必要なポイント数がカテゴリーによって違いますし、ポイント差額も段階的に増えていく(直線的に増えない)ため、割引率は単純に変化しません。

割引率が最高となるのは、カテゴリ「1」の33%。一律オフピーク料金となるキャンペーン等で「最大33%割引!」と銘打たれているのは、おそらくこの数字のことと思われます。

割引率順に各カテゴリーをランキングすると以下の通り。

1位 カテゴリー1 割引率33%
2位 カテゴリー2
カテゴリー4
カテゴリー6
割引率20%
3位 カテゴリー8 割引率18%
4位 カテゴリー7 割引率17%
5位 カテゴリー3
カテゴリー5
割引率14%
※割引率は「ポイント差額」÷「スタンダード期間のポイント数」で計算しています(小数点以下は四捨五入)。

ピークとオフピークの比較

次に、最も必要ポイント数が多くなる「ピーク期間」と「オフピーク期間」を比べてみましょう。

ホテルカテゴリー ピーク
オフピーク
ポイント差額
割引率
1 10,000pt 5,000pt -5,000pt 50%
2 15,000pt 10,000pt -5,000pt 33%
3 20,000pt 15,000pt -5,000pt 25%
4 30,000pt 20,000pt -10,000pt 33%
5 40,000pt 30,000pt 10,000pt 25%
6 60,000pt 40,000pt -20,000pt 33%
7 70,000pt 50,000pt -20,000pt 29%
8 100,000pt 70,000pt -30,000pt 30%

スタンダード期間と比較した場合と比べると、ポイント差額がそのまま2倍となります。

このため、割引率はすべてのカテゴリーで上昇していますが、割引率の序列自体は変化しません。

1位 カテゴリー1 割引率50%
2位 カテゴリー2
カテゴリー4
カテゴリー6
割引率33%
3位 カテゴリー8 割引率30%
4位 カテゴリー7 割引率29%
5位 カテゴリー3
カテゴリー5
割引率25%
※割引率は「ポイント差額」÷「ピーク期間のポイント数」で計算しています(小数点以下は四捨五入)。

まとめ

以上、マリオットのポイント宿泊(無料宿泊)に関する考察でした。

・カテゴリーが高いほど、ポイント宿泊の必要ポイント数は多くなる
・宿泊する時期によっても必要ポイント数は変動する
・必要ポイント数が少なくなるオフピーク期間がお得
・オフピークのポイント割引率はカテゴリーによって異なる
・カテゴリー「1」のポイント割引率が最も高く、次点はカテゴリー「2」、「4」、「6」

ちなみに、現時点では日本国内にカテゴリー「1」や「2」のホテルは存在しません。国内旅行の場合には、カテゴリー「4」や「6」のホテルをオフピーク期間に予約するのが、ポイント割引率で考えると最もお得です。

マリオットのポイントは、タイミング次第で「1ポイント=1円以上」として利用できることもあります。

たくさんポイントを貯めて、お得にホテルに宿泊しましょう!

関連記事

SPGアメックスにお得に入会する方法

手軽にマリオットのエリートメンバーになりたいのなら、「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます。

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る