instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

ベトナム旅行で絶対に食べたいおすすめグルメ4選!ホーチミンで出会ったステキなレストラン&カフェ

follow us in feedly

ベトナム料理

ベトナム旅行のお楽しみといえば、やっぱり美味しいベトナム料理ですよね!!

ベトナム料理は、中国文化とフランス文化双方の影響を受けて発展してきたという背景があり、私たち日本人の口にも合う、野菜たっぷり脂少なめでヘルシー&マイルドな味付けが特徴です。

先日初めて都内で本格的なベトナム料理を頂いたのがきっかけで、アジアご飯マイブームが到来!本場の味をとっても楽しみに、ホーチミンまで出かけてきました。

今回は、観光客だけでなく、地元の方にも大人気のベトナム料理店をご紹介したいと思います。

どこも噂に違わぬ感動の美味しさでしたので、是非チェックしてみて下さい!!

スポンサーリンク

Chi Hoa(チーホア)

まず1店目は、ホーチミン市庁舎にほど近いベトナム料理店「Chi Hoa(チーホア)」

ベトナムホーチミンのレストランチーホア店頭

お店の場所

お店は、人民委員会庁舎にも程近い、レタントン通り沿いにあります。

店内の様子

訪れた日は、3階までお客さんでいっぱい!人気の高さが伺えますね。

ベトナムホーチミンのレストランチーホア店内の様子

店内はとても清潔でモダンな雰囲気。これなら東南アジア初心者でも、安心して訪れることができそうです。

食器はベトナム伝統の「バッチャン焼」

私は窓側の2名掛けに案内されました。このお店で使われている食器はベトナム伝統工芸品の「バッチャン焼き」で統一。

ベトナムホーチミンのレストランチーホア店内の様子

ちょっと暖かさを感じるベージュがかった白地に、花菱や魚の素朴な柄が映えますね。

窓の外には、レタントン通りの街路樹が見えました。なんて穏やかで落ち着く空間なのでしょう。

ベトナムホーチミンのレストランチーホア店内の様子

スポンサーリンク

メニュー

メニューブックも赤地にお花モチーフと、とっても可愛い♡

ベトナムホーチミンのレストランチーホアメニュー

開いてみると、なんと日本語併記!

ホーチミンチーホアメニュー

しかも、外国でありがちな怪しい日本語ではなく、とってもちゃんとした日本語です。この周辺は日本人街なので、日本人のお客さんも多いのでしょうね。

お値段は、バインミー(ベトナム風サンドイッチ)が60,000VND(≒291円)と、ベトナムの物価からすると少々お高めですが、衛生的で素敵なお店で食事できるのですから、安いものです。

こちらのお店では、伝統的なものから創作的なものまで、数十種類のお料理が提供されているため、予備知識なく行くと、どれにしようか迷ってしまいそう。

お立ち寄りの際には、公式サイトに全メニューが掲載されています(もちろん日本語付き)ので、是非こちらをどうぞ!

朝食やセットメニューが充実しているのも嬉しいポイントです。

揚げ春巻とチェーを注文!

ベトナムに来て初めての食事。私が選んだのはこちらのえびとカニの揚げ春巻(110,000VND≒535円)です!!

ホーチミン・チーホア揚げ春巻

ちょうど一年ほど前に、都内の有名ベトナム料理店で食べて感動して以来、本場の揚げ春巻は一体どれ程美味しいんだろう!?と、ベトナムに来たらまずこれを食べようと心に決めていました。

揚げたてパリッパリの薄皮の中には、ジューシーなエビとカニがたっぷり!!

一緒に添えられたミントやシソの葉、レタスを巻いて食べれば、油っぽさも消え去り、とってもヘルシーさっぱり♪

いくらでも食べられそうな美味しさでした。さすが、これは東京で食べたよりも美味しいですね〜。ホーチミンに来てよかった!と早くも実感です。

本当はこれに加えて、評判のチャーハンも食べてみたかったのですが、お茶碗2杯分くらいの量があると言われ、うーむ、それは入らなそう…と断念(涙)。

代わりにと言ってはなんですが、ベトナム風おしるこのチェーを注文することにしました。

数種類ある中から私が選んだのは、さつまいもと茹でピーナッツ、タピオカココナツミルクのチェー

ホーチミン・チーホアのチェー

ほんのり温かいココナッツミルクベースに、角切りにしたさつまいも、ほくほくのピーナッツなどが入っていました。

これがまたとっても上品でいいお味!

ベトナムは11月でも気温は35度と真夏でしたが、長時間のフライトと慣れない町歩きの疲れを、優しく癒してくれました。

そうそう、飲み物は冷たいジャスミン茶(35,000VND≒170円)を注文したのですが、届けられたのは急須に入ったあっつあつのお茶と、氷がたっぷり入ったグラス。

ホーチミン・チーホアジャスミンティ

あまり日本ではお目にかからないスタイルです。ベトナムでは、こうやって冷たいお茶を作るんですね〜。

東南アジアでは氷や生水を口にしないほうがいいとも言われますが、もちろんこのお店で頂いた時は何の問題もありませんでした。

ベトナム料理というと、化学調味料をふんだんに使用しているというイメージがありますが、こちらでは不使用。とっても上品で優しくて、でもしっかりと本場らしさを味わえるお料理の数々が楽しめます。

店内も、客席からお化粧室に至るまで清潔でしたので、東南アジア初心者にかなりオススメできるお店です!!

ChiHoa(チーホア)
住所:31A Lê Thánh Tôn, Phường Bến Nghé, Quận 1, Tp.HCM
営業時間:10:00~21:00(日曜定休)
公式サイト:http://chihoacuisine.com/en/
スポンサーリンク

Quan Bui(クアンブイ)

次にご紹介するのは「Quan Bui(クアン・ブイ)」。

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)店頭

お店の場所

1つ目にご紹介した「チーホア」のご近所、日本人街にあります。

店内の様子

私が通されたのは1階。アジアンな感じの落ち着いた店内です。

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)店内の様子

窓側に通されましたが、ん?ガラスがない??

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)店内の様子

なんと、往来と店内を遮るガラス窓がありません!店頭で立ち話をしている人が、隔てるものなくすぐ側に…これはかなり斬新ですね。雨の日はどうするんでしょうか。

私が注文したメニュー

さてさて、ここでは何を頼んだのかと言いますと…

まずはライムジュース45,000VND(≒220円)!しぼりたてフレッシュなジュースに、シロップが別添えになっていて、自分好みに調整することができます。容器も可愛いですよね!

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)ライムジュース

飲んでみると、これがジューシーさっぱり、とっても美味しくてびっくり!!

ストローは何かの植物の茎?普通のプラスチックではありません。細かいところまでこだわりが感じられます。

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)ストロー

そして、メインのお料理がこちら!牛肉麺(90,000VND≒439円)を注文しました。

ホーチミンQuan bui(クアン・ブイ)牛肉麺

台湾のシンプルな牛肉麺を想像していたら、汁なし&野菜がたっぷりと、予想と全然違ったものでしたが、これが大当たり!!

麺は程よく固めで、お皿の半分は野菜なのでは?くらいにブロッコリー、カリフラワー、セロリ、青梗菜、人参、白菜がてんこ盛り。一口食べただけで「美味しぃぃ〜(驚)」という声が自然と口から出てしまいました(一人なのに…笑)。

添えてあるヌクマムを入れても絶品!!美味しくて美味しくて、本当に幸せなランチでした♪

現地としては高級なのだと思いますが、コスパは上々。ぜひ立ち寄って、幸せ気分を味わってみて下さい!

 

Quan Bui(クアン ブイ)
住所 17a Ngô Văn Năm, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
営業時間  7:00~23:00
公式サイト https://quan-bui.com/
スポンサーリンク

Buncha 145(ブンチャー145)

続いてご紹介するのがこちら!ブンチャー145というお店です。

145BunVien

お店の場所

場所は、ホテルが密集するドンコイ通りや観光のメインベンタイン市場からさらに西。バックパッカーのメッカ、ブイビエン通りに面した一角にあります。

店内の様子

到着した時はお昼の14時を回ったところでしたが、店内は満席。さらに、外で4~5組が順番待ちをしているという状況でした。見た感じ、地元の人と観光客が半々といった具合。すごく人気なんですね!

Buncha145店内の様子

待つこと20分ほどで、席に通されました。

注文方法は簡単!

机の上には、注文票と何やら布製の帳簿のようなものが…?

Buncha145メニュー

右の紙に注文したいものを記入するのはいいとして、この帳簿はなんぞや、とめくってみますと…

中にはそれぞれのメニュー写真や、食べ方のレクチャーなどが書かれていました。エイジング加工がなんとも味わい深いですね〜。

Buncha145メニュー

こちらのお店の名物は、店名にもなっている、上の写真のBuncha(ブンチャー)。ベトナムはハノイ名物の麺料理です!

なかなか日本では食べられないお料理ということで、これもまたベトナムに来たら食べてみたいと思っていた一品♪

なお、こちらのお店では日本語表記は一切ありませんが、英語もバッチリ通じますし、何より注文は紙に数量を書き込むだけなので簡単です。スタッフさんもとってもにこやか。

予習した結果、このお店のお料理は量が控えめということでしたので、ブンチャーの他にもオクラの串焼きと、またまた揚げ春巻を注文しました。

ブンチャーセット

注文が済むと、ブンチャーの食べ方の紙がついたお箸とスプーン、ニンニクのみじん切り、唐辛子、紙ナプキンが小さなお盆で届きました。

ブンチャー145トッピング

清潔感があっていいですね。清潔感、重要です。

まずはブンチャーが到着!話に聞いていた通り、量は少なめです。男性は大盛りを指定した方がいいかもしれません。

ブンチャー145のブンチャー

ブンチャーとは、米麺を付属のスープに浸して食べる、つけ麺のようなお料理です。スープの中に入っているのは、炭火でこんがり焼いた豚肉と豚つくね。

ブンチャー145

一口食べて、そのあまりの美味しさにびっくり!!

スープはヌクマムベースで甘辛くて絶妙な味付け。香ばしいお肉と絡んで、もう絶品すぎます…!

私は最初何も入れずに楽しみ、その後に説明書きの通りニンニクのみじん切りや香草を入れながら頂きました。途中で味を変えられるのも、またいいですね。出来るものなら、2〜3杯食べたかったなぁ。毎日通いたいくらいでした。

そしてこちらは注文したサイドメニューの一つ、NemRan(ネムザン)。いわゆる揚げ春巻ですが、チーホアと比べると、かなり大きめの一本です。

ブンチャー145 揚げ春巻

揚げたてではありませんでしたが、しっかりした味付けですごく美味しかったです。ややジャンキーな感じなのもいい!ビールが進みそうな美味しさでした。

食べている途中で店長さんがやって来て、揚げ春巻をブンチャーの余ったスープにつけて食べるのがオススメと教えてくれました。スープにつけると、ちょっとさっぱり食べられます。

続いてやって来たのはオクラの串焼き!

ブンチャー145オクラのグリル

店頭に見本が置いてあったので、これもオススメメニューのようです。

手前の小皿には、これまで口にしたことのない、スパイシーで香り高いソースが入っていました。何なのか聞いてみようと思いつつ、タイミングを逃してしまいましたが、多分青唐辛子なのかな?不慣れな私には辛くて辛くて…とにかく辛かったです(汗)。

せっかくベトナムに来たのなら、エスニックらしいものを食べたいという人にはオススメ!一人で食べるには多かったので、2人以上いる時に注文するのがいいかもしれません。

ということで、計3品頂いたわけですが、これだけ食べても、なんと75,000VND(≒366円)!美味しい上に安くて最高でした♪

東京にあったら毎週通いたいほどのお気に入りに。ホーチミンを訪れたら、是非是非味わってみてくださいね。

Bun Cha 145(ブンチャー145)
住所:145 Bùi Viện, Phường Phạm Ngũ Lão, Quận 1, Hồ Chí Minh, Vietnam
営業時間:11:30~21:00(日曜定休)
公式サイト:http://buncha145.restaurantwebx.com/
スポンサーリンク

エッグコーヒーの名店!リトルハノイエッグコーヒー

2023年現在は移転・3店舗展開しています(詳しくは後述)

最後にご紹介するのは、ベトナム伝統飲料、エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee(リトルハノイエッグコーヒー)です。

場所は、先ほどご紹介したブンチャー145のすぐご近所。

隣の隣あたりにあるはず…が、なかなか気づきにくい場所にあります。

エッグコーヒー

目印は、通り沿いに掲げられた「Egg Coffee & Food in the alley」という電光看板。

エッグコーヒーの入口

知らなければうっかり見過ごしてしまいそうな、閉店したらしき店舗跡の脇、小道の奥に”Coffee”の看板があるのが見えますでしょうか。

雰囲気のある小道を、ドキドキしながら進んでみると…

エッグコーヒーの名店は小道の奥

お店を発見!とってもこぢんまりした、まるで秘密の隠れ家のようなお店ですよね。黒板や煉瓦造りの装飾が温かい雰囲気です。

エッグコーヒーの名店は小道の奥

カウンターの店員さんに声をかけると、上の階へどうぞと案内されました。

こちらは、客席へと続く階段から1階を見下ろしたところ。すごくコンパクトな作りです。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee

2階はというと…

こんな感じ!

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee2階

建物自体は古いのですが、それがまたいい味を醸し出していますね。

奥にある階段で、さらに上ってみましょう!

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee3階へと続く梯子

3階は、よりデコラティブでとっても可愛い雰囲気!

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee3階

ベトナムの昔の写真や骨董品が所狭しと飾られていて、ノスタルジックでオシャレな雰囲気です。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee3階の様子

初めて来たのに、どこか不思議な懐かしさを覚える空間でした。

さらに、腰掛けてびっくり!テーブルは、シンガー製の古いミシン台を再利用したもの。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee3階のテーブルは古いミシン台

手作り感があって素敵ですね!こだわりが感じられます。

2023年現在は移転&3店舗に

なお、いつの間にかお店が移転し、3店舗に増えているとのこと。

公式サイトによると、3店の場所は以下の通りです。

3つのお店はそれぞれそんなに離れてはいないようです。混雑具合に応じて別の支店を覗いてみてもいいかもしれませんね。

エッグコーヒーとは?

さてさて、さっそく注文するとしましょう。

こちらがメニューです。ちょっと見にくいかもしれませんが、星マークがついているのがオススメとのこと。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffeeメニュー

該当するのは、エッグコーヒー、エッグカカオ、ジンジャーレモングラスティー、パッションフルーツジンジャーティーの4種類。

初来店ですので、やはりここは看板メニューのエッグコーヒーにしましょう!

ところでエッグコーヒーとはどんな飲み物かと言いますと、こちら(Wikiから引用)。

ロブスタ種のコーヒーに卵黄、砂糖、加糖練乳を混ぜて飲まれるベトナムの伝統的な飲料。エッグ・コーヒーは溶いた卵黄に砂糖とコーヒーで作られ、そしてカップの半分ほどコーヒーを注いだ後、卵黄を温めて溶いた同量のエッグクリームを注ぐ。バズフィードは、エッグ・コーヒーを「液体ティラミス」と表現した。

液体ティラミス…どんなお味なんでしょうね。期待が高まります♪

テーブルの上には、エッグコーヒーの楽しみ方も用意されていました。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffee楽しみ方

最初にクリーム部分を少々掬って楽しみ、次は下のコーヒー部分を。最後に2層のミックスを味わうのがオススメらしいです。なるほど。

お茶とクッキーは無料サービス

なお、冷たいお茶が無料でサービスされる他…

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffeeお茶

クッキーもフリーサービス。

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffeeクッキー無料

クッキーの隣には募金箱が置かれており、「もしあなたが本当に楽しんでくれたなら、ぜひお気持ちを寄付してください。貧しい子供達の洋服や本、ミルク代として使わせていただきます」とのことでした。子供達の笑顔の写真が印象的。素敵な試みですね。

エッグコーヒーが到着!

さて、待つこと15分ほど。お待ちかねのエッグコーヒーがやって来ました!

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffeeエッグコーヒーがやって来た

優しい卵の甘い香りがあたりにふんわりと広がります。

どれどれまずは一掬い…と、クリームがすっごい濃厚!!

エッグコーヒーの名店Little HaNoi Egg coffeeエッグコーヒーは濃厚!

弾力があって、スプーンを持ち上げても、こんな風にとろーんと伸びて来ます。これほどきめ細やかに泡立てるのは、さぞかし大変でしょう。

見た目通り、味の方も驚くほど濃かったです。滑らかな極甘クリーム&芳しいエスプレッソがとってもマッチしていて、液体ティラミスと評されるのも納得の満足感でした!!

日本にも最近エッグコーヒーの専門店がオープンしたと聞きますが、全国に普及するにはまだまだ時間がかかりそうですし、初めて味わうなら本場が一番!こちらも、観光の合間にぜひ立ち寄ることをオススメします♪

Little HaNoi Egg coffee(リトルハノイエッグコーヒー)
営業時間 8:00~22:00
公式サイト https://littlehanoieggcoffee.vn/

スポンサーリンク

最後に

今回は、ベトナムホーチミンで感動したレストランばかり、4店舗ご紹介しました!

1店目. Chi Hoa(チーホア)
2店目. Quan Bui(クアンブイ)
3店目. Bun Cha 145(ブンチャー145)
4店目. Little HaNoi Egg coffee(リトルハノイエッグコーヒー)

共通するのはお店の雰囲気がいいこと、清潔感があること。そしてどれも間違いのない美味しさ!だということです。

観光客はもちろん、地元の方にも愛されるお店ですので、ホーチミンに行った際にはぜひ訪れてみてくださいね!

ホーチミンでオススメのお土産やホテルはこちらでまとめています♪


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

 

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら