instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

まるでハリーポッターの世界!セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンの魅力とは <マリオット宿泊記>

follow us in feedly

St.Pancras RENAISSANCEロンドン宿泊記

イギリス・ロンドンの中心地に佇む、セントパンクラス・ルネッサンス・ホテルロンドン

併設されているセントパンクラス駅は、ロンドンとフランス・パリ&リール、ベルギー・ブリュッセルやオランダ・アムステルダムを結ぶユーロスターの発着駅ですので、ヨーロッパ周遊旅行をお考えの方にもぴったりのホテルと言えます。

その壮麗な外観から瀟洒な内部に至るまで、古き良きロンドンの雰囲気満点♪

まるでファンタジーの世界に足を踏み入れたかのような気分にさせてくれます。

また、このホテルはマリオットグループに加盟しており、エリートメンバー限定の豪華特典も充実!

今回は、ヒースロー空港からのアクセスや、お部屋・クラブラウンジの様子、プラチナステータス以上で受けられる特典まで詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ハリーポッターに登場するセントパンクラス駅

まず、セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンの外観がこちら。

セントパンクラス駅

ハリー・ポッターのファンであれば、なんだか見覚えがあるな、と思った方も多いかもしれません。

それもそのはず、ハリーたちがホグワーツに出発する際に利用した「9と4分の3線ホーム」があるキングスクロス駅の外観として採用されているのです。

ハリーポッターに登場するセントパンクラスステーション

© 2002 Warner Bros. Ent

ちなみに、実際のキングスクロス駅外観はこんな感じです。

 

キングスクロスステーション

 

撮影スポットとして設置された「9と4分の3番線ホーム」はこの駅内に設けられています。

 

隣接するグレートノーザンホテル宿泊記にてご紹介していますので、ぜひご覧ください。

【マリオット】ロンドン・グレートノーザンホテル宿泊記~駅直結&パントリー完備
グレートノーザンホテル・ア トリビュートポートフォリオホテル ロンドン(Great Northern Hotel, A Tribute Portfolio Hotel, London)は、イギリス・ロンドンにある5つ星ホテルです。 このホテ...

1873年に開業したというセントパンクラス駅は、今年でちょうど記念すべき150周年を迎えました。

世界屈指の美しい駅として知られている建物の中には、今回ご紹介するホテルだけでなく、大きなショッピングモールが入っていて、今や旅行客以外にも人気のスポットになっています。

特にユーロスターを利用する方にとっては、これ以上ない立地と言えるでしょう。

スポンサーリンク

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンへのアクセス

セントパンクラス・ルネッサンスホテルがあるのは、ヒースロー国際空港から32kmほど離れた場所。

地下鉄駅も併設されているため、アクセスはとても簡単です。

地下鉄で

今回は、ANA便で羽田からヒースロー国際空港に到着しました。

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...

空港から高速鉄道ヒースローエクスプレスに乗車し…

ヒースローエクスプレスなら空港からロンドン・パディントン駅まで最速15分!乗り方と運賃をご紹介♪
ヒースロー・エクスプレス (Heathrow Express) は、ロンドン・ヒースロー空港とパディントン駅との間を最短時間で結ぶ空港アクセス列車です。 日中はだいたい15分間隔で運行しており、ヒースロー空港からロンドン市街地まで出る交通手...

ヒースローエクスプレスの終着点であるパディントン駅には、わずか15分で到着です。

ヒースローエクスプレスでパディントンに到着

この駅で、地下鉄ピカデリーライン、またはハマースミス&シティラインに乗り換えましょう。

パディントン駅で地下鉄に乗り換え

降車する駅は「キングスクロス&セントパンクラスインターナショナル/King’s Cross&St. Pancras International」

セントパンクラス駅からホテルへ

ここからは、「St. Pancras International Station」を目指して進み…

セントパンクラスインターナショナルステーション

地階のショッピングモールに出ると、すぐそばに「St. Pancras Hotel」と書かれたエレベーターが見つかるかと思います。

セントパンクラスインターナショナルステーションのエレベーター

これに乗って上階へ。

エレベーターを降りると、水色のフレームの下に「BOOKING OFFICE」と書かれた入口がありました。

セントパンクラスインターナショナルステーションのエレベーターを降りたところ

一見わかりづらいのですが、実はこれがホテルの入口です。

中のレストランを突っ切り…

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンのレストラン

真正面のドアを出ると、右手にレセプションが。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンのレセプション

こちらのホテルには、エグゼクティブラウンジに相当する「CHAMBER’S CLUB」があるのですが(詳しくは後述)、チェックイン/アウト手続きは受け付けていないため、全員このレセプションに立ち寄ることになります。

スポンサーリンク

地上から

一方、地上からアクセスする場合はというと、ユーストン通り沿いのメインエントランスへ。

セントパンクラス・ルネッサンス・ホテル・ロンドン

ヴィクトリア調の豪奢なファサードが目を引きますね。

道端では、たくさんの人が立ち止まって写真を撮っていました。

実は10数年前初めてロンドンに来た時、この近くの安宿に滞在していたのですが、あの圧倒的な存在感を放つ建物はなんなんだ!?と、とても強く印象に残りまして。

後で調べてみて、あんな豪華な建物が駅なの!?と驚いた記憶があります。

この建物、当初は別ホテルとして営業していましたが、20世紀前半に閉業し、ルネッサンスホテルとして開業したのは2011年と割と最近のことです。

まさかこうして宿泊客として訪れる日が来ようとは、しみじみと感慨深いものがあります。

いざエントランスの前に立つと、歴史を感じさせる荘厳な佇まいに一層圧倒されてしまいました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンのメインエントランス前

実を言うと、地下鉄駅から来た時はレセプションを見つけられず、若干右往左往してしまったのですが、こちらのエントランスにはきちんとベルボーイさんが待機していて、案内してもらうことができます。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンのメインエントランスに足を踏み入れる

もしも地下鉄駅から来る途中で迷ってしまったら、一旦地上に出てユーストン通り沿いにこちらへ周ってくるのもいいかもしれませんね。

それでは、チェックインしましょう。

スポンサーリンク

無償アップグレード結果は?

チェックイン時のお楽しみといえば、無償アップグレード。

マリオットに加盟しているホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に無償で案内してもらえるのです。

私は今回、マリオットボンヴォイ「チタンステータス」を持っての宿泊。

プラチナ以上のステータスがあれば、「スイートルーム」を含む豪華なお部屋にアップグレードしてもらえる可能性があるのですが…

今回は…

チェンバーズスイートにアップグレード!

セントパンクラス・ルネッサンスホテルロンドン宿泊記・アップグレード

久々の大幅アップグレード、ありがたい限りです。

今年はアメリカ、インドネシア、エジプトとマリオット系列に泊まってきましたが、いずれもアップグレードはほぼなし。

ラスベガス高級ホテル宿泊記2023!ザ・コスモポリタンはベラージオの噴水も見える?
世界屈指のエンターテイメントシティ・ラスベガス。 その中心部にあるストリップには、豪華絢爛な噴水ショーで有名な「ベラージオ」、ピラミッドやスフィンクスが異彩を放つ「ルクソール」、エッフェル塔と凱旋門が目を引く「パリス」など、有名ホテルが建ち...
楽園の奇跡!ザ・リッツカールトン・バリ至福の旅~子連れ宿泊記2023
インドネシア・バリ島といえば、日本人にも人気の一大リゾート地です。 素晴らしいホテルが多数軒を連ねていますが、今回ご紹介するのは、ザ・リッツカールトン・バリ! 世界最大のホテルグループ・マリオットインターナショナルの傘下にあり、広大な敷地に...
ピラミッドが見えるホテル!マリオット・メナハウス・カイロが贅沢すぎた<エジプト宿泊記>
世界に絶景を謳うホテルは星の数ほどありますが、かの有名なエジプトのシンボル・ピラミッドを一望できるホテルがあることをご存知ですか? それが「マリオット・メナハウス・カイロ/Marriott Mena House Cairo」! 世界最大のホ...

一方ヨーロッパでは、比較的スイートへのアップグレード率が高い気がします。

フランクフルト エアポート マリオットホテル宿泊記~スイートルームにアップグレード!
フランクフルト・エアポート・マリオット・ホテルは、2020年2月にドイツ・フランクフルト国際空港のお隣にオープンしたばかりの新しいホテルです。 以前シェラトンホテルだったところを、マリオットホテル233室・シェラトンホテル779室に分割し、...
【ドイツ・マリオット宿泊記】ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクションはインスタ映え間違いなし!ちょっぴり日本も感じられるホテル
ドイツ・ミュンヘンには、2021年10月現在、18軒ものマリオット系列ホテルがあります。 その中で今回ご紹介するのは、「ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクション(Roomers Munich Autograph Collectio...

ちなみに、セントパンクラス・ルネッサンスホテルのルームカテゴリーは、以下の通りです。

  • デラックスベッドルーム  ←元の予約
  • スーペリアベッドルーム
  • プレミアベッドルーム
  • チェンバーズスイート  ←アップグレード!
  • グランドジュニアスイート
  • サー・ジョン・ベッジャマン・スイート
  • サー・ジョージ・ギルバート・スコット・スイート
  • ザ・ヘイウッド・スイート
スポンサーリンク

お部屋へ

ということで、さっそくお部屋へと向かいましょう。

共有部分のテーマカラーは赤。エレベーターホールもとてもクラシカルです。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・エレベーターホール

2階へ上がると、これまたフォトジェニックな通路が現れました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・客室への通路

窓からは、先ほど入ってきたメインエントランスとレセプションロビーが一望できます。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・客室への通路から

さて、本日のお部屋はこちらの165号室です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・客室ドアの前

スポンサーリンク

チェンバーズスイートの全貌

さっそくドアをオープン!

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・玄関から

「ジュニア=準」スイートとはいえ、流石スイートと付くだけあって、びっくりするほどの広さです。廊下にもベッドを置けそう。

そして何より天井が高い…!

いかにもヨーロッパの古い建物といった雰囲気ですね。

クローゼット

入口のそばにあるのはこちらのクローゼット。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・クローゼット

こちらも過去最大級の高さと大きさです。

一番上の段にはとても手が届かず、ファーストクラス世界一周の時に滞在した、イタリア・ミラノ国際空港近くのB&B「ラ・ヴィスコンティーナ」を思い出しました。

イタリア・ミラノ「ラ・ヴィスコンティーナ」でアグリツーリズモ体験!マルペンサ空港から無料シャトルありのオススメ農村宿♪
イタリア・ミラノの玄関口、マルペンサ国際空港。 イタリア最大級のこの空港は、ミラノから電車で50分弱の郊外に位置しており、日本から唯一イタリアへの直行便を運行している、アリタリア航空のハブ空港でもあります。 ミラノにはこのマルペンサ国際空港...

身長が190cmくらいあれば、おそらく隅々まで活用できるでしょうか。

中にはアイロンとバスローブ、それに傘が。雨の多いロンドンでは助かりますね。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・クローゼット・バスローブ

お隣にはセーフティーボックスとミニバーが入っていました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・クローゼット・セキュリティボックスとミニバー

ミニバーに置いてあるものは全て無料です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・クローゼット・ミニバーの内容品

イギリスのホテルでは、このようなクッキーのサービスが一般的なようで、前回滞在したパークレーンマリオットもそうでしたし、今回の旅でも宿泊した4軒全てで提供されていました。

【宿泊記】ロンドン・マリオット・ホテル・パークレーンはアクセス最高!お部屋もラウンジもオシャレでヨーロッパらしさ満点♪
ロンドンの中心地にある「ロンドン・マリオットホテル・パークレーン」は、世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」が展開するホテルです。 お部屋は新しくてオシャレ&ラウンジもヨーロッパらしくてフードプレゼンテーションがとっても...

Walkers(ウォーカーズ)というメーカーは、イギリス・スコットランドを代表するショートブレッドの有名ブランドです。

赤いチェックのパッケージは、もはや日本でもお馴染みですよね。

美味しいのはもちろんのこと、国内ではあまり見かけない現地ならではのラインナップが用意されていたのも嬉しかったです!

スポンサーリンク

ウェットエリア

続いてはウェットエリア。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア全景

床から壁まで総大理石造りで、さすがは由緒ある5つ星ホテルです。

シャワーブース

左手にはシャワーブースを設置。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・シャワーブース

ドアなどは付いていませんが、かなり広く排水もしっかりしているので、浸水を気にする必要はありませんでした。

アメニティはロンドン発のリネンブランド、「The White Company」の「NOIR」というシリーズ。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・シャワーブースのアメニティ

ザ・ホワイトカンパニーとは、元々は約30年前にベッドリネンから始まったブランドで、現在はトイレタリーや家具に衣類と、広く日用品全般を展開しています。

「ノワール(=黒)」とはどんな香りなのかと言いますと、公式サイトでは以下のように紹介されていました(機械翻訳)

• ノート: アンバー、マンダリン、サンダルウッド
• ジャンル: フローラル & エキゾチック
• ジンジャー、パチョリ、マンダリン オイルを豊富に配合

この官能的で洗練された香りは、パリの夕暮れからインスピレーションを得ています。通りが暗くてもカーテンが閉まっていると、時折窓が光ります。私たちの贅沢な琥珀のブレンドは、軽薄な明るいマンダリンと香り高い白檀のささやきと絡み合います。優雅さ、陰謀、驚きに満ちています。

The White Companyは、ちょうどセントパンクラスステーション内のショッピングモールにも出店していますので、もし気に入ればお土産に購入してみてもいいかもしれませんね。

ロンドン・セントパンクラスステーション内のザ・ホワイト・カンパニー

トイレ

さて、ウェットエリア右側にはトイレがあります。こちらも仕切りはなし。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・右側

ラバーダックのプレゼント

片隅のタオル置き場には、何やら見慣れないものが…?

と思ったら、可愛いラバーダックではありませんか♪

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・ラバーダック

浴槽がないため、このホテル滞在中は使う機会がなかったのですが、持ち帰りOKということでしたので、遠慮なく頂戴しました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・ラバーダックのアップ

リッツカールトンなど、子供向けサービスとしてプレゼントしてくれるホテルもありますが、大人でも不思議と嬉しいものですね。

リッツ・カールトン沖縄 宿泊記!子連れ旅にオススメの豪華「カバナルーム」にアップグレード!!
ザ・リッツ・カールトン沖縄(The Ritz-Carlton Okinawa)は、沖縄本島北部・名護市にある最高級5つ星ホテル。 沖縄に数あるリゾートホテルの中でも、トップに名を連ねるホテルです。 リッツ・カールトンといえば、大人の雰囲気溢...

フランクフルト国際空港のルフトハンザファーストクラスターミナルで頂いたアヒルちゃんに、こうして新たな仲間が加わりました。

アヒルコレクション

ルフトハンザの珠玉ラウンジ!フランクフルト空港ファーストクラスターミナルの全貌
世界各国の空港には、飛行機出発前の時間を快適に過ごすための「ラウンジ」が設置されています。 中でも個人的に、ここだけは絶対に行くぞ!と決めていたラウンジがありまして。 それが、ドイツのフラッグキャリア「ルフトハンザ航空」が運営するフランクフ...

洗面台

洗面台はシングルボウル。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・洗面台

台上にはシャワーブースにあったものと同じラインのアメニティと…

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・洗面台のアメニティ

同じく固形石鹸。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・洗面台のアメニティ2

さらに、ルーファーや歯磨きセットやシェービングキットが並んでいました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ウェットエリア・洗面台のアメニティ3

かなり品揃えが充実している方だと思いますが、耳栓まであったのでちょっとびっくり。

もしかしたら、電車の音が結構聞こえたりするのでしょうか。

私はもともと耳栓をして眠る習慣があるので、結局どうだったのかは分からずじまいでした(少なくとも耳栓をしていれば、煩わされることはありませんでした)

スポンサーリンク

ベッドルーム

そして、メインとなるベッドルームがこちら!

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ベッドルーム

窓の外には…?

…ん?

 

何だか暗い……?

 

この時期、ロンドンの日没は21時半ごろなので、まだ3時間は陽が残っているはず。

不思議に思いつつカーテンを開けてみて、理由がわかりました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ベッドルームのカーテンを開けたところ

窓から見えるのはなんと往来ではなく、先ほど駅からレセプションに行く時に通り抜けたレストランではないですか!

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズスイート・ベッドルームのカーテンを開けたところ2

道理で薄暗いはずです。

数年前に泊まったパリ・シャンゼリゼ通りのマリオットを思い出しました。

【宿泊記】パリ・マリオット・シャンゼリゼ・ホテルはアクセス最高の5つ星ホテル!目の前はシャンゼリゼ通りで凱旋門にも近い!
パリの観光地人気ランキングがあれば、きっと3指に入るであろう『凱旋門』。 その正面には、かの有名な一大ショッピングストリート『シャンゼリゼ通り』がまっすぐに通っています。 これらのスポットは、パリに訪れたら見ずに帰れないと言っても過言ではあ...

ちなみにレストラン側からお部屋を見るとこんな感じ。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・レストランからお部屋の窓を見たところ

久々のロンドンで外の景色が見えないのは少々残念ではあるものの、満室ということでしたし仕方ありません。

この日はもう食事をして眠るだけ、翌日も午前中のうちに出発する予定でしたので、これはこれで貴重な体験と言えるかも?

旅の前半は眠りが浅く、夜中から明け方に起きてしまうことも多いのですが、今回は誰もいないレストランでお掃除ロボットが一生懸命働いているのを見学できました(笑)。

ベッド

さて。

お部屋の真ん中に据えられたキングサイズベッドはさすが5つ星、文句なしの寝心地です♪

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ベッド

ベッドに比して、天井の高さが際立ちますね。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・天井の高いベッドルーム

ワークスペース

窓側の一角にはテーブルとチェアが置かれ…

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ワークスペース

壁際には、電源や各種端子が集められていました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ワークスペースの電源

TVとミニバー

反対側にはテレビとミニバーを設置。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ベッドルーム・テレビ

テレビの背後から明るい光が差し込んでいたので、もしや?と思って小窓を覗き込んでみましたが、そこにあるのはやはりロンドンの街並みではありませんでした。うーむ、無念。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ベッドルーム・小窓

テレビはインターネットTVで、YouTubeやNETFLIXを視聴することもできます。

台上にはネスプレッソが置いてあって、こちらはもちろん無料で利用可能です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・ベッドルーム・ミニバー

ちなみにこちらのホテルでは、アプリでインルームダイニングを注文できるようになっていました!

 

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・インルームダイニングの注文画面

 

電話が苦手な方も、これなら抵抗なく利用できますね♪

スポンサーリンク

チェンバーズ・クラブ

では、一通りお部屋を確認したところで、クラブラウンジに相当する「Chamber’s Club」へと行ってみましょう!

確認できた限り、利用条件は以下の通りです。

  • マリオットボンヴォイ・アンバサダー
  • マリオットボンヴォイ・チタン
  • マリオットボンヴォイ・プラチナ
  • チェンバーズスイート宿泊者

チェンバーズクラブへは、先ほどチェックイン時に通り過ぎたレストラン内にあるこちらのドアから。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのドア

ルームキーをかざしてドアを開けると受付がありますが、割といつも無人でした。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブへの入口

または、2階を奥まで進んだところにある階段からでもアクセス可能です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブへの入口

こちらの階段は圧巻の美しさ。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブへと続く階段

ひととき、英国貴族の気分が味わえるかも?

この他ホテル内には、「世界有数の美しさ」と評される有名な階段もあります!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Rikei-Miler(@rikeimiler)がシェアした投稿

ラウンジ内の様子

階段を降りると、こちらも赤を基調としたゴージャスな空間が広がっていました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの内部

通路には調度品が並び、さながら美術館のよう。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの内部2

ヨーロッパらしく、高貴で重厚感のある空間です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの内部3

どこを撮っても絵になりますね〜。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの内部

家具と内装のコーディネートがとにかく秀逸。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの内部4

客層も比較的年配の方が多く、静かに落ち着いて過ごせそうな印象でした。

営業時間 7:00〜22:00
スポンサーリンク

フードプレゼンテーション

なおこちらのラウンジでは、時間帯によって異なるフードプレゼンテーションを実施しています。

  • 朝食 平日 7:00〜11:00 / 週末 7:00〜12:00
  • ティータイム 12:00〜16:30
  • カクテルタイム 17:00〜20:00(オードブル提供は17:30〜19:00まで)

朝食

まずは朝食から。

一番奥のお部屋は、温菜と冷菜が並ぶコーナーです。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・一番奥のお部屋

こちらのカウンターには、サラダバーを始め、

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・サラダバー

朝食の定番、コールドカッツの数々。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・コールドカッツ

そしてイングリッシュ・フルブレックファーストに欠かせないベイクドビーンズやスクランブルエッグ、

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・スクランブルエッグとベイクドビーンズ

グリルされたトマトやマッシュルームに、

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・トマトとマッシュルーム

ベーコンやソーセージも勢揃いしています。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・ベーコンとウインナー

主食系は、一つ手前のお部屋のカウンターに用意されていました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ

パンに添えられているコンフィチュールは、こちらもイギリスを代表するTipTree(チップトリー)製です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・パン

ケチャップやマヨネーズなども、同社の製品で統一されていました。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・調味料

もちろんデニッシュやフルーツ、

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・フルーツ

シリアルもあって、朝から大満足できること間違いなし!

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブのキッチンカウンター朝食ブッフェ・シリアル

巷では「美味しいイギリス料理が食べたければ、3食朝食を食べればいい」と言われているそうですが、このクオリティはさすがの一言です。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブの朝食

カクテルタイム

日中のティータイムは不在だったため割愛しまして、続いて17時からのカクテルタイムへ。

この時間は、朝よりも手の込んだサラダに…

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・サラダ

お酒のお供に最適なチーズやサラミ、キッシュ、カナッペなどなど。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・チーズ

春巻きはロンドンの他ホテルでもよく見かけるような気がします。きっとアペタイザーとして市民権を得ているのでしょうね。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・春巻き

こちらはグリーンチキンカレーにサフランポテトを合わせたもの。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・グラタン

デザートも3種類あるのが素晴らしい!

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・デザート

肝心のアルコールドリンクのラインナップは、こんな感じです。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・アルコールドリンク

冷蔵庫の中には、お洒落なラベルが貼られたビールもたくさん。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイム・アルコールドリンク・ビール

ご当地物好きなもので、反射的にロンドンピルスナーを手に取ってしまったのですが、後から写真を見返してみたら、現存するイタリア最古の醸造所・幻のビールとも言われるMENABREAが並んでいるではありませんか。

次回は忘れずにトライしてみなければ。

ということで、実際にいただいたのがこちらです。

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイムでいただいたもの

少し前に機内食を頂いていたこともあり、サラダとタルトだけにしておきましたが、どちらもとっても本格的で美味しかったです♪

セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記・チェンバーズクラブ・カクテルタイムでいただいたもの2

もし腹ペコ状態でも、十分満足できる品揃えと言えるのではないでしょうか。

ロンドン到着早々、最高の夕食でした!

最後に

というわけで、今回はセントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン宿泊記をお届けしました。

お部屋も共用部もヨーロッパらしい魅力に溢れていて、たったの一泊では写真を撮りきれなかったほど。

特にラウンジ・チェンバーズクラブは、朝も夕もフードプレゼンテーションのクオリティが高く、かなりの満足度でした。

格式高い雰囲気の一方で、スタッフさんは総じてフレンドリーなのも、とっても居心地よかったです!

次回は湖水地方旅行記をお届けします♪

イギリス憧れの湖水地方で過ごす珠玉の休日!ロンドンからの行き方・電車の乗り方・おすすめホテル・レストラン
皆さんは、イギリスの名所と聞いてどこを思い浮かべますか? ロンドンのビッグベンやアビイロード、サッカーで有名なマンチェスターにリバプールなどなど、たくさんの見所がありますよね。 その中でも、英国文学や歴史、トレッキングがお好きな方にお勧めし...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
国内・海外のおすすめホテル宿泊記リンク集<ヒルトン・SPG・マリオット etc>
ホテルの情報はインターネット上にあふれていますが、どれも概要ばかりで、本当に知りたい情報はなかなか見つかりません。 そういう時に頼りになるのは、ホテル宿泊記! 実際の経験に基づいた情報が盛りだくさんで、そのホテルのことを詳しく知るのにピッタ...

ホテル概要

ホテル名称 セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドン/ St. Pancras Renaissance Hotel London
所在地
Euston Rd., London NW1 2AR イギリス
エグゼクティブラウンジの有無 あり
部屋数 245室
開業年 2011年

関連記事

ユーロスターで行くロンドン-パリ!チケットの買い方・乗り方完全ガイド~予約方法・値段・座席・クラス別サービスを全公開
ヨーロッパで日本人に人気の都市といえば、「パリ」と「ロンドン」のツートップ! これら2つの都市はフランス・イギリスと海を隔てた国ではありますが、意外と簡単に行き来することが出来ます。 もちろん飛行機も利用できますが、個人的にオススメなのは高...
<最新ANAビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!半個室THE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...
<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪
ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」。 最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。 現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンド...
ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア宿泊記~豪華クラブラウンジ・イギリス式朝食・特典の全て<宿泊記>
ロンドン市内でも屈指の高級エリア・メイフェア地区にある5つ星ホテル、「ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア/London Marriott Grosvenor Square」。 改装済みのお部屋には、大理石作りのバスルームやラグジ...
ANA指定ラウンジ「ユナイテッドクラブ」は隠れたオアシス!ロンドン・ヒースロー空港
ロンドン・ヒースロー空港からANA便に乗る際に指定される、ユナイテッド航空のラウンジ「United Club(ユナイテッド・クラブ)」。 とってもオシャレな空間に充実の設備、イギリスのエッセンスが感じられるフードラインナップと、最後までヨー...
ロンドン・バーバリーアウトレットの値段は?私が買ったコートと店舗への行き方
バーバリー(Burberry)と言えば、日本で知らない人はいないイギリスの有名ブランド。 トレンチコートや、チェックのマフラーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。 当然、我が家にとっては手の届かない高級品なので、自分で買ったことはあ...
至高の逸品!ファーストクラスの贅沢な機内食を一挙公開♪ブリティッシュエアウェイズ<ロンドン~成田>
一生に一度は乗ってみたい最高ランクの座席「ファーストクラス」。 各エアラインとも、贅を凝らしたインテリアやサービス、機内食を提供しています! もしあなたが食べるのがお好きなら、一番興味があるのは「ファーストクラスの機内食とは、一体どんなメニ...
ブリティッシュ・エアウェイズの豪華ファーストクラスに乗ってみた!ロンドンまでの最高に贅沢な空の旅をすべて公開!!
ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)は、ロンドン・ヒースロー空港を本拠地とするイギリスの航空会社です。 ヨーロッパでは3位、世界でも9位の規模を誇る大手航空会社であり、1998年に発足したワンワールドの創立メンバー...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪