ANA SFC修行6-4:チャンギ空港アンバサダートランジットホテルは修行僧にもオススメです

チャンギ空港到着ロビー

7時間のフライトを終えて、世界一とも称されるシンガポールチャンギ空港に到着しました。

シンガポールの滞在時間はちょうど24時間。

チャンギ空港はアジアのハブ空港だけあって、仮眠エリアも整備されているのですが、さすがに大荷物を抱えたまま知らない人達の中でぐっすり眠れる気はしません。

この日は制限区域内にある「アンバサダートランジットホテル」を予約してあります。

制限区域内ということは、つまり出国後(入国前)エリア。つまり、入国審査を受けずに宿泊できるホテルなのです。

スポンサーリンク

チャンギ空港のトランジットホテル

チャンギ空港は大きい空港なのでトランジットホテルが3つもあります。

    ANA SFC修行6-4:チャンギ空港アンバサダートランジットホテル

  • エアロテルトランジットホテル(ターミナル1)
  • アンバサダートランジットホテル(ターミナル2)
  • アンバサダートランジットホテル(ターミナル3)

私が利用するのは、ANA機の到着するターミナル2にあるアンバサダートランジットホテルです。SFC修行僧であれば、基本的にANAの便を利用するでしょうから、このホテルがオススメです。

飛行機は0時40分到着、チェックインは1時にしてありますので、そんなに余裕はありません。

さっそくホテルへと向かいます。

アンバサダートランジットホテルへの行き方

現在地は下図の青丸(中央下側)、ホテルは黄色四角のあたり(現在地の左上)です。

チャンギ空港ターミナル2

この地図で見ると近いように見えますが、チャンギ空港は広いため全然近くありません。

図中に目安として表記されている所要時間を足していくと、現在地から通路を抜けるだけで4mins+3mins=7分もかかります。

通路を抜けたところでようやく中間地点ですから、スーツケースを引きながらだと、ホテルまでは15分くらいかかりそうですね。

ホテルに向けて出発

さすがはチャンギ空港、こんな夜中でも乗り継ぎを待つお客さんでいっぱいです。

ひたすら歩いて歩いて…

チャンギ空港

旧正月にちなんだと思われる?お猿さんと桃のオブジェ(いつも置いてあるものだったらごめんなさい)。同じようなオブジェがあちこちにありました。

シンガポール 春節

トランジットホテルの表示が現れては消え、消えては現れ…

ambassador changi

このまま進んでよいのか不安になってきました。

あせらず2階を進むべし

ここは2階ですが、ホテルは3階ですので、どこかで上りエレベーターに乗らなければなりません。

エレベーター表示がないかとキョロキョロしていると、左手にエスカレーター表示を発見。

下の写真に、黄色の看板が写ってますね。セブンイレブンやマクドナルドの表示が見えると思います。その奥の右側にエスカレータが見えます。

changi airport

トランジットホテルは右という矢印も出ていますし、一見このエスカレータを上ればよさそうですが、それは間違ったルート。

ここから登ってもホテルには辿りつけません。ちょっと紛らわしいですね。

というわけでここでは上らず、ここからエスカレーターを通りすぎて一本奥の通路に出て右折し、そのまま2階を進んでいきます。

エクササイズマシンが目印

さらにまっすぐ進んでいくと、下の写真の場所に出ます。上の階(写真上部)にエクササイズマシンが並んでいるのが見えるでしょうか。

そこが目印となる「アンバサダートランジットラウンジ」です。ここまで来たらエスカレーターで3階に上がりましょう。

Ambassador transit hotel

3階に上がったらトランジットホテルはもう目と鼻の先。

アンバサダートランジットホテル

案内にしたがって進んでいきましょう。

スポンサーリンク

アンバサダートランジットホテルに到着!

ようやく到着です。

自他ともに認める超方向音痴ですから、ここまでもちろんすんなり辿り着くはずもなく、存分に迷いました。

到着時1時10分。降機してから30分ほどかかってしまいました…。

フロントを見ると、結構チェックイン待ちがいるのかなと思いきや、空室を尋ねる人ばかり。

皆さんお断りされていましたので、やっぱり早めに予約しておく方が良さそうですね。

アンバサダートランジットホテルの予約方法@シンガポール・チャンギ空港
2月のSFC修行ではSINタッチを予定しています。 SINタッチは、一度に大量のプレミアムポイントを貯めるSFC修行ルートの定番です。シンガポールに行く国際線の前後に乗継便として国内線(片道5,000円と破格!)を利用することで、PP単価を低くすることができます。 私が予定している修行ルートは、東京-沖縄の往復が多いのですが、SFC修行をするからには、いかにも修行らしい過酷なルートも体験してみたいと思い、1度だけSINタッチを実行することにしました。外国にも行ってみたいですしね! ...

トランジットホテル

チェックイン手続き

1時チェックイン予定が、フロントの順番が回ってきた頃には1時15分。このホテルは基本滞在時間が6時間、それ以上は1時間毎に延長料金がかかります。

受付のお兄さんが15分ほど余裕を持たせてくれて、チェックアウトは7時30分までにすればいいことになりました。

が、起きられる自信がないので、とりあえず1時間延長してもらうことに。

以前、どこかのブログで延長する時は何も言わなくてもいいと読んだのですが、念のため確認すると、前もってフロントに電話して欲しいとのことでした。

部屋の電話にフロントの番号が書いていなかったので、寝る前に直接言いに行きました。

客室エリアに向かいます

ホテル客室エリアの入口はこんな感じ。

トランジットホテル チャンギ

私の部屋は入ってすぐ、右側の81号室でした。

下の写真は自室ドアの前から奥を見た写真です。そんなに大きいホテルではありません。

シンガポール トランジット

トランジット客向けのホテルですので、基本的に皆さん眠るためだけにお部屋を利用しているのでしょう、非常に静かです。

バジェットルーム詳細

今回宿泊する部屋は一番安い「バジェットルーム」にしました。

6時間で55シンガポールドル(SD)です。日本円で大体4,500円くらいでしょうか。1時間延長したので20SD追加。全部で75SD、約6,000円です。

バジェットルーム ターミナル2

なぜか2ベッドルームでしたが、清潔で気持ちのいいお部屋でした!

テレビ、電話、椅子もありますし、

バジェットルーム チャンギ

フリーのお水が2本も!(これはツインルームだからかも?)

アメニティ チャンギ

テレビの下にバスタオルが入っていました。びっくりするほどガサガサの古いタオルでしたので、気になる方は持参される方が良いと思います。私は清潔でありさえすれば何でもいいので十分でした。

transit hotel

インターネットのパスワードはチェックインの際申し出てパスポートを渡すと、紙に書いて渡してもらえます。

空港内のフリーインターネットコーナーに行って、自分でパスワードを発行することも可能です(詳細後日)。

フリーインターネット

電源はユニバーサル型ですので、

ユニバーサル電源

日本式のプラグもそのまま差すことが出来ます。

隣にはUSBコンセントもありますので、アダプターとコードを分離出来るタイプの物を持って行くと便利ですね。

チャンギ空港

部屋はちょうどいい塩梅で冷房が入っていました。冷え性で冷房苦手な私も快適。

寝る前に念のためもう少し気温を上げておこうかなと思ったのですが、はて、リモコンがない…

うろうろ探してみると、壁際にこんなダイヤルがありました。24,26,28…と数字が書いてあります。

もしかしたらこれで調節できるのかも??回してみてもあんまり変化なかったですけど…。

冷房

共用バスルーム

このお部屋にはシャワーやトイレが付いていません。

廊下を挟んで突き当りに共用のシャワートイレ室があります。

トランジットホテル シャワー

とても広々とした綺麗なバスルームです。

シャワー室にシャンプーとリンス、洗面台には石鹸とハンドローションが備え付けられていました。必要十分ですね。

DSC00617

さすがはシンガポール、噂に違わぬ清潔さです。

新しいとはいえ、こんなに安いホテルでこれですから、相場からすると日本よりも綺麗と言ってもよいかもしれません。

バスルームはいつも空いていて、待つことはありませんでした。

総評

チャンギ空港のアンバサダートランジットホテル(ターミナル2)は、思っていた以上に快適なホテルでした。

もし空港に到着後すぐにシンガポール市内にタクシーで出るとすれば、移動料金が40SD(約3,000円)程度かかる上に、市内でこのホテルと同等の設備を求めると1万円は下らないでしょうから、とってもコスパがいいと思います。

何より、長時間のフライト後すぐに眠れるのが嬉しいポイントですね。

アンバサダートランジットホテルは、過酷なSINタッチを敢行する修行僧にもオススメできる宿泊施設です!

<次の話>

ANA SFC修行6-5:シンガポールツーリストパスが便利すぎる!MRTで名物プロウンミーを食べに行きます
朝になりました。 シンガポールには昨夜着いたばかりですが、滞在時間は24時間しかありませんので、早めに動き出さなければ、あっという間に時間切れです。 宿泊したアンバサダートランジットホテルをチェックアウトしたのが午前8時30分。 まずは、チャンギ空港のスカイトレインに乗ってみます。 スカイトレインでターミナル3へ チャンギ空港にはターミナル1から3まであり、各ターミナルは無料のモノレール「スカイトレイン」で行き来することが出来ます。 ターミナル3に「ヤ...

<前の話>

ANA SFC修行6-3:インボラアップグレードならず!シンガポールまでのエコノミー7時間搭乗記
この日乗った成田発シンガポール行のANA801便は、普通席満席。 もしかしたらインボラアップグレードがあるかもしれません。 確率的にはかなり低いことは分かっているのですが、国際線に乗るときは何となく気になってしまうんですよね。 インボラアップグレードとは 「インボラアップグレード(略称:インボラ)」は、オーバーブッキングのため、空きのあるアッパークラス(予約したものより上のクラスの座席)が特別に割り当てられる措置を指します。 そんなことは滅多にないだろうと思っている方も多い...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク