instagramはじめました!フォローはこちら

リニューアルされたプレミアムクラス機内食と夕暮れの那覇空港<ANAダイヤ修行記1-2>

follow us in feedly

OKA-SYDタッチ第1便目!羽田から沖縄へ

いよいよ始まった、ANAの最上級ステータス「ダイヤモンド」を目指す旅!

現地での観光ではなく、ただただ飛行機に乗り続けるのが主な目的です。乗っている間は行動も制限されますし、時には遅れや欠航でトラブルに見舞われることもあります。これがいわゆる「修行」と呼ばれる所以。

一見すると苦行のような響きですが、久しぶりにやってみると、やっぱり飛行機に乗るのは楽しいなと実感した次第です。

今回は、沖縄までの空の旅と、そのまま羽田へとんぼ返りするまでの旅行記をお届けします。

たとえ短い時間とはいえ、快適なプレミアムクラス&綺麗な景色&沖縄の空気を楽しむことが出来て、とても幸せな旅の始まりとなりました♪

スポンサーリンク

羽田発沖縄行きはANAプレミアムクラスを利用

OKA-SYDタッチ第1レグである、羽田発那覇行475便は、出来る限り体力を温存しておきたい!ということで、株主優待券を使ってプレミアムクラスを予約していました。

2月にOKA-SINタッチをした時以来のプレミアムクラス!

お久しぶりです、お世話になります。

dsc07893

羽田空港ともしばしのお別れ。また6時間後に帰ってきます!

dsc07896

一新されたプレミアムクラス機内食

水平飛行になったら、すぐに機内食の時間です。

この時間だと、食事「GOZEN」ではなく、より少なめの軽食「SABO」が提供されます。

dsc07905

プレミアムクラスの機内食は、この9月に一新されたばかり。

SABOは従来通りですが、羽田発の夕食「GOZEN」は有名料亭とのコラボメニューとなっています。

夕食には有名料亭コラボメニュー登場

gozen

羽田発は「銀座うち山」さんなんですね。

一度は行ってみたいと思いつつ、なかなか手の届かない高級料亭。その味が機内で楽しめるなんて素晴らしい~!

私は例によって例のごとく、ダイヤ修行もSFC修行と同様、成田路線がメインなので、予定通りならこの先頂く機会はなさそうです。残念。

宮崎帰省の時は最終便なので、当日アップグレード出来ればいいんですが、競争率高そうですね。

アップグレードのために朝から羽田に行くのも手かもしれません…大変ですけど。

<追記>結局早朝から出向き、アップグレード成功しました!

スポンサーリンク

お菓子も「ASTERISQUE」へ変更

お菓子は、「KIHACHI」から代々木の人気洋菓子店「ASTERISQUE(アステリスク)」に変わっていました。

sweets

KIHACHIも充分美味しかったのですが、こういう街の洋菓子店のお菓子は、ご近所でもない限りなかなか頂く機会がありませんので、より嬉しいです!

ドリンクはサンバゾン初登場

ドリンクも、期間限定で提供されるサンバゾンアサイージュースをお願いしました。

drink

サンバゾンというメーカーは初めて耳にしましたが、全米No.1のアサイーブランドなんだそうです。

日本の商品は、ポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社から発売されています。

SFC修行中、一度だけスペシャルドリンク「千疋屋ぶどうジュース」に当たりましたが(これがすご〜く美味しかった)、その後はずっと野菜ジュースしかなく、ひそかに寂しい思いをしていました。

こちらの「サンバゾンアサイーミックスビューティー100」というドリンクは、アサイー・ガラナ・マカと南米を代表するスタミナ素材に、ブルーベリー、クランベリー、カシス、グレープを加え飲みやすく仕上げた一品とのこと。

いかにも体に良さそうな酸味とコクがあって美味しかったです。次回もあると良いな。

締めは軽食

久々のプレミアムクラスSABO、相変わらず量は少なめです。

お昼ご飯も食べていなかったため、これだけでは少々足りず、軽食をお願いしました。

今回チョイスしたのは、あおさ海苔と湯葉のお吸い物です。

dsc07910

お腹も温まりましたし、柚子の香りが効いていて、美味しくいただきました!

スポンサーリンク

食後の珈琲とくまモンクッキー

食後はコーヒーをお願いし、アステリスクの洋菓子と一緒に頂きます。

プレミアムクラスだと、本当に至れり尽くせり、すぐにおかわりを勧めて下さるので、乗ってる間中、何かしら食べ飲みしている気がします。

dsc07907

熊本復興支援の一環なのでしょうか、お茶請けはくまモンクッキーでした。

以前、寒い時期はレーマンのフォンダンビスキュイ、その後暖かくなると「いわてまり」になり、その後こちらに変わったように記憶しています。

原料はこんな感じ。

dsc07908

中身はこんな感じです。

dsc07909

オーストラリアに入国する際に食べ物を持っていると、検疫に申告する手間がかかるとのこと。

おそらくクッキー程度は大丈夫でしょうが、リスクは避けたいため、自分で食べてしまいましたが、子どもが喜びそうな可愛らしさなので、今度からは持ち帰りたいと思います(ラウンジのお菓子は持ち帰り不可ですが、プレミアムクラスではCAさんがお土産として持たせてくれたりもします)。

原材料名の記載順から、アーモンドプードルやチョコレートの比率が多いのかなと思っていましたが、予想よりはあっさりした印象でした。

沖縄に到着

絶賛風邪ひき中のため、食べ終わったら少しでも休養を取ろうとひたすら眠り…

dsc07926

起きた時には夕暮れ、すでに着陸態勢に入るところでした。

dsc07917

東京は9月からずっと雨が続き、たまに晴れてもあまりスッキリしない天候が続いていましたので、こんなにきれいな青空は随分久しぶりに見たような気がします。

8ヶ月ぶりの沖縄に到着しました!

dsc07937

この便の到着予定時刻は17:30。予定より15分ほど遅れての到着です。

この時間、東京ならすでにとっぷり日が暮れている季節となりましたが、沖縄はまだまだ日が高く残っていました。

折り返しの羽田行きは18:20発。もともと50分しかなかったところ、遅延のため空港で過ごせるのは35分ほどということに。

さらに、搭乗開始時刻は出発の15分前ですから、沖縄でのフリー時間は正味わずか20分しかありません

というわけで、搭乗待合室内の空席待ちカウンターでシドニーまでのスルーチェックインをして頂き、ラウンジに駆け込みました。

スポンサーリンク

那覇空港のANAラウンジ

沖縄に来たらこれは欠かせませんね。オリオンビール!

dsc07940

相変わらずラウンジ内は激混み。ようやく空席を見つけて頂きます。

dsc07941

ここのラウンジのビール、以前から少なめだなぁと思っていましたが、今回も安定の少なさでした。

量が飲みたいわけではないので構わないのですが、こんなところも懐かしく感じられたり。

羽田行きの搭乗口へ

飲み終わったら、慌ただしく次の搭乗口へ向かいます。

こんな時間から東京に行く人は少ないのか、搭乗口付近は人も少ない様子でした。

dsc07947

窓からは、暮れゆく地平線を臨むことが出来ます。

ほんの30分ほどの滞在でしたが、少しでも沖縄の雰囲気を感じられてよかった!

羽田までの戻りは、国際線チケットに含まれている「海外乗り継ぎ割」のため、普通席です。

このまま体力温存を第一に、シドニーまでの長旅を乗り切りたいと思います!!

<次の話>

乗り比べ!国際線プレミアムエコノミーと国内線プレミアムクラスとの違いを徹底比較<ANAダイヤ修行記1-3>
私には、以前からずっと気になっていたことがあります。 それは、国内線「プレミアムクラス」と国際線「プレミアムエコノミー」は、どちらがより快適なのか!? 実は先日、初めてANAのビジネスクラスでヨーロッパに行った際にあまり...

<前の話>

ANAダイヤ修行記1-1:いよいよ始動!OKA-SYDタッチへ
ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)を取得したいがために始めた「SFC修行」。 先日、無事計画通りに到達しましたが、紆余曲折あって、その後さらに最上級ステータス「ANAダイヤモンドメンバー」を目指すことになりました! ...
トップへ戻る