instagramはじめました!フォローはこちら

ソラチカ改悪決定か!LINEポイントからメトロポイントへの移行が封鎖される前にやるべきこと

follow us in feedly

衝撃!ソラチカルート封鎖

陸マイラー界に激震です!!

ソラチカルートの核とも言える「LINEポイント→メトロポイント」のポイント交換が終了されるとの発表がありました!!

上記のポイント交換が終了することにより、それ以降は実質的にソラチカルートが使えなくなってしまいます。

大量のANAマイルを貯めるためには、ソラチカルート以外の方法を模索していくしかありません。

以下では、ソラチカ改悪の具体的な内容と、改悪への対応策についてご紹介します。

スポンサーリンク

LINEポイントからメトロポイントへの交換ルート封鎖

今回の改悪のポイントは「LINEポイントからメトロポイントへの移行ルート封鎖」です。

ご存知の通り、ソラチカルートを使うためには、まずポイントサイト等で貯めたポイントをLINEポイントを介してメトロポイントに交換する必要があります。

つまり、LINEポイントからメトロポイントへの交換は、ソラチカルートを利用するのに避けては通れない道。

LINEポイントからメトロポイントへの移行ルートを封鎖されてしまうと、大量のメトロポイントを貯めることが難しくなり、実質的にソラチカルートを利用することはできなくなってしまうのです。

LINEポイントからメトロポイントへの交換終了イメージ

ソラチカカードの特典である「メトロポイントからANAマイルへの交換」が終了するわけではありません。

LINEからの正式発表です

今回の改悪の情報源は、LINEポイントを管理している「LINE公式」です。

LINEポイント公式のお知らせページで、ポイント交換サービスの終了がアナウンスされています。

残念ながら、改悪は紛れもない事実のようです。

LINEポイントからメトロポイントへの交換終了のお知らせ

ちなみに、メトロポイントの他にも、「dポイント」、「nanacoポイント」、「ベルメゾン・ポイント」、「JALマイレージバンク」、「Amazonギフト券」、「Pontaポイント」、「選べるe-GIFT」への交換も終了となります。

理系マイラー
理系マイラー

LINEポイントからの交換を対象とする広い改悪で、ソラチカを狙い撃ちした改悪ではなさそうですね。

2019年12月27日までは交換可能

ひとつ安心材料を挙げるとするならば、ソラチカ改悪は今日からではありません。

現時点ではポイント交換の終了が発表されただけであり、実際にLINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となるのは、2019年12月27日 15:00

サービス終了まで、3ヶ月弱残されています。

ということで、まだしばらくはソラチカルートを利用してANAマイルを貯めることは可能です。

また、サービス終了までに対策をしておけば、2019年12月27日以降もしばらくソラチカルートを利用し続けることができます

ソラチカ改悪への対応策

ソラチカルート封鎖の対応策を考える

LINEポイントからメトロポイントへの交換が封鎖されるのは2019年12月27日なので、これから約3ヶ月弱の間は、まだメトロポイントへの交換申請が行えます。

…ということは、やるべきことはただ1つ。

サービス終了までにメトロポイントへの移行を済ませましょう!

今回の改悪はメトロポイントへの交換封鎖であり、すでにメトロポイントがある状況であれば、それをANAマイルに交換し続けることが可能だからです。

つまり、メトロポイントを大量に保有した状態であれば、交換が封鎖された後も、しばらくの間はソラチカルートを使ってANAマイルを貯め続けることができます。

LINEポイント(またはLINEポイントに移行可能なポイント)が不足している場合にはどうしようもありませんが、もし十分なポイントを保有しているのであれば、メトロポイントへの早期交換を検討してみてください。

ポイントが不足してる場合は、ポイントサイトで「ポイントが早く確定する案件」をこなすのがオススメ。交換サービス終了までにLINEポイントからメトロポイントへの交換申請が完了できれば大丈夫です。

メトロポイントの有効期限に注意

ただし、メトロポイントには有効期限があります。

このため、あまりに大量のポイントを交換してしまうと、ソラチカルートで移行しきれずにメトロポイントが失効してしまう可能性もあるので要注意。

できるだけ大量のメトロポイントを確保しておきたいところですが、有効期限から逆算してメトロポイントへ交換するポイント数を決定しましょう。

スポンサーリンク

改悪時点で保有しておくべきメトロポイントは?

メトロポイントの有効期限は、基本的にポイント付与の翌年度末まで。

このため、サービス終了(2019年12月27日)の直前に交換したメトロポイントは、2021年の3月まで有効です。

一方、ソラチカルート(メトロポイント→ANAマイル)の交換上限は、毎月2万ポイントまで

ということは、「毎月2万ポイントずつ交換して、2021年の3月にすべてのメトロポイントの交換が完了する」という状態を目指すのがベスト。

具体的には、サービス終了直後の2020年1月時点で、30万ポイント(2万×15ヶ月分)を保有しておくのが理想ですね。

ここまでの話は、あくまで理論上のもので、実際に30万ポイントをANAマイルに移行できることを保証するものではありません。メトロポイントへの移行額については、ご自身の判断でお願いします。

ANAマイルを貯める新たな交換ルートは?

nimocaルートは新たな希望

ソラチカルートが使えなくなったとしても、ANAマイルを貯める方法がなくなるわけではありません。

ソラチカ同様に、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに移行する方法は、まだまだ残されています。

「TOKYUルート」がポストソラチカ最有力

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの券面ソラチカに代わる新たな交換ルートの最有力候補は、おそらく「TOKYUルート」でしょう。

TOKYUルートの移行レートは75%

ソラチカルートの81%にはわずかにおよびませんが、十分と言えるほど高いレートです。

またTOKYUルートには、ソラチカルートと比べて「ポイント交換回数が少ない」という大きなメリットもあります。交換手続きが簡単なので、初めて利用する方でも安心です。。

エクスプレスルートでソラチカ超えも可能

モッピーのエクスプレスキャンペーン

TOKYUルートは、モッピーの「エクスプレスキャンペーン」を利用することで、移行レートが最大86.3%に上昇します。

いくつか条件をクリアする必要がありますが、ここまで出来れば現在のソラチカルートよりも交換レートは上です。

積極的に活用していきましょう!

JALマイルを貯めるのも手

JALの飛行機

JALマイルを貯めるのも一つの選択です。

「ANAマイルと比べると貯めにくい」と言われているJALマイルですが、貯め方次第ではそうでもありません。

例えば、ポイントサイトのモッピーでは、80%の高レートでJALマイルに交換できるキャンペーン(ドリームキャンペーン)を実施しています。

ANAにこだわる必要がなければ、これを機にJALマイルを貯め始めるのもありだと思います。

まとめ

以上、ついにソラチカルート改悪に関する情報をまとめてみました。

・LINEポイントからメトロポイントへの交換終了が決定!
・ポイント交換の終了は2019年12月27日 15:00
・交換終了後は実質的にソラチカルートが使えなくなる
・ただし大量のメトロポイントを保有しておけば、しばらくソラチカルートが使える
・ソラチカルートの代わりはTOKYUルートが最有力
ANAマイルだけでなくJALマイルも貯めてみるのがおすすめ

まだ発表されたばかりの情報ですから、詳しいことについては、これからいろいろと分かってくるでしょう。

当サイトでも、新たな情報が入り次第、読者の皆様にお伝えしていきたいと思います。

トップへ戻る