instagramはじめました!フォローはこちら

松山空港JALサクララウンジに行ってみた!愛媛名物「ポンジュース」と「山田屋まんじゅう」が絶品です♪

follow us in feedly

松山空港のJALサクララウンジ

日本航空(JAL)が、上級会員用サービスとして全国の空港に展開する「サクララウンジ」。

JALの上級会員や、ファーストクラス搭乗客など、限られた人しか入れないこのラウンジでは、各地の特色を織り交ぜながら、JALらしい日本のおもてなしを提供しています。

今回ご紹介するのは、愛媛県・松山空港のJALサクララウンジ!

こぢんまりした空間ながら、愛媛らしさを感じられる素敵なラウンジでしたので、ぜひご覧ください♪

スポンサーリンク

松山空港のサクララウンジはここ!

さて、まず松山空港のJALサクララウンジはどこにあるかと言いますと、2階の搭乗待合室内左手の奥。

松山空港サクララウンジの場所

保安検査を終えて左を向くと、正面突き当たりにあります。

松山空港JALサクララウンジの場所

松山空港では、JALがA/B搭乗口を使用しており、このサクララウンジはA搭乗口のすぐそば。

もし搭乗口Bを利用する場合であっても、徒歩1分もかかりませんので、スムーズに搭乗することが可能となっています。

なお羽田空港では、ラウンジへと続く専用の保安検査場が設けられていますが、松山空港では特にそのような設備はありません。

上級会員向けの優先レーンも、見渡した限りでは見つからなかったため、時間に余裕を持って搭乗待合室内に入りましょう。

松山空港サクララウンジの営業時間

毎日 6:45〜最終便出発まで

国内線サクララウンジ利用条件

国内線のサクララウンジを利用できるのは、以下の条件を満たした人です。

  1. JAL国内線ファーストクラスにて当日当該空港よりご出発、または同クラスに当日お乗り継ぎのお客さまと同行者1名
  2. JAL国際線ファーストクラス、ビジネスクラスからもしくは同クラスへ翌日午前6時までにお乗り継ぎのお客さまと同行者1名
  3. JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ各会員と同行者1名(同行者2人目、3人目はラウンジクーポン、おひとりさま1枚でご利用可能)
  4. JMBクリスタル会員(会員ご本人様のみラウンジクーポンにてご利用可能)
  5. ワンワールドエリートステイタスの「エメラルド」もしくは「サファイア」会員

スポンサーリンク

松山空港サクララウンジの全貌

それでは、さっそくサクララウンジの中に入ってみましょう!

フロアマップはこんな感じになっています。

松山空港サクララウンジフロアマップ

レセプションデスク

まずは、こちらのレセプションデスクで入室手続きを済ませまして…。

松山空港JALサクララウンジのレセプションデスク

JALらしいモダンジャパニーズなインテリアでお出迎え

正面には、日本を感じさせる吊るし飾りが。

松山空港JALサクララウンジの入口からの光景

赤と金の組み合わせが、いかにも日本航空という感じですね!

室内はバーエリアとシーティングエリアに分かれる

ラウンジ内は大きく2つに別れており、左手がバーエリア。

松山空港サクララウンジのフード&ドリンクカウンター

そして右手がシーティングエリアとなっていました。

松山空港サクララウンジのシーティングエリア

シーティングエリア

シーティングエリアの方は奥行きが広く、カウンター席やソファ席、

松山空港サクララウンジのシーティングエリア・奥から見た所

そして半個室も用意されています。

松山空港サクララウンジのシーティングエリア・半個室

半個室は4席×二箇所ありました。家族連れには特に嬉しいスペースですね♪

なお、室内にはトイレやビジネスセンター、マッサージチェアなどはありません。

しかし、ラウンジ自体がかなり小さなスペースですので、必要最低限の設備になってしまうのは仕方のないことかと思います。

トイレはラウンジを出てすぐのところにありますので、それほど苦労はないでしょう。もちろん再入場も可能です。

ドリンクメニュー

それでは、カウンターにあるドリンクや食べ物を見てみましょう♪

まずはコーヒーマシン。

愛媛県・松山空港サクララウンジのドリンクメニュー/コーヒー

そして、ジュース&ビールサーバー。

松山空港JALサクララウンジのドリンクメニュー

ビールは国内主要メーカー4社揃い踏みです。

松山空港JALサクララウンジのビール銘柄

  • キリン一番搾り
  • アサヒスーパードライ
  • サッポロ黒ラベル
  • サントリーモルツ

冷蔵庫の中には、トマトジュース、牛乳、ミネラルウォーターが入っていました。

松山空港JALサクララウンジの冷蔵庫

おつまみがバリエーション豊か!

御茶請けやお酒に嬉しいスナック類は、個包装タイプとなっていました。

松山空港JALサクララウンジのおつまみ

羽田空港のサクララウンジダイヤモンド・プレミアラウンジでは、ケースに入ったミックスおつまみだけですが、どうやら主な地方空港では、このタイプのおつまみを提供しているようです。

パッケージも日本らしい色合いとデザインで、落ち着いたインテリアによくマッチしています。

松山空港JALサクララウンジのおつまみ2

種類は全部で5つ!

  • さくさく海老あられ
  • さくさく塩あられ
  • バナナチップス
  • 米つぶ焼き
  • いか天&海鮮豆

どれもとっても美味しかったですし、バリエーション豊富なのも選ぶ楽しみがあってよかったです♪

関西国際空港のサクララウンジでは品切れが続いて食べられませんでしたが、松山空港では利用者が少ないこともあってか、いつ見ても在庫があったのも嬉しいポイント。

個人的には、羽田のサクララウンジやダイヤモンドプレミアラウンジでも、このタイプにしてもらえると嬉しいなぁ、なんて感じました。

愛媛名物を発見!

通常、国内線のサクララウンジにおいては、おつまみとキャンディが用意されている程度ですが、ここ松山空港では、愛媛名物も2つ楽しむことができます。

愛媛といえば「ポンジュース」!

一つ目の名物は『POMジュース(ポンジュース)』♪日本国民なら知らない人はいないであろう人気商品です。

愛媛・松山空港JALサクララウンジで味わえる愛媛名物ポンジュース

ちなみに、ポンジュースの名前の由来は、「日本一(ニッポンイチ)」のポンから取られたもの。

松山藩主の血を引く、当時の愛媛県知事 久松定武氏によって「日本一のジュースになるように」との願いを込めて名付けられました。

また、名付け親の久松氏がフランスに住んでいたこともあり、フランス語のあいさつ「ボンジュール:Bonjour」の 「ボン」の響きに似ているところから「ポンジュース」と名付けられたという説もあるようです。

なお、ポンジュースのローマ字表記は、昭和28年に「PON」から「POM」へと変わりました。

これは、文旦の英名「Pomelo:ポメロ」や、果樹園芸学、果樹栽培法を意味する「Pomology:ポモロジー」など、柑橘に縁の深い名前に「POM」が含まれていることに由来します。

創業慶応三年の銘菓「山田屋まんじゅう」

そしてもう一つの名物がこちら!愛媛が誇る銘菓「山田屋まんじゅう」です!

愛媛・松山空港JALサクララウンジで味わえる山田屋まんじゅう

山田屋まんじゅうの創業は慶応三年(1867年)

その昔、一人の巡礼者が一軒の商家に宿を請い、そのお礼にとまんじゅうの作り方を教えたことが発祥なのだとか。

宇和町にある山田薬師寺の山田薬師如来が姿を変えて教えてくれたと信じられていることから、「山田屋」という屋号がつけられたようです。

山田屋まんじゅうがどんなものなのかと言いますと、公式サイトでは以下のように紹介されていました。

わずか22gの小さな小さな一口まんじゅう、この小さなまんじゅうに入手しうる上質の小豆と、上品な白双糖(しろざらとう)を使用し、今では本当に手間のかかる昔ながらの秘伝の製法を惜しみなくつぎ込みました。透き通るような皮に包まれたまんじゅうは、その絶妙の喉ごしと上品な甘さでお客様に愛され、また、大切な方への贈答品としてお使いいただいてまいりました。

その通り、うすーい皮に甘さ控えめの滑らかなあんが包まれた可愛らしいおまんじゅう。

個人的には、甘いもの好きながら、あまりにも甘すぎるものはちょっと苦手でして…。

たい焼きなんかも、薄皮&あんこぎっしりよりは厚皮&あんこ控えめの方が嬉しいタイプなんですが、このおまんじゅうはそんな私でも美味しく頂ける、本当に上品なお味でした♪

上位のダイヤモンド・プレミアラウンジならいざ知らず、サクララウンジにもこうしたご当地メニューが置いてあるとは。搭乗間際まで愛媛の味を楽しめるのは嬉しいですね!

松山空港のJALサクララウンジまとめ

ということで、今回は松山空港のJALサクララウンジについて詳しくご紹介しました。

必要最低限の小さな空間ながら、サクララウンジらしく、赤を基調とした和モダンなインテリアで居心地もGOOD!

さらに、愛媛名物も味わえるという、とっても素敵なラウンジでした。

これまで、国内旅行にはそれほど興味が持てなかったのですが、地方空港にもこんなラウンジがあるのなら、いずれ全国のサクララウンジを周ってみたいなと思うまでに。

いつの日か、国内線サクララウンジを制覇できたらいいですね♪

国内線サクララウンジ設置空港

JALサクララウンジ設置マップ

実は国内線サクララウンジは、全ての空港に設置されているわけではありません。2019年9月時点では、以下の14空港だけ。

  • 新千歳
  • 仙台
  • 成田
  • 羽田
  • 小松
  • 伊丹
  • 関西
  • 岡山
  • 広島
  • 松山(本記事)
  • 福岡
  • 熊本
  • 鹿児島
  • 那覇

空港の乗降者数ランキングで言えば、松山空港よりも中部国際空港や宮崎空港、長崎空港の方が上なのですが、それらの空港に国内線サクララウンジはありません。もしかすると乗降者数ではなく、JALの運行便数などが基準になっているのかもしれません。

ちなみに余談ではありますが、国際線のサクララウンジは以下の空港に設置。意外と(?)ワールドワイドに展開されています!

  • 羽田空港
  • 成田空港
  • 関西国際空港
  • 中部国際空港
  • ダニエル. K. イノウエ国際空港(アメリカ・ハワイ)
  • サンフランシスコ国際空港(アメリカ)
  • フランクフルト空港(ドイツ)
  • スワンナプーム国際空港(タイ)
  • ニノイ・アキノ国際空港(フィリピン)

これまでの空港ラウンジ訪問記

国内外のANA(スターアライアンス系列)、JAL(ワンワールド系列)、プライパリティパス、クレジットカードラウンジの訪問記は、こちらの記事でまとめています♪

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る