instagramはじめました!フォローはこちら

ディズニーシーで待たずに乗れる「スタンバイパス」とは?対象アトラクションやアプリでの取り方を解説

follow us in feedly

スタンバイパスの取り方&使い方

東京ディズニーリゾートでは、現在も新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在もいろいろな対策が取られています。人数制限で空いているのはありがたいばかりの一方、初心者にはちょっと戸惑う新システムも。

先月導入された「スタンバイパス」も、その一つです。

「スタンバイパスってどんなもの?」「どうやって取るの?」「結局どのくらい並ぶ?」などなど、疑問はつきませんよね。

ということで、今回はスタンバイパスの取り方から使い方までを詳しく解説したいと思います!

スポンサーリンク

スタンバイパスとは

まず初めに、スタンバイパスとは、人気アトラクションの予約ができるシステムのこと。

営業再開後の2020年9月23日から導入されたばかりなので、まだ知らない方も多いかもしれません。

事前にスタンバイパスを取得しておくと、長時間並ぶことなく人気アトラクションに乗ることができるので、とっても楽ちん。

ディズニシーを効率的に楽しむためにも、事前にしっかりとスタンバイパスのことを理解しておきましょう。

私の場合、スタンバイパスのおかげで、週末でも待ち時間ゼロで大人気アトラクションを体験することができました!

スタンバイパスの特徴

・対象アトラクションのパスを取得しておくと、短い待ち時間で利用可能
・東京ディズニーリゾートのアプリ(スマホアプリ)で取得可能
・スタンバイパスの取得に料金は不要(無料)
・現在、ディズニーシーの2アトラクションのみ対象(ディズニーランドは対象外)
・対象アトラクションは、原則としてスタンバイパスを取得しないと利用できない
・一度取得したパスのキャンセルは不可
13歳未満の取得は不可(ただし、13歳以上の同行者がいれば取得可能)

ファストパスとの違い

スタンバイパスと類似のシステムとして、「ファストパス」が知られていますが、こちらは当面のあいだ休止中

しばらくは、スタンバイパスのみの運用となっています。

スタンバイパスとファストパスとの違いは以下の通りです(東京ディズニーリゾート公式サイトより)。

スタンバイパス ファストパス
待ち時間 ファストパスより待ち時間が長い可能性あり 行列に並ばずに乗れる
パス取得回数 対象施設ごとに1日1回まで 複数回取得OK
別アトラクションのパス取得 取得したパスの利用時間を過ぎるまで取得できない 原則として取得後2時間以降
パス取得方法 アプリのみ アプリ or ファストパス発券機
パス取得のメリット 指定の時間にスタンバイの列に並ぶことができる
(列がなければ、すぐ利用可能)
指定の時間に戻ってくれば、少ない待ち時間でアトラクションを利用可能
パス未取得時の対応 対象アトラクションは原則利用不可 列に並ぶことは可能
理系マイラー妻
理系マイラー妻

現在、ディズニーランド・シー双方ともに、ファストパスは一切発行されていません。

スタンバイパスの対象アトラクション

現時点で、スタンバイパスの対象アトラクションは、下記の2つのみ(いずれもディズニーシー)。

ソアリン:ファンタスティックフライト
トイ・ストーリー・マニア

数あるアトラクションの中でも、屈指の人気を誇る2つが対象となっています。

なお、ファストパスとの違いでも説明したように、原則としてスタンバイパスを取得していないと、対象アトラクションは利用することができません。列に並ぶことすらできないのです。

対象アトラクションに乗りたい方は、必ずスタンバイパスを取得するようにしましょう。

たび
たび

ただし例外的に、スタンバイパスを取得しなくても、対象アトラクションに並べる時間帯が設定される日もあるようです。
(例:開園~AM11時、スタンバイパス発行終了後の夕方以降など)

スタンバイパスの取り方

それでは、スタンバイパスの取得方法について説明していきます。

スタンバイパスの取得に必要なもの

スタンパイパスの取得に必要なものは下記の3つ。

・東京ディズニーリゾートの公式アプリ(スマホアプリ)
・ディズニーアカウント(アプリにログイン用)
・入園時に使用したパークチケット(eチケット/紙のチケット)

上記のうち、「公式アプリのダウンロード」と「アカウントの登録」は、時間を有効活用するためにも、入園前に済ませておくのがベターでしょう。

「パークチケット」については、入園後のものである必要があるため、入園前に登録することはできません。

東京ディズニーリゾート公式アプリは便利な反面、バッテリー消費量が多め。あらかじめ省電力モードにしておくと安心です。

スタンバイパスの取得タイミング

スタンバイパスは、入園後すぐに取得可能となります。

希望の時間帯を確保するためにも、ディズニーシーに入園したら、まず最初にスタンバイパスを取得しましょう!

入園ゲートを通過次第、すぐにアプリを開ける状態にしておくのがオススメです。

スタンパイパスの取得手順

続いて、スタンバイパスを取得する際の具体的な手順(アプリの操作)を説明していきます。

まずは、アプリを開き「スタンバイパス」をタッチ(下記画像の赤丸部分)。

ディズニーシー・スタンバイパスの取り方

次の画面でチケットをスキャンします。

紙のチケットの場合、チケット裏にQRコードが記載されていますので、それをスマホのカメラで読み取りましょう。

 

ディズニーシー・スタンバイパスの取り方・チケットをスキャン
チケットは複数枚スキャン可能です。

家族・友人などのグループの場合は、チケットをまとめてスキャンすれば、一緒にスタンバイパスを取ることが出来るようになります。

スタンバイパスには年齢制限があり、13歳未満の入園者は単独でスタンバイパスを取得することができません。この場合は、13歳以上の同行者にチケットをスキャンしてもらうことで、スタンバイパスを取得することが可能となります。

チケットの読み込みが済んだら、アトラクションの選択です。

ディズニーシースタンバイパスの取得方法・コンテンツの選択

どっちのスタンバイパスをとればいい?

対象アトラクションは2つなので、まずはどちらか1つ選ぶことになりますが、現在の傾向としては、トイストーリーマニアの方が遅くまで残っていることが多いようです。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

ということで、両方乗りたい方は、先にソアリンのスタンバイパスを取得するのがオススメです!!

なお、スタンバイパスの時間帯については、現時点で取れるものがアトラクションごとに1つずつ表示される仕様となっており、自分で好きな時間帯を選ぶ事はできません。

今表示されている時間よりも、もうちょっと後の方がいいなと思えば、また時間を置いてトライすれば、別の時間帯が表示されます。

ただし、スタンバイパスの数には制限がある関係で、時間が遅くなると発行終了となってしまう場合も。基本的には取得できるタイミングで確保しておくのがオススメです。

スタンバイパス取得完了

さて、無事に「ソアリン:ファンタスティックフライト」のスタンバイパスをゲット♪

ソアリンのスタンバイパス

9時に入園してすぐにスタンバイパスを発行した結果、11:00~11:20のパスとなりました!

スポンサーリンク

スタンバイパスの使い方

続いては、スタンバイパス取得後の使い方に関する説明です。

指定時刻の5分前から利用可能

スタンバイパスは、指定時刻の5分前にQRコードが表示され、使えるようになります。

5分前になるとQRコードが表示される

下記のように、アプリからもプッシュ通知が来ますので安心ですね。

ソアリンのスタンバイパス・使用可能に

アトラクションのエントランスで受付

スタンバイパスが使えるようになったら、対象アトラクションのエントランスに設置されている読取機に、表示されたQRコードを読み込ませましょう。スタッフさんが丁寧に教えてくれますので、慌てなくても大丈夫!

ディズニーシー・ソアリン

あとはそのままアトラクションの中に進んで乗るだけです♪

現在のところ、連日ほぼ待ち時間なく乗れるそうですが、上記のようにスタンバイパスは5分前から利用可能となるので、指定時間よりも少し早めにアトラクションに向かうのがよいかもしれません。

QRコード読み取り後、別アトラクションのパスが取得可能に

スタンバイパスは、一度取得したパスを利用するまで、次のパスを取得することができません。

ただし、アトラクション入口で一旦QRコードの読み込みさえ終わらせれば、すぐ次のスタンバイパスを取れるようになります

とにかく時短したい!という方は、最初のアトラクションゲートを通過次第、次のアトラクションのスタンバイパスを取得しておくとよいでしょう。

パークチケットは、一度スキャンするとアプリに記録されますので、再度読み込む必要はありません。

最後に

ということで、東京ディズニーリゾートのスタンバイパスについて詳しくご紹介しました!

ソアリン、トイストーリーマニアともに、最長5時間待ちを記録したことがある大人気のアトラクションですが、10月始めの週末では、スタンバイパスさえあれば、どちらも待ち時間ほぼ0で楽しむことが出来ました♪

特に小さな子供連れや妊婦さん、ご高齢の方は、長時間立って待っているのは大変ですから、是非ともこの機会に利用したい画期的なシステムですね!

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

妻の豆知識
スポンサーリンク
\\この記事をSNSでシェアして、みんなに教えてあげよう//
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る