instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

これって持ち込みOK?初心者でも分かる空港手荷物検査ガイド〜パソコン・食べ物・液体はどうする?

follow us in feedly

手荷物を持ったお客さんでいっぱいの羽田空港

飛行機に乗る際には、空港で手荷物検査があります。

機内に危ないものを持ち込むと、思わぬアクシデントに繋がることがありますし、テロ対策としても欠かせません。

もちろん、普段から飛行機に乗り慣れている方なら、何の疑問も不安もなく通過できると思います。しかし、たまにしか飛行機に乗らない方の場合、とまどってしまう場面もあるかもしれません。

持ち込んでも問題なさそうなものがNGだったり、逆に持ち込んだらダメそうなものが意外とOKだったり、結構判断が難しいですよね。

ということで、今回は国内線の飛行機に乗る際の手荷物について、元航空会社地上係員としての経験を生かし、出来るだけわかりやすく解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも何個機内に持って入れるの?

主要航空会社(以下ではANAを例としてあげています)の国内線の場合、飛行機内にはハンドバッグ、カメラ、傘などの身の回り品に加え、適合サイズの大きな荷物1つが持込み可となっています。

つまり、飛行機の中に持ち込み可能なのは「小物+大きな荷物1個」ということ。

大きな荷物については1個だけですが、それ以外はまったく持ち込めないという訳でもありません。

持ち込み可能な荷物のサイズ

持ち込み可能な大きな荷物(小物以外)のサイズは下記の通りです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-16-18-35

上記のように、飛行機の座席数が100席以上か未満かで、認められるサイズが異なっています。飛行機が小さければ収納も小さいため、自然と手荷物のサイズにも制限がかかるわけです(重さに関しては10kg以内で共通)。

・100席以上の大きな飛行機 → 3辺の合計が115cm以内
・100席未満の小さな飛行機 → 3辺の合計が100cm以内

例外的な対応

上記の条件が守られている場合でも、満席で大きな荷物を持っている人があまりにも多い時は、搭乗口で預け手荷物にして頂けないか、地上係員が声をかけることがあります。

搭乗後、荷物が多すぎて収納に手間取ると、安全上の問題になることはもちろん、それだけ出発が遅れてしまう可能性があるからです。

その場合は地上係員が預かり手続きの上、直接飛行機の下まで運んでいき、搭載担当に渡しますので、通常通り到着地のターンテーブルで受け取ることになります。

このように扱われる手荷物のことを「機側預け手荷物」と言います。

機内に持ち込めないものって?

簡単に言うと、ハイジャックにつながる可能性があるものは持ち込めません

最初から持って行かないか、預け手荷物の中に入れるか、またもし手荷物検査場で見つかった場合は「コンソリー」といって、該当物だけをその場で預け、到着地で受け取る方法もあります。

乗り慣れた方からすると当たり前なのですが、細かいところまで知ってらっしゃる方は意外と少ないかもしれません。

例えば、カミソリは普通に凶器として使えますので原則NGですが、一般的なT字カミソリはOK。電気シェーバーも凶器にはなりえないのでOKです(鈍器としてなら使えなくもないかもしれませんが、それを言い出したらキリがないので)。

ハイジャック犯がCAさんなりを人質に取る画を想像してみて、武器として成立するかどうかで大体判断が付くと思います。

ハサミは工作用などはNG、携帯用手芸セットに入っている小さなものはOK。爪切りも大丈夫です。

これはどっちかな?と迷ったら、預ける荷物(機内に持ち込まない荷物)に入れてしまうことをお勧めします。

持ち込んでいいのか判断に迷うものの代表例

お客様から「持ち込んでいいの?」と聞かれる物は、いつもだいたい決まっていました。

・ヘアスプレー・冷却スプレー…化粧品・医療用の非放射性スプレーは、1容器あたり0.5L/0.5㎏、1人あたり合計2L/2㎏まで機内持ち込み・預けともに可能。美容師さん等で、よほど沢山持ち込みたい!という場合を除いて、そうそう一般人が引っかかることはない量です。

・飲料等の液体物国内線では未開封・開封済み関係なく持込めます。ちなみに国際線では100mlを超える液体は持込み不可、100ml以下だと1L容量のジップロックに入る量までが許容量なので、ここと混同する方が多いようです。国内線では液体物の容量・個数制限はありません。

・ライター…一人1個まで持込み可。JALの場合は、機内に持ち込むバッグに入れるのはNG、ポケットに入れるなど、身につけることとされています。ANAでもJALでも、預け手荷物に入れることはできません。何個も持っていると、1個を除いて手荷物検査場で放棄させられます。高いジッポライターを泣く泣く諦める方を何度も見ました。さらに、ターボライター、ジェットライター、ブルーフレームライター、燃料等は持込みも預け入れもできません。

・生鮮食品を冷却するためのドライアイス…2.5kg以下なら持込み・預け可。

・リチウム電池入りの一般電子機器…下図の一般的な電子機器については個数制限なく持込みOK。電動ロボットなど、特殊な大型バッテリーが付いたものは不可ですが、そんなものを持って乗る一般人はいないはず…多分。

<リチウム電池入りの一般電子機器の例>%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-16-13-13

ただし、予備電池(モバイルバッテリー)については一部制限があります。

・リチウム電池はリチウム含有量が2g以下のもの
・リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Wh以下のもの
個数制限なし 持込み可

預け不可

・リチウムイオン電池(バッテリー)はワット時定格量が100Whを超え160Wh以下のもの 2個まで

機内持ち込みも預けることもできない、そもそも飛行機に乗せてはいけないものって?

代表的なものは、火薬関係です。一般人だと、花火が良く引っかかります。夏の旅行で花火をお土産に…という方、帰りの飛行機に載せることはできませんのでご注意ください。

それから、リチウム含有量2g以上のリチウム電池、ワット時定格量が160wh以上のリチウムイオン電池。よほど大容量のバッテリーでなければ該当しないようです。

さらに、リチウム電池を外せないタイプのコードレスヘアアイロンなどは、単独で発熱・発火する可能性があるため飛行機に乗せることはできません。

また最近話題になった中では、「ギャラクシーノート7」。現在、電池を外したとしても国土交通省通達により航空機での輸送が禁止されています。

潤滑油、塗料、ニス、防塵用、スポーツ道具のメンテナンス剤、スキー、スノーボード用WAX等、化粧品・医療目的以外スプレー缶で、引火性ガスを利用しているもの(下図参照)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-19-21-30-26

もちろん、毒物や劇物もNG。

沖縄に旅行へ、という方も多いでしょう。

沖縄県・奄美群島からのサツマイモ(公的に消毒されたものを除く)・アサガオなど、沖縄県・徳之島・沖永良部島・与論島からの未検査のカンキツ類・ゲッキツなどの苗木・穂木類・生茎葉は、本土への持ち込みが規制されており、預け手荷物・機内持ち込みもできません。

意外な落とし穴?

凶器ではないのに持ち込めない・預けられない意外なものもあります。

それは風船(膨らんだ状態のもの)。ご存じの通り、上空では気圧が下がるので、破裂してしまうのです。過去には、係員が見過ごして機内に持ち込まれた風船が破裂したことにより、その音が原因で難聴になったと訴訟に発展したケースもあったとか。

また、ヘリウムガス入りの場合は高圧ガスを利用しているため、空輸が禁止されています。

せっかく嬉しそうに持ってきたお子さん連れに「風船は飛行機に載せられないんですよ…」と告げる時は毎回辛かったです…。

風船は没収、またはご自身で処分して頂くことになりますので、ご注意ください。

3e89f86820955e88e5556be432a9a2cb_s

手荷物検査場ですべきこと

さあ、いよいよ出発!まずは手荷物検査場で荷物や身につけているもののチェックを受ける必要があります。

ここで不慣れな方は何を出していいのか迷ってしまって、必要のないものまで取り出したり、またはしまったりしているのをよく目にします。後ろで待っている人のためにも、スムーズに通過したいですよね。

これだけ知っておけば、旅慣れた感を醸しつつ、検査場をパスできることでしょう。それでも引っかかったら運が悪かった、仕方ないと開き直ってください。

大きな金属製の装飾品は外しておきましょう

大きな金属製のバックルが付いているベルト、髪留め等は検査場に入る前に外し、カバンに仕舞うか備え付けのトレーの中に入れておきましょう。

髪留めについては判断が難しいかもしれませんが、例えば金属で出来ているバレッタやかんざしは外しておくほうが無難です。

小さなヘアピン数本ではまず反応しません。30本、50本と付けているとなると話は別ですが(実際そういう方がいるかどうかは別として…)。

8e207e86e51469c19c1a204fb2e87680_s

また、よほど大きな重たい金属で出来ていない限り、ピアスやイヤリングも大丈夫です。通常の留め具程度なら、エラー音は鳴りません。

たまに靴が反応することもありますが、それは自分で判断できないでしょうし、周りも仕方ないことだと思ってくれるはず。

地上係員時代、一目見て明らかにマズイとわかったのは、工場などで働く方がよく履いている「安全靴」。意外と結構いらっしゃいましたが、これは金属が入っているため、必ず反応が出ます。

カバンから出す必要があるもの

  • パソコン、タブレット
  • ペットボトル飲料
  • 持ち込んでいいものか判断に迷った刃物類

大まかに言ってこの3つです。

パソコンは、X線を妨げないように。

ペットボトルは内容物検査のため、そして刃物は検査員が実際に見て判断するので、あらかじめ取り出しておく必要があります。

しばしば、金属類は全部出さなきゃいけないんだよね!とわざわざカバンから携帯やカメラを取り出して並べている方がいますが、その必要は全くありません。

ポケットから出す必要があるもの

  • 鍵、カメラ、携帯などの金属類

言わずもがな、ポケットの中に入れたままだと、ご自身がX線ゲートを通過する際に金属反応が出るので、その前に取り出しておいて下さい、というだけのことです。

あまりに色々入っている時には、ポケットをゴソゴソせずに、上着ごと脱いで預けてしまいましょう。それが簡単確実スマートで、後ろからのプレッシャーも受けずに済みます。

最後に

飛行機内に持ち込める手荷物に関しては、規則自体がかなり細かく、全てを説明しようとするとキリがありません。このため、今回は一般的によく出る質問、迷うポイントを中心に解説してみました。

手荷物検査のことを予め理解しておけば、搭乗時の手続きをスムーズに済ませることができます。飛行機での旅の負担が、少しでも軽くなるのではないでしょうか?

「こんなの当たり前だよ」との声も聞こえて来そうですが、少しでもどなたかのお役に立てれば幸いです。

トップへ戻る