instagramはじめました!フォローはこちら

ANAマイルとプレミアムポイントの違いを徹底解説!それぞれの貯め方と使い方は?

follow us in feedly

マイルとプレミアムポイントの違いとは

ANAマイルプレミアムポイント(PP)。

いずれも飛行機に乗ることで貯めることができるものですが、この二つはどう違うのか、ご存知でしょうか。

何となくは知っていても、それぞれどういう性質のものなのか、貯め方や使い道は?普段からよく飛行機を利用している人でも、全てをしっかり説明できる人は、意外とそんなに多くないようです。

知らないと損をしてしまう事もたくさんある、この「マイル」「プレミアムポイント」

今回は、そんな二つについて、詳しくかつわかりやすく解説してみたいと思います!

スポンサーリンク

マイルもプレミアムポイントも、ANAマイレージクラブに入会することが大前提!

まず大前提として、ANAマイルもプレミアムポイントも、貯めるためにはANAマイレージクラブに入会することが必要です。

ANAでは、ANA MILEAGE CLUB(ANAマイレージクラブ)という名称の会員プログラムを設立しており、この会員になることで、マイルとプレミアムポイントを貯めることが出来るようになります。

マイレージクラブカードにはどんな種類がある?

基本的に、ANAマイレージクラブは年会費無料で入会することができますが、プリペイドカードやクレジットカード機能付きの会員証も選択可能!

現時点では、下記のようなクラブカードが存在しています。

  • ANAマイレージクラブカード(AMC)…年会費や入会手数料は一切無料のマイレージ会員。マイルを貯める他、Edy機能を付けることも出来ます。AMC
  • ANA VISAプリペイドカード…2016年1月から登場した、プリペイド機能付きのマイレージクラブカード。選べる三色がちょっとうれしいですね。発行元は三井住友VISAですので、日本国内だけでなく、海外のVisa加盟店で使うことが可能です。プリペイドカードはクレジットカードとは違うため、未成年でも申し込めます。海外旅行や留学する子どもに持たせておけば、銀行口座を開設する必要なくオンラインで入金できますから、もしものときに安心ですね。

ANA VISA プリペイドカード

  • ANAカード…クレジット機能が付いたマイレージクラブカード。一般のクレジットカード同様、プレミアム・ゴールド・一般カードがあり、ブランドはVisa, Master, JCB,ダイナース, アメリカン・エキスプレスから選ぶことが出来ます。1枚しか持てないわけではなく、審査に通りさえすれば、複数のグレード・ブランドで持つことが出来ます。現に私もVisaゴールド&一般と、JCBのANAカードを持っています。複数持ちの場合は、カード枚数分マイレージクラブ番号が発行されますので、飛行機の予約を一本化するためには親番号を設定する必要があります。

ANAマイレージクラブ一般カード

  • デジタルカードさらに、2018年9月からは「ANAマイレージクラブアプリ」を利用することにより、スマートフォンをマイレージクラブカードとして使うことができるようになりました!ANAマイレージクラブカードは送られてきませんので、これ以上カード類を増やしたくない、持ち歩きたくない人にはぴったりですね。

ANAマイレージクラブデジタルカード

スポンサーリンク

ANAマイルって?

ではまず、ANAマイルとは何なのかと言いますと…

飛行機搭乗やクレジットカード決済等によって貯めることができるもので、ANAの商品に交換することが出来るポイント

と考えればOKです。ミソは「何かに交換できる」というところ。いわば金銭的価値のあるポイントです。

代表的な交換商品は下記の通り。

  • 国内・国際線の特典航空券
  • ホテルやレストランなどで使えるクーポン
  • スカイコインに交換(交換比率:AMC会員1.2倍~ダイヤモンド会員1.7倍とステータスによって変動)
  • ANAセレクション各種ギフト

どれも魅力的ですが、やはりダントツにお得なのは特典航空券!

1マイル=2円以上で使える事も珍しくありません。

国際線のビジネスクラスやファーストクラス特典航空券に交換すれば、1マイル=10円以上になることも!

無料で飛行機に乗れるというのは、旅行好きにはもちろんのこと、帰省等で飛行機を利用する機会がある方にとっても嬉しい特典ですよね♪

ANAマイルはどうすれば貯められる?

ANAのマイルを貯める方法は、大きく分けて下記の3通り。

  1. ANA自社便・スターアライアンス加盟社便に乗った際、距離とチケットステータスに応じて貰えるフライトマイル
  2. ANAプリペイドまたはクレジットカードで決済した金額に応じて貰えるマイル
  3. ポイントサイト等で得たポイントをマイルに替える
理系マイラー
理系マイラー

一つずつ解説して行きますね!

1.飛行機に乗ってマイルを貯める

飛行機に乗って貯める「フライトマイル」については、あまり飛行機に乗る機会がない方でも、ほとんどがご存知だと思います。

飛行距離が長ければ長いほど、また高価な運賃であればあるほど、もらえるフライトマイルは増大します。

また、後述するANAダイヤモンド、プラチナなどのプレミアムメンバーなら、さらにボーナスマイルが加算されます。

2.クレジット決済でマイルを貯める

カード利用でマイルを貯めている方は多いですよね。

基本的に、決済額100円ごとに1マイル程度と微々たるものですが、現金で支払うよりは明らかに得なので、カード決済は有効に活用すべきです。

クレジットカード入会キャンペーンを行っている時には、特典として1,000〜10,000単位のボーナスマイルが貰えることも!積極的に狙って行きたい貯め方の一つです。

3.陸マイラー活動でマイルを貯める

マイルを貯める方法で最も効率のよい方法が、当サイトのメインテーマである、陸マイラー活動によってマイルを貯める方法!

いつも見て下さっている方は既によくご存知だと思いますが、例えば、楽天市場やヤフーショッピング等のネットサービスを利用する前に「ポイントサイト」を経由することにより、多少のポイントバックを得て、それをマイルに変えるやり方です。

飛行機搭乗だと、沖縄を往復しても600~3,000マイル程度ですが、案件によっては一度で数千〜数万円分のポイントを稼げる事も珍しくはありません。

具体的なポイントサイトでの貯め方や、ポイントをマイルにする方法を知りたい方は、こちら↓をご覧ください。

スポンサーリンク

ANAプレミアムポイントとは?

以上のように、ANAマイルは貯めることで様々な特典を受けられますし、貯め方にも3通りあることがわかりました。

それでは、プレミアムポイントって何なんでしょうか?

ANAプレミアムポイントとは、1月~12月の1年の間に搭乗したANAグループ運航便や、スターアライアンス加盟航空会社利用分につき、マイルとは別に積算されるポイントのことです。「PP」と略されることもあります。

つまりプレミアムポイントとは、端的にいうと…

ANAの上級会員になるために積み増すポイント

…なのです!

毎年の獲得PPでANAプレミアムメンバーのステータスが決まる

ANAでは、獲得したプレミアムポイント数に応じて、翌年度のANAプレミアムメンバーのステイタスが決まります。ANAプレミアムメンバーとは、ANAの上級会員(エリート会員)のことです。

anaプレミアムメンバー

プレミアムポイントに金銭的価値はない

プレミアムポイントがマイルと一番大きく違うのは、貯まったプレミアムポイントを何かに交換したり使ったりすることは出来ないということ。

つまりプレミアムポイントには、マイルのような金銭的価値はありません。

どれだけ飛行機を利用したか、そして、どれだけANAを贔屓にしているかを示す指標のようなものと理解しておけばOKです。

プレミアムポイントは毎年リセットされる

また、マイルの有効期限が3年であるのに対し、プレミアムポイントは年間(1月~12月)で積算し、翌年繰越はされないという点でもマイルとは異なります。

つまり、プレミアムポイントをいくら貯めても、翌年1月にはゼロにリセットされてしまうのです。

プレミアムポイントは毎年リセットされる

ANAプレミアムポイントはどうやって貯める?

ANAプレミアムポイントを貯める方法、それはたった一つ。ANAの飛行機に乗ることだけ!

ただし、ANAが運行している飛行機でなくても、プレミアムポイントを獲得できることがあります。

具体的には、スターアライアンス加盟航空会社運航便をマイル積算対象運賃で利用し、かつ対象便のフライトマイルをANAマイレージクラブに登録すれば、ANAのプレミアムポイントが貯まります。

例えば、ユナイテッド航空に乗った場合でも、マイルをUAのマイレージクラブ「Mileage plus」ではなく、ANAマイレージクラブに貯めれば、ANAのプレミアムポイントとして加算されるということです。

ただし、気をつけなければならない点が一つ

ANAプレミアムメンバーになるためには、必要プレミアムポイントの半分をANAグループ便搭乗で獲得することが条件です。

つまり、プラチナ会員になるためには、50,000PPのうち最低25,000PPをANAグループ便だけで貯める必要があるということになります。

ANAプレミアムポイントを貯めるメリットとは

上でも少し説明していますが、ANAプレミアムポイントを貯めると、ANAプレミアムメンバー(ANA上級会員)になることができます。ANAプレミアムメンバーは、いわばANAのお得意様であり、ANAの飛行機を利用する際に様々な特典を受けることができます。

しかし、ANAプレミアムポイントは1年でリセットされてしまうため、ANAプレミアムメンバーとしての身分は原則1年だけとなり、毎年ANAプレミアムポイントを貯め続けなければ維持することができません。

毎年プレミアムポイントを獲得せずに上級会員であり続ける方法とは

ANA上級会員ステータスは、上述の通り、基本的に一年ごとに更新されます。

しかし、プレミアムポイントを貯め続けることなく、半永久的に手に入れる方法が一つあります。

それが、当サイトのもう一つのメインテーマ「SFC修行」

SFC修行とは、一度だけANAプレミアムポイントを50,000貯めて、まずプラチナ会員になり、さらに、プラチナ会員にのみ申込みが許されるクレジットカードを入手して、スーパーフライヤーズカード(SFC)会員になることを目的としています。

ANAプレミアムポイントは、SFC修行するにあたり、必ず理解しておかなければならないものです!

詳しくはこちら↓をご覧ください。

SFC修行は、ANAプレミアムポイントを貯める=ANAマイレージクラブへの入会が前提となりますが、これからSFC修行を始めようと考えている方は、効率的な修行を行うために、無料カードではなく、ANA一般カード(クレジット機能付き)に入会しておくことをオススメしています。

スポンサーリンク

まとめ

という訳で、ANAマイルとANAプレミアムポイントについて、それぞれまとめてみますと…

<マイル>
●ANA特典航空券などに交換可能な金銭的価値のあるポイント
●飛行機に乗るだけでなく様々な貯め方が存在している
●ポイントサイトの利用で大量のマイルを貯めることができる
●有効期限は原則3年(ANAダイヤモンドメンバーは期間中有効期限停止、ミリオンマイラーは生涯無期限に)
<プレミアムポイント>
●ANAプレミアムメンバーになるためのポイント
●マイルとは違い、何かに交換できるわけではない
●年を跨ぐとリセットされてゼロになる
●貯めるためには飛行機に乗るしかない!
●SFC修行の目的となるポイント

以上、ANAマイルとANAプレミアムポイントは、ANAマイレージクラブに入会し、飛行機に乗れば貯まるという点では共通していますが、まったく異なるポイントということでした!

これからANAマイルを貯めよう、あるいはSFC修行をしようと考えている方は、この違いをしっかりと理解することから始めてみてください。

楽しいマイレージ&SFC修行ライフを♪

マイルを貯めて気軽に旅行しましょう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る