PeXからメトロポイントの交換が無料化!ソラチカルートのトレンドが変わるかもしれません

good評価

2017年10月1日(日)から陸マイラーの常識が変わります。

これまで手数料が必要とされていたPeXからメトロポイントへの交換が、ついに「無料化」されることになりました。

この変更は、多くの陸マイラーが待ち望んだものだったはずです。今回の無料化によって、PeX経由のソラチカルートが完全無料化されることになりますからね。

ソラチカルートに利用する中継サイトについてはドットマネーが優勢でしたが、今後はPeXの利用者も増加してくるのではないかと予想されます。

以下では、PeXの交換手数料無料化によって変化するところ、それによってユーザが受けるメリット等について詳しく解説していきます。

ポイント中継サイトはソラチカルートに必須

ポイントサイトで貯めたポイントを90%の高レートでANAマイルへ移行可能な「ソラチカルート」。

このソラチカルートを利用する場合には、必ずメトロポイントを経由しなければいけないので、メトロポイントへのポイント交換が可能なサイト(ポイント中継サイト)の利用が必須です。

例えば、ハピタス、ちょびリッチ、ポイントタウン等で貯めたポイントは、直接メトロポイントに交換することができないため、一旦ドットマネー、PeX、Gポイント等の中継サイトを経由してから、メトロポイントに交換する必要があります。

ソラチカルート

交換手数料の比較(変更前)

ポイント中継サイトは、その名の通りポイントを中継させるためのサイトですから、どこを使っても構いません。しかし、それぞれ微妙に条件が異なっているため、使い勝手の良し悪しはあります。

特に、メトロポイントへの交換時に発生する手数料に関しては、わずかな額とはいえ、結構気にする方がいるのではないかと思います。

ちなみに、今回の変更が実施される前の時点での、各中継サイトからメトロポイントへの交換手数料は下記の通り。

中継サイト メトロポイントへの交換手数料
ドットマネー 無料
PeX 1回につき500pt(50円相当)
Gポイント 5%

ドットマネーについては、手数料が完全無料ですから、他の中継サイト比べても断然有利な状況でした。実際に、私も積極的にドットマネーを利用していましたし、同じような考えでドットマネーを選択していた方も多かったのではないかと思います。

PeXについては、交換1回につき必ず50円の手数料が差し引かれていました。1度に大量にポイント交換することで、交換するポイント全体に対する手数料の割合を減らすことは可能ですが、ポイントが減ってしまうことには変わりありません。大きなマイナスポイントです。

Gポイントについては交換するポイントの5%が手数料です。こちらは、広告サービスの利用で手数料分がポイントバックされるという回避策も用意されていますが、実際やるとなると、手数料のためだけに広告を利用するというのは、少し面倒くさい話ですよね。

PeXの手数料無料化でソラチカルートが変わる?

今回変更となったのは、「PeXからメトロポイントへの交換手数料」。

上記のように、1回の交換につき必要であった50円の交換手数料が、2017年10月1日(日)以降は完全無料となりました。これにより、手数料については、ドットマネーとPeXの条件が横並びになりました。

Pexからメトロポイントへの交換手数料が無料

この変更は、陸マイラーにとっては朗報。完全無料のソラチカルートを実現可能なポイント中継サイトに、PeXという新たな選択肢が生まれました。

ドットマネー1強時代が終わることになるかもしれません。

ドットマネーの弱点

手数料だけで見れば、ドットマネーとPeXは互角。しかし、ドットマネーには手数料無料という強みがある一方で、大きな弱点もありました。

それは、ポイントの有効期限

ドットマネーは、ポイント獲得後6ヶ月が経過すると、ポイントが失効してしまいます。このため、ドットマネーを貯め込んでいると、うっかりポイントを無駄にしてしまう可能性がありました。

しっかりとポイントの有効期限を把握していれば済む話ですが、陸マイラーであれば複数のポイントサイトを利用している方も多いでしょうし、「やってしまった…」ということも結構あるんですよね。実際、私も妻も有効期限切れでポイントを無駄にした経験があります。

せっかく貯めたポイントが消えた時のショックたるや

PeXを使うメリット

一方、PeXのポイント有効期限は、「最後のログインから12ヶ月後」。

ということは、1年に1回ログインするだけでポイントの失効が防げます。つまり、PeXのポイントは実質的に無期限で貯めることができるのです。

個人的には、この有効期限に関する条件が、PeXを使う最大のメリットになると考えています。

すでに説明したように、ドットマネーのポイントは獲得から6ヶ月経過で消えてしまいますが、PeXのポイントは、1年に1回のログインさえ忘れなければ消えません。

ポイントの有効期限管理から開放されるメリットは、想像以上に大きいものだと私は考えます。

ドットマネーを使うメリット

では、ドットマネーを使う必要がないかというと、そうでもありません。

ドットマネーは、特定のポイントサイトからのポイント交換でポイントが増量するキャンペーンをほぼ常時実施しています。

例えば、2017年9月には、「モッピーからの交換で3%増量」、「ポイントインカムからの交換で2%増量」というキャンペーンが実施されていました。

上記のようなキャンペーンを利用できる場合には、PeXよりもドットマネーを使うメリットの方が大きくなりそうですね。

PeX無料化の恩恵を受けるポイントサイト

ここまでは、主にドットマネーとPeXを比較して話を進めてきましたが、PeXの手数料無料化によって最も恩恵を受けるのは、ポイント中継サイトとしてPeXしか選択肢がなかったポイントサイト、つまり、PeXにはポイント交換できるけれども、ドットマネーやGポイントにはポイント交換できなかったポイントサイトです。

これに該当するポイントサイトは、例えば下記の3つ。

これらのポイントサイトは、これまでソラチカルート利用時に手数料が必須となっていましたが、今回の変更によりデメリットが解消。

今後、陸マイラーの注目度が一気に上がってくるのではないでしょうか。

ECナビが躍進する予感

ECナビは、大手ポイントサイトの1つですが、陸マイラーにはまだまだ認知度が低いサイトです。

では、なぜECナビを最初に挙げたかと言うと、実は運営会社(株式会社VOYAGE GROUP)がPeXと同じなんです。ゆえに、PeXに関する条件変更は、このECナビの使い勝手にも直結しています。

今回の条件変更に最も尽力したポイントサイトは、ECナビなのではないでしょうか。

また、PeXの交換手数料を無料化してきたということは、ECナビがソラチカルート(言い換えれば、陸マイラー)を強く意識しているということ。

ということは、今後ECナビが陸マイラー向けの広告サービスを充実させてくる可能性は高そうです。

実際に、ECナビでは、本日(10月1日)の12:00から「買っ得フェス」という大型キャンペーンが始まりました。

ECナビの買っ得フェス

具体的なキャンペーン内容は、楽天、ヤフー、ロハコ等の有名ショッピングサイトで購入した時に還元されるポイントがアップするというもの。

もともと利益率の低いサービスですから、ビックリするような大幅アップではありませんが、ショッピングに強いとされているハピタス等に負けない条件ですね。

こちらの還元率は、期間限定ではなく今後もずっと維持されるので、ECナビはショッピングに関して業界最高水準のサイトになったと言えます。

また、買っ得フェスでは、10月1日(日)から11月1日(水)の期間中、週替りでポイントが大幅アップする目玉ショップが登場します。

第1弾(10月1日~8日)の目玉ショップは下記の通り。

ECナビの目玉ショップ第1弾

目玉ショップの還元率については、他のポイントサイトを大きく引き離して断トツNo.1となっているものがほとんど。例えば、「じゃらん」であればECナビを経由するだけで7%還元になりますから、近々旅行の予定がある方は見逃せませんね。

このポイント還元率の高さを見ると、来週以降の目玉ショップ第2弾~第4弾にも、かなり期待できそうです。

また、ECナビは、陸マイラーにも人気の「EPARKリラク&エステ」の案件で、現在ポイント還元額No.1となっています(「どこ得」調べ)。

ECナビのEPARKリラク&エステ案件

10月9日までの期間限定のようですが、マッサージやエステに使った金額に対して100%以上のポイントを獲得可能という優良案件です。

詳しくは下記記事をご覧ください↓

全国各地のリラクゼーション・エステサロンを、オンラインで簡単に予約できるポータルサイト「EPARK リラク&エステ」。店舗の空き状況やコースの内容、お店の雰囲気などを比べながら予約できるので、とっても便利です。 ただ、エステなんて贅沢すぎると諦めている方もいるでしょう。そんな方にオススメなのが、ポイントサイト。今なら「EPARK リラク&エステ」をポイントサイトを経由して利用すると、1回につき4,000円以上のポイントが還元されます。

その他にも、ECナビは「モニター案件」が利用可能となっており、陸マイラーにとって非常に使い勝手のよいポイントサイトです。これから、さらに還元額の高い案件が出てくるようであれば、その人気は一気に高まっていくでしょう。

⇒ECナビに未登録の方はコチラからどうぞ
毎日貯まるポイントサイト ECナビ

上記バナーを経由して登録すると500ポイント(50円相当)獲得できます。

ポイントタウンとファンくるも再評価

ポイントタウンは、言わずと知れた有名インターネット企業「GMOグループ」が運営する安定度No.1のポイントサイト。陸マイラーにも人気のサイトですが、ドットマネーに交換できないことが数少ない弱点になっていました。

また、ファンくるも、外食モニターの元締め「ROI」が運営する人気のモニターポータルサイト。こちらのサイトも、陸マイラーの認知度は高めですが、やはりドットマネーに交換できないことが弱点でした。

「ポイントタウン」も「ファンくる」も、PeXの手数料無料化によって、陸マイラーが使いやすいサイトになるのは間違いありません。

ECナビと同様に、今後の躍進が期待されます。

ポイントタウンには、当サイト経由で登録すると350円相当のポイントが貰えます(一部のサイトでしか実施されていない限定キャンペーンです)。

ポイントタウン350円バナー

ファンくるの登録時にも、お得な紹介キャンペーンを利用できます。

こちらのリンクを経由してファンくるに会員登録した後、実際にモニター案件を利用すると300円相当のポイントが貰えますよ。

まとめ

PeXからメトロポイントへの交換手数料が無料化されることで、陸マイラーにとっての選択肢が広がることになりました。

特に、ドットマネーのポイント有効期限が気になっていた方や、PeXを利用せざるを得ない状況であった方には、非常に大きなメリットをもたらしてくれる喜ばしい変更です。

完全無料のソラチカルートを使って、どんどんANAマイルを貯めていきましょう!

ソラチカルートを使えば、陸マイラー初心者でも年間20万マイル以上貯めることが可能です。

マイルで海外旅行、しかも憧れのビジネスクラスファーストクラスも夢ではありません。

ソラチカ関連記事

ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。
毎月15日は陸マイラーが意識すべき日です。 なぜなら、陸マイラーにとって必要不可欠であるソラチカルートを利用してANAマイルを貯める際に、毎月15日はとっても重要な意味を持つ日だからです。 この15日をしっかりと意識しているのか、そうでないのかによって、ANAマイルを貯める効率が変わってきます。 ANAマイルへの移行は最低2回の移行申請が必要 ソラチカルートを利用する場合、ポイントサイトのポイントは直接ANAマイルには移行してはいけません。必ずメトロポイントを経由させるようにしま...
ソラチカカードでANAマイルを貯める方法はソラチカルートだけではありません。簡単な設定をしておくだけで、東京メトロを利用する際に17%超のマイル還元率を実現できます。
ソラチカカードを家族の分まで用意すると、ソラチカルートを拡大し効率的にANAマイルを貯めることができます。家族会員ではなく本会員としてソラチカカードを発行するのがポイントです。