ANA SFC修行5-1:ノーチャージで振替えた旅割はスキップサービス&自動チェックイン利用不可!羽田-那覇日帰り往復

先日、2016年ANA SFC修行第5回目に出かけてきました。

第5回のフライトスケジュールは…

  • 羽田⇒那覇
  • 那覇⇒羽田

を1日で消化します。

日帰りするため、沖縄の滞在時間はとっても短いのですが、宿泊費が不要のため費用はかなり抑えられます。

たった1日で完結するため、平日は仕事のあるサラリーマンやOLの方でも、土曜日に修行して、日曜日はゆっくり旅の疲れをとることもできます。

のんびり沖縄が観光ができないのは残念ですが、SFC修行の効率を優先させる場合にはオススメできるスケジュールです。

スポンサーリンク

モノレールで羽田空港へ

羽田空港へは、浜松町駅から毎度おなじみの東京モノレールを利用します。

DSC00172

同じく都心から羽田へのアクセスが便利な京急ばかり使っていた時代もありましたが、やっぱりモノレールの方が景色がよくていいですね。

DSC00178

レインボーブリッジも見ることが出来ます。

DSC00182

生憎の曇り空ではありましたが、「空港快速」に乗れて幸先の良いスタートです。

ちなみに、浜松町からANA国内線が入っている羽田空港第2ビルまでのモノレールは下記の3種類です。(所要時間/停止駅数)

  • 空港快速:19分/3駅
  • 区間快速:21分/6駅
  • 普通:23分/10駅

所要時間に大差はありませんが、空港快速は途中駅での乗降がないため気分的に楽です。時間帯によっては「普通」しかないこともあるものの、だいたい3種が4分間隔のローテーション運行しているようです。

先日、雪で振替手配した便を利用します!

この日の利用便は、9:10羽田発のNH995便(プレミアム株主優待)と、14:10那覇発のNH468便(プレミアム旅割)です。

1月の下旬に、雪の影響で遅延/欠航の恐れがあったことから、日程と区間を変更して頂いたもの。

元々は7:50羽田発那覇行-12:00那覇発成田行でした。その時の経緯と詳しい手続き方法については、こちら↓をご覧ください。

ANA旅割も無料でキャンセル可能! 急病や悪天候なら取消手数料は不要&ノーチャージなら区間変更も!?
ANAの「旅割」や「特割」のような早期割引運賃は、普通運賃と比べて半額以下になることもあり、出来るだけ安く飛行機に乗りたい場合に重宝します。 しかしその反面、キャンセル料が高額なため、急な予定の変更などで困った事態になることも。 お得だと思って利用したはずが、結果的には損してしまう可能性もあります。 そんな時でも、すぐに諦めてしまうのは早計です。バーゲン運賃でも、「取消手数料無料で払い戻し」 or「 30日以内の空席がある便への変更が可能」な場合がありますので、ご紹介したいと思...

振替便を利用する際の注意点

出発便のプレミアム株主優待の方は、元々便変更ができる航空券ですので、羽田空港ではいつも通りチェックイン不要のスキップサービスが利用できます。

一方、復路便のプレミアム旅割は、本来なら出来ないはずの時間変更と区間変更をしてもらっていますので、スキップサービスや自動チェックイン機は利用できません。有人カウンターでの手続きが必要です。詳しくはまた後日…

というわけで、スイスイ手荷物検査が進む、プレミアムメンバー限定保安検査場へ向かいます!

DSC00192

空港についた途端、晴れ間が出てきました。SFC修行日和になりそうです。

DSC00194

ANA LOUNGE(北)でゆっくりしたら、優先搭乗

早々に検査を終えて、ANAラウンジに向かいます。

先日、北ラウンジのミニッツメイドがグループフルーツとオレンジの2種類と書きましたが、よく探してみるとアップルジュースも置いてありました。

DSC00198

成田・羽田(北・南)・関西・那覇と国内線ANAラウンジを利用してきましたが、ドリンクメニューはこの羽田北が一番充実しているかもしれません。

南にある日本酒サーバーだけはありませんけど…↓

DSC09692

プレミアムクラスの特権「優先搭乗」を利用

搭乗開始20分前になったら、優先搭乗すべく、ラウンジを出てすぐ近くの61番搭乗口へ向います。

ちょうど事前改札(=お手伝いの必要な方や幼児連れの搭乗。優先搭乗に先立って行われます。)が始まっていました。

DSC00206

飛行機恐怖症の夫が一緒だと、いつも事前改札どころか一番最後を狙って乗るため、優先搭乗のメリットもよくわからなかったのですが、この便、B777のように収容人数の多い飛行機だと、通路で待つ時間が相当長くなるので、せっかちな私としては結構なストレスになります。

大阪-東京のようなビジネス路線は別ですが、大体は年に1回飛行機に乗るかどうかの人が多いわけで、後ろが詰まっているとか、邪魔になるとか、周りのことまで気が回らなくなるのも当然といえば当然のことです。

頭ではわかっているんですけど、体質的に長く立っているのが辛いので、ちょっとイライラしてしまうことも…。優先搭乗できればそれもなくなり、精神衛生上とても良いなと毎回実感します。

DSC00209

早くプラチナ&SFC会員になって、普通席でも優先搭乗できるようになるのが待ち遠しいです。

夫はSFC会員になっても、変わらずVIP搭乗(=最後に乗ること。政治家など、航空会社に定められたVIPは最後に搭乗します。)するでしょうけど…。

飛行機に乗り込みました

使用機材B777-300。ユニバーサル電源などが付いていない、古いタイプのプレミアムシートでした。

DSC00212

NH995羽田-那覇のPREMIUM GOZEN

DSC00213

この日のメニューは…

  • 野菜とタンドリーチキンのサンドイッチ
  • アーモンド入りクリームチーズのパンケーキ
  • カニ風味フレークとアボカドサラダ
  • ナタデココ ミックスベリーのシチューを添えて
  • オニオンスープ

でした。

カニが入ってるなんて豪華だなーと思ってよくメニューを見ると、本物ではなくカニ風味フレークだったのでびっくりしました!最近の技術はすごいな~。

アーモンド入りクリームチーズのパンケーキが美味しかった♪出来ればもっと食べたかったです(笑)

<次の話>

ANA SFC修行5-2:2月半ばの沖縄は夏!那覇空港から1駅の「オハコルテ小禄店」でお土産のタルトを購入
羽田-沖縄線プレミアムクラス限定の黒糖アイスなど頂いているうちに… あっという間の那覇空港到着です。 着陸してすぐから、何やらもやもや~っとした空気を感じていましたが、ドアオープンと同時に外の熱風が機内に入り込んできました。 夏日の沖縄に到着! 今日の那覇、夏日です! セーターを着て来てしまった…大失敗。 この日は復路便出発まで2時間ほどありましたので、ゆいレールに乗って外に出てみることにしました。 この青空!2月だなんて信じられません。...

<前の話(ANA SFC修行第4弾)>

ANA SFC修行4-1:初の石垣島は国内線クレイドルシート!政府専用機B747も見れてラッキーの連続
SFC修行4回目です。 ANAの上級会員となるべくスーパーフライヤーズカードの修得を目指して搭乗を繰り返す行為を、一般的に「SFC修行」といいますが(詳しくはこちら)、飛行機大好きな私の場合、毎回まったく苦にならない、むしろ終わってほしくないほど楽しいので、SFC修行ではなく「SFC道楽」の方がしっくり来るような気がします。 強いて言えば、成田空港と家との往復が唯一修行らしいところでしょうか…。電車に乗っている時間が結構長いですし、いささか景色にも飽きてきました。 しかし、前回...

私が実践した2016年ANA SFC修行スケジュールはこちら↓

2016年2月のSFC修行
2016年2月に実践したSFC修行の全旅程を公開しています。SFC修行は、航空券が安くなる時期を狙うことで修行効率(プレミアムポイント単価)を高めることができます。
2016年1月のSFC修行
2016年1月に実践したSFC修行の全旅程を公開しています。修行してみたいけど旅程の組み方が分からないという方は、ぜひ参考にしてみてください。1月は特に効率よくプレミアムポイントを稼ぐことができますよ。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク