ついに正式発表!SPGとマリオットのプログラム統合に関する情報まとめ【2018年4月最新】

SPGとマリオットのプログラム統合のお知らせ

SPGとマリオットのプログラム統合について、日本時間4月17日(火)朝に正式発表がありました。事前に予想されていたように、2018年8月からプログラムが統合されるようです。

正式発表前からいろいろと噂されていましたが、プログラム統合により、実際にどのような変化があるのでしょうか?

以下では、SPGとマリオットの統合に関する情報について、現時点で判明していることを整理しながらご紹介していきます。

スポンサーリンク

新プログラムは2018年8月1日から運用開始

マリオット・インターナショナルによる、スターウッド・ホテル&リゾートの買収は、2016年9月の時点で完了していました。

会員プログラムについても、できる限り早い統合を目指していたようですが、各社のプログラムに違いもあるため調整が難航。この度、ようやく正式発表されることになりました。

統合された新プログラムの運用は2018年8月1日から。ただし、年途中の変更ということもあり、いくつか例外も設定されているようです。

SPGとマリオットの新しい会員プログラムは、一体どのような仕組みになっているのでしょうか?

アカウントの統合

プログラムの統合によって、別々に存在していた「SPGアカウント」、「マリオットアカウント」、そして「リッツ・カールトンアカウント」が、1つに統合されます。

すべてのプログラムに共通のアカウントが1つできるということです。

・プログラム統合前 ⇒ アカウントが別々に存在
・プログラム統合後 ⇒ 1つの共通アカウントに

共通アカウントにログインすれば、SPGグループとマリオットグループの違いを気にせず、すべてのホテルの宿泊予約ができるようになります。

これまでは、SPGとマリオットで別々にログインIDやパスワードを管理する必要があったのですが、統合後はだいぶ楽になりそうですね。

ポイントは合算

アカウントが統合されることで、SPGのポイント(スターポイント)と、マリオットのポイント(リワードポイント)もまとめて管理されることになります。

2018年8月に、自動的にポイントが合算されるようです。

なお、ポイント合算時には、SPGのスターポイント数は3倍になります。これは、スターポイントとマリオットポイントの交換比率が、これまで1:3だったためです。統合されても、ポイントの価値に変動はないということですね。

スターポイントの価値が下がってしまうのでは?と心配する声も聞かれていましたから、嬉しいニュースではないでしょうか。

「SPGスターポイント×3」+「マリオットリワードポイント×1」=統合後共通ポイント

宿泊実績もまとめて管理

SPG・マリオットの会員は、年間の宿泊実績によって上級会員(エリートメンバー)としての資格を得ることができます。

アカウントが統合されることによって、この宿泊実績についても、SPGとマリオットでまとめて管理されることになります。

これまで、SPGの上級会員を目指す場合には、SPG系列のホテルのみで宿泊実績を積む必要があり、マリオットの上級会員を目指す場合には、マリオット系列のホテルのみで宿泊実績を積む必要がありました。

プログラム統合後は、SPG系列のホテルに宿泊しても、マリオット系列のホテルに宿泊しても、共通の宿泊実績として加算されます

会員ランクが刷新

2018年8月から開始される新プログラムでは、会員ランクが刷新されます。かなり大きな変更となりそうなので、詳しく解説していきます。

プログラム統合前の会員ランク

参考までに、プログラム統合前のランク制度は、概ね下記のようになっています。

SPG会員ランク 条件
プリファードゲスト 登録のみでOK
ゴールドプリファードゲスト 10滞在 or 25泊
プラチナプリファードゲスト 25滞在 or 50泊
マリオット会員ランク 条件
通常メンバー 登録のみでOK
シルバーエリート 10泊
ゴールドエリート 50泊
プラチナエリート 75泊

上記のように、プログラム統合前の段階では、SPGとマリオットで、資格取得の条件に違いがある状態が続いていました。

これらの条件が、プログラム統合によってSPG・マリオット共通となります。

プログラム統合後の新しい会員ランク

プログラム統合後の会員ランクは下記の通り。

新プログラム会員ランク 条件
メンバー 登録のみでOK
シルバーエリート 10泊
ゴールドエリート 25泊
プラチナエリート 50泊
プラチナプレミアエリート 75泊
プラチナプレミアエリート 100泊+$20k

SPGで採用されていた「滞在」に関する条件は消え、マリオットで採用されていた「宿泊」のみのシンプルな条件に統一されました。

なお、最高ランクであるプラチナプレミアエリートについては、「100泊+$20,000」の条件を満たすことで、さらなる特典を得ることができるようです。このあたりについては、SPGのシステムが引き継がれているような印象を受けます。

統合前の宿泊実績はどうなる?

今回のプログラム統合は年途中に実施されるため、「プログラム統合前の宿泊実績がどう扱われるか」が気になる方も多いと思います。

例えば、統合前のSPGプログラムでは「年間25滞在」でプラチナ会員になることができたので、今年になって、とりあえず25滞在を目指して宿泊実績を積み上げていた方は、少なからずいるのではないでしょうか。

しかし、プログラム統合によって、会員ランクの条件から「滞在」に関する条件が消えてしまったので、25滞在は25泊として扱われることになりました。この結果、25滞在を達成しても、ゴールド会員の条件しか満たせなくなってしまいます。

これでは納得いきませんよね。

ですが心配は不要です。今回のプログラム統合の特例として、2018年12月31日までは、「滞在」での宿泊実績が認められることになりました。

つまり、「今年の宿泊実績に関しては統合前の条件でOK」ということです。

今年10滞在すれば来年は「ゴールド」、今年25滞在すれば来年は「プラチナ」になることができます。

新プログラム 会員ランクごとの特典

会員ランクの刷新により、ランクに応じて受けられる特典についても変更となりました。一覧形式の表にまとめると、こんな感じです。

  メンバー
(0−9泊)
シルバーエリート
(10−24泊)
ゴールドエリート
(25−49泊)
プラチナエリート
(50−74泊)
プラチナプレミアエリート
(75−99泊)
プラチナプレミアエリート(100泊+$20k)
室内無料インターネット
会員価格
モバイルチェックイン
予約保証
ポイントボーナス ●(10%) ●(25%) ●(50%) ●(75%) ●(75%)
レイトチェックアウト ●(14時) ●(16時) ●(16時) ●(16時)
専用予約ライン
ウェルカムギフト ●(ポイント) ●(ポイント、朝食またはアメニティ) ●(ポイント、朝食またはアメニティ) ●(ポイント、朝食またはアメニティ)
より良いお部屋へのアップグレード ●(スイート含む) ●(スイート含む) ●(スイート含む)
ラウンジアクセス
お部屋タイプ保証
50泊宿泊で選べる年間プレゼント
75泊宿泊で選べる年間プレゼント
48時間前の予約保証
アンバサダーサービス
Your24

メンバー(通常会員)特典

・室内無料インターネット
・会員価格
・モバイルチェックイン

シルバーエリート特典

通常会員特典+下記の特典
・予約保証
・ポイントボーナス(10%)
・レイトチェックアウト
・専用予約ライン

ゴールドエリート特典

通常会員特典+下記の特典
・予約保証
・ポイントボーナス(25%)
・レイトチェックアウト(14時まで)
・専用予約ライン
・ウェルカムギフト(ポイント)
・より良いお部屋へのアップグレード

プラチナエリート特典

通常会員特典+下記の特典
・予約保証
・ポイントボーナス(50%)
・レイトチェックアウト(16時まで)
・専用予約ライン
・ウェルカムギフト(ポイント、朝食またはアメニティ)
・より良いお部屋へのアップグレード(スイート含む)
・ラウンジアクセス
・お部屋タイプ保証
・年間50泊で選べるプレゼント

プラチナプレミアエリート特典(75泊)

通常会員特典+下記の特典
・予約保証
・ポイントボーナス(75%)
・レイトチェックアウト(16時まで)
・専用予約ライン
・ウェルカムギフト(ポイント、朝食またはアメニティ)
・より良いお部屋へのアップグレード(スイート含む)
・ラウンジアクセス
・お部屋タイプ保証
・年間75泊で選べるプレゼント
・48時間前の予約保証

プラチナプレミアエリート特典(100泊+$20k)

通常会員特典+下記の特典
・予約保証
・ポイントボーナス(75%)
・レイトチェックアウト(16時まで)
・専用予約ライン
・ウェルカムギフト(ポイント、朝食またはアメニティ)
・より良いお部屋へのアップグレード(スイート含む)
・ラウンジアクセス
・お部屋タイプ保証
・48時間前の予約保証
・アンバサダーサービス
・Your24(※チェックイン時間を選べるサービス)

主要特典まとめ

情報が多すぎて分かり難くなってしまったので、実際に使う機会が多いであろう特典だけ抜き出してまとめてみました。

お部屋の無料アップグレード ラウンジアクセス 無料朝食 レイトチェックアウト
メンバー
シルバー
ゴールド (14時まで)
プラチナ (スイート含む) (要選択) (16時まで)
プラチナプレミア (スイート含む) (要選択) (16時まで)
プラチナプレミア(100泊+$20k) (スイート含む) (要選択) (16時まで)

会員特典については、SPG寄りの変更になっている印象を受けますね。

例えば、マリオットのゴールドエリートには、「ラウンジアクセス」および「無料朝食」が付いていましたが、統合後のゴールドエリートには、いずれも付いていません。

「ラウンジアクセス」および「無料朝食」の特典を受けるためには、プラチナエリートを目指す必要があります。

SPG会員の場合、今年中に25滞在(1泊ずつ滞在すれば実質25泊)すればプラチナエリートの条件を満たすことができます。来年以降の条件と比べると簡単にプラチナ達成できるのでオススメです。

スポンサーリンク

ライフタイムステータス

SPGとマリオットには、ここまで説明してきた1年単位のステータスの他に、生涯の宿泊実績に応じた「ライフタイムステータス」も存在しています。

ライフタイムステータスについては、下記のように変更となります。

ライフタイムステータス 条件
ライフタイムシルバー 250泊+エリートステータスを5年間
ライフタイムゴールド 400泊+ゴールドステータス以上を7年間
ライフタイムプラチナ 600泊+プラチナステータスを10年間

なお、現時点ですでにライフタイムステータスを取得している方は、そのまま新たなライフタイムステータスに移行できるようです。

また、SPGとマリオットの両方の宿泊実績がある場合、合算された状態でライフタイムステータスの条件が判定されます。

最高ランクのカテゴリー8が新設

SPGのホテルは、ランクによって7つのカテゴリーに分けられていました。このカテゴリーに、最高ランクのカテゴリー””が追加されるようです。

SPGのホテルカテゴリーに”8”新設

ただし、カテゴリー8が追加されるのは、プログラム統合のタイミング(2018年8月)ではなく、2019年の予定となっています。

無料宿泊に必要なポイント数

無料宿泊に必要なポイント数は、下記の通りです。

カテゴリー スタンダード オフピーク ピーク
1 7,500 5,000 10,000
2 12,500 10,000 15,000
3 17,500 15,000 20,000
4 25,000 20,000 30,000
5 35,000 30,000 40,000
6 50,000 40,000 60,000
7 60,000 50,000 70,000
8 85,000 70,000 100,000

統合後の新プログラムでは、宿泊時期によって必要ポイント数が変動するみたいですね。少しややこしくはなりますが、オフピーク(閑散期)を狙えば、お得に宿泊することもできそうです。

「スタンダード」については、プログラムが統合されるタイミング2018年8月から適用、「オフピーク」および「ピーク」については、2019年から適用です。

無料宿泊ポイント数の変動

プログラムの統合前後で、無料宿泊に必要なポイント数がどのように変化したか見てみましょう(スターポイントは3倍換算してます)。

カテゴリー プログラム統合前
※スターポイント3倍換算
プログラム統合後
1 9,000 7,500
2 12,000 12,500
3 21,000pt 17,500
4 30,000pt 25,000
5 36,000~48,000pt 35,000
6 60,000~75,000pt 50,000
7 90,000~105,000pt 60,000
8 85,000

上記のように、統合前と統合後のポイント数を比べてみると、多くのケースでポイント数が減っていることが分かると思います。つまり、少ないポイントで無料宿泊できるようになるということ。

特に、現時点での最高ランクであるカテゴリー7のホテルについては、30,000~45,000ptも少なく宿泊できることになります。

かなりお得ですよね!

これはおそらく、必要ポイント数の変更が2018年8月から適用される一方で、カテゴリー8は2019年から追加される、というタイミングのズレに起因したものだと思われます。

そう考えると、現時点でカテゴリー7のホテルは、カテゴリー8の新設と同時に、そのほとんどがランクアップしそうな気がしますね。お得にポイント宿泊したいのなら、必要ポイント数が変更された直後の「2018年後半」が狙い目なのかもしれません。

SPGアメックスはどうなる?

SPG・マリオットのホテルにお得に宿泊できる「SPGアメックス」。保有しているだけでゴールド会員の資格を取得できるため、すでに持っている方も多いと思われます。

SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年ホテルに無料宿泊できる権利が貰えます。入会するなら最大12,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。当サイトからの紹介も可能です。

このSPGアメックスについても、2018年4月17日付けで、プログラム統合による変更点がアナウンスされました。

SPGアメックスの2018年特典

持っているだけでゴールド会員は継続

ゴールド会員資格に関する特典はそのまま継続されます。つまり、SPGアメックスを保有していれば、2018年8月のプログラム統合後も、「ゴールドエリート」として扱われます。

SPGアメックスでゴールドエリートに自動昇格

ただし、すでにご紹介したように、プログラム統合後の新しいゴールドエリートの特典には、「ラウンジアクセス」および「無料朝食」が含まれていません。この点については改悪と言えるかもしれませんね。

現在のマリオットゴールドは「新プラチナ」として扱われるとの情報がありますが、SPGアメックスからのアカウントリンクで取得できるマリオットゴールドを使って新プラチナを取得できるのか、現時点では不明です。

入会次年度以降の無料宿泊特典も継続

SPGアメックスを保有していると、入会次年度以降に毎年無料宿泊特典が貰えます。

この無料宿泊特典についても継続が決定しました。SPGアメックスを持っていれば、毎年1泊は高級ホテルに無料宿泊することができます。

しかも、プログラム統合によって、宿泊対象となるホテルにマリオット系列のホテルも含まれることになりました。

ただし、宿泊可能なホテルのカテゴリーについては、現時点では明言されていません。これまでと同様、カテゴリ6までのホテルが対象となるのでしょうか。

まとめ

以上、SPGとマリオットの統合に関する最新情報をまとめてみました。まだまだ不明確な情報も多いため、今後随時更新予定です(間違った情報があればご指摘下さい)。

今回のプログラム統合には、一部改悪となってしまうような変更も含まれていますが、2つのプログラムが統合することによるメリットも当然あります。

思ったほど悲観するような内容ではなかった、というのが正直な感想です。

現時点では分からないことも多いですが、今後研究が進み、新たな攻略法も次々と発見されていくのではないでしょうか。

ホテルを運営するSPG・マリオット、そして宿泊者である会員の双方にメリットがあるような、素敵なプログラムになることを期待しましょう!

関連記事

日本国内にあるSPG(スターウッド・プリファード・ゲスト)系列のホテルを、一覧形式でまとめてみました。 2018年から適用された最新カテゴリーや、ホテルの無料宿泊に必要なポイント数等を、ホテルごとに掲載しています。 SPGのホテルに宿泊を考えている方は、ぜひ活用してみてください。 日本国内SPGホテルのカテゴリ 2018年現在、日本国内には20のSPGホテルがあります。 所在地 (都道府県) ホテル名称 SPGカテゴリー 2017年 20...
SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...
マリオットホテルグループには、年間の宿泊回数に応じてステータスが上がるマリオットリワードという制度があります。 このマリオットリワードの最上級会員であるプラチナメンバーになるためには、本来なら年間75泊(つまり、5日に1泊以上のペース)が必要。一般人にはとても手が届きません。 しかし、「プラチナチャレンジ」という特別なキャンペーンを利用すると、たった9滞在(実質的には9泊)でプラチナステータスを獲得できます。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク