instagramはじめました!フォローはこちら

モアナサーフライダーのラウンジ『ビーチクラブ』を徹底リポート!利用条件からフード・ドリンクの内容まで全て公開<ハワイ・ホノルル>

follow us in feedly

ハワイ・ホノルル最古のホテル「モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ」

その優美な佇まいから、「白亜の宮殿」「ワイキキのファーストレディ(貴婦人)」とも呼ばれるこのホテルは、ハワイで一度は泊まってみたい、いわばシンボル的な存在です。

お部屋もさることながら、そのクラブラウンジ『ビーチクラブ(BEACH CLUB)』もハワイらしくてとっても素敵!宿泊したら、一度は立ち寄って欲しいスポットです。

今回は、ビーチクラブの利用方法から、ラウンジ内部の様子、そして時間帯別で提供されているフードやドリンクの内容などを、詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ビーチクラブ営業時間

ビーチクラブの営業時間と、時間帯別のサービス内容はこちら!

クラブラウンジ営業時間:毎日 6:00AM~10:00PM

・朝食:6:00AM~10:00AM
(コンチネンタル朝食 ・フルーツ&ペイストリー ・ジュース、コーヒー、エスプレッソ ・日替わりの温かいメニュー)

・日中の軽食:10:30AM~4:30PM
(コーヒー、ドリンク各種 ・スナック)

・夕刻の軽食:5:00PM~8:00PM
(ププ(おつまみ)各種 ・ドリンク各種 ・ビール、ワイン(一部有料))

※終日、ルームサービスのメニューからの注文も可能(有料)。

ビーチクラブ利用条件

ワイキキの貴婦人モアナサーフライダー

そして、モアナサーフライダーのクラブラウンジ「ビーチクラブ」利用条件は、以下の通りとなっています。

●マリオットリワードプラチナ
●マリオットリワードプラチナプレミア
●ラウンジアクセス権付き宿泊プラン利用者
●ラウンジアクセス権付き部屋宿泊者(正規宿泊料金に限る・無料アップグレードでは利用不可)
「ペントハウス・スカイライン」
「ペントハウス・オーシャン」
「ペントハウス・スカイライン・スイート」
「ペントハウス・オーシャンフロント・スイート」
「タワー・オーシャンフロント・スイート」
「タワー・プレミア・オーシャンフロント・スイート」
有償利用

モアナサーフライダーは、その名称に「ウェスティン」とあることからも分かるように、SPG(マリオット)グループのホテルです。このため、SPG/マリオットのエリートメンバー(プラチナ以上)であれば、無料でラウンジを利用することができます。

また、ラウンジアクセス権が付いているお部屋もあり、このお部屋の宿泊者はエリートメンバーでなくても、ラウンジを無料で利用可能です。

ビーチクラブは有償利用も可能

エリートメンバーやラウンジアクセス付きのお部屋に宿泊している人しか入れないというホテルラウンジが多い中、特筆すべきは、こちらでは対象者以外も料金を支払うことで利用することが出来るという点!

気になる料金は、125ドル(≒13,714円)です。

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれでしょうが、朝食と夕食に加えて日中もスナック付き・ドリンク飲み放題なので、物価の高いハワイ&高級ホテルとしてはまぁそのくらいなのかな、と個人的には感じました。

この料金は一室あたりに適用され、大人2名・子供2名まで利用することができるようになります。2人以上で宿泊するなら、十分元が取れるのではないでしょうか。

マリオットリワード会員には割引も

有償利用の場合、マリオットリワード(マリオットボンヴォイ)メンバーには、以下の通り割引サービスが設けられています。

メンバー&シルバー…20%OFF→100ドル(≒10,972円)
ゴールド…40%OFF→72ドル(≒7,900円)

一番下のランクである「メンバー(年間宿泊0~9泊)」や「シルバー(年間宿泊10泊以上)」でも20%割引というのは、なかなかお得ですね。

さらに上のランク「ゴールド」なら、なんと40%オフとなります。

マリオットリワードゴールドになるのは簡単!

SPG/マリオットのゴールドステータスは基本的に年間25泊以上して初めて得られるものですが、誰でも簡単に昇格できる方法があります。

それがSPG提携のクレジットカード「SPGアメックス」

spgアメックスの券面

このカードは、保有しているだけでゴールドメンバーに自動昇格できる反則級のツールです。SPG/マリオット系列のホテルに宿泊するのであれば、持っておくだけで特別な扱いを受けることができます!

\SPGアメックスの詳しい特典内容はこちら/

そして、通常よりもお得に入会できる方法が用意されているのも、SPGアメックスの嬉しいポイント。

アメックスの紹介プログラムを利用すると、特別な入会ボーナスを貰うことができちゃいます!かなりオススメの入会方法ですよ♪

\SPGアメックス紹介プログラムの詳細はこちら/

SPGアメックス紹介プログラムをご希望の方はこちらからどうぞ!

紹介プログラムを使ってSPGアメックスを申し込む!

スポンサーリンク

ビーチクラブ利用可能人数

ビーチクラブには、下記の通り1室あたりの利用人数制限が設定されています。

1室につき大人2名+子供2名まで

SPG/マリオット系列では、大人2名までしかラウンジを利用できないホテルも多いのですが、モアナサーフライダーのビーチクラブでは1室あたり4名まで利用可能

ファミリーでも非常に使いやすいラウンジです。なお、4人以上で利用する場合は、追加料金がかかります。

ビーチクラブ利用時の注意点

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジの注意事項

ビーチクラブを利用するにあたっての注意点はこちら。

<ビーチクラブ利用時の注意事項>

  • 水着、裸足、上半身裸での入室は不可
  • 12歳以下には必ず大人が同行すること。

「ビーチクラブ」という名称と、ワイキキビーチの目の前という立地から、つい水着のまま入りたくなる方も多そうですが、あくまでクラブラウンジなので、洋服の着用が必須となっています。

また、アメリカでは親の目が届かないところで子供を一人にしておくと、法律違反になることも。日本の感覚でいると、思わぬ事態になる可能性もあるので、十分注意しましょう!

クラブラウンジ「ビーチクラブ」の場所

ビーチクラブラウンジがあるのは、「ヒストリック・バニヤン」「タワー」「ダイヤモンド」の3棟からなるモアナサーフライダーで一番人気の「タワーウィング」1階。

モアナサーフライダーウェスティンリゾート&スパ

入口にあるセンサーに、お部屋のキーをかざして入室する仕組みです。

ちなみに、今回はこのタワーウィングのスイートルームへ無償アップグレードして頂けました!素晴らしいお部屋の様子はこちらで詳しく解説しています♪

スポンサーリンク

ビーチクラブ内部の様子

それでは、ビーチクラブの中の様子をご紹介していきましょう!

レセプション

入口入ってすぐ右手にはレセプションデスクもありますが、スタッフさんがいるのは朝・夜だけ。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ内部の様子

その時間帯に利用する時には、毎回ルームナンバーを求められますのでご注意ください。

ナチュラルなインテリア

お部屋を見渡してみると、南国リゾートっぽく軽やかで爽やかな雰囲気♪

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ内部の様子

家具はアースカラーで統一されており、広々とした印象です。椅子と椅子の間が広いので、ゆったりとリラックスできそうですね。

ダイニングセットの他、窓側にはソファが並べられていました。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ内部の様子

フード&ドリンクカウンター

お部屋の中央付近には、フード&ドリンクカウンターが。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ内部の様子

提供されているメニューについては、後ほど詳しくご紹介します。

テラス席

このビーチクラブで一番人気と言っても過言ではないのが、こちらのテラス席!

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジテラス席

ちょっと立ち上がれば間近に海を臨める特等席ということで、皆が遊びに出ている日中はいざ知らず、夜の時間帯は連日満席御礼。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジテラス席

結局、夜のテラス席には一度も座ることは出来ませんでした。

そうそう、それと印象に残っているのは、こんなに海が近いのに、全く磯の香りがなかったことです。南方の海にはプランクトンが少ないため、日本の本州でよくあるあの独特な匂いが発生しないのだそう。そういえば、沖縄の海も無臭ですよね。なんとなく温かい海の方が栄養豊富なイメージだったので、これは意外でした。

スポンサーリンク

ビーチクラブで提供されている飲食物は?

先ほどご紹介した通り、こちらのラウンジでは朝・日中・夜と、それぞれの時間帯で提供しているフード&ドリンクが変わります。

大まかに言うと、朝はコンチネンタルブレックファースト、日中はちょっとしたスナックとドリンク、そして夜がおつまみとアルコールドリンクです。

朝・夕に共通しているのは、全世界のウェスティン ホテルが提唱する「スーパーフード」(抗酸化物質と植物栄養素を豊富に含んだ食材)を中心としたメニューが用意されているということ。どんな内容なのか、興味を惹かれますね♪

さっそく以下、順番にご紹介していきましょう!

ドリンクバー

まずは終日提供されているドリンクバーから。

ジュースサーバーには、オレンジジュースとグァバジュースの2種類がありました。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパビーチクラブのドリンクバー

備え付けてあるのはプラカップです。

お隣には、空港ラウンジやホテルラウンジでよくお目にかかる「EGRO」社のコーヒーマシンと、ペプシコーラのソフトドリンクサーバーが。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパビーチクラブのドリンクバー

下の冷蔵庫には、ミネラルウォーターなどが入っていた他、スターバックス子会社であるTAZO(タゾ)製のティーバッグも提供されていました。

朝食

さて、朝食の時間帯(6:00AM~10:00AM)にはどんなものが提供されているのでしょうか。

カウンターの半分を占めるフルーツ

盛りだくさんのフルーツには、南国らしく蘭の花が添えられていました。脇にあるのはヨーグルトとシリアルです。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューフルーツやシリアル

メインカウンターの半分以上を占めていて、すごくヘルシーな印象ですね。

バラエティ豊かなパン

パンは、デニッシュ、クロワッサン、マフィンといった甘めのものから…

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューパン

トーストにベーグルまで様々です。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューパン

傍に置かれたトースターで温めれば、一層美味しく頂けそうですね!

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューパン

パンに欠かせないスプレッド類は、バター、マーマレード、イチゴジャム、チョコレート、ピーナッツバターなどが用意されていました。

温菜

温菜のコーナーには、スクランブルエッグとゆで卵が。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューホットミール

あいにくエッグステーションはありません。

そしてフライドポテトと…

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューホットミール

ポリッジ(オートミールのお粥)も置かれています。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食メニューホットミール

人が多かったので写真は撮れませんでしたが、このほかにもベーコンやハムも。

スーパーフードを提唱していると言うだけあって、全体的に健康に良さそうな印象でした♪

実食

さて、実際に頂いたのはこんな感じ。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食

これに「12gプロテイン」入りのギリシャヨーグルトをつければ、タンパク質もバッチリ♪

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ朝食

かなり大きいヨーグルトだったので、お腹いっぱいになりました!

日本の一流ホテルでいただくような「繊細で高級な」朝食とは言えないかもしれませんが、なんとなく体が喜びそうな朝ごはんという印象でした。

スポンサーリンク

日中

朝食後からカクテルタイムまでの間は、ドリンクやスナック類を頂けます。

が、しかし。

どういうわけか、写真が残っていませんでした…(涙)

ラインナップとしては、ポップコーンやトルティーヤチップス&サルサソース、個包装のクラッカーがあったと記憶しています。

残念至極ですが、また次回訪れた際に撮影して追記する予定です!

カクテルタイム

17時以降はカクテルタイム。この時間になるとアルコールドリンクが提供されます。

アルコールドリンク

カウンターに登場したのは、赤白ワインとビール!

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパビーチクラブカクテルタイムのドリンク

ワインは赤白共にアメリカ・カリフォルニア産のSYCAMORE LANE(シカモアレーン)。

ビールの方は、伝統的なハワイアンラガービール「プリモ」でした。

ワイン・ビールいずれもセルフサービスではなく、スタッフさんが注いで持ってきてくれるシステムです。ホテルラウンジではちょっと珍しいですね。

プリモビールをいただきましたが、南国らしくスッキリと美味しかったです♪

それでは、食べ物の方はどんな感じなのでしょうか。ホテルによって、おつまみ程度から完全に夕食になるところまで様々。さっそく見にいってみましょう!

冷菜

まずは冷菜から。

カウンターの上には、野菜スティック、マリネ、フルーツ、サラダなどがカラフルに並んでいます。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジカクテルタイムメニュー冷菜

アメリカなのに、夜も随分ヘルシー路線なんですね。日本人、しかも子連れとしてはとっても嬉しいポイントです♪

温菜

この日の温菜は、ラザニア、オムレツ、野菜ソテー、枝豆(蒸篭)でした。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジカクテルタイムメニューホットミール

翌日はチキンの煮込みに変わっていましたので、おそらく毎日メニューは変更されるのでしょう。

壁際のカウンターには、お味噌汁もありました。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジカクテルタイム日本食

こんなところでお味噌汁に出会おうとは…しかもスープジャーは象印。さすがは日本人の渡航先ナンバーワンのハワイですね。

チーズ・デザート

この他には、チーズやクラッカー…

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジカクテルタイムメニュー冷菜

そして食後によさそうな、ブラウニー、クッキー、ケーキ、ポテトチップス、トルティーヤチップスが。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジ日中のスナック

食事の最後には甘いものが欲しくなりますから、こうしていろんなものが用意されているのは嬉しいですね!

実食

さてさて、この日はチキンと野菜ソテー、ハムを頂いてきました。

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパビーチクラブカクテルタイム

チキンがとっても柔らかく煮込まれていて本格的な味わい。香辛料でしょうか、外国っぽい味付けなのと、野菜がたっぷりなのもよかったです♪

聞いたところによると、最近週末の夜は、ワイキキ界隈のレストランがどこもものすごく混雑するとのこと。

その点、ラウンジなら待ち時間もなく、お部屋からすぐに行き来できますし、思ったよりもしっかりとした夕食が頂けて、とっても重宝しました!

スポンサーリンク

最後に

今回は、ハワイ・ホノルルにあるラグジュアリーホテル「モアナサーフライダー ウェスティンリゾート&スパ」のクラブラウンジである『ビーチクラブ』について詳しくご紹介しました♪

「抗酸化スーパーフード」を謳っているだけあって、朝夕共にフルーツや野菜が盛りだくさんだったのが印象的。

初ハワイということで、できるだけ美味しいレストランに行きたいと思ってはいたものの、疲れが出て外出できないことも。そんな時には、やっぱりラウンジが使えるのがいいなぁと実感した次第です。

子供達は、ラウンジ内をハトやスズメといった野鳥が闊歩しているのに興味津々(笑)

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブには野鳥がたくさん

スタッフさんもおおらかで、雰囲気も明るく、とっても過ごしやすいラウンジでした!

モアナサーフライダーウェスティンリゾートアンドスパ・ビーチクラブラウンジのテラス席

ホテルのラウンジを無料で利用する方法

今回のモアナサーフライダー宿泊では、ビーチクラブを無料で利用することができました。

昨年取得した「プラチナプレミアステータス」のおかげです。

SPG/マリオットのプラチナステータスを取得するには、通常年間50泊以上が必要となりますが、私の場合は「プラチナチャレンジ」というキャンペーンを利用して、とっても簡単に取得することができました。

プラチナチャレンジは現在も実施されているキャンペーンです。

プラチナチャレンジは、ゴールドメンバーであることが参加条件となっていますが、すでにご紹介したように、SPGアメックスを保有していればゴールドメンバーに自動昇格可能!

実際に私も、SPGアメックスに入会してプラチナチャレンジに挑みました。

SPG/マリオットのホテルに宿泊する機会がある方には、ぜひともオススメのキャンペーンです♪

ハワイの往復チケット(航空運賃)も無料でした

今回のハワイ旅行は、ANAマイルを使ったANAビジネスクラス特典航空券で実現しました!

使ったマイルは240,000マイル(60,000マイル×4人分)、諸税は85,280円です。

マイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、ここ数年の間に複数回海外旅行に出かけています(それまでは、5年に1度でも行ければ御の字という感じでした)。

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ(今回)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に海外旅行へ出かけましょう♪

これまでの宿泊記はこちら!

 

トップへ戻る