instagramはじめました!フォローはこちら

【宮崎空港】新しいラウンジ大淀を徹底レポート!リニューアルでどこが変わった?<ANA/JAL上級会員専用>

follow us in feedly

宮崎ブーゲンビリア空港には、ANAとJALの上級会員向けに『ラウンジ大淀』が設置されています。

このラウンジは、2018年11月にリニューアルオープンしたばかり!

以前のラウンジは、どこか昭和な雰囲気が漂っている上にかなり席数も少なく、家族で行くと隣同士に座れないこともしばしば…。今回改装されたことでどんな感じに生まれ変わったのでしょうか?

つい先日、しっかりと中の様子を確認してきましたので、2019年最新のラウンジ大淀について詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ラウンジ大淀 利用条件

ラウンジ大淀(おおよど)は、飛行機の搭乗客なら誰でも入れるラウンジではなく、基本的に航空会社の上級会員を対象とするラウンジです。

よくあるカードラウンジのように、ゴールドカードの提示で利用することもできません。

なお、航空会社の直営ラウンジではなく、宮崎空港ビルが運営しているラウンジです。このため、ANAJALの共同利用ラウンジとなっています。

詳しい利用条件はこちら!

<ANAグループ便搭乗時>
●AMC(ANAマイレージクラブ)ダイヤモンドメンバー
●AMCプラチナメンバー
●ANA SFC
●スターアライアンスゴールドメンバー
●ミリオンマイラー
●ANA提携プラチナカード保有者等 (JCB, VISA, アメックス, ダイナース)
<JALグループ便搭乗時>
●JMB(JALマイレージバンク)ダイヤモンドメンバー
●JMBサファイアメンバー
●JGP
●JGC
●ワンワールドエメラルド
●ワンワールドサファイア

羽田や伊丹の航空会社直営ラウンジでは入場資格を持つANAプレミアムクラス」や「JALファーストクラス(は今のところ宮崎に就航していませんけれども)」搭乗者は、ラウンジ大淀を利用することが出来ないのですね。

そして直営ラウンジでは、3~4人までマイルやアップグレードポイントを使って一緒に入室することが出来ますが、ラウンジ大淀ではそれも出来ません。基本的に上級ステータス所持者+同行者1名まで。

限りあるスペースを2つの航空会社が共用しているため、これは無理からぬことでしょうね。

上級会員以外がラウンジを利用する方法

ただし、実は公式サイトが発表している条件の他にも、ラウンジを利用する方法があります。

それは、ドコモの長期ユーザーであるプラチナ会員が応募できる「プラチナクーポン」。この中に「JALサクララウンジ利用クーポン」というものがあるのです。

dpointclubプラチナ会員が応募できるサクララウンジクーポン

(dポイントクラブ公式HPより)

「サクララウンジ」クーポンと銘打ってはいるものの、宮崎空港にサクララウンジはありませんので、このラウンジ大淀を使うことになるというわけです。

プラチナ会員になるためには、15年以上継続してdocomoと契約しているか、6ヶ月累計で10,000dポイントを獲得することが条件となります。

JALサクララウンジクーポンの当選率はかなり高い!

このJALサクララウンジ利用クーポン、空港ごとに1日あたりの招待人数が決められていますが、最大137名/日と当選確率がとても高く、外れたと言う話をほとんど聞いたことがありません。

ドコモサクララウンジ利用券

プラチナ会員の方は、ぜひ一度お試しください!

ラウンジ大淀に入室!

それでは、さっそく新しくなったラウンジ大淀に入ってみましょう♪

入って右手にANA/JALの機械が置いてあって、搭乗券やicカードをかざすことにより、航空会社のステータスを確認されます。

宮崎空港ラウンジ大淀エントランス

エントランスの雰囲気的には、やっぱりちょっと昭和っぽい懐かしい感じ…?

よくよく思い返せば、この入口正面にあるステンドグラス(と言っていいのでしょうか)は、改装前から変わっていませんね。道理で懐かしく感じるはずです。

スポンサーリンク

リニューアルにより、席数は28席から61席に!

ラウンジの中に進んでみると、確かに広くなってる!!

宮崎空港ラウンジ大淀内部の様子

一番出入口に近いところには、それぞれに電源(コンセント&USB電源)を備えたカウンター席が並び…

宮崎空港ラウンジ大淀内部の様子

中心にはソファ席。

宮崎空港ラウンジ大淀内部の様子

そして一番奥には、以前のラウンジ大淀を彷彿させるリラックスチェアがたくさん並んでいました!

宮崎空港ラウンジ大淀内部の様子

28席から61席と、座席数が改装前の2.17倍になったということだったので、さぞギュウギュウな感じなのかと思いきや、かなりゆったりと席が配置されていたのでびっくり。

どうやら、元のラウンジにあったお化粧室が撤去されたのが大きいようです。一旦外に出ないといけなくなったのは、ちょっと面倒ではありますが、家族連れでも簡単に席を見つけられるのは嬉しいですね!

フード&ドリンクバー

それでは続いて、フード&ドリンクバーを見てみましょう。

宮崎空港ラウンジ大淀フード&ドリンクバー

ドリンク

ドリンクコーナーにはどんなものがあるのかと言いますと…

ノンアルコール

まずはコーヒーマシン。これも以前からあったものですね。

宮崎空港ラウンジ大淀コーヒーマシン

メニューは温冷9種類あります。

●コーヒー 
●カフェラテ 
●カフェモカ 
●ココア
●アイスコーヒー
●アイスカフェラテ
●アイスカフェモカ
●アイスココア
●ホットウォーター

冷蔵庫には、トマトジュース、野菜ジュース、そしてお水。

宮崎空港ラウンジ大淀冷蔵庫

この他にオレンジジュースや山葡萄ジュース、炭酸水等が出るサーバーもありました。

アルコールドリンク

アルコール関係も以前と変わらず、宮崎空港オリジナル焼酎「本格焼酎ひむか燦々」やウイスキーなどなど。

宮崎空港ラウンジ大淀お酒

ビールはキリン一番搾りです。

宮崎空港ラウンジ大淀ビールサーバー

フード

それでは、おつまみになりそうなものは…

宮崎空港ラウンジ大淀おつまみ

こちらも旧ラウンジと同様に、小袋入りのあられや柿の種など。そして傍らには塩飴が置いてありました。

ANAとJALどちらに偏ってもいけませんので、スーパーで売っているようなお菓子に落ち着いたというわけなのでしょうが、塩飴というのがまた渋いですよね〜。以前は宮崎らしく、マンゴーや日向夏の飴もあったように思いますが、この日は見当たりませんでした。

スポンサーリンク

リニューアル後のラウンジ大淀まとめ

今回は、2018年11月15日にリニューアルオープンした宮崎空港のラウンジ大淀の様子をご紹介しました!

変更点としては以下の通り。

●28席→61席に大幅拡張
●用途に合わせてカウンター、ソファなどを選べるように
●化粧室がなくなった

とにかく席が増えたのが最大の改良点ですね。

インテリアコンセプトや、フード&ドリンクバーについては、基本的に以前のままといった印象を受けました。

ここ数年、宮崎空港ではいたるところオシャレに生まれ変わっていますので、もう少し雰囲気が一新されるのかと思っていましたが、工事期間も短かったですし、ひとまずキャパシティだけでも、増大し続ける需要に応えようという感じでしょうか。

家族で利用することが多い我が家にとっては、4人で近くに座れるようになったのは嬉しかったです!!

これまでに訪れた国内外のラウンジ訪問記はこちらでまとめています↓(リンク集)

ラウンジ大淀に入るためには

すでにご紹介したように、ラウンジ大淀はANAおよびJALの上級会員しか入室できないラウンジです。

よくあるカードラウンジのように、ゴールドカードの提示等では入ることはできないため、ANAまたはJALのエリートステータスを取得する必要があります。

ANA SFC・JAL JGCの取得がおすすめ

ANAやJALの上級会員になるためには、飛行機にたくさん乗るしかありません。

しかし、ANA SFCとJAL JGCは、一度入会基準を満たしてしまえば、カードを保有し続けるだけで半永久的に続くステータスです。空港を利用する機会が多い方は、SFC修行・JGC修行でステータス取得を狙ってみてはいかがでしょうか?

SFC会員、JGC会員になれば、ラウンジ大淀だけでなく、全国各地の『ANAラウンジ』や『JALサクララウンジ』を利用することもできますよ♪

SFC修行・JGC修行は無料になる

SFC修行・JGC修行には飛行機のチケット代金が必要ですが、マイルを貯めて実質無料で修行することも可能です(マイルを、ANAスカイコインやeJALポイントに交換して航空券を手配すればOK!)。

マイルを貯めるのは難しいイメージがあるかもしれませんが、陸マイラーなら意外と簡単に大量マイルが貯まります。

具体的な方法はこちらをどうぞ↓

我が家は陸マイラー活動を始めてから、毎年のように家族全員で海外旅行に出かけています。

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都・大阪へ(今回)
2018年10月 次女と2人で宮崎旅行
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
※国際線の場合、航空運賃の他に諸税がかかります。

航空会社のマイルを貯めれば、上級会員のステータスを取得するだけでなく、ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません♪

これまでの宿泊記はこちら!

 

トップへ戻る