instagramはじめました!フォローはこちら

【チェコ・マリオット宿泊記】オーガスティン・ラグジュアリーコレクションホテルはカレル橋やプラハ城観光に最適!朝食もオシャレで満足度高し♪

follow us in feedly

オーガスティンアラグジュアリーコレクションホテルのロゴ

風光明媚な街、チェコ共和国の首都プラハ

カレル橋やプラハ城などなど、小さな街ながら見どころ満載で、近年日本人にも人気の観光都市となっています。

そんなプラハ観光で重要なのが宿泊先!

できれば治安も観光地へのアクセスも良く、せっかくなら、街並みに馴染んだインテリアで優雅な気分に浸れる雰囲気なら言うことなしですよね。

ということで、今回はその全ての条件に当てはまるホテル「オーガスティン ア ラグジュアリー コレクション ホテル プラハ」についてご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

ホテルがあるのはマラー・ストラナ地区

さて、オーガスティン ア ラグジュアリー コレクション ホテル プラハがどのあたりにあるのかと言いますと、こちら!

プラハ城の城下町、マラー・ストラナ地区と呼ばれる場所にあります。

観光名所のプラハ城やカレル橋との位置関係はこんな感じ。トラム乗り場が近くに2つと、さらに地下鉄の駅もありますので、どこに行くにも便利です!

オーガスティン ア ラグジュアリー コレクション ホテル プラハ, チェコ

プラハ城までトラム一本、10分ほどで苦もなく上れますし、プラハ旅行のハイライトとも言えるカレル橋までは徒歩5分ほどとなっています。

今回私たちは一泊のみで、それほど時間もありませんでしたので、この立地の良さにはとても助けられました!

プラハ本駅からホテルまでのアクセス方法

日本からプラハを目指す場合、まず空路でドイツやオーストリアに入り、そこから飛行機や電車、バスなど色々な手段がありますが、個人的にはウィーンからレギオジェットを利用するのがコスパ的にもサービス内容的にもイチオシ!

ちなみに、チェコ・プラハ-スロバキア・ブラチスラヴァ間も運行しています。

レギオジェットの終着点はプラハ本駅(Praha hlavní nádraží)

レギオジェットはサービス充実でした!

もしあなたがプラハ本駅からマラー・ストラナ地区へアクセスする場合には、乗り換えなし&綺麗な風景も楽しめるトラムがオススメです♪

プラハ本駅からオーガスティン

本駅を出て右手に進んだ大通り沿いにある「Hlavní nádraží」というトラム乗り場から、15番線に乗車しましょう。

トラム乗り場Hlavní nádraží

電車と同様、トラムにも改札はありません。新しい車両では、車内にクレジットカードが使えるチケット販売機も設置してありましたが、なぜか私の手持ちのカードはどれも反応しませんでした。

ランダムに検札官がやってきて、有効なチケットを持っていない場合には罰金を取られてしまいますので、慌てないためにも事前に駅などで購入しておくことをお勧めします。

トラムは繁華街を抜け、中世の面影たっぷりの美しい風景を眺めながらマラー・ストラナ地区へ。

プラハ本駅からマラーストラナまでのトラム

乗車時間13分ほど、6つ目の停留所「Malostranské náměstí(マラストランスケー・ナーメスティ:マラーストラナ広場)」で下車します。

Malostranské náměstí

ここから、来た道を歩いて戻ること約2分!

オーガスティン ア ラグジュアリー コレクション ホテル プラハの外観

オーガスティンアラグジュアリーコレクションホテルに到着しました♪グレーの門を潜って中へ入りましょう。

オーガスティン・ア・ラグジュアリーコレクションホテル・プラハ入口

ホテルはアウグスティノ修道院の敷地内ということで、とっても静かです。左が客室のある棟、そして右手がレセプションへの入口となっています。

オーガスティン・ア・ラグジュアリーコレクションホテル・プラハ入口

チェックインでは日本語も通じる⁈

さてさて、それでは早速チェックインをお願いしましょう。

オーガスティン・ア・ラグジュアリーコレクションホテル・プラハのレセプション

レセプションには、なんと日本語を勉強中だという女性スタッフさんがいらっしゃいました!

挨拶から日本語で応対してくれたのにはビックリ!!

ハワイグアムですら毎回英語しか通じなかった(もしかして日本人だと思われなかった?)ので、まさかこんなヨーロッパのど真ん中で日本語を聞く機会があろうとは思いもしませんでした。

光栄にも、私が最初の日本人ゲストだったそうです♪

ものすごく緊張されていたので、途中から英語でのやりとりになったものの、日本に興味を持ってくれて、一所懸命に話そうとして下さるその姿勢が何より嬉しく感じました。

理系マイラー
理系マイラー
彼女はひときわ長身で、控えめな印象の可愛らしい方でした。
もしチャンスがあったら、ぜひ日本語でコミュニケーションを取ってみてください!

マリオットボンヴォイ特典・アップグレード結果は?

さて、チェックイン時のお楽しみは、マリオットボンヴォイの特典の1つである『お部屋の無償アップグレード』。

マリオットボンヴォイ系列ホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に案内してもらえるのです。

私は今回「マリオットボンヴォイ・チタンステータス」を持っての宿泊なので、運が良ければスイートルームを含めたお部屋へアップグレードされる可能性も。

さて、今回の結果は…?

……

 

「プレミアムデラックスルーム」というお部屋になりました!ご覧の通り2段階のアップグレードです。

  • クラシックルーム        ←元々の予約
  • デラックスルーム
  • プレミアムデラックスルーム   ←アップグレード!
  • ジュニアスイート
  • クラシックスイート
  • フレスコスイート
  • タワースイート
  • デラックススイート
  • モーゼルスイート
  • プレジデンシャルスイート

スタッフさんによれば、オーガスティン・ア・ラグジュアリーコレクションホテルプラハでは、「ジュニアスイート」を上級会員向け無料アップグレードの上限にしているそうなのですが、あいにくこの日は満室のため、こちらのお部屋になったという次第。

スタックさん曰く「眺めのいい素敵なお部屋ですよ」とのこと。どんなお部屋なのか楽しみです!

さっそく行ってみましょう♪

オーガスティンアラグジュアリーコレクションホテルプラハの廊下

プレミアムデラックスの全貌

この日アサインされたのは、2階の226号室。日本式3階のお部屋です。

オーガスティンアラグジュアリーコレクションホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム

ドアを開けてみると…

広〜い!

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・ドアを開けたところ

右手の奥がベッドルーム、正面はバスルームになっているようです。

入口周りのスペースもとっても贅沢な広さ。左手には立派なクローゼットがありまして…

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・ドアを開けた左手

中にはバスルーム、アイロン、傘などが入っています。

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・クローゼット

空いたスペースに棚、そして独立したタンスもあって、長期ステイの方には特に嬉しい収納力ですね!

ベッドルーム

続いてメインのベッドルームへ。

室内は、シンプルながらとっても上品で洗練された雰囲気です♡

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・ベッドルーム全景

プレミアムデラックスルームは、お部屋によって38−45㎡とばらつきがあるようですが、おそらくこちらのお部屋はかなり広い方なのではないでしょうか?

ソファ3つにキングサイズベッド、キャビネットなどの大きめの家具も、とてもゆったりと配置されていました。

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・ベッドルーム全景・窓側から

壁に個性的なポスターを発見。一見だまし絵のような、なにやら深い意味がありそうですが、調べてみてもよくわからず…。レトロでポップな絵柄が、絶妙にお部屋の雰囲気にマッチしています。

オーガスティンアラグジュアリーコレクションプラハのプレミアムデラックスルーム・ベッドルーム・窓際

卓上には、カラフルなウェルカムスイーツも用意されていました。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・ウェルカムスイーツ

チョコレートもマカロンも、とっても美味しかった〜♡お土産に買って帰りたいくらいでした。

ベッドは二人で寝ても余裕なキングサイズ。娘の寝相が悪いため、ベッドの真ん中に枕で防波堤を作っても、まだゆとりがあって助かりました(笑)

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・キングベッド

枕元のチェストには、無料のミネラルウォーターが二本。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・キングベッドチェスト

反対側には鏡や電源、無料のコーヒーなどが置かれていました。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・キングベッドミニバー

ベッドの正面には、アンティーク風のキャビネットとテレビが設置されています。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・ベッドの正面にはテレビ

ライトの支柱もそうですが、鳥のくちばしやクッションの模様など、あちこちにさりげなくオレンジをあしらって統一感を出しているのがオシャレですね!

キャビネットの中には冷蔵庫と…

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・キャビネット内の冷蔵庫

ミニバー、セーフティボックス。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・キャビネット内のセーフティボックス

そしてドライヤーが入っていました。

お部屋からの眺め

ベッドルームの窓からは、美しく整えられた庭園とプラハ城の一部を臨むことができます。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルームからの眺め

こういったいかにもヨーロッパらしい中庭を眺めながらリラックス出来るのっていいですよね!

修道院の敷地内のためか、中庭向きの部屋にありがちな「夜中まで騒がしくて眠れない」ということも全くなく、終日静かに過ごせるのが最高でした♪

バスルーム

続いてはバスルームへ。こちらもベッドルームと同様、とっても広々としています。窓があるのも嬉しいポイント!

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・バスルーム

入口から奥を見るとこんな感じです。大理石調で程よい重厚感が感じられますね。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・バスルーム全景

翼のオブジェが印象的な大きめの浴槽には、シャワーも付いていてとっても便利。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・バスルーム・浴槽

そして洗面台がこちら。鏡の周りがタイル張りになっているのが、さりげにヨーロッパらしくて可愛い♪

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・プレミアムデラックスルーム・バスルーム・洗面台

使いやすいダブルボウルの洗面台の上には、ラグジュアリーコレクションおなじみの「BYREDO(バレード)」のアメニティが置いてありました。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・バスルーム・洗面台のアメニティ

高級ホテルだけでなく、世界に名だたるエミレーツ航空ファーストクラスでも採用されているブランドです。

洗面台の正面にあるトイレは嬉しいビデ付き♪

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・バスルーム・トイレ

そして、入口の正面にはシャワーブースがありました。レインシャワーとハンドシャワーがあり、もちろん湯量も問題なし!

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・バスルーム・シャワーブース

とても綺麗で素敵なバスルームでした♪

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハの朝食

ここまではお部屋の中について主にご紹介してきましたが、オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハは、朝食もとっても素敵!

会場は中庭に面したレストラン「Augustin:オーガスティン」です。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン

夏の爽やかな朝、緑いっぱいの中こんなおしゃれなお店で朝食が取れるなんて最高ですよね♪

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン外観

ウェルカムギフトでブッフェが無料に

席に着くと、メニューが置かれました。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストランメニュー

今回、私たちはマリオットボンヴォイ・チタンステータスのウェルカムギフト特典として、レストランでの朝食を選択したので、ブッフェ・フレッシュジュース・温かい飲み物を無料で頂くことができます(通常料金一人あたり660チェココルナ≒3,125円)。

ちなみに、その他のアラカルトメニューは無料になりませんのでご注意を。

ブッフェメニュー

それではブッフェ台を覗いてみましょう♪すっきりと活けられたお花が目を惹くカウンターの上には、シリアルやヨーグルトに…

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ

ハムやチーズ、

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ・ハム類

サラダバーなどなど。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ

傍のテーブルにはホットミールが集められており、マッシュルームやトマトのソテー、ベーコン、ハムなどが揃っていました。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ・ホットミール

さらに、食事に合うパンはもちろんのこと、

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ・パン

デニッシュやケーキ、マフィンも勢揃い!上の方にあるのはコムハニー(蜂の巣)です。ホテルの朝食ブッフェでは初めてお目にかかったかもしれません。

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ・デニッシュ

入口近くには、冷たい飲み物もたくさん用意されていました。右端にはなんとシャンパンを発見!

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェ・ドリンク

ウィーン・インペリアルの朝食でもシャンパンが提供されていましたが、こちらのホテルでも無料で楽しむことができます。私は残念ながらこの後プラハ本駅に移動し、電車でウィーンに帰る予定だったので、遠慮することに…。

で、実際にいただいたメニューがこちら♪

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ・レストラン・ブッフェの内容

スクランブルエッグ、グリルドトマト、マッシュルームのソテー、ベーコン、デニッシュ、マーブルケーキとカプチーノ。

どれもとっても美味しかった〜♡

朝日が差す中、ゆったりした気分で朝食を取ることができて、すごーく幸せなひとときでした!

最後に

ということで、今回はプラハ観光にうってつけな、マラー・ストラナ地区にある「オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ」についてご紹介しました!

いかにも豪華絢爛!といった感じではないものの、無駄を削ぎ落としたナチュラルかつ洗練された印象の、非常に上品なホテルでした。どちらかといえば、女性好みと言えるでしょうか。

お部屋や朝食など、ホテルの中身が素晴らしいのはもちろんのこと、特筆すべきはやはりその立地。

今回はプラハ滞在が約24時間と限られていたのですが、お昼に到着してすぐ、ホテルから地下鉄で2駅/所要時間20分弱の場所にある有名なお店「Kantýna:カンティーナ」の極上ビールとカルパッチョなどを楽しみ…(ものすごーーく美味しかったです‼︎)

カンティーナのカルパッチョとビーフ

午後はふらっとプラハ城に立ち寄り、

プラハ城

聖ヴィート教会にあるミュシャ作のひたすら優美なステンドグラスを鑑賞したり、

聖ヴィート教会・ミュシャ作のステンドグラス

ここでしか買えないというしおりを購入したり♪

黄金小路・コロスアルケミストのしおり

そして翌朝は早起きして、ホテルから徒歩5分のカレル橋へ。

早朝のカレル橋

日中は激混みで渡りきるのに10分以上かかることもあるそうですが、早朝はこの通りガラガラに空いていて、写真撮影も思いのまま♪

カレル橋で記念撮影

マラー・ストラナ地区を象徴する、可愛らしい街並みもほとんど独り占めできました!

美しいマラーストラナの街並み

早朝のマラーストラナは撮影し放題!

プラハのホテル相場からすると若干お高めではありますが、その価値は十分にあると言えるでしょう。

特に滞在時間が短い方には、少ない時間でもしっかりプラハを楽しめるので、とってもオススメのホテルです!

ホテル概要

ホテル名 Augustine Hotel, a Luxury Collection Hotel, Prague
(オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハ)
ホテルランク 5
リワードカテゴリー 6(無料宿泊必要ポイント:40,000/50,000/60,000)
住所 Letenská 12/33, 118 00 Malá Strana, チェコ
電話 +420 220 111 888
開業 2009年

関連記事

2019年2月17日、ANAの直行便がウィーンに就航(東京/羽田発)したため、プラハは日本人にとってもより身近でアクセスしやすい都市になりました!

ANAビジネスクラス特典航空券を使っての旅の様子は、ぜひこちらをご覧ください♪

オーストリア航空のラウンジについてはこちらをどうぞ!

マリオットボンヴォイ系列ホテルのエリート会員になる方法

オーガスティンアラグジュアリーホテルプラハは、マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)が展開する5つ星ホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用してオーガスティンアラグジュアリーホテルプラハに滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

プラチナチャレンジの参加条件

ただし、プラチナチャレンジには誰でも参加できるわけではありません。

参加条件は、すでに「ゴールド会員」としての資格を取得していること。

プラチナ会員の1つ下のランクであるゴールド会員でなければ、プラチナチャレンジに参加することができないのです。現時点でステータスを保有していない人にとっては、嬉しくない条件ですよね。

でも、大丈夫!

実は、マリオット/SPGのゴールド会員には簡単になることができます。「SPGアメックス」というクレジットカードを保有していれば、誰でも自動的にゴールド会員に昇格できるのです。

つまりSPGアメックスに入会すれば、いきなりプラチナチャレンジに参加することが出来るということ!

プラチナチャレンジの条件は予告なく変わることがありますので、事前に必ずご自身でも確認をお願いします。

SPGアメックスにお得に入会する方法

プラチナチャレンジの話を抜きにしても、「SPGアメックス」は魅力的なカードです。

自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

宿泊記まとめ

これまでの宿泊記はこちらへどうぞ♪(リンク集)

陸マイルを貯めよう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る