instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<2024最新>初体験!新しいANAラウンジに行ってみた♪利用条件・料金・お食事メニューをご紹介~羽田空港第2ターミナル国際線

follow us in feedly

羽田空港第2ターミナル国際線エリアANAラウンジ訪問記

ANAが主に使用する羽田空港第2ターミナル。

国内線ターミナルとしてのイメージが強いかと思いますが、実はここに国際線エリアが併設されていることをご存知ですか?

一旦2020年3月29日に開業したものの、新型コロナウイルスの影響により僅か13日間で一時閉鎖を余儀なくされ、なんとそのまま3年3ヶ月もの間クローズしていました。

徐々に便数が回復したことに伴い、2023年7月19日に待望の再オープンとなったのです!

現在では26便が発着しており、さらに便数拡大の予定。

ビジネスクラスやエリートステータスを持つ搭乗客のための国際線専用ANAラウンジも、それに応じたかなりの規模を誇ります。

以前から一度は行ってみたいと思っていたところ、とうとうその機会に恵まれました♪

幸い今回も撮影許可をいただけましたので、中の様子をご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

ANAラウンジへのアクセス

まずはラウンジへのアクセスから。

手荷物検査とパスポートコントロールを終えて制限エリアに出ると、すぐ右手にラウンジのサインが見つかりました。

羽田空港第2ターミナル・ラウンジへのエスカレーター

エスカレーターでさらに上へ。

羽田空港第2ターミナル・ANAラウンジ・エスカレーター

こちらがANAラウンジ&スイートラウンジの共用レセプションです!

羽田空港第2ターミナル・ANAラウンジ・レセプション

スポンサーリンク

ANAラウンジの営業時間

営業時間は以下の通り。

5:00~第2ターミナル国際線最終便出発まで

公式サイトには上記の通り記載されていますが、ANAチェックインカウンターと保安検査場は現状6時からオープンとのこと

 

もしかすると誤記なのか、またはゆくゆく調整されるのかもしれません。

 

早朝のご利用時には最新情報をご確認下さい。

ANAラウンジ利用条件

続いて、当ラウンジを利用するための条件を下表にまとめてみました。

ステータス/搭乗クラス 本人 同行者1人目 同行者2〜4人目 特典利用者登録済みの方
ダイヤモンドメンバー 4,000マイルまたはANAアップグレードポイント3ポイント ×
プラチナメンバー 4,000マイルまたはANAアップグレードポイント3ポイント ×
ブロンズメンバー 4,000マイルまたはANAアップグレードポイント3ポイント 4,000マイルまたはANAアップグレードポイント3ポイント × ×
スーパーフライヤーズ会員(SFC) × ×
ミリオンマイラープログラム「Lounge Access Card」ホルダー 4,000マイル ×
スター アライアンス・ゴールドメンバー × ×
ファーストクラス搭乗者 ◯(要同時入室) ×
ビジネスクラス搭乗者 × ×
プレミアムエコノミー搭乗者 ◯(※ANAグループ運航便搭乗時に限る) × ×
有償利用 × ×

 

3歳未満は人数に含まれません。

また、いずれもANAまたはスターアライアンス運航便に搭乗することが前提条件です!

有料利用の申し込み詳細

上図でも触れたように、該当ステータスや搭乗クラス以外でも、料金を支払うことでラウンジを利用することができます。

具体的にいくらかかるのかもチェックしてみましょう。

ご利用料金・お申し込み・お支払い ANAウェブサイト(事前申し込み) 空港カウンター(当日)
ご利用料金*1
(税込・1名様あたり)
2023年11月30日購入分まで
成田/羽田 4,000円
ホノルル 40米ドル
2023年11月30日購入分まで
成田/羽田 6,000円
(ホノルル空港は対象外)
2023年12月1日購入分から
成田/羽田 8,000円
ホノルル 80米ドル
2023年12月1日購入分から
成田/羽田 12,000円
(ホノルル空港は対象外)
お支払い方法 クレジットカード、またはPaypal クレジットカード
現金(日本円のみ)
お申し込み方法 ANAウェブサイトから航空券をご購入後、予約完了画面からお申し込みください。
すでにご予約をお待ちの場合、予約内容の確認画面からお申し込みください。
成田・羽田空港のチェックインカウンター、発券カウンター、ラウンジにてお申し込みください。

(ANA公式サイトより引用)

2023年までに比べて一気に倍額まで値上げされているため、そう気軽に利用できる印象ではなくなりましたが、空港での待機時間が長い時には一考の価値ありかと思います。

スポンサーリンク

ANAラウンジのフロアマップと概要

ではでは、さっそくラウンジの中へ。

フロア全体の見取り図がこちらです。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・フロアマップ

(ANAラウンジ公式アプリより)

席数はなんと900!

訪問当時は一部エリアがクローズされていましたが、3月30日より全面オープンすることが決定しています。

主な付帯施設は以下の通りです。

  • 軽食
  • ドリンクカウンター(アルコール含む)
  • バー
  • コンシェルジュ
  • 通話ブース
  • ビジネスコーナー
  • シャワーブース(8室)
  • 仮眠室(3席)
  • 喫煙所
  • 授乳室
  • ロッカー
  • キッズルーム

ロッカー

レセプションのお隣にはロッカーを完備。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ロッカー

もちろん鍵付き、無料で利用することが出来ます。

コンシェルジュ

ラウンジ室内に入ると、まずコンシェルジュデスクが目に入りました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・コンシェルジュ

どこのANAラウンジにも設置されているこちらのコーナーですが、未だにどのように利用すればいいのかわからず…。

この日もスタッフさんを一度も見かけなかったところから察するに、そういう人は少なくないのかもしれませんね。

シーティングエリア

こちらはシーティングエリアを入口側から撮影したもの。一番奥まではよく見えないほどの広さです。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・入室直後

奥に回ってみると、ソファ席がかなりの数並んでいました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・シーティングエリア2

お隣のスペースにはロープが貼られ、立ち入れないようになっています。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・シーティングエリア3

このエリアもおそらく3月末には開放されるのでしょう。

ダイニングエリアにはハイチェアが並ぶカウンター席もあり、用途に応じて使い分けられそうです。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・シーティングエリア4

スポンサーリンク

バー

そして窓際の一角には立派なバーカウンターが。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・バー

エリア入口には「営業時間 19:30~24:10」と書かれていましたので、もしかしたらバーテンダーさんのサービスが受けられるのかもしれませんね。

次回は営業している時に訪れてみたいものです。

ちなみに窓の外は屋根が続いており、飛行機ビューではありませんが、開放感はそれなりに感じられるかと思います。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・窓の外

スポンサーリンク

ブッフェカウンター

900人ものゲストを抱えるラウンジですので、ブッフェカウンターもかなり大型!

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ブッフェ

両面に色とりどりのお料理が並び、壁際にドリンクカウンターが設置されていました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ブッフェ2

ドリンク

ドリンクカウンターには何やらシックなジュースサーバー。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ドリンク・ジュースサーバー

これまでの赤いマシンよりも、空間に馴染んでいる感があります。

ビールは一番搾り、黒ラベル、アサヒスーパードライといったお馴染みのブランドの他、糖質オフのパーフェクトサントリービール(PSB)も並んでいました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ドリンク・ビールサーバー

リカーも満遍なく揃っています。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ドリンク・アルコールドリンク

ANAといえば、日本各地の焼酎ラインナップに力を入れていることでお馴染みですが、この日は宮崎が2本と鹿児島が1本。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ドリンク・焼酎ボトル

傍に置かれたリストをみると、なんと既に再来年分まで提供銘柄が決まっているようです。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ドリンク・焼酎

すごい力の入れようですね!

フードメニュー

フードカウンターにはサラダバーや、

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・サラダ

サンドイッチにちょっとしたデザート。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・サンドイッチ

ANAオリジナルカレーを始めとした数種類の温菜も提供されていました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・カレー

具体的なメニューは公式サイトに掲載されています!

hnd_nrt_analounge_food

ヌードルバー

ANAラウンジお馴染みのヌードルバーも健在です。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ヌードルバー

窓口で直接注文してもOKですし、自分のスマホ等からオーダーすることもできます。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・食事予約画面

メニューはこちら(一部)

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ヌードルバーのメニュー

(ANAラウンジ公式アプリより)

どれも量は控えめなので、小腹が空いた時にもぴったりです♪

ライブキッチン

そういえば、ダイニングエリアの中央にはライブキッチンも設けられていました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・ライブキッチン

使われている形跡はありませんでしたが、そのうちこちらでも何かサービスが始まるのかもしれませんね。

ANAオリジナルカレー

この日は11時出発のところ、8時前に到着。

まだ機内食までだいぶ余裕がありますので、朝食にANAオリジナルチキンカレーをいただくとしましょう!

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・カレー

普段あまりカレーを好まないのですが、JALオリジナルカレー等、ラウンジのカレーはなぜか大好き!

最新!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ〜本格寿司に山崎12年!利用条件からサービス内容まで全て紹介
2020年リニューアル!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジに行ってきました♪本格バーJAL's SALONでは幻のウイスキー山崎12年のサービスも&お鮨のパフォーマンスも健在。パワーアップしたファーストクラスラウンジの全貌をぜひご覧ください!

ANAカレーはトマトのフレッシュ感や酸味が際立っていて、欧風というのでしょうか。今回も美味しくいただきました♪

スポンサーリンク

シャワーブース

なお、ラウンジ内にはシャワールームも完備。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・シャワールームへの入口

入口にある端末で申し込みしてもいいのですが、ヌードルバーと同様QRコードを読み込めば自分の端末から手軽に予約出来ます。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ANAラウンジ・シャワールーム予約画面

この時は利用者0ということで、すんなりお借りすることが出来ました。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワー室

スタッフさんに伺ったところ、朝シャワーを利用する人自体が少ない上、10時で半分以上の便が捌け本格的に空いてくるとのことですが、今後は便数も拡大されるため、時間によって混雑することもあるかもしれません。

ブースは全部で8つ。

1番のお部屋はこんな感じでした。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワー室の中

ベージュの落ち着いたお部屋にシャワーブースとトイレ、洗面台が取り付けられています。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワーブース

シャワーアメニティは従来通り、ポーラのエステロワイエ。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワーブース・シャンプー類

基礎化粧品はコーセーの雪肌精です。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワーブース・雪肌精

一つ違っていたのがヘアドライヤー。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・シャワーブース・ドライヤー

以前のANAラウンジでは、ダイソンのドライヤーが備え付けられていたかと思いますが、ここではパナソニックのものに変わっていました。

羽田空港 国際線ANAラウンジの最新情報をレポート!利用条件からフード・ドリンクメニューまですべて公開♪
ANAが、国内外の空港に展開している『ANAラウンジ(ANA LOUNGE)』! 空港ラウンジとしては、ゴールドカード等を提示して利用するカードラウンジの方が知られていますが、ANAラウンジは航空会社が直営しているだけあって、サービス内容が...
【成田空港ANAラウンジ】利用条件とサービス内容まとめ~国際線は握り寿司のシェフサービスもあり!
飛行機に搭乗する前に利用できる「空港ラウンジ」。 ゴールドカード等を提示することで入室できるカードラウンジもありますが、ぜひ一度は使ってみたいのが航空会社が運営するラウンジ(エアラインラウンジ)です。 エアラインラウンジは、カードラウンジと...

ダイソンドライヤーはとても使い勝手が良かったので、ちょっと残念です。

スポンサーリンク

化粧室

シャワーだけでなく、お化粧室も完備。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・化粧室のサイン

授乳室や喫煙室も隣接して設けられていました。

ビジネスセンター

こちらはPC作業にうってつけのビジネスセンター。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ビジネスセンター

朝9時ごろまではほぼ満席でした。プリンターも自由に使うことが出来ます。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・ビジネスセンターの中

スポンサーリンク

キッズルーム

そのお隣にはキッズルームも用意されています。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・キッズルーム

どなたも使っていなかったので、ちょっとだけ覗かせて頂くと…

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・キッズルーム内部

スペース的には一家族で一杯になりそうな感じですが、テレビだけでなく、マテル社のおもちゃやお絵かきセットなどもあって、小さいお子さん連れはかなり楽しく過ごせそうです!

仮眠室

そして個人的に気に入ったのがこちらの仮眠室(リクライニングエリア)。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・仮眠室

奥まったところに3室ある小部屋には…

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・仮眠室への通路

深くリクライニングするオットマン付きのチェアが置かれていて、他人の目線を気にすることなくリラックスできるんです♪

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・仮眠室内部の様子

ちょっと引っ込んだところにあるためか、あまり通路まで入ってくる人もなく、心ゆくまでのんびり過ごすことが出来ました!

スポンサーリンク

搭乗口へ

しっかり食事と休養を取ってから、搭乗口へ。

羽田空港第2ターミナル国際線エリア・出発口へ

新しいラウンジはとっても新鮮でした!

次回、搭乗記もぜひご覧ください。

新作メニュー大公開!ANA国際線ビジネスクラスで頂くミシュラン2つ星レストランRYUZU監修の絶品料理♪<2024搭乗記>
国際線のお楽しみといえば、なんといっても機内食!ですよね。 ANAビジネスクラスでは、2013年から著名シェフやお酒・コーヒーのプロフェッショナルとANAシェフで編成する「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」を展開し、質...

最後に

ということで今回は、羽田空港第2ターミナル国際線エリアのANAラウンジについてレポートしました!

いよいよオープンしたかと思ったらあっという間に閉鎖されてしまい、その後もなかなか機会がなかったので、ようやく訪れることが出来て感無量です。

2024年3月30日をもって、第3ターミナルの114番搭乗口ANAラウンジが閉鎖され、同時にこの第2ターミナルラウンジが全面オープンするとのこと。

コロナ禍が明けてからというもの、第3ターミナルのANAラウンジの混雑ぶりは筆舌に尽くしがたいものがありました。

羽田空港 国際線ANAラウンジの最新情報をレポート!利用条件からフード・ドリンクメニューまですべて公開♪
ANAが、国内外の空港に展開している『ANAラウンジ(ANA LOUNGE)』! 空港ラウンジとしては、ゴールドカード等を提示して利用するカードラウンジの方が知られていますが、ANAラウンジは航空会社が直営しているだけあって、サービス内容が...

第2ターミナルへどのくらい人が流れてくるのかはわかりませんが、これだけ広ければ以前よりだいぶ快適に過ごせるのではないでしょうか。

ご出発の際には、ぜひ立ち寄ってみてください!

〜これまでのラウンジ訪問記まとめ〜

空港ラウンジ訪問記まとめ〜ANA・JAL・他航空会社・プライオリティパス
空港における楽しみの1つ「空港ラウンジ」。 そこは、飛行機が出発するまでの待ち時間を過ごすだけではなく、これから始まる旅行を快適にするという大きな役割を持っています。 空港ラウンジは、ゴールドカードを提示すれば無料で入室できるカードラウンジ...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
X(旧twitter)もフォローして下さると、とっても嬉しいです!

関連記事

ANA国際線アメニティがグローブトロッターからエッティンガーへ!実際に入手しました!!
このたび、とうとうANA国際線ファースト&ビジネスクラスのアメニティポーチがリニューアル! ここ数年ANAのアメニティポーチといえば、英国の老舗高級ラゲッジメーカーである「グローブトロッター」とのコラボレーションでした。 しかし2024年1...
<最新ANA新型ビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!個室になるフルフラットシートTHE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...
<2024最新>羽田空港国内線ANAラウンジ大解剖!北と南の違いは?利用条件からサービス内容まで一挙紹介♪
搭乗までの一時、無料のドリンクやスナックを楽しみながら、のんびり過ごすことができる施設「ANAラウンジ」。 限られた搭乗客だけが入室を許される、特別な空間です。 現在、ANAラウンジは国内全13空港に存在していますが、羽田空港国内線第2ター...