instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

シェラトン都ホテル東京のジム&プール「都ヘルスクラブ」に潜入!高級フィットネスクラブを無料で利用する方法とは?

follow us in feedly

シェラトン都ホテル東京ジム

シェラトン都ホテル東京には、本格的な会員制スポーツジム「MIYAKO Health Club(都ヘルスクラブ)」が併設されており、ホテル宿泊者も利用することができます。

お仕事や観光での滞在中、ホテル内で運動できる機会があると、リフレッシュ出来ていいですよね!

今回は、先日利用した時の体験記をもとに、ジムやプールの利用条件から実際の様子まで、余すところなくお伝えします。

スポンサーリンク

利用時間

都ヘルスクラブを利用できるのは、下記時間帯です。

利用時間 
プール・ジム 6:3021:00
浴室 6:3022:00
サウナ 7:0022:00

早朝から夜まで営業していますので、おでかけの前後にも汗を流すことができますね。

利用料金

都ヘルスクラブのビジター(宿泊者)利用料金はこちら。

宿泊者料金
大人 1,645
子供 822

上記の通り、こちらのヘルスクラブは、宿泊者であっても利用は原則として有料となります。

一回あたりの料金は2,000円以下。これで全ての施設を利用できますので、都内一等地にあるホテルとしては、そこそこ良心的な額ではないでしょうか。

プラチナステータスで無料に

宿泊者も有料のジムではありますが、無料で利用する方法もあります。

それは、SPG(現マリオット)プラチナメンバーであること。

プラチナメンバーとしてホテルに宿泊している場合は、無料でジム・プールを利用することができます。これは嬉しい特典ですね。なお、プラチナメンバーの私だけでなく、同行者である夫も無料となりました。

また、クラブフロア宿泊者等も無料になるようです。

シロガネーゼ御用達?高級会員制フィットネスクラブ

都ヘルスクラブはホテル宿泊者専用ではなく、高級会員制フィットネスクラブとしても利用されています。

会員権を取得して利用する場合の価格(個人会員の場合)がこちら↓

入会金 会員資格保証金 年会費
個人会員(A会員) ¥1,836,000 ¥1,500,000 ¥246,240
個人会員(B会員) ¥1,080,000 ¥600,000 ¥324,000

まさに桁違いの料金設定…!!

年会費が低めに設定されているA会員は、入会金と会員資格保証金だけで300万円以上必要です。年会費が高めのB会員であれば、初期費用は少し安くなりますが、それでも余裕で100万円超え

高級住宅地・白金台という土地柄、利用する方は途方もないお金持ちの方が多いのでしょうが、庶民からすると、とんでもなく高級なジムなのです…。

スポンサーリンク

ウェアの貸し出しあり

都ヘルスクラブでは、ウェアの無料貸し出しも行なっています。

申し込み方法は簡単!ヘルスクラブのレセプションでお願いするだけです。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブレセプション

ロッカーの鍵、シャツ、短パン、水着、水泳帽を貸してもらえました!

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ

旅行にトレーニングウェアを持っていくのは大変ですから、こんな風に全て貸し出してもらえるのはとっても嬉しいですね。もちろん、タオルも制限なく無料で使わせてもらえます。

さっそく着替えて、ジムに行ってみるとしましょう。

トレーニングマシンコーナー

まずやってきたのは、レセプションの奥にあるトレーニングマシンコーナー。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブトレーニング

ランニングマシンやエアロバイク等、有酸素系のマシンが多く、ウェイトトレーニング系は端の方に少々。

マシンの傍らには、器具を拭くためのアルコール剤やウェットティッシュのほか、ヘッドフォンも用意されていました。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブトレーニングマシンコーナー備品

男性・女性用それぞれにスタジオも設けられています。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ女性用スタジオ

毎日エアロビクスやヨガなどのレッスンスケジュールが組まれているようなので、ちょうどタイミングが合えば、参加してみるのもいいかもしれませんね。

プール

プールへの入口は、スタジオの手前にあります。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブプール入り口

プール入場前にシャワー必須

入ってすぐに3つのシャワーブースがあり、プールに入る前に体を洗うよう注意書きがなされていました。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブシャワー室

ブース内部は古いものの清潔にしてあり、シャワーやコンディショナー等も完備。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブシャワーブース

プールに入る前は簡単なシャワーだけ、というところも多い中、こうした設備があると、衛生的でちょっとした安心感がありますね。

スポンサーリンク

プールは都内ホテル最大級!

こちらがシェラトン都ホテル東京のプールです。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブプール

縦25m、横9mの広々としたプールは、都内ホテルの中でもトップクラスの大きさ!

本格的な水着で、黙々と遠泳されている方も見えました。

なお、プール利用に際しての注意事項は下記の通りです。

・最終受付時間はクローズ1時間前
・刺青(タトゥー)のある方は利用不可
・小学生未満利用不可
・小学生の利用は20才以上の保護者同伴が必須
・浮輪以外の遊具不可

小さな子供が利用できないのは少々残念ですが、水深もあり、あくまで大人仕様のプールですので、仕方のないことでしょう。

撮影は遠慮しましたが、プール脇にはジャグジーも付いていました。冷えた体を温め揉みほぐすことで、より運動の効果を得られそうです。

プール・ジャグジーシェラトン都

(シェラトン都ホテル公式サイトより引用)

スポーツ後の休憩スペースも充実

ジムやプールで運動した後は、お風呂やサウナを楽しめることはもちろん(利用者がいらしたため、こちらも撮影は遠慮しました)、基礎化粧品やドライヤー付きのお化粧室で身支度を整えることもできます。

洗面台付き化粧室

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ

ホテルですから、自室に戻ってからすることも出来るといえば出来るのですが、濡れ髪で共用部分を歩き回るのもなんですし、特に女性にとっては嬉しいスペースです。

各席に洗面台やクレンジング・化粧水・乳液といった基礎化粧品、綿棒、ドライヤーなどが揃っていました。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ基礎化粧品付きの洗面台

一人一つずつ洗面台が付いているのは珍しいのではないでしょうか?順番待ちや、席移動をする必要もなく、自席で完結できるのがいいですね!

無料ドリンク付き休憩室もあり

すっかり身支度を整えたら、ちょっと休憩してから出るとしましょう。ロッカールームの一角に、足を伸ばして座れるソファが並んでいました。

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ休憩室

利用者が少なかったため、気兼ねなくのんびりできるのが良かったです。

なんと、ドリンクバー付き!

シェラトン都ホテル東京都ヘルスクラブ休憩室のドリンクコーナー

運動後の一杯は格別ですね!コーラやお茶、ジュースが出るサーバーと、ご丁寧にレモンまで冷蔵庫に収納されています。

おかげさまで、最初から最後まで至れり尽くせり、とっても快適に過ごすことができました。

プラチナ特典でホテルステイをもっと豪華に

先述の通り、今回ジムやプールを無料で利用できたのは、昨年のプラチナチャレンジで獲得した「プラチナステータス」のおかげ。

【プラチナチャレンジ】たった16泊でマリオット(SPG)の最上級会員になる方法
ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については...

プラチナ会員には、この他にも、通常の宿泊客では受けることの出来ない、豪華な特典がたくさん提供されています。

<プラチナ特典(一部抜粋)>
・お部屋の無料アップグレード
・エグゼクティブラウンジの利用
・朝食2名分無料
・レイトチェックアウト

シェラトン都でも、お部屋のアップグレードや、豪華なラウンジを楽しむことが出来ました!

プラチナチャレンジにはマリオットゴールドステータスが必須ですが、SPGアメックスを発行すれば自動的に昇格。

ゴールドステータスでもお部屋のアップグレード特典はありますし、入会次年度以降、毎年一泊分の無料宿泊券も付いてくるので、とってもお得です!

スポンサーリンク

最後に

シェラトン都ホテル東京内のスポーツジム「都ヘルスクラブ」は、ウェアやタオルの貸し出しから、ジム・プール・シャワーまでしっかり設備が整っていて、旅行中のリフレッシュにはもってこいの施設でした!

最近筋トレを始めたので、ランニングマシン以外の器具がもっと充実していると言うことないのですが、会員権を買おうと思えば数百万円もするジムを無料で使わせて頂けるのはありがたいですね。

おかげさまで、とても充実したホテルステイとなりました!

ホテル概要

ホテル名 シェラトン都ホテル東京
ホテルランク ★★★★
客室数 484室
階数 地上12階
チェックイン時刻 15:00
チェックアウト時刻 12:00
住所 108-8640 東京都港区白金台1-1-50
電話 0120-333-001

今までのホテル宿泊記はこちらをどうぞ。

トップへ戻る