instagramはじめました!フォローはこちら

セントレジスホテル大阪~豪華朝食と素敵なバーでのカクテルが無料!マリオットプラチナ特典

follow us in feedly

セントレジスホテル大阪の朝食&ドリンクサービス

大阪のメインストリート、御堂筋に面するマリオット/SPG系列の5つ星ホテル、「セントレジスホテル大阪」

アメリカの旅行雑誌最大手である「Travel+Leisure(トラベル・アンド・レジャー)」誌の読者投票ランキング「ワールドベストアワード2017」の中の「世界のトップ100ホテル」において、日本のホテルとして唯一ランクイン。「アジアのトップ10ホテル」でも4位と、オープン8年にして、すでに一流ホテルの地位を獲得しています!

実際に行ってみると、こちらのホテルには、上級会員用のラウンジこそないものの、プラチナ会員ならミニバー3,000円分が無料になる他、豪華な朝食や、素敵なバーでのカクテルも楽しむことができました。

今回は、先日滞在した際に利用した朝食レストランと、バーの様子を詳しくご紹介していきたいと思います♪

スポンサーリンク

朝食は1階のレストラン「Rue D’or(ルドール)」

セントレジスの朝食会場は、1階にあるフレンチビストロ「Rue D’or(ルドール)」。外から見るとこんな感じで、赤をアクセントにしたオシャレな印象です。

セントレジス大阪レストラン

入口は建物内部にあります。さっそく行ってみましょう!

セントレジスホテル大阪

店内の様子

一歩足を踏み入れると、そこはまるでフランス?!天井が高くてとってもゴージャスですね。

セントレジスホテル大阪ルドール店内

中央に設けられた大きなカウンターも、赤と木目調で素敵♪

セントレジスホテル大阪ルドール店内

私達は、一番奥の席に案内されました。

セントレジスホテル大阪ルドールで朝食

空いていてよかったですが、お隣のケーキ屋さんに続くドアが終始解放されていたのでちょっと寒かったです。

スポンサーリンク

子供料金は?

ちなみに朝食料金はこちら。

●大人 4,400円
●子供 2,200円

大人二人分はプラチナメンバー特典により無料になるとして、4歳からは子供料金がかかるということで、我が家は子供2名分の4,400円(8歳、5歳)を別途支払う必要があります。

二人で4,400円か…朝はあんまり食べないし、ちょっともったいないかなぁと思いましたが、チェックイン時に「今、要朝食と決めて頂けるなら、特別価格でサービスしますよ」とのこと!

聞けば、なんと一人1,475円!

二人で2,950円ならリーズナブルですね♪というわけで、家族4人で利用することにしたというわけです。

オーダー出来る料理は7種類

卓上には、朝食メニューが置かれていました。

セントレジスホテル大阪ルドールオーダーメニュー

メニューはこちら!

卵料理
  • 目玉焼
  • スクランブルエッグ
  • オムレツ

チキンハーブソーセージまたはモルタデッラハム付き

エッグベネディクト
  • アボカド&トリュフ
  • ハム&ほうれん草
ステーキ ビーフステーキ フォアグラテリーヌ ブリオッシュ添え
和朝食
  • 焼魚
  • だし巻き玉子
  • 小鉢一品
ワッフル
  • クロワッサンワッフル 
  • ベリーコンポート
フレンチトースト
  • バニラ風味フレンチトースト
  • ベリーコンポート
  • アーモンド
パンケーキ
  • パンケーキ
  • ホイップクリーム
  • ラズベリー

どれもとっても美味しそうですね♪この中からメインを選んで注文し、ブッフェ台から好きなものを取ってくるシステムのようです。中には、二品以上注文する強者もいらっしゃるんだとか。

迷った末、大人はステーキ、子供はそれぞれワッフルとパンケーキに落ち着きました。

朝からステーキ&フォアグラテリーヌ

まず、ステーキがこちら!

セントレジスホテル大阪朝食ステーキ

直径10cmほどの半月型のお肉の上に、フォアグラがトロ〜ッととろけています♡

付け合わせのお野菜も彩り豊かですし、小さなブリオッシュが添えられているのが本格的ですね!

ザ・プリンスパークタワー東京でも提供されていましたが、朝からステーキを頂けるのは贅沢の極み。もちろん、お味もとってもよかったです!

ワッフルはサクッと上品

長女が注文したのがワッフル。

セントレジスホテル大阪朝食ワッフル

クロワッサンワッフルというだけあって、バター多めで外側サクッととっても美味しいワッフルでした!

ホイップクリームが甘さ控えめなのも◎。

朝あまり多く食べられない子供も、あっという間に完食していました。

パンケーキ

次女が注文したのがこちらのパンケーキ。

セントレジスホテル大阪朝食パンケーキ

見た目にも可愛らしい小さめサイズなのが、幼児にぴったりですね。

ふんわりもちっと、コクのある生地で、家では真似できない美味しさ。さすがホテルメイドです!

スポンサーリンク

ブッフェの内容は?

さてさてそれでは、ブッフェ台の方はというと…

和食もあり

こちらは和食コーナーです。お漬物や煮物、和え物などが並んでいます。

セントレジスホテル大阪朝食ブッフェ

誰もメインの和朝食を注文しなかったのですが、メニューに書かれていた焼魚・だし巻き玉子・小鉢もありますね。同じものが提供されるのでしょうか?

和食はこの他、お味噌汁やおかゆ、うどんなども用意されていました。

セントレジスホテル大阪和朝食

洋食

そして、こちらは洋朝食のホットミール。

セントレジスホテル大阪朝食ブッフェ

ソーセージ、ポテト、ベーコン、カリフラワーソテー、きのこソテー、ベイクドトマトと、おなじみのお料理が勢揃いしています。

選り取りみどりのパンコーナー

パンコーナーには、食パンからクロワッサン、ロールパン…

セントレジスホテル大阪朝食のパンコーナー

デニッシュにグルテンフリー、ハードパンなど、ちょっとしたパン屋さんのようにたくさんの種類が並んでいます!

セントレジスホテル大阪朝食のパンコーナー

パンのお供には、バターに蜂蜜、マーガリン、ジャム、キャラメル、ピーナッツバターが用意されていました。

セントレジスホテル大阪朝食のパンコーナー

グレープフルーツのジャムって珍しいですよね。最近炭水化物を控えているので、パンは頂きませんでしたが、ちょっぴり試してみたかったです。アップル&シナモンというのも美味しそう!

デザート

こちらはフルーツ。

セントレジスホテル大阪朝食のフルーツ

メロン、グレープフルーツ、キウイ、パイナップルと、ドライフルーツやナッツがありました。

ヨーグルトはフルーツソースがかかったものと、プレーン、ミューズリ。

セントレジスホテル大阪朝食のデザート

一番奥にあるオレンジのグラスは何かな?と見てみると…

ノンアルコールカクテル「ショーグンマリー」でした!

セントレジスホテル大阪朝食のショーグンマリー

有名なカクテル「ブラッディマリー」が、実はセントレジス発祥だということをご存知でしたか?

世界各地のセントレジスでは、それぞれオリジナルアレンジを加えたブラッディマリーを提供しており、ここ大阪で出しているのがショーグンマリー。トマトジュースをベースに、わさび、ゆず、醤油を加えた、ちょっと和風テイストのカクテルです。

こちらはそのショーグンマリーのノンアルコールドリンク。ちょっと塩気を感じる、朝にぴったりの健康に良さそうなお味でした。

ドリンクバー

最後にご紹介するのはドリンクバー。

ガラス製のピッチャーに、牛乳(スタンダード、ローファット)お水、トマト、フルーツフレーバーウォーター、オレンジ、パイン、アップルジュースなどが入っていました。

セントレジスホテル大阪朝食ドリンク

こうして同じ入れ物で並んでいると統一感があり、一層オシャレで美味しそうに見えますね。

なお、コーヒーマシンや紅茶等は見当たりませんでしたが、オーダーすれば席まで持ってきてくれます。

実食

それでは頂きましょう!何やら統一感のない盛り付けになってしまいましたが、和洋折衷で頂いてきました。

どちらかというと、千切り大根の煮物やインゲン等、和食の方が好みの味でした。関西風の優しい味付けが美味しかったです。

何と言っても、朝からステーキが選べるのがこのレストランの魅力ですね!満室の週末、あまり広いお店でもないので、結構混雑するかと思いきや、それほど窮屈になることなく過ごせたのもよかったです♪

スポンサーリンク

セントレジスバーでカクテル1杯無料!

続いてご紹介するのは、プラチナ会員向けのドリンクサービス

チェックイン時に、こんなチケットを2枚頂きました。

このチケットがあれば、12階にある「セントレジスバー」で、このセントレジスホテル大阪のシグニチャーカクテルである「ショーグンマリー」を1杯ずつ頂くことができるんです!これは嬉しい♡

セントレジスバーは12階

というわけでさっそく、その日の夜に訪ねてみることにしました。バーの外観はこちら。

セントレジスホテル大阪バー

とっても雰囲気のある、素敵な佇まいですよね。

こんな大人の社交場みたいなところ、今まで入ったことがないので若干ドキドキしますが、入ってみましょう…!

とってもゴージャスな店内

週末のこの日、店内は60%ほどの入り具合でした。

バーカウンターの壁には、大阪の風景を模した、大きな絵がかけられています。

セントレジスホテル大阪バー

洛中洛外図のような構成で、贅沢にも金箔がふんだんに使われているのが遠目にも見て取れました。

よ〜く見ると、大阪城や通天閣、右上には太陽の塔もありますね。中央あたりには大坂夏の陣が描かれているようです。この絵を描かれたのは、アーティストの鴻崎 正武(Masatake Kozaki)氏。現代と古代が融合したような、とっても興味深い一幅でした。

ショーグンマリー以外でもOK!

カクテルチケットを使いたいことを告げたところ、ウェイターさんが窓側の席に案内してくれ、メニューブックを渡されました。

セントレジスホテル大阪セントレジスバーメニュー

チケットには「ショーグンマリー」と書いてありますが、実はそれ以外のドリンクでもOK!ショーグンマリーにも興味はありましたが、やっぱり自分の好きなドリンクを頂けるのが嬉しいですね。

メニューブックには、1,000円台から数万円まで、様々なカクテルやウィスキーが盛りだくさんです。

ウェイターさんに、どれを注文できるのか聞いてみると、「う〜ん、大体3,000円までならどれでもいいですよ!」とのお答え。二人で6,000円分も頂けるんですね。太っ腹です!

スポンサーリンク

キールロワイヤルと山崎をオーダー

というわけで、私たちが注文したのはこちら。

●キールロワイヤル 2,200円
●山崎12年(ロック)2,700円

最近巷ではなかなかお目にかかれない、和製ウィスキーも対象なのが嬉しいですよね♪しかも、ノンヴィンテージ以外も注文できるなんてスゴイ。

ちなみに、ジャパニーズウイスキーはこんなラインナップでした。

白州
  • ノーヴィンテージ G2,300円 B 35,500円
  • 12年 G2,500円 B42,700円
  • 18年 G4,900円 B80,600円
  • 25年 B233.500円
山崎
  • ノーヴィンテージ G2,500円 B41,100
  • 12年 G2,700円  B49,200円
  • 18年 G5,700円  B124,000円
  • 25年 B415,500円
  • 17年 G3,100円  B66,100円
  • 21年 G5,000円  B103,900円
  • 30年 B380,100円

(G=グラス B=ボトル)

上図中、青文字になっているあたりが注文可能と言われましたが、キッチリと決まりがあるようではなかったので、ウェイターさんや時期によっては事情が変わるかもしれません。

しばらくして届けられたのがこちら!

セントレジスホテル大阪セントレジスバー無料ドリンク

ウイスキーに入っている氷がまん丸で可愛いですね♡

どちらのグラスにも、惜しげなくドリンクが注がれています。とっても美味しかったですし、しかも、ピーナッツとおかき付き。食べ物なしでお酒を飲むのは苦手なので、これは嬉しいサービスです。

普段足を踏み入れることのない、高級ホテルバーでのひととき、とっても贅沢な体験をさせて頂きました!

最後に

今回は、セントレジスホテル大阪滞在時に、マリオットプラチナステータスで受けられる特典のうち、レストラン・ルドールでの無料朝食と、セントレジスバーでのフリードリンクについて詳しくご紹介しました。

これから訪れる方のご参考になれば幸いです。

満室にもかかわらず、お部屋もアップグレードして頂けましたし、とても満足いく滞在となりました!

セントレジスホテル大阪は、来年からカテゴリー8になり、無料宿泊時の必要ポイントが大幅にアップします。予約するなら今年中がオススメです。

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

セントレジス大阪は、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

【初回限定】UberEats1,000円OFFクーポン

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文