instagramはじめました!フォローはこちら

ホーチミン・タンソンニャット国際空港のおすすめラウンジはどこ?「アプリコットラウンジ」ならシャワー完備でベトナム料理も充実!

follow us in feedly

アプリコットラウンジ訪問記

日本からベトナムのホーチミンへ出かける場合、利用することになるのが「タンソンニャット国際空港」

この空港ターミナルは、日本のODAによって2007年にグランドオープンしました。とってもこぢんまりとしていますが、その分移動も楽ですし、ちょっと懐かしいような独特の味がある空港です。

先日初めて利用するにあたり、色々と調べてみたところ、JALやワンワールド直営のラウンジがないようでしたので、あまり期待してはいませんでしたが、なかなかどうして快適に過ごすことができました!

今回は、タンソンニャット空港に設けられているラウンジの一つである「アプリコットラウンジ」を詳しくご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

チェックイン時にラウンジインビテーションをゲット!

今回は、ホーチミンから羽田空港行きの「JALエコノミークラス」に搭乗します。

空港のラウンジは、原則的にビジネスクラスやファーストクラス搭乗者向けに設置されていますが、航空会社の上級会員であれば、エコノミークラスに搭乗する場合でも利用可能。

私はJALの「JGP(JGCプレミア=ワンワールドエメラルド)」を持っているため、チェックイン時にこんなインビテーションカードをもらうことができました!

ホーチミン・タンソンニャット空港でチェックインするとラウンジインビテーションをもらえる

インビテーションを使えるのはいずれか一箇所だけ

このカードがあれば、タンソンニャット空港にある「アプリコットラウンジ」と「ローズラウンジ」のいずれかを使うことができるとのこと。

ラウンジ入口でインビテーションを回収されるため、アプリコットに行った後ローズにも、ということは出来ないようです。

ホーチミン・タンソンニャット空港でチェックインするとラウンジ剣をもらえる

ただ、今回はたまたまチェックインカウンターの営業開始後だったので、無事にインビテーションを受け取ることが出来たものの、もしWebチェックインを行い、自宅でプリントアウトした搭乗券を持参し、カウンターに寄らずに出国した場合はどうなるのでしょうね。

機会があれば、次回確認してみたいと思います。

アプリコットを選択した理由

ちなみに、今回ローズでなくアプリコットを選んだ理由は、搭乗口に近かったことと、リニューアルオープンしたばかりでキレイなこと、そしてシャワーがあること!

チェックインカウンターのお兄さんは、ローズラウンジの方が大きくてオススメだと教えてくれましたが、残念なことにシャワーがないのだそうです…。

出発は深夜なので、できれば搭乗前にシャワーを済ませておきたいですよね。結果として、アプリコットを選んで正解でした!

それでは、さっそくアプリコットラウンジに行ってみましょう。

スポンサーリンク

アプリコットラウンジへのアクセス

パスポートコントロールと手荷物検査を終え、無事に出国エリアへ。

あちこちの看板に「Apricot Lounge」としっかり表示されているので、矢印に沿って進めば、迷うことなくたどり着けるかと思います。

ホーチミン・タンソンニャット空港出国後エリア

免税店の手前に、「APRICOT」の看板が掲げられたエレベーターを発見しました。

ホーチミン・タンソンニャット空港出国後エリア

これで1階に降りましょう(現在地は2階)。

ホーチミン・タンソンニャット空港出国後エリア

アプリコットラウンジ施設概要

エレベーターを降りてすぐのところに、アプリコットラウンジがありました!

ホーチミン・タンソンニャット空港アプリコットラウンジの入口

ラウンジ利用条件

アプリコットラウンジを使えるのは、以下航空会社のビジネス・ファーストクラス搭乗客と、ワンワールド上級会員です。

●キャセイパシフィック航空
●マレーシア航空
●カタール航空
●ベトジェット
●ワンワールドサファイア・エメラルド

なお、ワンワールド公式サイト上で対象航空会社として表示されていたフィンエアーの看板が現地では外されていた他、11月22日からはJALの指定も解除されています。

これまでの経緯を見るに、結構頻繁に利用条件が変更になっているようですね。航空会社の直営ラウンジではないので、よくあることかと思いますが、ご利用の際は事前に確認されることをお勧めします。

ラウンジ全体像

ラウンジに入って右奥から見た様子はこんな感じです。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジ内の様子

ブルーがアクセントになっていて、清潔感のあるインテリアです。重厚感、ラグジュアリーというよりは、明るく軽やかな印象を受けました。2016年に改修されたようで、まだ新しい感じが残っています。

皆ローズラウンジや、ベトナム航空のロータスラウンジ、プライオリティパスで入れるオーキッドラウンジにばらけているのか、滞在した2時間ほどの間はずっと30%ほどの混雑率でした。深夜便に備えて、荷物の整理などもしておきたいので、空いているのは何よりありがたいですね!

ビジネススペース

一角には、パソコン3台とプリンターが設置されたビジネススペースもありました。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジビジネスラウンジ

すっきりとして使いやすそうですね。

リラックスゾーン

一番奥にあるのはリラックスゾーン。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジ再奥のリラックススペース

以前はマッサージチェアが置かれていたそうですが、2018年11月の時点では撤去され、ソファが3脚並んでいるだけでした。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジリラックスゾーン

スポンサーリンク

マガジンラックには日本紙も

ラウンジの中央に設置されたマガジンラックには、ベトナム語、英語、フランス語、韓国語、そして日本語の新聞も置かれています。

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジマガジンラック

この日置かれていた日本の新聞は日経だけでしたが、「週刊ゴルフダイジェスト」や、「AERA」などの雑誌も何冊かありました。それだけ日本人の利用者が多いのでしょうね。

シャワー室

シャワー室は、お手洗いの中に併設されています。女性用は2室。空いていれば自由に使うことができました。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジシャワー室

中は、脱衣所とシャワースペースがカーテンで仕切られているシンプルな作り。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジシャワー室

脱衣所にはタオルとゴミ箱。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジシャワー室

アメニティはシャンプーとシャワージェルのみです。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジシャワー室

キュッキュッとしっかり洗い上げるタイプでしたので、髪が長い方はコンディショナーを持参した方がいいかもしれません。

ドライヤーは手洗い所の壁に設置されています。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジシャワー室

こういうラウンジシャワー室に付いているドライヤーは、風量が弱いことが多いのですが、ここのドライヤーは十分でした。

ドリンク&フード

続いて、ラウンジお楽しみの一つ、ドリンクとフードをご紹介していきます!

ホーチミン・タンソンニャット国際空港アプリコットラウンジフード・ドリンクカウンター

ドリンク

まずはドリンクから見ていきましょう。

冷蔵庫の中には、ビールやジュース、ミネラルウォーターがたっぷり!

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジ冷蔵庫

ビールは、ご当地ベトナム最大のビールメーカーである「サイゴン・ブリュワリー」のプレミアムビール「SIGON SPECIAL(サイゴンスペシャル)」と、ベトナムの国民的ビール「333(バーバー)」の2種類がありました。

「EZOS」ジュースでサワーソップ初体験

個人的に気になったのが、このフルーツジュース!

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジフルーツジュース

パッケージがとってもカラフルで目を引くのはもちろん、なかなか日本では見かけないフルーツのジュースもありますね。左からパッションフルーツ、ピンクグァバ、サワーソップ、ライチ、パイナップル&アロエと書いてあります。

このシリーズは「EZOS」というメーカーの商品で、人工の香料・着色料・保存料を使わないことを身上としているとのこと。

サワーソップというフルーツは、名前も絵も初めて見ましたが、ウィキペディアによれば、こういう果物みたいです。

サワーソップ(soursop)とは、メキシコ、中米、カリブ諸島、北米、南米を原産とする常緑広葉樹の顕花植物である。サブサハラの熱帯地方にも自生する。最近では、東南アジアの一部でも栽培されている。(中略)サワーソップの香りは、「イチゴとパイナップルの組み合わせに、バナナやココナッツを思わせる下にあるクリーミーな香りと対照的な酸っぱい柑橘系の香りが加わった物」とされる。甘味とさわやかな酸味があり、果汁が非常に多い。そのまま、または加工して炭酸飲料や菓子として食べる。

いちごとパイナップルとバナナとココナッツで、クリーミー&酸っぱい香りとはこれいかに??

早速どんな味なのか試してみることにしました!

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジフルーツジュース

・・・

・・・・

 

・・・・・・

 

味と香りが薄めのピーチネクター…?(語彙力)

なんというか、こう、まったりとした舌触りに、しつこくない、後味さっぱり目の甘みがありました。酸味はほとんど感じません。どこかで味わったことがあるような、初めてのような、そんな不思議な飲み物です。

ビタミンが豊富で、免疫系の病気にも効果があるのだとか。世界にはまだまだ知らない果物があるんですね。ここに来なければ、一生口にすることもなかったかもしれません。いい体験ができました!

スポンサーリンク

ジュースのラインナップは他にも

冷蔵庫に入っているだけでも十分な品数でしたが、他にセブンアップやペプシ、オレンジやアップルジュース、フレーバーウォーターなども並んでいました。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジジュースサーバーとティーバッグ

コーヒーとアルコール

コーヒーマシンはネスカフェ。エスプレッソやカプチーノの他、ホットチョコレートも楽しめるタイプです。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジコーヒーマシン

中央に置いてある箱には、緑茶・ジャスミン・烏龍茶に加え、ベトナムらしいロータスティーのティーバッグも入っていました。

アルコール飲料は赤白ワイン、ウイスキーなどなど、5〜6種類。この大きさのラウンジにしては、過不足なく揃っている印象です!

スポンサーリンク

フード

食べ物の方はというと、ハム・チーズやパン、シリアルといった朝食のようなメニューから…

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジフードカウンター

巻き寿司やベトナムらしい生・揚げ春巻。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジフードカウンター

ホットミールもなかなかの充実度です。

まずこちらはベトナム風チャーハンに、ベトナム風ビーフシチューの「ボーコー」。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジホットミール

鶏とキノコの煮物、ゆで卵(鶏・アヒル)、おかゆ。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジホットミール

豆腐とマッシュルームの蒸し煮、ミックスベジタブル炒め。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジホットミール

ベトナム風ビーフヌードル・フォーボー。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジホットミール

これだけあれば、ラウンジ内で十分な食事を済ませることができますね。

そしてデザートには、フルーツやプリン、ゼリー。

ホーチミンタンソンニャット国際空港アプリコットラウンジデザート

全体的に、ベトナムならではのお料理や食べ物が多く用意されていて、しっかり満足できるかと思います!

私はホテルで夕食を済ませていたので、揚げ春巻をちょっぴり頂くに留めましたが、冷めてはいたものの美味しかったです。ベトナムを発つ直前まで、ご当地らしい食事を頂けるのがありがたいですね♪

最後に

今回は、ベトナム・ホーチミン タンソンニャット国際空港内のアプリコットラウンジについて詳しくご紹介しました。

施設が新しく清潔で、あまり混雑することもありませんでしたし、ベトナムらしいフードやドリンクが提供されているのが魅力です。とても居心地の良いラウンジでした!

なお前述の通り、現在JAL指定ラウンジは、先日オープンしたばかりの「Le Saigonnais Lounge(ル サイゴンネイズ ラウンジ)」に変更となっています。

もしかすると現在は、ワンワールドサファイア・エメラルドを持っていても、JAL搭乗の場合入室不可となっているかもしれません。

ワンワールド公式サイトは、どうしても情報更新が遅い傾向にありますし、空港ラウンジ自体、利用条件が頻繁に変わりますので、利用される際はご確認をお願いします。

これまでに訪れた空港ラウンジはこちら♪(リンク集)

ベトナム関連記事

ベトナム旅行で絶対に食べたいおすすめグルメ4選!ホーチミンで出会ったステキなレストラン&カフェ
ベトナム旅行のお楽しみといえば、やっぱり美味しいベトナム料理ですよね!! ベトナム料理は、中国文化とフランス文化双方の影響を受けて発展してきたという背景があり、私たち日本人の口にも合う、野菜たっぷり脂少なめでヘルシー&マイルド...
ベトナムのお土産ならコレだ!ホーチミンで買える人気商品をオススメ店舗と一緒にご紹介〜日本人女性にもピッタリ!
ベトナム・ホーチミンは、食べ物も美味しく、可愛い雑貨もたくさんあって、特に女性に大人気の旅行先。 かつてフランス租界だったという歴史もあり、あちこちでヨーロッパを感じさせる文化に触れることができる街です。 そんなホーチミ...
【宿泊記】ル・メリディアンサイゴンはオシャレ&機能的でサービス抜群!お部屋の様子は?ベトナム・ホーチミン観光にもうってつけ
ベトナム・ホーチミンにある5つ星ホテル「ル メリディアン サイゴン」。世界的ホテルグループ、マリオット・インターナショナル傘下のホテルです。 フランスの航空会社「エールフランス」創業ということもあって、とってもオシャレで機能的...

航空券は無料に

今回のホーチミン旅行は、JALマイルを使った特典航空券で実現しました!飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使えば大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、ここ2年の間に複数回海外旅行に出かけています(それまでは、5年に1度でも行ければ御の字という感じでした)。

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ(今回)
JALマイルを貯めるなら、モッピー一択です!

マイルを貯めて、気軽に海外旅行へ出かけましょう♪

これまでの宿泊記はこちら!

 

 

トップへ戻る