【シドニー】ニュージーランド航空ラウンジを徹底リポート!ANAに乗るならここがオススメ<キングスフォードスミス空港>

ニュージーランド航空

ニュージーランド航空(Air New Zealand)は、その名前からも分かるように、ニュージーランドを本拠地とする航空会社です。

お隣の国であるオーストラリアにも縁が深いようで、日本からの観光客も多いシドニー・キングスフォードスミス空港にも、立派なラウンジを保有しています。

日本発着であれば、ANAやJALの飛行機を利用する方が多いでしょうが、シドニーにはANAラウンジやサクララウンジはありません。

基本的に、ワンワールド加盟のJALであれば、オーストラリアを本拠地とするカンタス航空のラウンジ、スターアライアンス加盟のANAであれば、このニュージランド航空のラウンジを利用することになります。

以下では、シドニー・キングフォードスミス空港のニュージランド航空ラウンジについて、内部の様子から提供されているサービスまで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ラウンジ概要

運営 ニュージーランド航空(スターアライアンス加盟)
場所 シドニー・キングスフォードスミス空港(制限エリア内)
営業時間 am6:00 – ニュージーランド航空最終便出発まで
面積 1,450平米
席数 299席
開業 2015年

ラウンジ利用対象者

  • スターアライアンス加盟航空会社ビジネスクラス搭乗者
  • スターアライアンス加盟航空会社ファーストクラス搭乗者
  • スターアライアンスゴールドメンバー
  • ニュージーランド航空マイレージサービス「エアポインツ」上級メンバー
    (エリート、ゴールド、エリートパートナー、Koruメンバー)

アクセス

ニュージーランド航空のラウンジは、出国審査を終えた後の制限エリアに設けられています。

空港内の地図はこちら。かなり端っこですね。

aurnewzealand lounge sydney

ターミナル内では、いくつかのラウンジが2箇所に分かれて設置されています。

24番搭乗口方面
  • カンタス航空
  • スカイチーム
  • アメリカンエキスプレス
50番搭乗口方面
  • ニュージーランド航空
  • エティハド航空
  • エミレーツ航空
  • シンガポール航空

双方同じような看板に小さなロゴ表示となっているため、代わる代わる消えては出てくるそれぞれの案内板に翻弄されて、超方向音痴の私はまたしても迷ってしまいました…。

dsc08488

ニュージーランド航空のラウンジは50番搭乗口方面と覚えておけば、間違えることはないと思います。
スポンサーリンク

ラウンジ到着

出国ゲートから10分ほどかかって、ニュージーランド航空のラウンジに到着しました!

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジエントランス

受付カウンターで搭乗券とパスポートを提示し、入室します。

インテリア

dsc08521

ラウンジ内はチャコールグレーとローズピンクを基調としていて、モダンで明るい雰囲気!

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジ内部

なんだか前衛的な形のソファが並んでいました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジのインテリア

バーコーナー近くにもカウンター席、ソファ席があり、窓からは飛行機の姿が見えます。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジバーカウンター

訪問した日はバーテンダーさんが見当たりませんでしたが、カウンターに近づくと、即座にスタッフさんが近づいて来て、「今バーはクローズしていますが、何か飲み物を持ってきましょうか?」と声をかけてくれました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジバー

清掃のスタッフさんも多く、食べ終わった後の食器などもこまめに片付けられていて、清潔で気持ちの良いラウンジですね。

ちょうど夕食の時間なので、まずはブッフェ台を覗いてみるとしましょう。

ブッフェ

お料理が並んだブッフェ台とドリンクバーは、ラウンジ中央付近に設置されています。

お料理から見ていきましょう。

お料理

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジブッフェ台

ニュージーランドの食文化というと、ちょっと想像がつきませんが、カウンターに用意されていたのは、サンドイッチにマフィン、カップに入ったデザート。一般的な洋食メニューですね。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジブッフェメニュー

サラダが4種類。ドレッシングは3種ありました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジ

脇にはクッキーも。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジブッフェ台のクッキー

ホットミールコーナーには、カレーやスープの他、どう見ても和食としか思えないこんなお料理もありました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジホットミール

厚揚げとお野菜をはちみつ醤油で炒めたものです。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジ和食?

甘辛い味付け&正真正銘本物の、普段慣れ親しんだ厚揚げ豆腐が入っていて、久々の日本の味に感激してしまいました。

まさかニュージーランド航空のラウンジでこんなメニューが提供されていようとは…!

この他、サラダとフルーツ、クレームブリュレも頂きました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジブッフェ

欧米のラウンジにしては、お野菜が多めなのも嬉しいポイントですね。

さらにデザートとして、レモンメレンゲとチーズのムースを。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジデザート

レモンメレンゲは、小さなパイ生地にレモンフィリングとメレンゲを絞ったもの。ムースの方も、なかなか侮れない美味しさでした!

ドリンク

ドリンクコーナーはブッフェ台の脇、壁際にあります。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジドリンクコーナー

カウンター上にはコーヒー、ジュース、ソフトドリンクが並んでいました。

下の冷蔵庫の中はと言いますと…

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジ冷蔵庫

ビールやワインが収納されています。ワインはフルボトル!短いラウンジ滞在時間内に飲み干せるものなのかな?と思いましたが、結構空けている方をお見かけしました。

普段、あまりオセアニアのビールを飲む機会がないので迷いましたが、ラベルに3頭の狼が描かれたニュージーランドのMac’s Three Wolves(マックス スリーウォルヴス)というビールを頂いてみることに。

dsc08552

ニュージーランドのメーカーではありますが、アメリカンペールエールタイプのビールだそう。フルーティーでとっても飲みやすかったです!

シャワールーム

続いてシャワールームへ。お手洗いの近くにありました。男女兼用です。

dsc08532

全部で7室ほどあったでしょうか。18時ごろは待たずに利用できました。

清掃・補充していないブースも

シャワー室の中はこんな感じです。

dsc08529

どうも、前の人が使った後に毎回掃除するわけではない様子。シャワーブースの排水口が詰まっている&しかもガラス仕切りの下にわずかな隙間があるせいで、トイレまで水浸し!

タオルは棚の上にあると言われましたが、見当たりませんでした。補充されていなかったようです。ドライヤーもあるはずの引き出しになく…うーむ。

幸い他のブースも空いていたため、隣に移って事なきを得ました。

スポンサーリンク

アメニティはナチュラル志向のアンティポディース

アメニティはアンティポディース。日本ではあまり知られていませんが(未上陸)、ニュージーランドの自然派コスメメーカーです。

dsc08526

シャワーブースの中にも、同じラインのシャンプー類が置かれていました。

シドニー国際空港ニュージーランド航空ラウンジ・シャワー室アメニティ

精油由来なのか、フレッシュでとってもいい香りでした。

これで清掃がきちんとされていたら、何も言うことはありません。

もちろん、長時間のフライト前にシャワー室を使えるだけでもありがたいのですが、もう少しマメにチェックが入るといいなぁ…と感じました。

(間を空けて、2度ラウンジを訪問・利用しましたが、いずれも同じ状況でした。)

最後に

シドニー・キングスフォードスミス空港にあるニュージーランド航空ラウンジは、オシャレで食べ物・飲み物も充実したラウンジでした!

利用した18時〜20時頃にかけては、ラウンジ内をほぼ日本人客が占めており、一足早く日本に帰って来たような錯覚を覚えました笑。

和風のメニューが置いてあったのも、そのためだったのかも??まさかオーストラリアで厚揚げに出会うとは…びっくりでした。

今回はANA便に搭乗したため、同じスターアライアンス系のこちらのラウンジにお邪魔しましたが、いずれ機会があれば本家カンタス航空のラウンジも訪れてみたいものです。

なお、成田空港のカンタスラウンジ訪問記はこちら!

アメリカン航空アドミラルズクラブ、キャセイパシフィック航空ラウンジと見学を終え、次に目指すはオーストラリアのナショナルフラッグキャリア、カンタス航空ラウンジです。 カンタス航空のラウンジ「カンタスクラブ」は、成田空港第2ターミナルのサテライトに設置されています。

ちなみに、同じスタアラ系では、ニュージーランド航空ラウンジのお隣にシンガポール航空が運営するシルバークリスラウンジもあります。

ただ、出発3時間前にANAカウンターでチェックイン手続きを済ませて出国すると、たどり着いた頃にはすでにシャッターが閉まっている状況でした。

ANA便搭乗でシルバークリスラウンジを利用したい場合は、ANAカウンターの営業開始を待たず、預け手荷物なしで出国するしかないのかな、といった具合です。

関連記事

これまでに訪れた空港ラウンジはこちらでまとめています。

航空会社の上級会員や、ビジネスクラス・ファーストクラスに搭乗する人が利用することのできる特別な空間、それが航空会社ラウンジ! それぞれの航空会社ごとに、個性あふれる独自のサービスが提供されていて、搭乗前のひと時をゆったりと過ごすことができます。 今回は、これまでブログ内でご紹介してきた魅惑の空港ラウンジを一覧形式でご紹介。なお、最後にゴールドカードやプライオリティパスで入れるラウンジも列挙しました。随時更新予定です。 スターアライアンス系 スターアライアンスに属する航空会...

貯めたマイルで家族4人分のビジネスクラス特典航空券を発券!

ANAダイヤモンドメンバーになって、そろそろ一年が経ちます。 この間、ファーストクラスで世界一周に出かけるなど、一人でダイヤ特典を享受することが多かったのですが、残り半年を切って、もっと家族にもダイヤステータスの恩恵を受けてもらいたいと思うに至りました。 ダイヤステータスを存分に活かすには、やはりラウンジが豪華な国際線がベストですが、4人分の特典航空券を取るのは至難の技…。 しかも、我が家の夫は重度の飛行機恐怖症ですので、長距離のエコノミークラスは絶対に無理。最低限ビジ...

オーストラリア旅行記はこちらからどうぞ。

ANAマイルを貯め始めて、約2年。 SFC修行やJGC修行、フランス&ドイツ旅行、そして世界一周と、海外へ出る機会も多くなり、その中で「ここはぜひ家族も連れて来たいな」と思える街にたくさん出会いました。 特に「次に家族で来るなら絶対ここ!」と考えていたのが、オーストラリアのシドニー。 気候もよく、時差もほとんどなく、食べ物も美味しい。そして何より動物に触れ合える!きっと子供達にとっても、かけがえのない経験が出来るだろうと感じたのです。 ただ、ネックとなるのが特典航...
動物園の人気者「コアラ」。 日本にもコアラを見ることができる動物園はいくつかありますが、実際に触ったり抱っこしたりすることはできません。コアラは見た目によらず?神経質な生き物なので、過度のストレスを与えないために、触ることが禁止されているのです。 でも、旅行先でコアラを抱っこしている人の写真を見たことはありますよね。どうすれば、コアラに触ることができるのでしょうか? その答えは「オーストラリア」です。 オーストラリアと言えばコアラ、コアラと言えばオーストラリア。コ...
ANAビジネスクラス特典航空券で行く、オーストラリア・シドニー旅行2日目。 前日の天気予報では、この日は雷雨の予報でしたが、いざ明けてみれば、ところどころ陽も差す薄曇り。 この様子なら、無理して初日からフェザーデール動物園まで遠出する必要もなかったような気もするものの、早めにメインの目的を果たしておく方が後々気が楽になるので、これでよかったのだと思います。 今日は、昨年シドニーに来た時に感動したお店に家族を連れて行きたいと思います! 前日、コアラやカンガルーに触れ...

2016年のANAダイヤモンド修行でも当ラウンジを利用しました。

先日、第1弾ダイヤ修行が無事終了しました。 今回の旅程は、初っ端からハードなOKA-SYDタッチ! 羽田→沖縄→羽田→シドニー→羽田→沖縄→羽田の合計6フライトを一気にこなします。 もともとずっと体調が優れなかったところ、出発当日に本格的にカゼを引いてしまい、一時はどうなることかと思いましたが、なんとか無事帰ってくることが出来ました。 結論から言いますと、やっぱり国際線+沖縄往復は体力的にかなりキツイ…! でも、初めて行ったオーストラリアはとっても素敵なとこ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク