instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<最新>羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジはオシャレで美味しくてファーストクラスラウンジ以上!?ヌードルバーも本格的!

follow us in feedly

羽田空港国際線キャセイパシフィック航空ラウンジ

香港を本拠地とするキャセイパシフィック航空は、アジアを中心に、スタイリッシュでモダンなラウンジを多数展開していることで有名です。

羽田空港国際線ターミナルにあるラウンジもその一つ。

日系のANAラウンジやJALサクララウンジとは一味違った、独自のサービスで人気を集めています。

噂によると、ここのラウンジでしか味わえないメニューもあるのだとか!

いやが上にも期待が高まってしまいますね♪

今回は、羽田空港国際線ターミナルにある「キャセイパシフィック航空ラウンジ」について、利用条件・営業時間から、実際の内部の様子やサービス内容まで、詳しくご紹介していきます!

羽田空港のラウンジ訪問記は他にも色々あります♪

最新!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジ〜本格寿司に山崎12年!利用条件からサービス内容まで全て紹介
2020年リニューアル!羽田空港国際線JALファーストクラスラウンジに行ってきました♪本格バーJAL's SALONでは幻のウイスキー山崎12年のサービスも&お鮨のパフォーマンスも健在。パワーアップしたファーストクラスラウンジの全貌をぜひご覧ください!
羽田空港の新デルタ航空ラウンジ「スカイクラブ」が凄い!国内トップレベルの驚くべきサービスと利用条件は?
2022年6月29日、羽田空港に待望のデルタ航空新ラウンジ「スカイクラブ」が誕生しました! デルタ航空は、2020年3月をもって成田空港から完全撤退し、羽田空港に移転。 それに伴い、羽田空港にデルタスカイクラブが新たにオープンしたというわけ...
国内最高峰ANAスイートラウンジに行ってみよう!羽田空港国際線第3ターミナル
ANAが運営する空港ラウンジの最高峰「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」。 その中でも特に、羽田空港第3ターミナル(旧国際線ターミナル)にある国際線搭乗者向けのANAスイートラウンジでは、国内随一と呼ぶにふさわしい...
スポンサーリンク

キャセイパシフィックウンジへのアクセス

キャセイパシフィック航空ラウンジがあるのは、羽田空港国際線ターミナルの出国審査後の制限エリア、6階です(下図左下の青枠で囲っているところ)。

羽田空港国際線ターミナル フロアマップ

出国手続きが完了したら左へ。

羽田空港国際線キャセイパシフィック航空ラウンジへのアクセス

こちらがキャセイラウンジへと続く入口です。

羽田空港国際線ターミナル ラウンジ入口

このエリアには他にJAL、ANA、デルタ航空のラウンジが集められていて、キャセイパシフィック航空は最上階にあります。

羽田空港第3ターミナルラウンジエリア

上階へはエスカレーターまたはエレベーターを使用可能。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジへの行き方

6階キャセイパシフィック航空ラウンジのエントランスに辿り着きました!

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジへの行き方・エントランス

キャセイパシフィックラウンジは、ターミナル内のだいぶ端の方にあるため、南側の出国審査を終えてからここまでの所要時間は約3分。北側の出国審査場からだともっと近く、徒歩1分ほどです。

ではさっそく入ってみましょう!

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジの入口

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空ラウンジ利用条件

ラウンジを利用できる対象者は、下記の通り。

●ワンワールド加盟航空会社 ビジネスクラス / ファーストクラス
●ワンワールド サファイア ステータス / エメラルド ステータス
(JALの場合は、JMBダイヤモンド・JGCプレミア(JGP)・JMBサファイア・JGCが該当)
前提として、ワンワールド加盟航空会社の搭乗券を持っている必要があります。
もちろんJALに搭乗する際にも、このキャセイパシフィック航空ラウンジを利用可能というわけです!

キャセイパシフィック航空ラウンジの営業時間

毎日 07:30-17:00

キャセイパシフィックラウンジは17時までしか営業していませんので、これ以降の時間はJALサクララウンジ/ファーストクラスラウンジ等、他へ行く必要があります。

スタッフさんに伺ったところ、16時30分が飲食物のラストオーダーになっているとのことでした。

スポンサーリンク

キャセイパシフィック航空ラウンジ内部の様子とサービス内容

それでは、受付を済ませてさっそく入室してみましょう。

大きな荷物がある場合は、入口右手のクロークに預けておくのがオススメです。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジクローク

入って正面にはカウンター席が並んでいて、左がヌードルバーと化粧室、右手がバーとシーティングエリアになっていました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空

シーティングエリア

まずは、入口右手のシーティングエリアから見てみましょう♪

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ

このターミナルで最も高い6階に位置しているラウンジだけあって、窓の外には遮るものもなく、広々とした駐機場を見渡すことができます。

やはり窓側が人気なようで、私が訪れた日は満席状態。夕方4時25分に、キャセイ運行最終便の香港行きが出たところで、ようやく空きました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 窓側の席からは駐機場が見渡せる
オットマンに足を乗せてリラックス。飛行機の離発着を眺めながら、くつろぎのひと時です♪
背もたれの高い「ソロチェアー」が並ぶ一角も。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジシーティングエリア
台湾香港のキャセイパシフィック航空ラウンジにも採用されているソファで、深く腰掛けていると左右の視界が遮られ、よりプライベート感を堪能することが出来ます。

そしてこちらもキャセイラウンジでおなじみ!

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジシーティングエリアの電源

プラグマークを引っ張ると出現する、スタイリッシュな電源ボードが各席に設けられていました。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジシーティングエリアの電源

スポンサーリンク

本格的なバーカウンターも!

シーティングエリアのお隣には、本格的なバーカウンターが。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ バーラウンジ

ドリンクメニュー

こちらのカウンターで注文できるメニューはというと…

キャセイパシフィック航空ラウンジ・バーカウンターのメニュー

アペリティフ/リカー
  • コアントロー
  • クレームドカシス
  • カンパリ
  • チンザノ・ロッソ
  • グリーンティー
  • ノイリープラット
  • 梅酒
ビール
  • キリン一番搾り
スパークリングワイン
  • レマンジェ
白ワイン
  • ボーリュー・ヴィンヤード カリフォルニア シャルドネ 2019
  • ストラタム ソーヴィニヨン・ブラン 2022
赤ワイン
  • パヴィヨン デュ ラック ボルドー2020
  • グラン・サッソ モンテプルチャーノ・ダブルッツォ2020
ジン/ウォッカ/ラム/テキーラ
  • ビーフィーター
  • タンキリ
  • スミノフ
  • アブソリュートウォッカ
  • マイヤーズ
  • サウザ
ウイスキー
  • スーパーニッカ
  • シーバスリーガル12年
  • ジョニーウォーカーブラックレーベル
  • ボウモア12年
  • カナディアンクラブ
  • ジャックダニエル
日本酒
  • 久保田
クラシックカクテル
  • ドライマティーニ
  • ジントニック
  • ブラッディマリー
  • モスコミュール
  • キューバリバー
  • モヒート
  • マルガリータ
  • テキーラサンライズ
  • マンハッタン
  • ネグローニ
  • カンパリソーダ
  • カンパリオレンジ
  • キールロワイヤル
  • クラシックソーダ
  • カシスオレンジ
ノンアルコールカクテル
  • キャセイディライト
  • オリエンタルブリーズ
  • パッションサンライズ
  • シャーリーテンプル
  • サラトガクーラー
  • バージンマリー
フルーツジュース
  • アップル
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • トマト
ミネラルウォーター
  • エビアン
ソフトドリンク
  • コカコーラ
  • コカコーラ0
  • ジンジャーエール
  • トニックウォーター
  • 炭酸水
  • スプライト
コーヒー
  • ブラックコーヒー
  • エスプレッソ
  • アメリカーノ
  • カプチーノ
  • カフェラテ
  • デカフェ
  • アイスコーヒー
ティー
  • イングリッシュブレックファスト
  • アールグレイ
  • 緑茶
  • ジャスミングリーンティー
  • カモミール
  • アイスティー

…というラインナップでした!

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジの飲食物は、かの有名な「ホテルオークラ」が担当しています。ホテル御三家とも称されるオークラ監修だけあって、なかなか本格的な品揃えですね。

今回は、ホテルオークラの結婚式や宴会で振る舞われるという、オリジナルのスパークリングワイン「レマンジェ」をオーダーしてみましたが、スッキリと爽やかな飲み口で美味しかったです!

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・スパークリングワイン

バーカウンターの並びには、セルフ方式の冷蔵庫もあります。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ドリンクバー冷蔵庫

中に入っているのは、ミネラルウォーター、オレンジジュース、グレープフルーツジュース、アップルジュース。わざわざ注文せずとも、気軽に飲み物を取ることも出来るのはいいですね♪

シグネチャードリンク

ちなみに2019年訪問時には、羽田空港キャセイラウンジ限定の「シグネチャードリンク」もありましたが、2023年10月再訪時には、残念ながらサービスが終了していました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ シグネチャードリンク

ご参考までに、当時のラインナップは羽田ジェイドスウィート羽田の2種類。

それぞれの由来や原料は下記の通りです。

羽田ジェイド キャセイパシフィック航空のコーポレートカラーである緑と赤のグラデーションが、シャンパングラスに美しく表現されています。香港で縁起が良いとされる翡翠にちなんで、「Haneda Jade」と名付けられました。

  • 緑茶リキュール
  • クレーム・ド・カシス
  • レモンジュース
  • スプライト
  • グレナデンシロップ
スウィート羽田  さっぱりとした中にも甘みがあるこのカクテルは、夜の空港の滑走路に灯る誘導灯をイメージしています。グラスの縁は砂糖でスノー・スタイルに演出されています。

  • グレナデンシロップ
  • レモンジュース
  • シロップ
  • クラブソーダ

期間限定だったのでしょうか。ちょっぴり寂しいですね。

渋めな味わいの羽田ジェイド

こちらは羽田ジェイド。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 羽田ジェイド

緑と赤の2層が独特のセンスですね。お味はというと、抹茶よりはカシスを強く感じる仕上がり。私にはかなり甘めでした。

スウィート羽田は可愛いノンアルコールカクテル

もう一方の「スウィート羽田」がこちらです。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ

羽田でしか飲めないという特別感が嬉しかったのですが、いつの間にか姿を消してしまっていた切なさ。

いつかまた復活して欲しいものです。

スポンサーリンク

ビジネスセンター

バーカウンターのお隣には、プリンターとPC付きのビジネスセンターが。

羽田空港国際線キャセイパシフィック航空ラウンジ・ビジネスセンター

最近は特にアメリカの入国審査が厳しくなっていると聞きますので、ここでホテルの予約情報や帰りのチケット控えを印刷しておくと万全ですね♪

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ビジネスセンター

カウンタースペース

ラウンジの中央にあるのは、カウンタースペース。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ カウンター

照明もスタイリッシュで素敵!

スペース奥側にあるカウンターでは、飲食物も提供されています。

注文方式のフードカウンター

こちらのカウンター内にはスタッフさんが常駐していて、ちょっとしたアペタイザーやデザートを頂けるようになっていました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ カウンター

まるでお店のような美しいディスプレイに心惹かれます。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・フードコーナー

時間帯によってメニューは変わりますが、某日朝の時間帯にはハムなどのコールドカッツと野菜を使ったお惣菜、ケーキが一種類用意されていました。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・デリカウンター

セルフ方式だと衛生面が心配なこともありますから、個人的には嬉しいシステムです。

こうして取ってもらえることで、一層美味しそうにも見えますから不思議なものですね(笑)。

カウンター脇にはセルフ式で自由に取れるメニューもあります。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・フードコーナー・セルフブッフェ

以前はサラダも大鉢に盛られた野菜を各々好きな分だけ取るブッフェ形式でしたが、コロナが明けた現在は、あらかじめ一人分ずつ取り分けられていました。

見た目も美しく、トングやお皿にまで一方ならぬこだわりが感じられますね!

お隣にあるのはパン。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・フードコーナー・セルフブッフェ・パン

さすが外資系、海外のホテルブッフェのような品揃えです。

冷蔵庫には冷えたスイーツも

また、右側面には冷蔵庫があり、あんみつやカットフルーツ、サラダが並んでいます。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・冷蔵庫のデザート

冷蔵庫すらオシャレですね!

こちらは冷蔵品だけでしたが、お願いすればハーゲンダッツも頂けるようです(11時以降)

見るだけでも楽しくなる素敵ディスプレイの上、甘いものからしょっぱいものまで揃っているのが嬉しい♪

実際に頂いたメニュー

どれも美味しそうで迷いましたが、おやつとおつまみを少々頂いてきました!

まずはあんみつ。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・フードコーナー・あんみつ

栗や求肥、フルーツまで入っていて好バランス。黒蜜の量を調整できるのも◎。あんこも甘さ控えめで美味しかったです。

2023年11月には、ショーケースに入っていたお料理を全種類お願いしてみました。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・フードコーナー・ショーケースの全種類

ビタミン・食物繊維・タンパク質をしっかり取れて、味のバリエーションも豊富。

食器もとっても素敵ですし、こうしてちょこっとずつ頂けるのが嬉しいですね♪

本当に空港ラウンジとは思えない質の高さに大満足です!

スポンサーリンク

シャワールームはナシ!

ただし、こちらのラウンジのちょっぴり残念なところは、シャワールームがないこと。

搭乗前にシャワーを浴びたい場合は、JALのサクララウンジ/ファーストクラスラウンジまで移動する必要があります。

もしくは、私自身は確認していませんが、スタッフさんに申し出れば、1フロア下のTIATラウンジシャワーを案内してもらえるとの情報もありました。

お化粧室もスタイリッシュ

ラウンジの中央付近にあるお化粧室の様子はと言いますと…

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 化粧室

ラウンジのインテリアと同様、木と大理石の質感を活かしたモダンな室内です。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 化粧室

これまで、成田・台北・クアラルンプールのキャセイ直営ラウンジを訪れたことがありますが、どこも共通なのはアメニティがオーストラリアコスメというところ。

成田空港キャセイパシフィック航空ラウンジはどんなところ?利用条件からサービス内容まで徹底レポート!<JAL JGC修行1-3>
待ち時間が長くなりがちな国際線に搭乗する際、とっても重宝するのが「空港ラウンジ」です! ゴールドカードで入れる「クレジットカードラウンジ」や「プライオリティパスラウンジ」もありますが、特に豪華なのが、航空会社がビジネスクラス・ファーストクラ...
美味しいものが充実!台湾桃園空港キャセイ航空ラウンジを徹底レポート~JALでも利用可
台湾・台北市にある台湾桃園国際空港には、中国・香港を本拠地とするキャセイパシフィック航空(以下、キャセイ航空)のラウンジが設置されています。 キャセイ航空は、英国スカイトラックスのエアライン・オブ・ザ・イヤーを何度も受賞したことがあり、国際...
【クアラルンプール】キャセイパシフィック航空ラウンジは日本人向けくつろぎスポット♪<JAL JGC修行4-4>
クアラルンプール国際空港サテライトターミナルには、たくさんの航空会社直営ラウンジがあります。 中でも今回取り上げるキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジは、こぢんまりながら、なかなか居心地の良い空間♪ インテリアも明るく清潔感があ...

この羽田空港キャセイラウンジでも例に漏れず、メルボルン発のコスメブランド「Aesop(イソップ)」のハンドソープとハンドバームがラックに備えられていました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 化粧室 アメニティはオーストラリア発祥イソップ

ナチュラルな香りに癒されます。

手洗い場は、マークのところに手をかざすと一定時間水が流れる仕組みです。台湾でも同様だったような。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ 化粧室 手洗い場

外観的にもレトロで素敵ですし、清潔感がありますね!

スポンサーリンク

ダイニングエリア

ラウンジ左手奥に進むとキャセイパシフィック航空ラウンジの名物、ヌードルバー付きのダイニングエリアが現れます。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバー

ダイニングスペースはこんなレイアウトになっていました。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ ダイニングスペース

無駄が少なくシンプルな印象ですね。離発着する飛行機を眺められる窓側がオススメです!

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・ダイニングエリア

各席には電源完備で、さすがの利便性。抜かりはありません。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ電源

ヌードルバーメニュー

ここでは麺料理や点心など、温かいお料理を提供してくれます。メニューはこちら。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバーのメニュー

  • 和朝食
  • 中華粥朝食
  • 担々麺
  • 雲呑麺
  • フレンチトースト

注文方法はフードコート式です。

カウンターで待機しているスタッフさんに注文後、呼び出しベルを受け取り、出来上がるまで席に座って待機します。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバーのベル

ドリンクバー

出来上がるまでの間に、飲み物を調達するとしましょう!

ヌードルバー近くに冷蔵庫やサーバーが設けられていて、自由に取ることができるようになっています。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバー・ドリンクカウンター

並んでいるのは、コーヒー、紅茶、ビールサーバー、ミネラルウォーター。冷蔵庫にも冷えたコーラなどが入っていました。

手前にはウォーターサーバーも。

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ セルフドリンクバー

右がスパークリングウォーターで、左はナチュラルウォーターです。いかにも外国っぽくてオシャレですよね!徹底的にトータルコーディネートされています。

絶品!担々麺とフレンチトースト

注文して5分ほどで、呼び出しベルが鳴りました。お待ちかねの、担々麺とフレンチトーストの完成です!

羽田空港国際線ターミナル キャセイパシフィック航空ラウンジ ヌードルバー 担々麺とフレンチトースト

担々麺の方は、半人前くらいの控えめな量。フレンチトーストは一見厚焼き卵のようですね。ハチミツ入りメープルシロップが別添されていました。

さすが名物の担々麺は、とってもまろやかで濃厚!

麺もしっかりコシがあって、これは美味しいですね〜!!

辛いものがそれほど得意でない私でも、全く問題ないピリ辛加減です。

ちなみに子供向けには、ラー油抜きで作ってもらうことも出来ます。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジク担々麺ラー油なし

娘も「美味しくてたまらな〜い!」と大絶賛でした♪

続いてフレンチトースト。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・フレンチトースト

メープルシロップをかけて頂きます!

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジ・フレンチトーストにシロップをかけたところ

一口食べてみると、中までしっかり卵液が染み込んでいて、パンというよりプリンみたい!

「ホテルオークラ特製」ですから、美味しくないはずありません。

生地自体はそれほど甘くなく、メープルシロップをひたひたにかけて丁度いいくらい。

あっという間に完食してしまいました。

ほっこり落ち着く♪中華粥

2度目は中華粥朝食を注文!やっぱり香港、中国といったら朝はおかゆですよね。

セットの内容はこんな感じ♪

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・中華粥

しっかりお出汁が効いたおかゆに、3種類のトッピング(搾菜、揚げワンタン、葱生姜)が付いていました。

カウンターにはコンディメントバーがありますので、味変も楽しめます。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバー・コンディメント2

日によって変わるトッピングコーナーも。2023年11月は梅干し・小松菜のおひたし・生姜とあさりの甘辛煮でした。

羽田空港第3ターミナル・キャセイパシフィック航空ラウンジ・ヌードルバー・コンディメント

某日、塩昆布を乗せてみたのがこちら。

羽田空港キャセイパシフィック航空ラウンジヌードルバーの中華粥朝食

実はあまりおかゆを食べる習慣がないのですが、こちらの中華粥は味わいがしっかりしていて、とっても美味しくて食べやすい!あっという間に完食してしまいました。お茶碗軽く一杯程度と、控えめな量なのもいいですね。

キャセイのヌードルバーは評判通り本格的でした!

本格的なお料理が楽しめるキャセイのヌードルバー、最高でした!

空港ラウンジのご飯でこんなに感動したのは、ANAスイートラウンジ(ファーストクラス・ダイヤモンドメンバー専用)の「ダイニングh」以来。

ただし、こちらはファーストではなく、あくまでもビジネスクラスラウンジです。一段下のカテゴリーにもかかわらず、これだけのものが頂けるなんて、本当に素晴らしいことだと思います。

一般的なファーストクラスラウンジよりもいいと言っても過言ではないかもしれません!

最後に

ということで、羽田空港国際線ターミナルのキャセイパシフィック航空ラウンジについて詳しくご紹介しました。

空間全部がシックでスタイリッシュな雰囲気に統一されており、コーポレートカラーである緑が効いた、とってもオシャレな空間でした!!

羽田空港からワンワールド系列の国際線に搭乗する際には、ぜひ立ち寄って頂きたい素敵なラウンジです。

何と言っても食べ物の充実度と品質は、数あるラウンジの中でも最高ランク!

ホテルオークラ監修の上質な料理の数々は、それだけでも利用する理由になるはずです。

私自身、また機会があれば絶対に再訪したいラウンジとなりました。いつかはヌードルバーのメニューを全制覇してみたいものですね。

なお、日本にはビジネスクラスラウンジしかありませんが、キャセイ・パシフィック航空の本拠地香港には、世界最高峰の呼び声高いファーストクラスラウンジが設けられてます。

ビジネスクラスラウンジも一際豪華!!香港国際空港から出発する際には、十分なゆとりを持って訪れたいものです。

香港キャセイラウンジが豪華すぎる!ザ・ピア・ビジネスクラスラウンジ利用条件と魅力の全て
香港のフラッグキャリア、キャセイパシフィック航空(Cathay Pacific Airlines)。 その本拠地である香港国際空港(HKG)には、豪華絢爛との呼び声高い直営ラウンジが5ヶ所設置されています。 キャセイパシフィックラウンジは、...
キャセイの本拠地!ザ・ウィング・ビジネスクラスラウンジ〜利用条件・営業時間・メニューの全て<香港国際空港>
香港国際空港『キャセイパシフィック航空・ザ・ウィングビジネスクラスラウンジ』は、洗練された雰囲気と上質なサービスが魅力! 美味しい料理やドリンクが楽しめるだけでなく、快適なシャワールームやビジネスセンターも完備されていて、素晴らしい旅のスタ...
【香港】「ザ・デッキ」はキャセイパシフィック航空の最新ラウンジ!コンパクトながら充実した素敵な空間でした
キャセイ・パシフィック航空の本拠地、香港国際空港。 この空港には、キャセイ・パシフィックが総力を挙げて展開する、素晴らしいラウンジが全部で6つもあります。 中でも「ザ・デッキ」は、2018年にオープンしたばかりの最新ラウンジ! ビジネスクラ...

もしJMBダイヤモンドやJGPを持っていたり、ワンワールドファーストクラスに搭乗するチャンスがありましたら、ぜひ訪れてみてください!

きっとキャセイラウンジの虜になること間違いなしです♪

関連記事

これまで訪れたラウンジはこちらにまとめています。

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

丸わかり!『nimocaルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
丸わかり!『JQみずほルート』徹底ガイド2024最新版~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年5月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年5月緊急増額】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大1,800円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,800円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪