ソラチカカードはキャンペーン利用で入会時にも大量ANAマイルが貰えます

あなたはソラチカカードを持っていますか?

ソラチカカードは、ANAマイルを貯めるための最重要クレジットカードです。いまや、ANAマイルは「ソラチカ」で貯めるというのが、陸マイラー界の新常識となっています。

ソラチカカードに入会して陸マイラー活動を始めよう

もちろん、ソラチカカードがなくても、ANAマイルを貯めることはできますが、ソラチカカードを持っているか否かで、マイルが貯まるスピードが全然違ってきます。

これから陸マイラー活動を始めようとする場合には、まずソラチカカードの入会申込みをしましょう。ソラチカカードへの入会が、マイルを貯める上での最優先事項です。

ソラチカカードは年会費が2,000円(税別)かかるカードですが、毎年継続ボーナスとして1,000マイル(2,000円相当)貰えるので、実質無料で保有し続けることができます。

目次

スポンサーリンク

カード新規発行でマイルを稼ぐ

クレジットカードを発行する場合、各種キャンペーン等を利用することでマイルを大量に稼ぐことができます。陸マイラーにとって、クレジットカードの新規発行はマイルを獲得する絶好の機会です。

クレジットカードの新規発行でANAマイルは大量に貯まる
クレジットカードの新規発行はマイルを貯める方法の定番の1つです。クレジットカードを発行するだけで、なぜ大量のマイルを獲得できるのか、その秘密を詳しく解説します。

ソラチカカードもクレジットカードの一種ですから、入会時には確実にマイルを獲得して陸マイラー活動のスタートダッシュを決めたいところです。

ポイントサイトからソラチカカード案件は消滅

カードの新規発行でマイルを獲得する方法として、まず思い浮かぶのがポイントサイトの利用です。

マイルを大量に貯めるために最も効率的な方法とは
マイルを貯める方法はいろいろあれど、大量のマイルを貯めるための方法はたった1つだけです!あれこれ手を出してみる前に、まずは最も効率的なマイルの貯め方を学んでみましょう。

しかし、ソラチカカードに関しては、現時点でポイントサイトでのポイント還元が全く実施されていません。

ポイント還元比較サイト「どこ得」での検索結果も以下のとおり。

どこ得でのソラチカ検索結果

「ソラチカ」で検索しても、なにも見つかりません。

陸マイラー最大のマイル獲得源であるポイントサイトは、ソラチカカードの入会時には使えないのです。2015年の半ば頃まではソラチカカード案件を扱っているポイントサイトがあったようですが、それ以降、ソラチカカード案件は一度も出てきていません。

これは、ポイントサイトのポイントを高レートでANAマイルに移行する「ソラチカルート」の利用方法が広く知られるに至ったからではないかと推測されます。「ソラチカ」は陸マイラーには欠かせないツールです。

ソラチカルートで年間216,000マイルを創り出す
ソラチカカードの特典であるソラチカルートを使えば、初心者でも簡単に年間21万6,000マイルを貯めることができます。ビジネスクラスやファーストクラスでの海外旅行も夢ではありません。まだ持っていない方は急いでソラチカカードを手に入れましょう。

このような背景から推測すると、今後もソラチカカード案件が復活する可能性は低そうですよね。

ポイントサイト以外でもマイルは稼げる!

しかし、陸マイラーたるもの、これくらいのことで諦めてはダメです。ソラチカカードの入会時にマイルを獲得する道は、まだ残されています。

それが「入会キャンペーン」の活用です。

ソラチカカードは、その正式名称が「ANA To Me CARD PASMO JCB」であることからも分かるように、JCBが発行するクレジットカードです。ありがたいことに、JCBは定期的にソラチカカードの入会キャンペーンを開催しています。

また、ソラチカカードは、全日空が提供する「ANAカード」でもあり、東京メトロが提供する「To Meカード」でもあるので、ANAと東京メトロの入会キャンペーンも併用することができます。

これら入会キャンペーンを活用すれば、ソラチカカードの入会時にも大量のANAマイルを稼ぐことができるのです。

現在実施中のソラチカカード入会キャンペーン

2016年9月30日までのソラチカカード新規入会キャンペーン

2016年10月16日から開催されているソラチカカードの入会キャンペーンは以下の通りです。

  • JCB特典 カード利用キャンペーン
  • JCB特典「支払い名人」登録キャンペーン
2016年10月16日以降は、ANAや東京メトロのキャンペーンが実施されておらず、JCBのキャンペーンのみを利用することになります。

上記キャンペーンには重複して参加することができ、それぞれの条件を満たすことで別々にマイルを獲得することができます。つまり、複数のキャンペーンの条件を満たせば、獲得マイル数はかなり大きくなります。

現時点での獲得可能マイル数は、通常入会マイル(1,000マイル)+カード利用キャンペーン(4,500マイル)+支払い名人キャンペーン(20,000マイル)=25,500マイルです。

マイルの取りこぼしを防ぐためには、申込み前にキャンペーン条件を確認して、しっかりと理解しておくことが重要です。

以下では、各キャンペーンの詳細を解説していきます。

JCB特典カード利用キャンペーン

入会後のカード利用で4500マイル

ソラチカカード入会後、カードをショッピングに25万円(税込)以上利用すると、4,500マイルを獲得できます。キャンペーンのボーナスポイントは、ANAマイルではなく、JCB独自のポイントであるOki Dokiポイントのボーナスポイントとして付与されます。

キャンペーン対象期間は、2016年10月1日(土)~11月30日(水)JCB受付完了分まで(※2016年12月31日(土)カード発行分まで)です。なお、カード利用期間は、入会~2017年2月15日(水)ですので、すぐに25万円分利用する必要はありません。

このキャンペーンでANAマイルを獲得するためには、キャンペーンへの参加登録が必要です(ANAのキャンペーンとは別の参加登録が必要)。参加登録の締切は2017年2月15日(水)までとなっていますので、カードを申し込んだら忘れないうちに登録を済ませておきましょう。

なお、支払い口座が同一の本会員・家族会員の方は、全会員の方の利用分が対象金額として計算されます(例えば、本会員が15万円利用、家族会員が10万円利用でもキャンペーン条件が満たされます)。また、年会費、ショッピングリボ払い・分割払い手数料、キャッシングサービス利用分は対象となりません。

JCB特典「支払い名人」登録キャンペーン

支払い名人の登録で最大20000マイル

ソラチカカード入会後「支払い名人」への登録で、最大20,000マイルを獲得できます。キャンペーンのボーナスポイントは、ANAマイルではなく、JCB独自のポイントであるOki Dokiポイントのボーナスポイントとして付与されます。

キャンペーン対象期間は、2016年10月1日(土)~11月30日(水)JCB受付完了分まで(※2016年12月31日(土)カード発行分まで)です。なお、「支払い名人」への登録期間は、2016年10月1日(土)~12月31日(土)です。

「支払い名人」とは、ショッピング1回払いの利用分が自動的にショッピングリボ払いになる支払い方法です。毎月、自分で決めた金額(設定金額)を支払えるサービスであり、JCBの通常ショッピングリボ払いとは違って初回手数料が発生しません。

このキャンペーンでは、「支払い名人」に登録するだけではボーナスポイントは貰えず、下記の条件を満たす必要があります。

  • 設定金額を3万円以下に設定する
  • 所定のカード利用期間中に支払い名人を15万円以上利用する

このため、リボ払いになる設定金額を高くしておくことで、手数料を発生させないようにすることはできません。15万利用した場合、最低でも3万円×5回に分けて支払う必要があります。

ちなみに、最大20,000マイルというのは、第1弾と第2弾(各10,000マイル)の合計マイル数です。このため、20,000マイル獲得するためには、30万円分のショッピングリボ払いが必要となります。

<カード利用期間>

  • 第1弾:2016年10月16日(日)~2017年1月15日(日)
  • 第2弾:2017年1月16日(月)~4月15日(土)

カード入会後は、第1弾の期間である2017年の1月15日までに15万円分利用し、第2弾の期間である1月16日以降にさらに15万円分利用すればOKです。

「支払い名人」で発生する手数料

すでに説明したように、このキャンペーンでマイルを獲得するためには手数料の発生が避けられません。予想外の大出費になっては大変ですから事前にどれくらいか知っておきたいですよね。

支払い名人で発生する手数料に関しては、JCBの公式サイトで調べることができます。

ショッピングリボ払いのシミュレーション. 「リボ払いで○○を買うと、手数料はいくらになる んだろう?」 そんな疑問はこれで解決!ご自分にあったお支払いプランが見つかります 。

上記サイトで設定金額を3万円、利用金額を15万円にしてシミュレーションしてみると…

支払い名人の手数料

手数料は3,734円という結果になりました。もちろん、支払金額を15万ピッタリにするのは難しいので、実際の手数料はもう少し増えてしまうでしょうが、初回支払い分の手数料が無料になるため、そこまで大きい額にはならないようです。

第1弾と第2弾の両方に参加した場合、手数料は3734×2=7,468円。一方で、獲得できるANAマイルは20,000マイル(40,000円相当)です。リボ払いの手数料を考慮しても、キャンペーンに参加した方がお得ですね。

臨時返済を利用する裏技

リボ払いには臨時の繰り上げ返済を利用することができます。臨時返済をすれば、リボ払い分の支払いを早く済ませてしまうことができるため、手数料を抑えることができます。

JCBのデスクに電話で確認したところ、この臨時返済を利用した場合でも、キャンペーンポイントは付与されるという回答を得ることができました。ただし、事前にデスクに臨時返済に関する相談をする作業が必須です。

手間のかかることではありますが、少しでも費用を抑えたいという方は、臨時返済を利用するのがお得ですね。

カード会社のデスクの回答は一応オフィシャルなものですが、時期や担当者によって変わることもあります。臨時返済を利用する場合は、ご自身でご確認をお願い致します。

(2016年10月15日で終了)ANA&東京メトロの新規入会キャンペーン

このキャンペーンでは、ソラチカカードの入会で最大2,900マイルが貰えます。

ソラチカカード新規入会で2,900マイル

キャンペーン期間は、2016年8月15日(月)〜2016年10月15日(土)(※2016年11月15日(火)カード発行分まで)となっており、全部で3つの条件が設定されています。

条件1.通常入会ボーナスマイル

通常入会ボーナスマイル

ソラチカカードに入会すると、ANAカードの「通常入会ボーナスマイル」が1,000マイル獲得できます。通常入会ボーナスマイルに関しては、入会すれば必ず貰えるマイルです。

通常入会ボーナスマイルは、入会翌月頃にANAマイルとして加算されますので、ポイントの移行手続き等は必要ありません。

条件2.エントリーでさらに1000マイル&ANAカードマイルプラス2倍

エントリーして入会で1000マイル

ANAのキャンペーンに参加登録してから入会すると、通常入会ボーナスマイルとは別に1,000マイル獲得できます。エントリーはソラチカカードの公式キャンペーンページから行えますので、忘れずに済ませておきましょう。

また、ANAカードマイルマイルプラスの加盟店(セブンイレブン等)で、合計5,000円(税込)以上をソラチカカードで決済すると、決済時に貰えるボーナスマイルが2倍になります。

ANAキャンペーンの参加登録期間とソラチカカードの決済利用期間は、2016年8月15日(月)AM10:00〜2016年11月15日(火)PM23:59までです。

また、マイルが付与される期間は、入会分の1,000マイルが2017年2月上旬(予定)、ANAカードマイルプラス利用分が2017年3月下旬(予定)となっています。

条件3.定期券の購入で900マイル

定期券購入で1,000メトロポイント

上記の条件2を満たした上で、東京メトロの定期券を購入すると、1,000メトロポイント獲得できます。(※ソラチカカードには、東京メトロの定期券としての機能を付加することができます。)

メトロポイントは、ソラチカルートを使えば×0.9倍でANAマイルに移行できます。このため、1,000メトロポイントは900マイルに相当します。

定期券の購入締切日は、2016年11月15日(火)まで。ポイント付与時期は、2017年3月11日(土)予定です。

(2016年9月末で終了)家族カード入会キャンペーン

家族カードの入会で1,000マイル

ソラチカカードの家族カードを発行すると、さらに1,000マイル(OkiDokiポイント334ポイント)を獲得できます。

キャンペーン期間は、2016年9月30日(金)JCB受付処理分まで(※2016年10月31日(月)カード発行分まで)。ポイント付与時期は、2017年1月下旬(予定)です。

家族会員の入会ボーナスマイルについては、JCB独自のポイントであるOkiDokiポイントのボーナスポイントとして加算されます。Oki Dokiポイントのボーナスポイントは、「1ポイント=3マイル」のレートでANAマイル移行できます。ボーナスポイントからマイルへの移行はMyJCB等での手続が必要です。

なお、ソラチカカードを使ってANAマイルを貯める場合には、家族カードではなく本会員として入会するのがお得です。

ソラチカカードは1人1枚!家族カードは不要です
ソラチカカードを家族の分まで用意すると、ソラチカルートを拡大し効率的にANAマイルを貯めることができます。家族会員ではなく本会員としてソラチカカードを発行するのがポイントです。

入会キャンペーンを利用して家族カードを作成した場合、ボーナスの1,000マイルを獲得した後は、本会員として入会しなおすのがオススメです。

(2016年9月末で終了)JCB特典サンクスキャンペーン

JCBのキャンペーンで最大6,000マイル

ソラチカカード入会後、JCBが設定する条件を満たすことで、最大6,000マイルを獲得することができます。キャンペーンのボーナスポイントは、ANAマイルではなく、JCB独自のポイントであるOki Dokiポイントのボーナスポイントとして付与されます。

キャンペーン対象期間は、2016年9月30日(金)JCB受付処理分まで(2016年10月31日(月)カード発行分まで)です。

このキャンペーンでANAマイルを獲得するためには、キャンペーンへの参加登録が必要です(ANAのキャンペーンとは別の参加登録が必要)。参加登録の締切は2016年12月15日(木)までとなっていますので、カードを申し込んだら忘れないうちに登録を済ませておきましょう。

JCBのキャンペーン条件は大きく4つに分けられており、4つの条件をそれぞれ満たしていくことで、対応するボーナスポイントが獲得できます。

条件1.カードのショッピング利用で4,500マイル

ソラチカカード入会キャンペーン条件1

ソラチカカードをショッピングに25万円(税込)以上利用すると、4,500マイル(OkiDokiポイント1,500ポイント)を獲得できます。

なお、支払い口座が同一の本会員・家族会員の方は、全会員の方の利用分が対象金額として計算されます(例えば、本会員が15万円利用、家族会員が10万円利用でもキャンペーン条件が満たされます)。

年会費、ショッピングリボ払い・分割払い手数料、キャッシングサービス利用分は対象となりません。

条件2.公共料金の支払いで最大900マイル

ソラチカカード入会キャンペーン条件2
ソラチカカードで携帯電話料金・公共料金の支払をすると、最大900マイル(OkiDokiポイント300ポイント)を獲得できます。

なお、1種類の支払いだけだと450マイルしか貰えず、2種類の支払いで最大の900マイルを獲得できます。

上限が2種類までなので、アメックスゴールドのキャンペーンのように、公共料金の支払だけで大量のマイルを獲得することはできません。

条件2の支払金額は、条件1のカード利用分としての利用金額の対象となります。

カードの利用期間は、条件1、条件2ともに、入会~2016年12月15日(木)まで(※2017年1月10日(火)振替分の明細反映分)です。

条件3.「支払い名人」の登録で450マイル

ソラチカカード入会キャンペーン条件3
設定金額を超えた分だけ自動的に「リボ払い」になる「支払い名人」に登録すると450マイル(OkiDokiポイント150ポイント)を獲得できます。

リボ払いと聞くと金利のこと心配になりますが、設定金額を超えなければリボ払いにはならないので、金利は発生しません。

条件4.「My JCB」へのログインで150マイル

ソラチカカード入会キャンペーン条件4
ソラチカカードの発行後、「My JCB(管理ページ)」にログインすると150マイル(OkiDokiポイント50ポイント)を獲得できます。

キャンペーンで獲得できるANAマイルを増やす方法

上記キャンペーンのうち、JCB主催のキャンペーンで貰えるポイントは、ほとんどがOkiDokiポイントのボーナスポイントです。

このボーナスポイントは、直接ANAマイルに交換しようとすると、「1ポイント=3マイル」の交換レート(最低交換額は500ポイント)ですが、メトロポイントに交換してから「ソラチカルート」を利用することもできます。

Okidokiボーナスポイントからメトロポイントへの交換レートは「1ポイント=5メトロポイント」(最低交換額は100ポイント)です。このため、移行レート×0.9倍のソラチカルートを利用すると、Okidokiボーナスポイントを1ポイント=4.5マイルのレートで交換することが可能となります。

例えば、OkiDokiボーナスポイントを10,000ポイント保有していた場合、直接ANAマイルに交換すると30,000マイルですが、一度メトロポイントに交換してからソラチカルートで移行させると、50,000メトロポイント⇒45,000マイルを得ることができます。最終的な獲得マイル数が1.5倍に増加するのです。

OkidokijからANAマイルへの移行ルート

現在(2016年10月15日まで)開催されているキャンペーンでは、OkiDokiボーナスポイントが24,500マイル相当(8,168ポイント)貰えますが、この方法を利用すると、36,756マイルを獲得できることになります。直接マイルに交換する場合と比べると、12,256マイル(1マイル=2円換算で、24,512円)もお得です。

この方法は、ソラチカルートが移行上限(20,000メトロポイント⇒18,000ANAマイル)に達している場合には利用が難しいでしょうが、ソラチカカードに入会した時点では、ソラチカルートにも十分に空きがあるはずです。

まずは入会キャンペーンで獲得したOkiDokiボーナスポイントで、ソラチカルートの威力を体験してみましょう。

過去のソラチカカード入会キャンペーン

参考のために、現在の入会キャンペーンが開始される以前のキャンペーンについても見ておきましょう。

キャンペーンが開催されていた期間と、キャンペーンで獲得できる最大マイル数(通常入会ボーナスマイルを含む)を、約1年前にまでさかのぼって独自に調査してみました。

キャンペーン開催期間 最大獲得マイル数
2015年6月1日~7月31日 8,000マイル
2015年8月1日~8月13日 キャンペーン対象期間外
2015年8月14日~10月15日 10,500マイル
2015年10月16日~11月30日 8,750マイル
2015年12月1日~2016年1月14日 7,750マイル
2016年1月15日~4月30日 12,000マイル
2016年5月1日~8月14日 8,000マイル
2016年8月15日~9月30日 9,900マイル
2016年10月1日~10月15日 27,400マイル
2016年10月15日~11月30日(開催中) 25,500マイル

上記表からも分かるように、JCBによるソラチカカードの入会キャンペーンは、ほとんど途切れることなく開催されています。

期間限定のキャンペーンとは言っても、実質的に常時参加できるみたいですね。キャンペーンで獲得できるANAマイルに関しては変動しており、通常は1万マイル前後のようです。

獲得マイル大幅増加の今が狙い目

こうして見ると、2016年10月1日から開始された「支払い名人」キャンペーンのおかげで、ここ最近の獲得マイル数が大きく上昇していることが分かります。

リボ払い必須のため少々ややこしいですが、ソラチカカード未保有の方は、この機会は逃せませんね。

ソラチカルートを利用して獲得マイル数を増加させると、通常入会マイル1,000マイル+キャンペーン分36,756マイル=37,756マイルも貰えてしまいます。

キャンペーンのポイント増額時期を狙うべき?

過去のキャンペーン情報まで見ると、ソラチカカードを作るタイミングが非常に重要なことが分かります。キャンペーンで獲得できるANAマイルが多くなるタイミングで入会できれば最高ですよね。

しかし、お得なキャンペーンが実施されていないという理由で、ソラチカカードの入会時期を意図的に遅らせるのは、あまりオススメできません

それは以下の理由からです。

1.キャンペーン終了の可能性

今のところは、ほぼ常時キャンペーンが開催されている状況ですが、今後キャンペーンが中止される可能性もないわけではありません。現在の入会キャンペーンが終了した後、また新たなキャンペーンが開始される保証はないのです。

肝心の入会キャンペーンが終了してしまっては、ソラチカカードの入会時に大量のANAマイルを獲得することは難しくなります。

2.マイル数の増減は正確には予測不可能

過去のキャンペーンで獲得できるANAマイルの推移を見ると、特定の時期に獲得マイル数が増える傾向にあると考えることもできます。

例えば、2016年1月14日までは最大で7,750マイルしか獲得できなかったのに対し、翌日の2016年1月15日からは最大12,000マイルを獲得できるキャンペーンが開始されています。

そうすると、来年の1月中旬まで待てば、獲得できるANAマイルが増えると考えることができます。

しかし、それはあくまで推測でしかありません。獲得できるANAマイルは、増えるかもしれませんし、逆に減ってしまうかもしれないのです。

信頼できる情報がない限りは、獲得マイル数の増額を期待するのはやめましょう。それよりもソラチカカードの早期入手を優先させるべきです。

3.ソラチカルートの利用開始が遅れる

大量のANAマイルを獲得するのに欠かせないソラチカルートは、ソラチカカードが発行されてからでなければ使えません。

ソラチカカードが手元になければ、仮にポイントサイトで大量のポイントを貯めることができたとしても、そのポイントを高レートでANAマイルに移行することはできないのです。

ソラチカルートには毎月の移行上限(18,000マイル/月)が設定されているため、ソラチカカードの入手が1ヶ月遅れると、本来であれば貯められたはずの18,000マイルが貯まりません。

大量のANAマイルを貯めるためには、ソラチカカードを早い段階で入手して、一刻でも早くソラチカルートを回し始めるべきです。

ソラチカルートの上手な使い方~ポイント移行締切日に注意しよう~
毎月15日は陸マイラーが意識すべき日です。 なぜなら、陸マイラーにとって必要不可欠であるソラチカルートを利用してANAマイルを貯める際に、毎月...

4.ソラチカルート改悪の可能性もあり

ソラチカルートの×0.9倍というANAマイルへの移行レートは、普通に考えれば異常なレートですから、今後は改悪される可能性があるということも認識しておかなければいけません。

ソラチカルートの利用者が増えれば増えるほど、改悪の可能性は高くなると言ってもいいでしょう。

ソラチカルートには上述したように毎月の移行上限(18,000マイル)があるため、利用者が増えても採算がとれるのかもしれません。しかし、ANAの方針次第では、いつ改悪されてもおかしくない状況なのです。

レート改悪の可能性を考慮すれば、高レートのソラチカルートが使える今のうちに、できるだけ多くのANAマイルを稼ぐのがベターです。

以上の理由から、私はJCBキャンペーンのポイントの多い少ないにかかわらず、できるだけ早くソラチカカードに入会することをおすすめします。

ソラチカカードへの入会を迷っていると、それだけでマイルが貯まるのが遅れてしまいますよ。

ソラチカカードの入会時に気をつけること

ソラチカカードの入会には時間をかけるべきではありませんが、入会キャンペーンの恩恵を確実に受けるためには、気をつけておかなければいけないこともあります。

入会キャンペーン対象期間外だけは避ける

過去のデータにもあるように、2015年8月1日~8月13日の約2週間に限っては、入会キャンペーンの対象期間外となっていました。

2016年に入ってからは対象期間外となる期間は設定されてないようですが、今後そのような期間が発生する可能性もあります。

キャンペーンの対象期間外に入会してもANAマイルは貰えませんから、申込みをしようとする日がキャンペーンの対象期間になっているかを確認してから申込手続を始めましょう。

ただし、ある程度待ってもキャンペーンが開始されないような場合には、諦めてソラチカカードの早期入手を優先すべきです。

開催中のキャンペーンのマイル獲得条件を確認する

ソラチカカードの入会キャンペーンで獲得できるマイルは、カード発行だけで貰えるわけではありません。

現在実施されているキャンペーンについて説明したように、「キャンペーンへのエントリー」、「カードのショッピング利用」等、複数の条件が設定されています。

せっかくキャンペーン期間に申し込んだのに、ANAマイルが貰えないのはもったいないですから、キャンペーン条件をしっかりと確認しておいてください。

ソラチカカードの申込時にはJCBの入会キャンペーンを上手に利用して、大量のANAマイルをゲットしましょう!

マイルの貯め方おすすめランキングTOP5
初心者でも簡単に大量のマイルを貯めることができる方法を、ランキング形式で紹介していきます。航空会社のマイルは、貯め方さえ知ってしまえば、お金をかけずに貯めることができます。節約好きな方にもオススメです。
マイルを貯めるための最新キャンペーン&募集中モニター情報
マイルを貯めることができるキャンペーン&モニターに関する最新情報を随時更新中!一気に10,000円以上の大量ポイントを獲得できる案件や100%還元モニター案件を中心に、今すぐ応募可能な案件を多数紹介しています。