instagramはじめました!フォローはこちら

【新型コロナ】海外から帰国したらどうなる?入国手続きから自主隔離までを実体験レポート!

follow us in feedly

コロナ禍での日本入国と自主隔離

新型コロナウイルス感染拡大により、海外への渡航が格段に難しくなってしまった今日この頃。

慣れない土地でコロナに罹患してしまうリスクはもとより、行き来するだけでも普段とは違う煩雑な手続きが必要です。

なかなか目にする機会がありませんが、実際の入国事情・水際対策はどのようになっているのでしょうか。

今回は、ドイツから帰国した際の実体験を詳しくレポートします。

たび
たび

本記事は2021年9月の出来事を中心に、12月時点の情報を踏まえまとめたものです。
時期によって変更になる可能性がありますので、最新情報は必ずご自身でお確かめください。

スポンサーリンク

飛行機を降りたら

では、さっそく本題へ入りましょう。

ドイツ・フランクフルトを出発し12時間。

無事、羽田空港に到着しました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・羽田空港

従前は、飛行機を降りたらそのまま入国検査場へと進んでいたのですが、現在では各種手続きのため、常とは異なる進路を巡ることになります。

本来なら到着階を移動するところ、特別なルートを通ってそのまま出発階を移動。

搭乗口5つほどが、それぞれ書類提出・アプリ設定・検査のための専用ブースに転用されていました。

写真撮影は一切禁止なので、記憶頼みではあるものの、第3ターミナルの赤枠で囲ったあたりを、随分長いことぐるぐる歩いていたような…。

羽田空港第3ターミナルのフロアマップ

到着後なのに出発エリアを通るなんて、滅多にできない経験ではありますね。

なお、実際にかかった時間は、こんな感じでした。

着陸から到着ロビーに出るまで
  • 羽田空港着陸
    7:35
  • 書類提出・PCR検査完了
    8:40
  • PCR検査結果判明
    9:07
  • 入国
    9:13
スポンサーリンク

入国に必要な手続き

2021年12月時点では、日本入国にあたって以下の手続きが求められています。

  1. 検査証明書の提出
  2. 検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出
  3. スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用
  4. 質問票の提出
  5. ワクチン接種証明書の「写し」の提出(12月1日から一時中止)
理系マイラー妻
理系マイラー妻

「5. ワクチン接種証明書の「写し」の提出」は、2021年11月から導入された規則なので、私が帰国した時にはありませんでした。

というわけで詳しくは割愛しますが、この書類を提出することにより、「検疫所が確保する宿泊施設での3日間の待機免除」「入国後14日間の待機期間の一部短縮(諸条件あり)というメリットが受けられます(オミクロン株に対する対策強化のため、12月1日から一時停止中)

1. 検査証明書の提出

まず検査証明書とは、「PCR検査陰性証明書」のこと。

PCR陰性証明書

これは出発時刻から遡って72時間以内に、現地で取得しておく必要があります。

日本入国時に提出する書類となっているものの、搭乗前にも航空会社のチェックを受けることになっています。

日本政府が求める証明書の要件は大変細かく、万一不備がある場合は搭乗を拒否されてしまうことも。

私も直前に不備が見つかり、あわや搭乗拒否の憂き目にあうところでした。

詳しいレポートはこちら↓をご覧ください。

2. 検疫所が確保する宿泊施設での待機・誓約書の提出

記入が必要な書類は、あらかじめ機内で配布されます。実際の誓約書がこちら。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・入国書類

簡単に言いますと、感染拡大防止の観点から、入国後14日以内の自主隔離を誓うものです。

具体的には以下の通り。

  • 14日間の公共交通機関の不使用
  • 自宅等での待機
  • 位置情報の保存・提示
  • 接触確認アプリの導入等について

誓約書を提出しない場合は、検疫所が確保する宿泊施設等で待機することになります。

また、誓約に違反した場合は、停留措置になるだけでなく、氏名等の個人情報が公開されるとのこと(現時点ですでに100名以上が該当している模様)。

さらに在留外国人なら、最悪在留資格取り消し、強制退去などの厳しい罰則が与えられるそうです。

よりわかりやすく規則の概要が書かれた、このような書面もありました。

入国後の自己隔離に関する書類

裏面には滞在歴を記入するようになっています。

「特に流行している地域」は、状況によって適宜変更されますのでご注意ください。

3. スマートフォンの携行、必要なアプリの登録・利用

併せて、スマートフォンに指定アプリをインストールすることも求められます。

携行、必要なアプリの登録・利用

必要なアプリは以下の通り。

健康居所確認アプリ(MySOS) 位置情報と健康状態を報告。また、センターからのビデオ通話に応答し居所確認を行う。
位置情報設定・保存(GoogleMaps等) 入国後陽性となった場合、位置情報の記録を保健所に提示するため(iPhoneの場合はインストール不要)。
接触確認アプリ(COCOA) 新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受ける

これらはもちろん、事前にインストールしておくこともできますし、空港に着いてからでも大丈夫です(時短のためできれば事前がオススメ)

空港では、インストール方法からマンツーマンで詳しく教えてもらえます。

もし万一ネットに繋がらない場合でも、スタッフさんがポケットWi-Fiを貸してくれるので、どなたでも問題なく手続きできることでしょう。

一方、既にアプリインストール済みなら、このコーナーを丸々スキップ出来るのかというとそうではなく、このように細かい設定が待っています。

アプリ水際対策
(厚労省HPより)

理系マイラー妻
理系マイラー妻

しばらく国内用のSIMを使っていなかったからなのか、なぜか着陸してからずっと圏外で難儀していたのですが、スタッフさんの対応は大変慣れたもので助かりました。

4. 質問表の提出

続いて、質問表の提出です。

記憶によれば、これが空港に着いて最初に要求されたように思いますが、結論から言うとこちらも帰国前に準備しておくことをお勧めします。

なぜかというと、WEB上で個人情報を入力し、QRコードを作っておく必要があるから。

質問表の提出

私はこれをすっかり見落としていて、空港に着いた後に知ったのですが、先述の通り、着陸後なぜかスマホが圏外になってしまったため、備え付けのPCで別途手続きをしなければならなくなってしまいました。

早く手続きを済ませれば、それだけ早く次のブースに進むことが出来ますので、もし万一また機会があれば、これだけは搭乗前に終わらせておこうと思っています。

新型コロナウイルス検査

入国に際して必要なのは、書面やアプリだけではありません。

出発72時間以内のPCR陰性証明書だけでは足りず、再度空港で新型コロナウイルス検査を受けなければならないのです。

入国時にも新型コロナウイルス検査

検体は唾液。

綿棒を舌下に咥えるのではなく、試験管に指定された分量の唾液を採取する方法で実施されました。

これが、ずっと乾燥する機内で過ごしていたからなのか、それとも無意識に緊張していたのか、笑ってしまうくらいに全然溜まらない(汗)。

検査ブース内には、唾液が出やすいようにレモンや梅干しの画像も貼られていたのですが、個人的にはあまり効果がなく、後から来た人にどんどん追い越されてしまいました。

こうならないためにも、飛行機を降りる前にしっかり水分を取っておく方がいいかもしれません(着陸直前の飲食は禁止されていますので、前もって余裕が必要です)

検査結果判明で諸々の手続き完了

検査の結果は、大体30分ほどで判明します。

これで無事に陰性が出れば、晴れて入国OK!

結果を受け取った後は、いつも通りパスポートチェックと税関を経て、外に出ることができました。

羽田空港到着ロビー

今回かかった時間は1時間半ほど。

以前なら、着陸から20分もあれば帰りのモノレールに乗れたことを思うと、やはり今回はとにかく長く感じられましたが、水際対策が始まった当初は半日以上かかっていたのですから、スムーズなご対応に感謝です。

無事に日本の土を踏むことができて、とにかく一安心。

スポンサーリンク

14日間の自主隔離

…が。

まだまだ自由の身になったわけではありません。

誓約書にあった通り、帰国者は入国翌日から起算して、14日間の自主隔離に努めなければならないのです。

まず大前提として、公共交通機関の利用は禁止。

自己隔離期間中は公共交通機関の使用禁止

これだけで渡航のハードルがかなり上がりますよね。空港から遠いところに住んでいる人にとっては、さらに重い足枷となりそうです。

私はというと、夫に車で迎えにきてもらいました。

隔離先はホテルでも自宅でもOK。帰ってこられてほっとしつつ、いよいよ14日間の隔離開始です。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

余談ですが、当然国内線への乗り継ぎも禁止なので、例えば沖縄にお住いの場合は、14日間本州で待機場所を確保しなければなりません。
本州でも、地方在住ならすぐの帰宅は難しいでしょう。

会社によっては、海外出張させた社員に、帰国者専用ハイヤーを手配するところもあるのだとか。
料金はまちまちですが、某社では羽田ー大阪で20万円ほどかかるようです。

誰もが気軽に海外に行けるようになるまでには、まだまだ時間がかかりそうですね。

まずは隔離場所の登録

自主隔離場所に到着したら、何はなくともまずアプリで位置情報を登録するよう指示されていました。

具体的には、My SOSで所定のボタンをポチッと押すだけ。

入国後の自己隔離・アプリで位置登録

これを基に、入国翌日から14日間、ビデオ通話に応答したり、位置情報を報告することとなります。

位置情報の確認

入国した翌日の午前中、初めて位置情報の報告を求められました。

時間はまちまちで、いつ来るかは予測がつきません。

入国後の自己隔離・毎日位置情報の報告

報告方法は、これもアプリの「現在地報告」ボタンを押すだけです。簡単ですね。

入国後の自己隔離・位置情報報告完了

ビデオ通話

さらに、ビデオ通話を使って、きちんと報告した場所で待機しているかどうかの確認も取られます。

こちらも毎日、ランダムに午前と午後の2回ありました。

まずこのようなプッシュ通知が届き…

入国後の自己隔離・ビデオ通話

その数分後に着信が。

入国後の自己隔離・ビデオ通話

これは一旦逃してしまうと折り返しができないので、着信音量を上げておくなり、すぐ気づけるようにしておかなければなりません。

通話ボタンを押すと、このような画面に切り替わります。

入国後の自己隔離・ビデオ通話の画像

枠内に自分の顔と背景が映るようにして、待つこと30秒で自動的に通話が終了しました。

噂によれば、AIではなく有人の場合もあるようですが、私は一度も経験しませんでした。

外に出られないことを口実に、毎日毎回欠かすことなく部屋着・すっぴん・ボサボサ頭で応答していましたが、万一人間が出ていたらと思うと、今更ながらスリル満点です(録画内容は人が確認しているのかもしれませんが)

ちなみに、このビデオと現在地報告は、大体9時〜17時くらいまでに設定されている印象でした。

もし真夜中に来たら応答できるだろうかとちょっと心配していましたが、流石にそのようなことは要求されません。

健康報告

さらに、毎日健康状態のレポートも必要です。

入国後の自己隔離・健康報告

位置情報の報告やビデオ通話と異なり、こちらは毎日11時頃と時間が決まっていました。

内容はこんな感じ。本人と同居の家族に異変がないか、選択肢で報告できるようになっています。

入国後の自己隔離・健康状態のレポート

いずれの報告も、誰でも簡単に操作できるようにという工夫が感じられました。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

これらの他、14日間の位置情報も自動的に保存されています。

自主隔離からの解放

そんな日々を過ごすこと14日。

待ちに待ったその日がやってきました!

いつもならそろそろ位置情報の報告かな、という時間に、このような通知が。

入国後の自己隔離・14日経過後

MySOSの画面も、自動的に帰国者専用モードから通常モードに切り替わりました。

これでとうとう本当に、晴れて自由の身ということに!

その時の気持ちを率直に表すと、「刑務所から出たらこんな感じなのかなぁ」と…(笑)

いつもは当然の権利だった自由のありがたみを感じられる、貴重な機会となりました。

最後に

ということで、今回は水際対策の実体験レポートをお送りしました。

普段とは違う海外渡航。

こうして実際に行ってみて、思っていたより簡単だったこともあれば、意外と大変なこともありました。

一番しんどかったのは、やはり自主隔離期間。

インドア派の私でも、14日間家に籠り続けるのは、ちょっと堪えるものがありました。

さらに、12月1日からは新たな変異株・オミクロンの影響により、さらに規則が複雑になっている模様。

最新情報は、必ず外務省や厚労省のHPでご確認をお願いいたします。

関連記事

【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ちました。 すっかり自粛生活にも慣れ、気軽に国内外を行き来していた日々も、今では遠い昔のことのよう。 が、そんな折。 所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型...
【国際線】最高峰ANAスイートラウンジにプライオリティパスで入れる!コロナ禍の羽田空港ラウンジ2022年最新事情
ANA直営ラウンジの最高峰「ANA SUITE LOUNGE(スイートラウンジ)」。 中でも、羽田空港第3ターミナル(旧国際線ターミナル)のスイートラウンジでは、最高と呼ぶにふさわしい設備とサービスを堪能することができます。 ...
フランクフルト エアポート マリオットホテル宿泊記~スイートルームにアップグレード!コロナ禍でのサービス内容は?
フランクフルト・エアポート・マリオット・ホテルは、2020年2月にドイツ・フランクフルト国際空港のお隣にオープンしたばかりの新しいホテルです。 以前シェラトンホテルだったところを、マリオットホテル233室・シェラトンホテル77...
【ドイツ・マリオット宿泊記】ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクションはインスタ映え間違いなし!ちょっぴり日本も感じられるホテル
ドイツ・ミュンヘンには、2021年10月現在、18軒ものマリオット系列ホテルがあります。 その中で今回ご紹介するのは、「ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクション(Roomers Munich Autograph Co...
PCR検査陰性証明書でトラブル発生!ドイツから日本に帰国できなくなる?その理由と意外な解決方法
コロナ禍での海外渡航は、行くにも帰るにも常とは異なり、さまざまな書類が必要になります。 陰性証明にワクチンパスポート、事前旅行登録などなど、これがまた時期によって変わったり、国によって増えたりと、全く一筋縄ではいきません。 ...
【最新版】ルフトハンザ航空セネターラウンジ in ミュンヘン!コロナ禍のフード・ドリンクサービスはどうなっている?
ドイツ連邦共和国のフラッグキャリア、ルフトハンザドイツ航空。 そのハブ空港は、フランクフルトとミュンヘンです。 この2つの空港では、一際ラウンジの数や種類が多く、より充実したサービスが提供されています。 今回ご紹介...
【フランクフルト】ルフトハンザ国際線セネターラウンジは本気度がスゴイ!スタイリッシュすぎるその全貌とは?
飛行機登場前のひととき、食事やシャワーなど充実したサービスを享受できる「エアラインラウンジ」。 各航空会社とも、趣向を凝らしたラウンジを展開しています。 今回ご紹介するのは、ドイツ・フランクフルト空港の「国際線ルフトハン...
ANA国際線ビジネスクラス搭乗記~コロナ禍の入国手続きと機内食サービスをレポート!
昨年初頭から続く新型コロナの感染拡大により、なかなか飛行機に乗る機会がない、という方も多いことと思います。 このご時世、国際線では、どのようなサービスが提供されているのでしょうか。 また、搭乗に際して必要な手続きは?もし...
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2022年7月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2022年7月1日~31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングで...
【2022年7月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で1,000円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で1,000円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタス...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2021年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2021年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の豆知識
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文2,500円OFF】クーポン


・2022年1月31日(月)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン
【有効期限】2022年4月1日~4月15日まで


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス