instagramはじめました!フォローはこちら

PCR検査陰性証明書でトラブル発生!ドイツから日本に帰国できなくなる?その理由と意外な解決方法

follow us in feedly

ドイツでのPCR検査陰性証明書について

コロナ禍での海外渡航は、行くにも帰るにも常とは異なり、さまざまな書類が必要になります。

陰性証明にワクチンパスポート、事前旅行登録などなど、これがまた時期によって変わったり、国によって増えたりと、全く一筋縄ではいきません。

私も事前にリサーチを繰り返し、十分理解していたつもりでしたが、なんとドイツからの帰国間際、予想だにしない事態が起こってしまいました…。

以下、その一部始終をご紹介しますので、少しでもどなたかのご参考になれば幸いです。

理系マイラー妻
理系マイラー妻

なお、頻繁に状況が変わりますので、最新情報は必ずご自身で確認をお願いいたします。

スポンサーリンク

日本帰国時にはPCR検査陰性証明書が必要

今回は所用のため、しばらくドイツ・ミュンヘンに滞在していましたが、時が経つのはあっという間。

いよいよ帰国の日が近づいてきました。

日本入国に備えて、まず準備すべきは「PCR陰性証明書」です。

出国前72時間以内に所定のPCR検査を受け、帰国便搭乗時に陰性証明書を提示出来なければ、日本に入国できないどころか、飛行機に乗ることすらできないのです。

日本が求める陰性証明書は特に厳しい

ドイツでは、街中至る所にPCRセンターが設けられていますが、残念ながらどこで検査してもいいというわけではありません。

ヨーロッパのPCRテストセンター

なぜかというと、日本政府は陰性証明書にかなり厳しい要件を課しているから。

検査方法や解析方法の指定はもちろん、医師のサインが必要など、細かく様式が定められているため、証明書なら何でもOKというわけではないのです。

実際に渡航してみて、目まぐるしく状況が変わる中、どの検査が真に要件を満たしているのか、素人が完璧に判断するのは難しいと実感しました。

国によっては、現地日本大使館や総領事館のHPに、適応する施設が公表されていることもありますので、とにかくまめに情報収集を行うことが重要です。

スポンサーリンク

ドイツの主要空港では日本専用検査メニューあり

さて、ドイツの日本大使館や日本総領事館は、親切にも対応医療機関のリストを公開してくれています。

その中で、ドイツの主要空港(フランクフルト、ミュンヘン、ベルリンetc)では、「日本渡航専用」と銘打ったPCR検査が提供されていることを知りました。

これを選択すれば、日本所定の検査方法を用いた上、要件を網羅した証明書をもらえるので、とっても安心!

都市によって異なりますが、今回私が選択したのは「CENTOGENE(セントジーン)」という会社です。

最寄りのミュンヘン空港で提供している日本向け検査は、24時間以内に結果が出るスタンダードコースのみ。

公式ミュンヘン空港コロナテストセンター

一方、フランクフルト空港支店は、フランクフルト・エアポート・マリオット・ホテルの並びに位置しており、6時間以内に結果が出るエクスプレスコースも用意されています。

ミュンヘン空港のCENTOGENEへ

ということで、仕事の合間にミュンヘン・フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス国際空港へ。

検査センターは、ターミナル1のC/Dエリアにあります。

街中からだと片道50分ほどかかるので、結構大変でした。

ミュンヘン空港セントジーンテストセンター

営業時間 5:00 – 22:00
日本向けPCR検査実施時間 5:00 – 22:00

※35分/75分迅速PCRテスト・抗原テストは21:00まで

会員登録と事前決済が必要

ミュンヘンCENTOGENEの日本コースは予約不要で、思い立ったらすぐに検査を受けることが出来ますが(2021年10月時点)、事前に会員登録の上、パスポートナンバーなどの個人情報登録と、料金決済(Paypal, クレジットカード可)が必要です。

公式CENTOGENE登録

たび
たび

パスポートの番号が一致しないと、有効な陰性証明書と認められませんので、申し込み時点で必ず間違いなく入力しておく必要があります。

ミュンヘン空港セントジーンテストセンター・決済

料金は、証明書代金込みで89ユーロ(約11,000円)

日本の医療機関が発行するPCR+英文陰性証明書と比べると、だいぶお安く感じられます。

ドイツへ渡航する際には、ワクチンパスポートだけで事足りたため、日本では陰性証明書を取得しませんでしたが、一般的な相場を調べてみると、安くても16,000円からという感じでした。ハワイや中国が目的地の場合は、もっと高額になるようです。

 

【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ちました。 すっかり自粛生活にも慣れ、気軽に国内外を行き来していた日々も、今では遠い昔のことのよう。 が、そんな折。 所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型...

 

 

なお、PCR検査に際し、持参が必要なものは以下の通りです。

  • 決済が確認できる書類またはスマホ画面
  • FFP2マスクまたはサージカルマスク
  • パスポート原本

いざ検査

受付に決済完了画面とパスポートを提示すると、試験管に貼るためのステッカーを2枚渡されます。

ミュンヘンCENTOGENEの検査方法

日本では、唾液の検査だけで認められるはずですが、なぜか「咽頭ぬぐい液」と「唾液」の2回検査がありました。

まずは綿棒で喉奥を擦られ、その後、綿棒を舌下にくわえて待つこと3分。

スタッフさんはどうやら皆学生さんらしく、若い方ばかりです。

小心者なので、もしこれで陽性が出たらどうなるのか聞いてみたのですが、多分14日間どこかで隔離されるのでは?みたいな軽い感じでした。陽性者が出ることは、想像以上に稀なのかもしれません。

検査の間、手持ち無沙汰でブース内を見回していると、ホワイトボードに「日本向けは大至急!」との一言が。

スタッフさんによれば、24時間以内に結果が出ることにはなっているものの、日本向けは4時間くらいで判明することがほとんどとのことでした。

スポンサーリンク

結果が出るまで

さて、検査結果はCENTOGENEのマイページ「My Corona Test Portal」で各自確認することになります。

ミュンヘンセントジーン・マイポータル

18時ごろに検査し、夜のうちには結果が出るだろうと聞いていましたが、どうやらタイミング悪く次の日の検査に回されてしまったようで、翌朝になってもまだ動きなし。

結局、お昼前になってようやく陰性が判明しました!

ミュンヘンセントジーン・マイポータル・検査結果

十二分に注意して過ごしていたものの、万一にも陽性だったらと思うと気が気でなかったので、すごく安心しました。

陰性証明書をプリントアウトして準備完了

晴れて陰性となりましたので、あとは上の画面の赤いボタン「Display Final Result」をクリックし、証明書をダウンロード&プリントアウトするだけです。

当時宿泊していたホテル、ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクションには、エグゼクティブラウンジやビジネスセンターがありませんでした。

そこでスタッフさんに相談してみたところ、ホテルのメールアドレスにファイルを送っておけば、対応してくれるとのこと。

さっそくプリントアウトしてもらって、これで一件落着!

無事に日本に帰れそうで一安心です。

スポンサーリンク

最終日にどんでん返しが

そして迎えた、ミュンヘン最終日の夕方。

ミュンヘンマリエンプラッツ

帰国準備は万全!健康状態にも不安はなく、あとはフランクフルト経由で日本へ帰るだけです。

無事に予定も済ませられたことだしと、ヴィクトアーリエンマルクト近くのカフェ・Frischhut(フリッシュフート)へやって来ました。

ミュンヘン・シュマルツヌーデル

ドイツとの別れを寂しく思いつつ、優雅に(?)最後のお茶など決め込んでいますと…

ミュンヘン・シュマルツヌーデル
(↑名物の揚げパン、シュマルツヌーデル:Schmalznudel)

きっかけは一通のメール

ふと、ANAからのメールが届いていることに気づきました。

ANAからのメール

ふむふむ。検査証明書の不備が多い、と。

今回は在ミュンヘン日本国総領事館が紹介している機関で、日本専用の検査を受けて、結果もバッチリ陰性だったんだから、何も問題ないはず。大丈夫大丈夫!

 

 

 

 

…だけど、もし万一入国拒否になったらどうしよう。
用心に越したことはないし、ちょうど全く同じ医療機関の証明書が見本として載っているし、念の為サラッと照らし合わせておこうかな?

陰性証明書の記載要件

ANAからのチェックリストがこちら。

証明書要件

日本の厚生労働省が定めるPCR陰性証明書の記載要件は、下記の通りです。

1.交付年月日
2.人定情報記入欄
3.採取検体
4.検査法
5.結果
6.結果判明日
7.検体採取日時
8.検査機関情報

上記8項目すべて揃っている必要があるのですが、自分の持っている証明書を確認していったところ…

 

……

 

…………

 

 

!?!?!?

 

「①交付年月日(証明書発行日)」が載ってない!!!!!!!!!!(顔面蒼白)

 

そうなんです。

なんと、見本と全く同じ医療機関にも関わらず、私が持っている証明書には、発行日が載っていなかったのです。

検査日と結果判明日はしっかり掲載されているんだから、証明書発行日がなくても大丈夫だったりして?なんて淡い期待も、「記載漏れがありますとご搭乗いただけません」の一文にあっさりと打ち砕かれました。

なんでもっと早く確認しなかったんだろう…出発は明日の朝なのに!!

後悔先にたたず。

とにかく、嘆いていても仕方ないので、今から出来ることをしなければなりません。

さっきまでの余韻も何もかも、一瞬で吹き飛んでしまいました。

メールでの相談結果は?

まずは、証明書に載っている連絡先にメールで事情を説明し、新しい証明書を送ってもらえないかお願いしてみることに。

メールで問い合わせ

そうは言っても、ここはドイツ。何事にも細やかに行き届いた日本ではありません。

そんな今日明日のこと、しかも営業時間が終わっていそうな時間帯に、対応してもらえるのでしょうか?

とヤキモキしていたら、案外スピーディーにお返事をいただけました。

大変ありがたいことです。

なのですが。

陰性証明書の発行日時は、調査結果の左上隅にあります。一部のアプリでは、技術的な問題で、日付と時刻が省略されている可能性があります。アプリを使用している場合は、必ず当社のWebサイトの元の結果を確認してください。万が一、それでも日時がわからない場合は、ミュンヘン空港のテストセンターのスタッフが、正しい日付を追加します。

左にも右にも上にも下にも、何度見ても書いてないです……(涙)。

特別なアプリを使用しているわけでもないし、ブラウザを変えてマイページを確認してみても、やはり発行日は入っていません。

でもこれを見る限り、ミュンヘン空港のテストセンターに行けば、発行日を書き加えてくれるのかも?

そうは言っても、ここはドイツ(二回目)

信じて安心してもいいものか、いやそんな失礼な、メールはすぐに返してもらえたのだし、いやいや、これまで一体何度「話、聞いてませんけど?」からのたらい回しにあったと思ってるの…思い出してごらんなさいよ…。

ああでもないこうでもないと不安に苛まれながら、結局翌朝を待つことになりました。

再度テストセンターへ

ほとんど眠れずに迎えた朝。

テストセンターがオープンする5時目掛けて、空港に到着しました。

ミュンヘン空港のCENTOGENEテストセンター

この日のフライトは8時出発だったのですが、このテストセンターが朝9時、10時オープンだったら一体どうなったことでしょう。想像するだけでゾッとします。

こんなに早い時間から深夜まで営業してくれているのは、本当にありがたいことです。

発行日の追記は不可

前日からのパニックを引きずりつつ、入口にいたスタッフさんに事情を話したところ、なんと、衝撃的な一言が…。

 

 

「これはすでに一回出してしまった証明書だから、後から手を加えることはできません」

 

 

ほらーーー!!!

 

やっぱり予想通りだったーーーーー!!!!!(絶望)

 

 

 

 

ガーン!と思いきり殴られた気分です。

 

ああ…これからどうなるんだろう?

まずANAに電話して、事情を伝えてみなければ。

正しい陰性証明書をもらうには、もう一度検査?

とりあえず、このままフランクフルトまでは飛ぶべき??

 

などなど、これからの色々が一気に頭の中を駆け巡り…。

が、ふと我にかえると、スタッフさんが何事か説明を続けてくれています。

別の解決方法があった!!

どうにか深呼吸しつつ、心を落ち着けて聞き直してみると、どうやら「日本のフォーマットに記載すればいい」と教えてくれているようです。

えっ、何か解決方法があるんですか?!

話によると、政府が出しているフォーマットをあらかじめプリントアウトして持参する日本人が多く(皆さんしっかりしていらっしゃる…)、スタッフさん側で、そこに必要事項を記載することも可能だそうなのですが、私はあいにく手持ちがありません。

じゃあ、どこかにプリンターはありますか?と聞くと、なぜプリンターが必要なの?と。

???となっていると、フォーマットはこちらで確保してあるから、パスポートさえ出してくれれば、作成してきてあげるというではありませんか!

なんとご親切な!

かくして、めでたく、無事に、陰性証明書を手にすることが出来たのでした

ミュンヘン空港のCENTOGENEテストセンターでもらった陰性証明書

これさえあれば、もう大丈夫!

やっと人心地つきました…。

多分、寿命が3日は縮んだことと思いますが、おかげさまで、どうにかこうにか無事日本に帰れることに。

あちこちお騒がせしてしまいましたが、めでたしめでたしです。

肝心の医師のサインはどうするのかな?と思いきや(医療機関の所在地はミュンヘンではなく北ドイツのロストック)、あらかじめ印影まで含めたコピーが用意されていたようです。
日本入国時に「原本はありませんか?」と聞かれたものの、これしかないですと答えると、そうですかとあっさり認めてもらえました。

最後に

ということで今回は、日本への帰国にあたり必要なPCR陰性証明書について、詳しくご紹介しました。

何分詰めが甘い性分なもので、最後の最後にすったもんだしてしまったものの、ミュンヘンを発つ直前に陰性証明書を得ることが出来て一安心です。

ついつい昔の印象から、ドイツでは何事もすんなり事が運ばないものだ、と警戒しすぎてしまいましたが、テストセンターのスタッフさん達には、迅速親切に対応していただき、とても感謝しています。

ただ、どうして発行日が記載されていなかったのかは、結局わからないまま。

大事な書類は時間的余裕のあるうちに、二重三重のチェックが鉄則と改めて学びました。

そして、素晴らしいタイミングで、わかりやすいチェックリストを送ってくれたANA様様。

あのメールがなかったら、悲惨なことになっていたに違いありません。おかげで命拾いしました。

いろんな人のサポートに、本当に感謝の一言です!

関連記事

【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ちました。 すっかり自粛生活にも慣れ、気軽に国内外を行き来していた日々も、今では遠い昔のことのよう。 が、そんな折。 所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型...
【国際線】最高峰ANAスイートラウンジにプライオリティパスで入れる!コロナ禍の羽田空港ラウンジ事情
ANA直営ラウンジの最高峰「ANA SUITE LOUNGE(スイートラウンジ)」。 中でも、羽田空港第3ターミナル(旧国際線ターミナル)のスイートラウンジでは、最高と呼ぶにふさわしい設備とサービスを堪能することができます。 ...
フランクフルト エアポート マリオットホテル宿泊記~スイートルームにアップグレード!コロナ禍でのサービス内容は?
フランクフルト・エアポート・マリオット・ホテルは、2020年2月にドイツ・フランクフルト国際空港のお隣にオープンしたばかりの新しいホテルです。 以前シェラトンホテルだったところを、マリオットホテル233室・シェラトンホテル77...
【ドイツ・マリオット宿泊記】ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクションはインスタ映え間違いなし!ちょっぴり日本も感じられるホテル
ドイツ・ミュンヘンには、2021年10月現在、18軒ものマリオット系列ホテルがあります。 その中で今回ご紹介するのは、「ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクション(Roomers Munich Autograph Co...
ルーマーズ ミュンヘンの素敵朝食をレポート!オシャレで美味しくてドイツ名物も楽しめる♪【マリオット宿泊記】
海外旅行の楽しみといえば、ホテルで頂く異国情緒あふれる朝食もその一つ。 パン一つとっても、日本とは全く違う味わいだったりして、外国に来ているんだなぁとしみじみ実感できるものです。 今回ご紹介するのは、ドイツ・ミュンヘンに...
ドイツ・ミュンヘン観光&グルメ&お土産情報を大公開!
ドイツ第3の都市、ミュンヘン(München)。 ドイツ最大の州・バイエルン州都でありながら、自然に囲まれた、のどかで風光明媚な都市です。 近年日本でも人気のオクトーバーフェストは、この街で誕生しました。 パリやロ...
【2021最新】ルフトハンザ セネターラウンジ in ミュンヘン空港!コロナ禍の食事事情(ANA SFCで利用可)
ドイツ連邦共和国のフラッグキャリア、ルフトハンザドイツ航空。 そのハブ空港は、フランクフルトとミュンヘンです。 この2つの空港では、一際ラウンジの数や種類が多く、より充実したサービスが提供されています。 今回ご紹介...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文3,000円OFF】クーポン


・2021年12月31日(金)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス