instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記~特典航空券でフランクフルトから羽田へ!アメニティ・機内食・必要経費までを詳細レポート

follow us in feedly

ANA国際線ビジネスクラス搭乗記

ウクライナ情勢により、従来より大幅にフライト所要時間が延びているヨーロッパ路線。

行き先によっては14時間を超えることもあり、ほとんどリクライニングが出来ないエコノミークラスでは、時に苦痛を感じることもあるでしょう。

そんな長時間フライトでもビジネスクラスなら、フルフラットシートに贅沢な機内食と、旅が格段に楽で優雅なものになることは間違いありません。

特に、日本を代表する航空会社であるANAのビジネスクラスは、イギリスの格付け会社スカイトラックスによる評価においても、毎年上位にランキングされています。

そんなANAビジネスクラスでは、具体的にどのようなサービスが提供されているのでしょうか?

今回は特典航空券で行く、ANAドイツ・フランクフルト発ー東京・羽田行きのビジネスクラス搭乗記をご紹介します!

スポンサーリンク

コロナ禍の手続き

ではさっそく本題の搭乗記へ…といきたいところですが、その前にコロナに関する必要手続きのご説明から。

当時はまだコロナ禍真っ只中で、国際線に搭乗する際には煩雑な手続きが求められていました。

あれから2年が経過した2023年8月現在では、もはや何の書類も必要ありません。

ただ、そんな時代もあったんだなぁという回顧録として、少しだけ経緯を残しておきます。

搭乗前のチェック

搭乗に当たってまず必要なのは、陰性証明書

これは日本に入国する時ではなく、飛行機の搭乗前に持っているかどうかを確認されます。

これがなければ、そもそも飛行機に乗ることができません。

証明書のチェックポイントは2通り。

  • フランクフルトから日本行き便に搭乗する場合→フランクフルト空港のチェックインカウンター
  • 別の出発地からフランクフルト乗り換えで日本行き便に搭乗する場合→フランクフルト空港の搭乗ゲート前

今回、私は後者に当たります。

ミュンヘンからフランクフルトを経由してANA便に乗るため、出発ゲートにて証明書を提示しなければなりません。

ANAでは、出発時刻1時間20分前にスタッフさんがゲートにやってきて、書類チェックをしてくれることになっていました。

当日の朝、ミュンヘンからフランクフルトに到着した後は、セネターラウンジでゆっくりしていましたが、ラッキーなことにゲートがラウンジのすぐお隣でしたので、ちょっと抜け出して手続きへ。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・ゲートの様子

紆余曲折ありつつも、つい先ほど無事にゲットした陰性証明書とパスポートをお見せして、無事搭乗OKが出ました!

流石にこれなら大丈夫だろうとほぼ確信できていても、常とは違う制限下にあることを思うと、やはり緊張しますね。

搭乗前に必要な手続きは、とりあえずこれで完了となりますが、この後はすんなり日本に入れるのかというと、残念ながらそうではありません。

帰国時にも、大量の書類提出やPCR検査が待っているのです。

つまり、むしろこれからが本番!

ただ、あまりにも長くなってしまいますので、残る手続きの詳細については、また別記事で詳しくご紹介しています。

今回のフライト情報

さて、今回搭乗するフライトの詳細はこちらです。

便名 NH204
区間 フランクフルト – 東京(羽田)
出発時刻 13:30
到着時刻 08:05(翌日)
搭乗クラス ビジネスクラス

搭乗開始!

出発30分前、定刻通りに搭乗が開始されました。

晴れ渡った空の下、ANA機がひときわ輝いて見えます。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・飛行機

海外で日系機に出会うと、なんだか本当に嬉しくて懐かしくて、毎回なんともいえない気持ちになりますね。

本日の機材も、行きと同様にB787-9。

従来のフランクフルト便は、B777機での運行でしたが、コロナ禍に伴い、機種変更されたままの状態が続いています。

本当なら、新型ビジネスクラス「THE Room」に乗れたはずなので、ちょっと残念。

それでは、さっそく搭乗しましょう!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・搭乗開始

座席は最前列

この飛行機は、ファーストクラスの設定がなく、ビジネスクラスが最上です。

今回は最前列の進行方向右側、1Hにしました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・座席

この席、前方モニター横に大きなスペースがあって、飛行中ちょっと物を置いておけるのが何かと便利です(離発着時は不可)

ANAフランクフルト-東京搭乗記・飛行機1Hの前方

ビジネスクラスキャビンの様子

東京からフランクフルトに来る時の便では、意外と混み合っているなという印象でしたが、この復路便はかなり空いていました。全体で2〜3割の搭乗率というところでしょうか。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH203便・ビジネスクラスキャビン

スポンサーリンク

ビジネスクラスのアメニティ

では、アメニティを見てみましょう。

いつも通り、寝具一式と…

ANAフランクフルト-東京搭乗記・寝具

使い捨てスリッパ、グローブトロッターのポーチが用意されていました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH203便・ビジネスクラス・アメニティ

ポーチの色は、時期によって変わります。


(ANA公式サイトより)

日本発便が左の四角いバージョン、海外発便では右の薄型を提供中。

個人的に、以前ロンドンで購入したスーツケースと同じフューシャ(キャンディピンク)を狙っているのですが、メルカリ等に出回っていないところを見ると、まだ巡ってきていないようですね。

ポーチの中には…

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH203便・ビジネスクラス・アメニティの中身

  • アイマスク
  • イヤープラグ(耳栓)
  • 歯ブラシセット
  • コスメキット(雪肌精)

が入っていました。

 

 

…あれ?

往路便ではSHIROのコスメキット↓だったのに、と思ったら、切り替え中のため旧バージョンが当たったようです。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・SHIRO

切り替え開始は2020年2月とのこと。

すでに一年以上経過しているのですが、コロナでお客さんが減ったことにより、なかなか在庫が捌けないのでしょうね。

 

いざ離陸!

あっという間に搭乗が完了し、ドアが閉まりました。

ANAビジネスクラスお馴染みの、プラカップに入ったウェルカムドリンク(オレンジジュース)を頂きます。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・ウェルカムドリンク

これでまたしばらくドイツとお別れかと思うと寂しい限りですが、そもそも今年こうして来られただけ御の字です。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・駐機場

上半期はEU国境が事実上封じられていたわけですから、相当な進歩です。

きっとまた遠くないうちに戻ってこられますように!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・機窓

スポンサーリンク

最初の機内食がスタート

離陸後、およそ15分ほど。

シートベルト着用サインが消灯するとともに、お楽しみの機内食がスタートします。

たび
たび

ANA公式メニューブックはこちらをご覧ください↓

NH204便機内食メニュー

シャンパン

最初のドリンクには、シャンパンをオーダー!

CAさんが「エチケットも撮りますか?」と気を遣ってくださいました。ビジネスクラスならではの細やかなご配慮です。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・機内食・ドリンク

ワインリストによれば「細かくクリーミーな泡立ちの中に大人しい酸味と微かな苦みが混在し落ち着いた味わい」とのこと。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・機内食・シャンパン

食前酒として、またチキンのクリーム煮などに合わせるのがオススメとされているようです。

アミューズ

続いて、アミューズが配られました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・アミューズ

  • フォアグラと白ワインゼリーのマカロン
  • ポワローを包んだスモークダック
  • ミックスナッツ

コロナ禍でも、クオリティは以前と全く変わりません。

ANAフランクフルト便機内食・アミューズを上から

いずれもシャンパンによく合って、さっそく幸せな気分です。

和食

食事のメインは和洋から選べますが、もちろんここは恋しい和食一択!

海外発便の和食には、なんだかちょっと違和感を覚えることもありますが、ANAビジネスクラスでは、割と毎回安定して美味しく頂ける気がします。

まずは美しい前菜が届きました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・機内食1の全体図

ビジネスクラスの機内食は会席料理に近く、前菜とメインが別になっています。

  • 鮪の叩き
  • 冷製茶碗蒸し
  • 牛肉アスパラガス巻き

主役の鮪ももちろんですが、この牛肉に絡んだ甘辛醤油が、またしみじみと美味しくて…。トマトとズッキーニのちょっとモダンな組み合わせにもマッチしています。日本人に生まれて本当によかった。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・前菜・牛肉

茶碗蒸しには、いくらがトッピングされていました。好物 on 好物で至福の美味しさです。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・茶碗蒸し

前菜の後、さらに主菜のプレートが配膳されました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・機内食の全景

  • 鰈西京焼き
  • 御飯
  • 味噌汁
  • 香の物

鰈はふっくら。味付けも優しくてほっとしますね。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・鰈

現地の食事ももちろん大好きなのですが、やはり日本人にとって、和食に勝るものはないなと改めて実感しました。

デザート

デザートは、3種類から選択可能です。

  • アイスクリーム
  • チーズ( 赤ワイン風味のカマンベール、ゴートチーズ、ペッパーチーズ)
  • フルーツ

これを最後にヨーロッパの濃厚な味を堪能しておこうと思い、アイスクリームにしました。コーヒーにはチョコレートも添えられています。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・コーヒーとアイスクリーム

もちろん美味しくいただきましたが、今思えばチーズの方も、一度くらいはお願いしてみるべきだったかもしれません。

ルフトハンザのビジネスクラスで出るチーズが毎回絶品なので、きっと現地発のANA便でも同じはず。

次回は忘れずにチャレンジしてみようと思います。

スポンサーリンク

就寝

離陸から2時間ほどで機内食が終了。ドイツ時刻では15時半ですが、日本はすでに22時を回っています。

ということで、さっそくベッドメイキング!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・ベッド

ファーストクラスでは、CAさんが全て用意してくれますが、ビジネスクラスはセルフサービス。

好きな時に勝手が出来るので、個人的にはこの方が気楽です。

ずっとドイツ時刻で生活して来たため、すんなりとは眠れないかもと思っていたら、なんとまさかのおやすみ3秒。

そういえば、この前日は陰性証明書のことが心配すぎて、ほとんど寝ていなかったのでした…。

二度目の機内食

その後、知らぬ間に時間は流れ、目が覚めたのは、なんと着陸1時間半前!

CAさんに、朝食サービスが開始されても起こさないようお願いはしていたものの、何にも気づかずここまでガッツリ熟睡してしまうとは、自分でもびっくりです。

主だった軽食・朝食メニューはほとんど品切れ。

この時間にもなれば、当然そうなりますよね…。

しかし嬉しいことに、今一番食べたいものが残っていました!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・朝食

じゃーん!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・コンチネンタルブレックファスト

復路便だけで提供されている「コンチネンタルブレックファスト」です。

  • ハムとチーズのコンビネーション
  • 2種のブレッドをバターとともに
  • フルーツ

コンチネンタルブレックファストとは、主にヨーロッパで食べられる簡易的な朝食のこと。

温かいお料理はありませんが、朝からそんなにたくさん入らないので、ちょうど求めていたものでした。

予想通り、ハムとチーズがとっても美味しかったです♪

最後はブレンドハーブティーでおしまい。ごちそうさまでした!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・コンチネンタルブレックファスト・温かいお茶

入国の準備

すっかり満腹、満足したあたりで、着陸準備開始。

日本着陸前には、いつも税関に提出する入国カードの記入がありますが、今回はそれだけに止まらず、特別対応のための書類がどっさり渡されました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・入国書類

入国後の行動制限に関する誓約書など、これから管理局に提出するあれこれが含まれています。

前述の通り、詳細は別記事にて。

着陸!

7時35分、定刻より30分早く、羽田空港に着陸しました。

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・羽田空港に着陸

東京はあいにくの雨模様ですが、こうして無事に帰ってこられて何よりです。

半日間大変お世話になりました!

ANAフランクフルト-東京搭乗記・NH204便・羽田空港

さあ、ここからは常にない、長い長い入国手続きの始まりです。

今回の経費

ご参考までに、今回のフライトでかかった費用は以下の通り。

ANAマイル 95,000マイル

諸税 46,550円

東京-フランクフルト-ミュンヘン往復(4区間)、全てビジネスクラスでのお値段です!

関連記事もぜひ併せてどうぞ。

【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ったころ。所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型コロナ禍での出国・入国事情は?また、国際線のサービスは、どのように変化しているのでしょうか。 ということで今回は、出発から機内サービスまでを...
【最新】ルフトハンザ・ビジネスクラス搭乗記~フランクフルトからミュンヘンへ
ドイツが誇るフラッグキャリア、ルフトハンザ・ドイツ航空(Lufthansa)。 ルフトハンザといえば、フレンドリーで親切なCAさんや、シンプルながら美味しい機内食など、居心地のよいサービスが何よりの魅力です。 そんなルフトハンザ航空、今般の...
【最新版】ルフトハンザ航空セネターラウンジ in ミュンヘン!コロナ禍のフード・ドリンクサービスはどうなっている?
ドイツ連邦共和国のフラッグキャリア、ルフトハンザドイツ航空。 そのハブ空港は、フランクフルトとミュンヘンです。 この2つの空港では、一際ラウンジの数や種類が多く、より充実したサービスが提供されています。 今回ご紹介するのは、ミュンヘン・フラ...

最後に

ということで、今回はANA204便(フランクフルト-東京羽田)の、ビジネスクラス搭乗記をお届けしました。

ニュースで見聞きする限り、国際線では以前と全く違う雰囲気やサービスになっているのかなと思っていましたが、こうして実際に搭乗してみると、全く物々しい感じもなく、ほぼ従来通りで、ちょっと驚くくらいでした。

CAさんや操縦士さんをはじめ、空港やエアラインのスタッフさんたちは、色々と制約のある中でも、懸命に業務に当たっていらっしゃるんだなと、本当に頭が下がります。

頑張っている皆さんのためにも、1日も早く日常が戻ってきてほしいと願ってやみません。

コロナ禍での国際線搭乗記はこちら↓

関連記事

【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ったころ。所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型コロナ禍での出国・入国事情は?また、国際線のサービスは、どのように変化しているのでしょうか。 ということで今回は、出発から機内サービスまでを...
国内最高峰ANAスイートラウンジに行ってみよう!羽田空港国際線第3ターミナル
ANAが運営する空港ラウンジの最高峰「ANA SUITE LOUNGE(ANAスイートラウンジ)」。 その中でも特に、羽田空港第3ターミナル(旧国際線ターミナル)にある国際線搭乗者向けのANAスイートラウンジでは、国内随一と呼ぶにふさわしい...
フランクフルト エアポート マリオットホテル宿泊記~スイートルームにアップグレード!
フランクフルト・エアポート・マリオット・ホテルは、2020年2月にドイツ・フランクフルト国際空港のお隣にオープンしたばかりの新しいホテルです。 以前シェラトンホテルだったところを、マリオットホテル233室・シェラトンホテル779室に分割し、...
【ドイツ・マリオット宿泊記】ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクションはインスタ映え間違いなし!ちょっぴり日本も感じられるホテル
ドイツ・ミュンヘンには、2021年10月現在、18軒ものマリオット系列ホテルがあります。 その中で今回ご紹介するのは、「ルーマーズ ミュンヘン オートグラフ コレクション(Roomers Munich Autograph Collectio...
PCR検査陰性証明書でトラブル発生!ドイツから日本に帰国できなくなる?その理由と意外な解決方法
コロナ禍での海外渡航は、行くにも帰るにも常とは異なり、さまざまな書類が必要になります。 陰性証明にワクチンパスポート、事前旅行登録などなど、これがまた時期によって変わったり、国によって増えたりと、全く一筋縄ではいきません。 私も事前にリサー...
【最新版】ルフトハンザ航空セネターラウンジ in ミュンヘン!コロナ禍のフード・ドリンクサービスはどうなっている?
ドイツ連邦共和国のフラッグキャリア、ルフトハンザドイツ航空。 そのハブ空港は、フランクフルトとミュンヘンです。 この2つの空港では、一際ラウンジの数や種類が多く、より充実したサービスが提供されています。 今回ご紹介するのは、ミュンヘン・フラ...
【フランクフルト】ルフトハンザ国際線セネターラウンジは本気度がスゴイ!スタイリッシュすぎるその全貌とは?
飛行機登場前のひととき、食事やシャワーなど充実したサービスを享受できる「エアラインラウンジ」。 各航空会社とも、趣向を凝らしたラウンジを展開しています。 今回ご紹介するのは、ドイツ・フランクフルト空港の「国際線ルフトハンザセネターラウンジ」...
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2024年2月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2024年2月1日~2月29日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会っ...
【2024年2月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で最大1,600円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大1,600円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪