instagramはじめました!フォローはこちら

ANAとJALの燃油サーチャージ推移まとめ 値上げ?値下げ?2019年4月最新情報

follow us in feedly

ANA機エンジンと燃料が入った翼

ANAとJALの燃油サーチャージは2019年4月発券分から3段階値下げされます!!詳しい内容は本記事で解説しています【随時更新】。
燃油サーチャージを安くするためのテクニックも公開中です!

飛行機に乗る場合には、航空券の価格(運賃)とは別に「燃油サーチャージ」という追加料金の支払いが必要になることがあります。

燃油サーチャージは、時期によって変動するため、いつでも同じ価格ではありません。飛行機に乗るタイミング次第で、高くなったり安くなったりします。また、航空会社によっても違いが生じることがあります。

ですから、飛行機代を安く済ませるためには、現時点での燃油サーチャージがいくらなのかを把握しておくことが結構重要です。

この記事では、日本を代表する航空会社であるANA(全日本空輸)とJAL(日本航空)の燃油サーチャージについて、最新の価格情報(燃油サーチャージの推移)や、安くするためのお得な方法をまとめています。

スポンサーリンク

燃油サーチャージとは

燃油サーチャージ」は、飛行機の燃料となる石油(ケロシン、軽油、重油など)の価格に応じて、運賃(チケット代金)とは別に徴収される料金のことです。

「燃油特別付加運賃」、「燃料油価格変動調整金」、「燃料加算金」、「燃料課徴金」、「燃料サーチャージ」、「フューエルサーチャージ」などと呼ばれることもあります。

航空券の料金とは別に必要な追加料金なので、燃油サーチャージが高い場合、飛行機に乗る際に支払う総費用は増加することになります。つまり、飛行機の利用者にとっては、燃油サーチャージは基本的に安い方が嬉しいものです。

<国際線利用時に支払うもの>
航空券代金 + 燃油サーチャージ + その他の諸税等

燃油サーチャージは、燃料にかかる追加料金なので、飛行距離が長いほど高くなる傾向にあります。このため、近距離路線では比較的安いのですが、長距離路線では、片道大人1人あたり1万円以上になってしまうことも!

飛行機代はもともと高額ですから、そこに1万円以上の追加料金が発生するのは結構つらいですよね。

国内線は燃油サーチャージ不要?

燃油サーチャージは、原則として国際線に乗る場合に追加徴収されるものであり、国内線に乗る場合には別途支払う必要はありません

ただし、燃油サーチャージは石油の価格上昇分を補うために徴収されるものなので、国際線の燃油サーチャージが上昇するような状況(つまり、石油価格が高騰している状況)では、国内線であっても航空会社の負担は大きくなっています。

このため、国際線の燃油サーチャージが上昇すると、国内線の航空券の価格も上昇する傾向にあるのです。つまり、国内線については、燃油サーチャージとして別途請求はされないものの、原油高に由来する負担額が、航空券の価格に上乗せされる場合もあります。

一概に「国内線にしか乗らないから、燃油サーチャージなんて関係ない」とは言えませんね。

もちろん、常に「燃油サーチャージ上昇=国内線の航空券価格上昇」とはなりませんが、飛行機を利用する側からすれば、燃油サーチャージは安いに越したことはありません。

電卓で燃油サーチャージを計算

燃油サーチャージの価格は2ヶ月ごとに見直し

燃油サーチャージの価格は「2ヶ月ごと」に見直されることになっています(見直しの結果、変更されない場合もあります)。

具体的には、改定時点における「直近2ケ月のシンガポールケロシン市場価格の平均」に基づいて、その後の燃油サーチャージの価格が決まります。

適用期間(発券日) 適用額発表時期 平均値算出対象期間
4月~5月 2月中旬~下旬頃 12月~1月の2ヶ月平均値
6月~7月 4月中旬~下旬頃 2月~3月の2ヶ月平均値
8月~9月 6月中旬~下旬頃 4月~5月の2ヶ月平均値
10月~11月 8月中旬~下旬頃 6月~7月の2ヶ月平均値
12月~1月 10月中旬~下旬頃 8月~9月の2ヶ月平均値
2月~3月 12月中旬~下旬頃 10月~11月の2ヶ月平均値

上記のように、燃油サーチャージの価格は、適用期間の2ヶ月前頃に発表されますが、その時の判断に利用される燃料価格は、さらに約2ヶ月前のもの。

つまり、適用期間の約4ヶ月前の燃料価格に基づいて、燃油サーチャージは決定されるのです。

燃料価格算定 ⇒(約2ヶ月)⇒ 価格発表 ⇒(約2ヶ月)⇒ 適用開始

このように、燃油価格の上昇に応じて、すぐに燃油サーチャージが上がるわけではありません。燃油価格の変動と燃油サーチャージの変動にはタイムラグがあります。

燃油サーチャージの算定方法

日本発の旅程については、「シンガポールケロシン市場価格の平均」に「同期間の為替レートの平均」を掛け合わせた価格が、燃油サーチャージの改定指標『航空燃料価格』として用いられます。

シンガポールケロシン市場価格 × ドル円為替レート = 航空燃料価格

つまり、燃料の価格だけではなく、為替の相場も燃油サーチャージに影響を与えるということです。

燃油サーチャージを上昇を避けるという観点で見れば、円高(円の価値が高い状態)になる方が有利となります。

・為替相場が円高 ⇒ 燃料価格が実質的に減少 ⇒ 燃油サーチャージも減少
・為替相場が円安 ⇒ 燃料価格が実質的に増加 ⇒ 燃油サーチャージも増加

燃油サーチャージの設定金額

航空燃料価格(シンガポールケロシン1バレルの価格)と燃油サーチャージの価格の関係をまとめると以下の通りです。

路線(日本発) 航空燃料価格
6,000円以上
7,000円未満
7,000円以上
8,000円未満
8,000円以上
9,000円未満
9,000円以上
10,000円未満
10,000円以上
11,000円未満
11,000円以上
12,000円未満
12,000円以上
13,000円未満
13,000円以上
14,000円未満
14,000円以上
15,000円未満
北米(ハワイ除く)・欧州・中東・オセアニア 3,500 7,000 10,500 14,000 17,500 21,000 25,000 29,000 33,000
ハワイ・インド・インドネシア 2,000 4,000 6,000 8,500 11,000 13,500 16,000 18,500 21,000
タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 1,500 3,000 4,500 6,500 8,500 10,500 13,000 15,500 18,000
ベトナム・サイパン・グアム・フィリピン 1,000 2,000 3,000 4,000 5,000 6,500 8,000 9,500 11,000
香港・台湾・中国・マカオ 500 1,500 2,500 3,500 4,500 5,500 7,000 8,500 10,000
韓国 200 300 500 1,000 1,500 2,000 2,500 3,000 3,500

上記のように、改定指標である「航空燃料価格」が高くなるほど、燃油サーチャージも高くなります。また、飛行距離が長い路線ほど、燃油サーチャージも高くなります。

ちなみに、航空燃料価格が6,000円未満になると、燃油サーチャージはゼロ(不要)となります。実際に、2016年には、燃油サーチャージがゼロになっていた時期もありました↓

ANAの燃油サーチャージ推移

それでは、現在の燃油サーチャージの価格がどうなっているかを見ていきましょう。

まずは、ANA(全日本空輸)の燃油サーチャージの価格です。現行の燃油サーチャージと、今後適用される予定の燃油サーチャージをまとめています。

これまでの燃油サーチャージ(2019年3月31日まで)

現行のANA国際線の燃油サーチャージの価格は下記の通り。2019年2月1日から2019年3月31日発券分に適用される価格です(下記価格は片道分です。往復の場合は2倍必要になります)。

区間 燃油サーチャージ価格(片道)
日本-韓国 1,500円
日本-中国・台湾・香港・マカオ 4,500円
日本-ベトナム・グアム・サイパン・フィリピン 5,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 8,500円
日本-ハワイ・インド・インドネシア 11,000円
日本-欧州・北米・中東・オセアニア 17,500円

今後適用される予定の燃油サーチャージ(2019年4月1日から)

今後適用される予定のANA国際線の燃油サーチャージの価格は下記の通り。2019年4月1日から2019年5月31日発券分に適用される価格です。

区間 燃油サーチャージ価格 現行との差額
日本-韓国 300円 1,200円
日本-中国・台湾・香港・マカオ 1500円 3,000円
日本-ベトナム・グアム・サイパン・フィリピン 2,000円 3,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア・ミャンマー・カンボジア 3,000円 5,500円
日本-ハワイ・インド・インドネシア 4,000円 7,000円
日本-欧州・北米・中東・オセアニア 7,000円 10,500円

2019年4月以降は、燃油サーチャージが3段階値上げされることが決定しています。

スポンサーリンク

JALの燃油サーチャージ推移

続いて、JAL(日本航空)の燃油サーチャージの価格です。現行の燃油サーチャージと、今後適用される予定の燃油サーチャージをまとめています。

これまでの燃油サーチャージ(2019年3月31日まで)

現行のJAL国際線の燃油サーチャージの価格は下記の通り。2019年2月1日から2019年3月31日発券分に適用される価格です(下記価格は片道分です。往復の場合は2倍必要になります)。

区間 燃油サーチャージ価格(片道)
日本-韓国・極東ロシア 1,500円
日本-中国・台湾・香港 4,500円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 5,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 8,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 11,000円
日本-北米・欧州・中東・オセアニア 17,500円

今後適用される予定の燃油サーチャージ(2019年4月1日から)

今後適用される予定のJAL国際線の燃油サーチャージの価格は下記の通り。2019年4月1日から2019年5月31日発券分に適用される価格です。

区間 燃油サーチャージ価格 現行との差額
日本-韓国・極東ロシア 300円 500円
日本-中国・台湾・香港 1,500円 -3,000円
日本-グアム・フィリピン・パラオ・ベトナム 2,000円 3,000円
日本-タイ・シンガポール・マレーシア 3,000円 5,500円
日本-インドネシア・インド・スリランカ・ハワイ 4,000円 7,000円
日本-北米・欧州・中東・オセアニア 7,000円 10,500円

2019年4月以降は、燃油サーチャージが3段階値下げされることが決定しています。

2019年4月の燃油サーチャージ変動

上記のように、2019年4月以降のANAとJALの燃油サーチャージは3段階値下げとなりました。

今回のサーチャージ値下げの理由は、主に原油価格の下落です。ここ最近の原油価格は、2018年10月頃にピークを迎えた後、大きく低下する傾向にありました。この影響を受けて、燃油サーチャージは一気に3ランクも下がります。

今回の燃油サーチャージ改定によって、アメリカやヨーロッパ行きの飛行機であれば、往復2万円以上安くなることが決定。利用者にとってはかなり嬉しい変更となりました。

2019年6月以降の燃油サーチャージは、2019年4月下旬頃に正式発表される予定です。

ANAとJALの燃油サーチャージは同じ価格

ANAとJALの価格が横並びのイメージ

上記の価格を見ても分かるように、ANAとJALでは燃油サーチャージの価格は同じです。運行している区間が一部異なるものの、同じ行き先であれば、基本的に同じ価格の燃油サーチャージが適用されます。

燃油サーチャージに関しては、少なくとも現時点ではANAとJALのどちらがお得かという議論は不要みたいですね。

ただし、航空券の価格はANAとJALとで違う場合がありますので、総費用を下げるためには、航空券の価格が安い方を使うのがお得ということになります(各社が独自に売り出しているバーゲン運賃等)。

燃油サーチャージを安くする方法

燃油サーチャージは、飛行機を利用する時期によって決まりますが、安くする方法もあります。できるだけ安く飛行機に乗りたい場合には、ぜひ活用してみてください。

方法1:燃油サーチャージが安い航空会社を利用する

ANAとJALでは燃油サーチャージは同じ価格ですが、他の航空会社(例えば、LCCや外国の航空会社)であれば、ANAやJALよりも燃油サーチャージが安い場合があります。

このため、ANAやJAL以外の航空会社の飛行機を利用すれば、燃油サーチャージを安く済ませることも可能です。

例としては、エアアジアやピーチ、ジェットスターは、現時点では原則燃油サーチャージ不要となっています。

もちろん、航空券の価格との兼ね合いもありますが、燃油サーチャージが安い航空会社を選ぶことで、総費用を大きく減らすこともできるのです。

方法2:発券時期をずらす

燃油サーチャージの価格は、航空券を発券」するタイミングで決まります。

このため、飛行機に乗る時期は同じでも、発券する時期が違えば燃油サーチャージの価格は安くなることがあるのです。

例えば、2019年4月に燃油サーチャージの値下げが決定しており、2019年5月に飛行機に乗る予定があるとします。

この場合、2019年4月以降に発券すれば、値下げ後の安い燃油サーチャージ価格が適用されますが、2018年3月以前に発券をしてしまうと、値下げ前の高い燃油サーチャージが適用されてしまいます。

燃油サーチャージが値上がりする場合は早いタイミングで、逆に、燃油サーチャージが値下がりする場合には遅いタイミングで発券をするようにしましょう。

・燃油サーチャージが値上がり予定 ⇒ 早め(値上げ前)の発券がお得
・燃油サーチャージが値下がり予定 ⇒ 遅め(値上げ後)の発券がお得

マイルを使う場合(特典航空券)の燃油サーチャージ

マイルを使って特典航空券を発券すれば、無料で飛行機に乗ることが可能です。

しかし、ANAやJALの場合は、特典航空券を利用する場合でも、国際線の燃油サーチャージを支払う必要があります。このため、マイルを使って旅行する場合でも、燃油サーチャージが安いか高いかを意識しておかなければいけません。

特に、マイルを使う場合には、航空券の価格がゼロになる分、燃油サーチャージの価格次第で総費用が大きく変動します。

私は陸マイラーとして貯めたマイルを使って飛行機に乗ることが多いのですが、そのような場合でも、燃油サーチャージの価格変動は大きな影響を受けてしまうのです。

燃油サーチャージは実質マイルで支払い可能

マイルを使った特典航空券の話とは少し違いますが、ANAまたはJALを利用する場合には、燃油サーチャージを現金ではなくマイルで支払いすることができます。

ANAの場合(スカイコインを利用すればOK)

ANAの飛行機を利用する場合、ANAマイルから交換することができる「ANAスカイコイン」を使って燃油サーチャージを支払うことが可能です。

ANAスカイコインは燃油サーチャージの支払いも可能

「燃油サーチャージのお支払にも!」と書かれていますよね。

JALの場合(eJALポイントを利用すればOK)

JALの飛行機を利用する場合、JALマイルから交換することができる「eJALポイント」を使って燃油サーチャージを支払うことが可能です。

eJALポイントによる燃油サーチャージの支払い

上記のようにマイルから交換した「ANAスカイコイン」、「eJALポイント」を使えば、実質的にマイルで燃油サーチャージを支払うことも可能。現金の手出しを少なくするためには有効な手段です。

特典航空券の場合には使えない

ただし、『特典航空券を利用する場合には、「ANAスカイコイン」、「eJALポイント」のいずれも燃油サーチャージの支払いには使えない』という例外的なルールも設定されています。

つまり、マイルを使って特典航空券を手配した場合には、燃油サーチャージはマイルで支払うことはできません。

国際線の航空券および燃油サーチャージをすべてマイルで支払いたい場合には、マイルを特典航空券に交換するのではなく、マイルから交換した「ANAスカイコイン」、「eJALポイント」で航空券を購入する必要があります。

まとめ

燃油サーチャージは、飛行機に乗るための費用を増加させてしまうため、できるだけ安いことが望まれます。

しかし、燃油サーチャージの価格自体は石油の価格によって決まるもなので、個人の努力ではどうしようもない部分であるのも事実。

飛行機の利用者は、航空会社によって決定された価格を受け入れるしかありません。

ただし、利用する航空会社の選択、あるいは航空券の発券タイミング次第では、燃油サーチャージの価格を抑えることも可能。

燃油サーチャージの仕組みを理解して、お得に飛行機を利用しましょう!

関連記事

年間30万以上のマイルを貯める方法はこちら↓

陸マイラーに人気のハピタスを使えば、驚くほど簡単に大量のマイルを貯めることも可能です↓

ホテルの部屋が無料でアップグレード!持ってるだけでエリートメンバーになれる「SPGアメックス」とは↓

航空会社の上級会員になると様々な特典を受けることができます↓

トップへ戻る