instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

<搭乗記>ANA新ビジネスクラスTHE Roomでロンドンへ!有名シェフ機内食を初体験♪

follow us in feedly

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記

ANAが誇る最新ビジネスクラス「THE Room」

最大幅のワイドシートにプライバシーを守れるドア付きと、国内だけでなく、世界的にもトップクラスのビジネスクラスシートです。

現在THE Roomが導入されているのは、アメリカ2都市とロンドン線のみ(詳しくは後述)

シートだけでも大満足できること確実ですが、さらに日中に出発する便なら、有名シェフ監修の特別な機内食を楽しむことも出来ます!

今回は、幸運にも特典航空券を確保することが出来ましたので、その一部始終をご紹介します♪

ANAの最新ファーストクラス「THE Suite」についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪
国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス。 中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Sui...

旧型ビジネスクラス搭乗記はこちら!

新作メニュー大公開!ANA国際線ビジネスクラスで頂くミシュラン2つ星レストランRYUZU監修の絶品料理♪<2024搭乗記>
国際線のお楽しみといえば、なんといっても機内食!ですよね。 ANAビジネスクラスでは、2013年から著名シェフやお酒・コーヒーのプロフェッショナルとANAシェフで編成する「THE CONNOISSEURS(ザ・コノシュアーズ)」を展開し、質...
ANAビジネスクラス搭乗記!最新アメニティやリニューアルされた寝具も一挙紹介!マイルで子連れウィーン旅行♪
飛行機の旅を贅沢なものにしてくれる「ビジネスクラス」。 今回は念願かなって、ANAのビジネスクラスを利用して中欧3ヶ国(オーストリア・チェコ・スロヴァキア)を巡る旅に行けることになりました! いつもは気ままな一人旅が多いのですが、今回は小学...
【搭乗記】ANAビジネスクラスでドイツ・フランクフルトへ~コロナ禍の出入国手続きと機内サービスは?
新型コロナ発生から、早1年半が経ったころ。所用のため、久々にドイツへ渡航することになりました。 新型コロナ禍での出国・入国事情は?また、国際線のサービスは、どのように変化しているのでしょうか。 ということで今回は、出発から機内サービスまでを...

 

復路のTHE Room搭乗記もぜひご覧ください♪

<最新ANAビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!半個室THE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...
スポンサーリンク

フライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 NH211
区間 東京・羽田 – ロンドン・ヒースロー
出発時間 09:55
到着時間 16:20
所要時間 14時間25分
シート ビジネスクラス

ANAロンドン線は第2ターミナル発へ

ということでやってきました、東京羽田国際空港第3ターミナル!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナルに到着

元々は国際線ターミナルという名称でしたが、第2ターミナルでもANA国際線運航が開始することに伴い、改称されました。

コロナ禍で第2ターミナル国際線エリアの運用が一旦ストップしたものの、2023年7月19日にいよいよ再オープン!

ロンドン便もそちらに移行するため、これが第3ターミナルからANA便でイギリスに出発する最初で最後の機会となりました。

ちなみに第2ターミナル国際線エリアがあるのは、ANAカウンターDのさらに先。

羽田空港第2ターミナル・国際線エリア

ドラマ・半沢直樹の撮影でも使用された美しく開放感溢れる空間は、旅気分をさらに盛り上げてくれそう。

羽田空港第2ターミナル・国際線エリアの全体像

次回はぜひこちらから出発してみたいものです♪

スポンサーリンク

初のフェイスエクスプレスを体験!

さて。

新型コロナに関連する書類チェックなどが全て撤廃された今、預ける荷物がない人はオンラインチェックインさえ済ませておけば、カウンターに立ち寄る必要はありません。

いつもならそのまま出発口へ一直線なのですが、つい先日羽田空港からガルーダインドネシア航空に搭乗した際密かに羨ましく思っていたことがありまして。

それが、数年前に導入された最新技術「Face Express(フェイスエクスプレス)」です!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・フェイスエクスプレスとは

羽田空港公式サイトより

ご覧になってわかる通り、チェックインと併せてあらかじめ顔認証を済ませておくと、その後の手続きで毎回パスポートや搭乗券を取り出す必要がないという、とっても画期的なサービス!

コロナ禍で導入されたものの、羽田空港ではANA便・JAL便に対象が限られている上、手荷物検査場の人手不足で専用レーンがクローズされていることも多く、なかなか利用する機会がありませんでした。

今回とうとう念願の初体験ができるということで、ワクワクでやってきた次第なのです♪

Face Express登録

Face Expressの手続きは、ANAチェックインカウンター前にあるこちらの機械で自分で行います。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・Face Express登録機

利用対象者

  • 身長135cm~190cm推奨
  • 13歳以上推奨

基本的に、乳幼児や介添が必要な方以外は利用可能。

事前予約は必要ありませんし、もちろん無料です。

手続き方法

手続きの流れは以下の通り。

  • 搭乗券を読み取り
  • パスポートを読み取り
  • 顔を認証(写真撮影)
  • 登録

途中で写真撮影が入りますが、登録した顔情報は24時間以内に自動で削除されますので、過度な心配は不要とのことです。

FaceExpress利用登録は、あらかじめチェックインが完了していることが前提条件。

もちろん紙の搭乗券だけでなく、オンラインチェックイン後のスマホ画面を用いてもOKです。

操作方法はとっても簡単!

画面に表示される指示に従って進めていくだけです。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・Face Express登録機の操作画面

この日は順番待ちもなかったことから、わずか1分ほどで登録完了まで辿り着きました。

手荷物検査場前に専用レーンあり

ではでは、さっそくFaceExpressの威力を体感すべく、手荷物検査場へ!

通常レーンとは別に、FaceExpress専用のレーンが設けられていて、スタッフさんに登録済みであることを伝えると、先に進むことが出来ました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・Face Express専用ゲート

奥は撮影禁止だったため写真がありませんが、搭乗券を読み込ませる自動改札機の代わりに、顔認証の機材が置かれていて、カメラに向き合って一瞬静止するだけでゲートが解除されました。

通過後は他のお客さんと合流し、手荷物検査へ。

今はまだ利用者がそれほど多くありませんし、ちょうど空いている時間帯だったこともあって、スムーズに進むことが出来ました。

なお、このサービスはあくまで航空会社と乗客の間で行われる搭乗手続きをスキップできるというもの。

その後の出国審査場ではパスポートが必要になりますので、ご注意ください。

また本来であれば、搭乗する時も顔パスでゲートを通過できるはずですが、羽田空港を出発するANA便ではパリ・台北/松山線でしか対応していないとのこと(2023年6月時点)

 

実際、ゲートに機械は設置されていたものの、稼働していませんでした。

 

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・ゲートFace Express

 

ということで残念ながら、今回FaceExpressが使えたのは保安検査場のみ。

10月にJALファーストクラスに搭乗した際も同様でした。

<搭乗記>JAL国際線ファーストクラスは高級料亭だった!最高に美味しい機内食と幻のシャンパンは贅沢の極み
日本を代表するエアライン、日本航空(JAL: Japan Airlines)。 高い安全性はもちろんのこと、和を感じられるおもてなしや、こだわりの詰まった機内食、そしてトップレベルの清潔感で世界的に高評価を得ています。 エコノミークラスでも...

 

本格始動がいつなのかはわかりませんが、次回に期待です!

 

ちなみに香港国際空港では便に関わらず稼働しており、初めて顔パス搭乗を体験できました♪

キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミーをオススメする理由とは?香港〜羽田特典航空券の旅!
香港旅行なら、フラッグキャリアであるキャセイパシフィック航空のプレミアムエコノミーがオススメ! 快適な座席と高品質なサービス・機内食で、優雅な旅になること間違いありません。 外資系エアラインは日系に比べてサービスが劣るのでは?とご心配な方も...
スポンサーリンク

久々のANAラウンジへ

無事に出国が完了して制限エリア内に入ると、前月にも増して大混雑。

早々にラウンジへ避難しよう…と思ったら、ANA LOUNGEも未だかつてないほどの大盛況でした。

羽田空港 国際線ANAラウンジの最新情報をレポート!利用条件からフード・ドリンクメニューまですべて公開♪
ANAが、国内外の空港に展開している『ANAラウンジ(ANA LOUNGE)』! 空港ラウンジとしては、ゴールドカード等を提示して利用するカードラウンジの方が知られていますが、ANAラウンジは航空会社が直営しているだけあって、サービス内容が...

カップルや家族連れのお客さんは中々席が見つからず大変そうでしたが、第2ターミナルの国際線エリアが開放されたら、きっとだいぶ落ち着くことでしょう。

久しぶりのANA LOUNGEでは、シャワーが自動受付になっていたり、ヌードルバーのメニューをスマホで注文できるようになっていたり、色々と進化していました!

スポンサーリンク

いよいよ搭乗

この日のゲートはANAラウンジから一番近い110番。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・110番搭乗口

真ん中のビジネスクラスレーンに並びます。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・110番搭乗口に並ぶ

予定より5分ほど遅れて搭乗開始!

本日お世話になるのは、こちらのB777-300ERです。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・機材はB777

以前なら、ロンドンまで11〜12時間程度の飛行でしたが、現在はロシアによるウクライナ侵攻の影響で、なんと14時間超もの長丁場に。

でも、新型ビジネスクラス「THE ROOM」なら、きっと快適なフライトになること間違いありません!

今回の旅もとっても楽しみです♪

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・PBB

スポンサーリンク

THE ROOMの魅力とは

こちらがANAの最新ビジネスクラスキャビン「THE ROOM」!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・羽田空港第3ターミナル・ビジネスクラスキャビン

主な特徴はこんな感じです。

  • 全64席
  • ドア付きのワイドシート
  • 前後の向きを組み合わせた配列により、最大級のプライベート空間を確保
  • 全ての席から直接通路にアクセス可能

何といっても、全ての席にドアが付いたことが非常に画期的で、2019年の導入当時は大変な話題になりました。

カタール航空のQスイートなどドアが付いたビジネスクラスは他にもありますが、それでもまだまだ希少です。

【Qsuite(Qスイート)】世界一のビジネスクラスはまるでファーストクラス?個室シートから機内食まですべて公開!カタール航空パリ〜ドーハ搭乗記
飛行機のビジネスクラスといえば、誰もが憧れるエグゼクティブな上級客室。そこでは、エコノミークラスとは一線を画する豪華サービスが提供されています。 数あるビジネスクラスの中でも”世界一”と評されているのが、中東御三家の一角であるカタール航空が...

革新的なシートに、日系ならではの細やかなサービスが組み合わされれば、最早「無敵のビジネスクラス」と言っても過言ではないかもしれませんね!

スポンサーリンク

THE Roomの就航路線は?

ちなみに現在「THE Room」が設定されている路線は、以下の通りです。

<北米線>

  • 羽田=ニューヨーク間(NH110/NH109)毎日運航
  • 羽田=ニューヨーク間(NH160/NH159)8月まで週3便、9月より毎日運航
  • 羽田=サンフランシスコ間(NH108/NH107)毎日運航 NEW!

<欧州線>

  • 羽田=ロンドン間(NH212/NH211)毎日運航

2023年3月26日〜2023年10月28日まで

ヨーロッパ線ではこのロンドン便のみが対象となっています。

前向き窓側を選択

今回は、14Cの窓側・進行方向前向きを選択しました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・前向き窓側

座席を撮影していると、CAさんがご親切に『THE Roomの広さが伝わる記念写真を撮りましょう♪座ってください!』と提案してくれましたので、お言葉に甘えまして。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・記念撮影

シートにかなり横幅があるのがお分かりいただけるのではないでしょうか。

THE Roomでは、偶数列が前向き・奇数列が後ろ向きとなっています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・シートマップ

(ANA公式サイトより)

上から見た図はこんな感じです。

ANA THE Room搭乗記・シートデザイン

(ANA公式サイトより)

席を立って正面を見ると、この通り前席とお見合い状態に。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・前席の様子

前向きの席だと離発着時の違和感はありませんが、後ろ向き席の方が着席位置(THE Roomは3点式シートベルトで、ヘッドレストカバーが付いているところに体が固定されます。)が窓に近いため、より外の景色を楽しみやすいというメリットがあります。

私はこれまで何となく前向きを選びがちだったのですが、先日同様のシートデザインである「エティハド航空」に乗った時に、初めて後ろ向き席になりまして。

ANAマイルで乗れる!エティハド航空ビジネスクラスで神秘の国エジプトへ♪成田〜アブダビ搭乗記
エティハド航空(Ethihad Airways)は、アブダビを本拠地とする、アラブ首長国連邦/UAEのフラッグキャリアです。 設立は2003年と比較的新しいエアラインで、エミレーツ航空・カタール航空と並び、中等御三家とも称されています。 ス...

離発着時はともかく、飛行中はほとんど気にならなかったので、食わず嫌いが解消されたように感じています。

シートの機能

昨年の搭乗記でもすでにご紹介しましたが、改めてシート機能をチェックしてみましょう。

個人用モニター

正面にあるモニターは24インチとかなりビッグサイズ。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・シート正面

ビジネスクラスでは16インチ前後が主流ですので、いかに大きいかお分かりいただけるのではないでしょうか。

しかも4Kならではの高画質で、いつものフライトより映画に没入できること請け合いです。

テーブル

モニターの下にはテーブルが納められています。窓が緑になっている時は、完全に収納されている状態。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・テーブル収納状態

レバーを握りながら手前に引き出すと、グレーになりました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・テーブルを引き出す

好きなところで止めることが可能で、広げるとかなりの大きさに。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・テーブルを引き出す

可動範囲が広いため、リクライニング角度に関わらず快適に使用することができました。

調整ボタン

大型サイドテーブルの脇には、照明やリクライニング角度を調整できるボタンが集められています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・サイドテーブル側面

一番上にあるダイヤルもリクライニング調整用です。

電子ボタンを押し続けるよりも力がいらず、進めやすく止めやすいと、細かい調整がしやすいように感じました。

照明はモニター横に食事用のものと、

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・食事用照明

背もたれ左右に読書用が付いています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・読書用調整

光量増減だけでなく、一つずつオン・オフ出来るため、写真撮影時には特に重宝。

暗い機内でも、食事に影が映り込まないように簡単に調整出来て、とても便利でした!

液晶付きリモコン

ボタンの奥には液晶付きリモコンが設置されています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・リモコン

映画などは表示できませんが、正面モニターと別にフライト情報を出しておけますので、時刻や位置情報をいつでも手軽に確認可能です。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・リモコンで地図を表示

収納と電源

THE Roomはさすが最新式だけあって、気の利いた収納も付いています!

モニター左横にあるボックスを開けると…

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・サイド収納

中は30cm四方程度の収納スペースになっており、扉には鏡と小物用の網ポケット付き。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・サイド収納の中

大きさが分かりやすいよう、スリッパやヘッドフォン、アメニティポーチを入れてみました。奥行きは3〜4cmくらいでしょうか。

フライト中必要な薬や眼鏡ケースをしまっておくのにピッタリです。まさに痒い所に手が届く感覚。

開閉部は、上下の留め具2つを一緒に握らないと動作しない仕組みになっていて、うっかり閉め忘れて中のものが飛び出すこともありません。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・収納の留め具

収納の下部にはユニバーサル電源とHDMI端子がついているのですが、経年によるものなのか、だいぶプラグが抜けやすかったので、私はもっぱらサイドにあるUSB電源を使用していました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・USB電源

搭乗クラスに関わらず、飛行機の電源はこういったことが少なくないため、色々なプラグやアダプターを持っていくと便利だと思います。

2024保存版!海外旅行持ち物リスト〜必携品からあると便利なものまで、スーツケースの中身を一挙公開
海外旅行の準備って、結構大変なものですよね。 日本を離れるとなると、「あれもあった方がいいかも?」「これも持って行くべき?」などなど、挙げ始めるとキリがなくなって、気付けばスーツケースが満杯でお土産が入る余地がない、なんてこともあるのではな...

窓の日除は、こちらのボタンで調整可能。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・窓のシェード調整

最近は技術的に窓を明るくしたり暗くしたりするタイプが多くなりましたが、この機材ではレトロでありながら新しさも感じられる物理シェード式。

まず薄いシェードが降りてきまして…

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・窓のシェード調整1

さらに、より遮光性の高い一枚が続きます。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・窓のシェード調整2

ルフトハンザ航空のファーストクラスでも、同タイプのシェードが採用されていたことが懐かしく思い返されました。

【ルフトハンザ】ファーストクラス搭乗記~世界最高峰のサービスと機内食を一挙公開!フランクフルト~ニューヨークB747-8
ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。 堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。 これぞ正統派ファーストクラス!という、魅力溢れる空間となっていました。 今...

ドア

そして肝心のドアはと言いますと、手前側のボタンがこちら。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ドア1

これを押すと、上に飛び出す仕組みになっています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ドア1

そしてもう一枚のドアは、モニター横のこちらのボタンで作動。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ドア2のボタン

奥側は水平に飛び出てきて、これでプライベート空間の完成です!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ドア2のボタン

離発着時や機内食サービスの間はドアを開けておくことが求められますが、フライト中ほとんどの時間一人籠ることができますので、これがあるとないとでは大違い。

降りた後の疲労度すら変わってくるような気がします。

スポンサーリンク

アメニティ

ANAビジネスクラス長距離線では、使い捨てスリッパとグローブトロッターコラボのアメニティポーチが配布されます。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・アメニティ

アメニティポーチの中身はこちら。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・アメニティの中身

時々コスメの内容が変わりますが、2023年6月現在はSHIROのフェイスミストとリップバームでした。

その他、耳栓とアイマスク、歯ブラシセットが入っています。

ヘッドフォンはノイズキャンセリングタイプ。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ヘッドフォン

枕やブランケットは西川寝具製です。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・布団と枕

枕が綿入りと高反発の2種類あり、横寝・仰向け寝問わずに快適な寝心地で、特に気に入りました。

スポンサーリンク

化粧室

ラバトリーはおむつ交換台・ウォシュレット完備。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・化粧室

外資系エアラインのビジネスクラスのトイレには、香水が置かれていることが多いのですが、ANAの場合は個包装のマウスウォッシュや拭き取りシート、歯磨きセットなどが用意されていて、何よりも清潔感を大切にする日系らしさを感じさせますね。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・化粧室のアメニティ

スポンサーリンク

まもなく離陸

席に戻ると、ウェルカムドリンクが回ってきました。ANAビジネスクラスでは、スパークリングワインかオレンジジュースの二択です。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ウェルカムドリンク

先も長いのでオレンジジュースをチョイス。お酒は後でゆっくり頂くとしましょう。

飛行機は9:55にスポットを離れ、

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・滑走路へ

第1ターミナルと第2ターミナルの脇をすり抜け…

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・滑走路へ2

滑走路に出たところで、政府専用機に遭遇しました!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・滑走路へ3

記憶が正しければ2016年以来、7年ぶりの邂逅でしょうか。

初の石垣島は国内線クレイドルシート!政府専用機B747も見れてラッキーの連続<ANA SFC修行4-1>
SFC修行の4回目です!! ANAの上級会員となるべくスーパーフライヤーズカードの修得を目指して搭乗を繰り返す行為を、一般的に「SFC修行」といいますが(詳しくはこちら)、飛行機大好きな私の場合、毎回まったく苦にならない、むしろ終わってほし...

その間に代替わりしてしまいましたが、間近に新型機を見られて大満足!なんだか幸先のいいスタートです♪

その後30分ほど待ち、いよいよ離陸!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・離陸

久々のイギリス、久々のヨーロッパに、今からワクワクが止まりません…!!

スポンサーリンク

機内食がスタート

上空で飛行が安定するとメニューが配られ、機内食の提供がスタートします。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・メニューブック

ドリンク

まずはドリンクから。

詳しくはNH211便ドリンクメニューをどうぞ。

何にしようかなと考えていると、ワゴンがやってきました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ドリンクワゴン

ビジネスクラスでのワゴンサービスはちょっと珍しいかも?

以前はどうだったかすっかり忘れてしまいましたが、最近外資系ばかり乗っていたので、新鮮に感じられました。

迷った末、やはり一杯目はシャンパンをオーダー!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・シャンパン

銘柄は「DUVAL-LEROY(デュヴァル=ルロワ)」。

女性オーナーが率いるシャンパンブランドで、メニューには以下のように紹介されていました。

マルメロのゼリーやオレンジピールの香りにグレープフルーツジュースや洋ナシ、ヘーゼルナッツの香ばしい香りが追随します。細かくクリーミーに感じる泡立ちの中に大人しい酸味と微かな苦みが混在し落ち着いた味わいに仕上がっています。余韻の中にブリオッシュの香りが仄かに漂います。

(ANA国際線ビジネスクラス機内食メニューより)

鶏肉やチーズフォンデュなどのお料理に合うのだそうです。

今回一緒に提供されたアペリティフはこちら。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・アペリティフ

  • ANAオリジナルスティック
  • 浅蜊のラタトゥイユ

スティックの方はチーズが入っているのか、どちらも旨みが濃くてシャンパンにぴったりでした。

洋食はレストランRYUZUとのコラボ!

続いては前菜とメインですが、実は今回のフライトで最も楽しみにしていたことの一つ♪

日中出発する一部の便では、有名シェフ監修の機内食を頂くことが出来るのです!

これまでは夜便だったり海外発便だったりで、なかなか味わう機会がなかったので、感激もひとしお。

2023年6〜8月は、11年連続ミシュラン2つ星を獲得しているレストランリューズ(RESTAURANT RYUZU)の飯塚氏プロデュースメニューを提供しています。

詳しい内容はこちら。

アペタイザー

  • 椎茸のタルト
  • 真鯛の酢〆を長茄子と野菜のコンディメントにのせて

メインディッシュ

  • 牛フィレ肉のソテー グラサージュのせ マデラソース
  • 鱸のポワレ コラトゥーラのソースで ポロ葱のコンディメンツ
  • ブレッド バゲット ケールフォカッチャ

デザート 

  • シトロンマンゴー
  • チーズ ( ブルー、フレッシュ、ハード )

メニューブックには、よりお料理のありがたみを感じられそうな詳しい説明が掲載されていました。

フレンチの匠、飯塚隆太氏が素材の持ち味を生かしてプロデュースした日本の夏のコースです。

夏のメニューは『レストラン リューズ』とのコラボレーション。

塩とすだちで〆た真鯛は長茄子のマリネに載せました。オクラ、みょうが、万願寺唐辛子に昆布とホタテの旨味をまとわせたジュレでお召し上がりください。

マッシュルームとパンチェッタのタルトは椎茸のマリネを載せて。

牛フィレ肉のソテーは香ばしいグリュエルチーズのグラサージュをまとわせています。

鱸のポワレはイタリアの魚醤を使ったソースで。ポロ葱にケッパーとディルを合わせた薬味を添えました。

(ANA国際線ビジネスクラス機内食メニューより)

 

前菜

ということで、実際に届いたのがこちら!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・洋食を選択

普段の機内食とは一線を画す、非常に繊細な盛り付けが印象的です。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・洋食の前菜

フレンチでありながら、どこか和風なお出汁の香りと旨みが感じられて絶品…!

流石、ミシュラン星付きレストラン監修は伊達ではありません。

メイン

そしてメインは2種類から選べるのですが、到着前の食事を和食のお魚にしようと思っていたこともあり、お肉料理をオーダー。

ドリンクの希望も聞かれましたので、重めの赤ワインでとお伝えしたところ、こちらを勧めていただきました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・赤ワインにチェンジ

お肉に赤ワインは鉄板の組み合わせですよね!

しかして届けられたのが、チーズの香り芳しいこの一皿。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・洋食のメイン

焼き加減はミディアムウェルダンと、好みにぴったりです。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・ステーキのアップ

このようにグラサージュが乗っているステーキは初めてでしたが、まったりとしたチーズのコクと、さっぱりしたフィレ肉との相性抜群で、とっても美味しくいただきました!

期待以上にクオリティが高く大満足。

出来るものなら、これからもコラボメニューを楽しめる日中発便を狙いたいものです。

デザート

メインが済むと、最後はデザートの時間。

3種類をトレーに乗せて選ばせてもらえました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・デザート

シトロンマンゴーというムースのようなデザートと、コーヒーをオーダー。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機内食・デザートとコーヒー

外資系では量が多すぎてデザートまで辿り着けないことも多いのですが、ANAはかなり控えめですので、久々にフルコースを完食です。

ちなみにアペリティフからデザートまでの所要時間は2時間40分。

外資系に比べて、食事にかなり時間を割いていることを改めて実感しました。

スポンサーリンク

しばし休息

食事を終えてフライトマップを見ると、北極圏へと向かう見慣れない航路が表示されています。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・北極へ

ご存知の通り、紛争中のロシア上空を通れず、迂回航路を余儀なくされているため。

これはこれで貴重な体験とも言えますが、本当に1日も早く平和な世界に戻ってほしいと願うばかりです。

さて、時差ボケを予防するためには、機内に入ってすぐに目的地の時間に合わせることが重要。

ミネラルウォーターと、

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ミネラルウォーター

ハーブティーを頂く頃には、ロンドン時刻で朝の6:30になっていました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ハーブティー

夕方現地に到着することを考えたら、今のうちに少しでも睡眠を取っておいた方がよさそうです。

ということで、さっそく寝具をセットしましょう。

マットレスと枕を並べ…

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ベッドメイキング

シートベルトを穴に通します。

ANA新型ビジネスクラスTHE Room搭乗記・マットレスにシートベルトを通す

掛け布団を広げて完成です!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ベッドメイキング2

ちなみに、ドアを閉めた状態を外から見るとこんな感じ。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ベッドメイキング・外からの目線

身長170cm強でも覗き込まない限り見えませんし、さらに機内の照明が落ちれば、人が中にいるかどうかすら良くわからなくなります。

これならゆっくりリラックスできますね。

ということでおやすみなさい!

スポンサーリンク

一風堂ラーメンがリニューアル

イギリス時間の早朝とはいえ、日本ではまだお昼を過ぎたところ。

寝るのは難しいだろうと思いきや、4時間ほどぐっすり眠ってしまいました。

起きるとすっかり照明が落とされ、みなさんお休み中の様子。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・起床

ちょっとお腹が空いたので、軽食をオーダーすることにしました。

ANAビジネスクラスに乗ったら外せないのが、一風堂のラーメンですよね!

これまで路線によって『空の上のトンコツ「そらとん」』または『コク極まる味噌「大地」』のいずれかが提供されていたのですが、2022年12月、動物由来原料を使用しない「一風堂プラントベースラーメン~プラとん(Pla-ton)~」にリニューアルしました。

ベジタリアン志向高まる昨今の風潮を反映しているのでしょう。

豚骨なのに豚骨じゃないとはこれいかに??

一体どんな味なのか気になったので、注文してみました!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・一風堂のラーメン・プラトン

今まではいつも味噌味でしたので、初めての豚骨味。新鮮です。

ANAビジネスクラス搭乗記!最新アメニティやリニューアルされた寝具も一挙紹介!マイルで子連れウィーン旅行♪
飛行機の旅を贅沢なものにしてくれる「ビジネスクラス」。 今回は念願かなって、ANAのビジネスクラスを利用して中欧3ヶ国(オーストリア・チェコ・スロヴァキア)を巡る旅に行けることになりました! いつもは気ままな一人旅が多いのですが、今回は小学...
シドニー発ビジネスクラス!ANA国際線特典アップグレードの方法とNH880便搭乗記~怒涛のOKAタッチへ<ANAダイヤ修行記1-12>
2泊4日のシドニー旅。 ANAダイヤモンド会員になるためのポイントを稼ぎたくて、東京在住なのに羽田-シドニー便の出発前後にそれぞれ沖縄往復を付けるという、常軌を逸したスケジュールです。 体力がないのでどうなるやら少々心配していましたが、無事...

見た目は普通のとんこつラーメンですが、

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・「一風堂プラントベースラーメン~プラとん(Pla-ton)~」接写

一口スープを啜ってみると…

 

 

 

… …

???

 

豚骨ラーメンそのもの!

 

後味が若干あっさり目ではありますが、何も言われなければ植物ベースとは分かりません。

これなら、ベジタリアンの方もダイエット中の方も心置きなく楽しめそうです。

最近はプラントベースの食品が増えているようですが、正直なところ、そうは言ってもさすがに別物だと分かるのでは?という疑いの気持ちも少々ありました。

しかし、技術はここまで進歩していたのですね。

一風堂らしく、赤丸辛味噌も添えられていますので、これを加えれば一層本物に近づきそうです(私は辛いものが苦手なので使わず)

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・「一風堂プラントベースラーメン~プラとん(Pla-ton)~」海苔と辛味噌

食後はデカフェのコーヒーとハーゲンダッツアイスをお願いしました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・デザートのアイスとコーヒー

体内時間の調整が必要な時は、やっぱりデカフェがありがたいですね。コーヒーにはチョコレートもセットです。

なお、アイスのフレーバーはバニラのみでした。

スポンサーリンク

機内エンタメ事情は?

流石にもうこれ以上眠れる気はしなかったので、残りの数時間は映画を見て過ごすことに。

ANA国際線では、退屈せずに過ごせるように映画が多数ラインナップされている他、ビデオにオーディオ、そして雑誌までよりどりみどりで、何時間でも楽しめること間違いなしです♪

最新メニューは公式サイトをご確認ください!

ANA公式サイト:機内エンターテインメント

そんな中でも、今回は機内からイギリス気分を盛り上げるべく、ピーターラビット2をチョイス。

ANAビジネスクラス「THE Room」搭乗記・エンタメ事情・ピーターラビット

(ソニー・ピクチャーズ公式より)

1作目は見ておらず、話の内容自体もあまり知らなかったのですが、イギリスの綺麗な景色が満載で、これからここに行けるんだ…!と思うと、到着がますます楽しみになりました♪

Wi-Fiは使えず

またANA国際線では、有料でWi-Fiサービスが提供されています。

料金は以下の通り(B777-300ER一部機材の場合)

プラン名 料金(USドル) 制限データ容量
30分プラン 6.95ドル 上限なし
3時間プラン 14.40ドル
フルフライトプラン 18.80ドル

14時間以上も家族と連絡が取れないのも不便だと思い、フルフライトプランの購入を考えていたのですが、結局起きている間ほとんどの時間でWi-Fiが無効になっていて、利用できずじまいでした。

公式サイトを見てみると…

ロシア・ウクライナ情勢により、迂回ルートを飛行するヨーロッパ便(往路)において、北極上空の衛星の接続範囲外(サービス対象区域外)を通過するため、Wi-Fiの接続が約1~2時間程度途切れ、ご利用できなくなります。

(ANA公式サイトより)

…とのこと。

こんなところにも影響が出ているのですね。

ちなみに2024年夏からはファーストクラスに続き、ビジネスクラスでもWi-Fiが無料で提供される予定です!

超朗報♪ANA国際線のWi-Fiが無料に!プレエコ&エコノミーも対象!
ANA国際線で、今年から機内Wi-Fiを無料で使えるようになります!! 長時間になりがちな国際線では、インターネットに接続できるかどうかで快適度が大きく左右されるもの。 家族とテキストメッセージのやり取りが出来るだけでも、フライトの満足度が...
スポンサーリンク

2度目の機内食

さて、フライトの終わりが見え始める着陸2時間半前になると、最後の機内食が提供されます。

これでしばらく食べ納めということで、和食をお願いしました!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・2度目の機内食は和食を選択

小鉢

  • 茄子オランダ

主菜

  • 鱸のオイル焼き バター醤油あん
  • 俵ごはん

味噌汁、香の物

バター醤油とのことでしたが、ちょっと酸味があってバターポン酢のような風味でした。

食後はフルーツとハーブティーで締めます。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・デザートのハーブティーとフルーツ

ANAのカットフルーツは美しいだけでなく、品質も安定しているなぁと毎回感心。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・デザートのフルーツ

さすがは何事にも細やかな日系エアラインですね。

スポンサーリンク

イギリスに到着!

そうこうするうちに、飛行機は最終の着陸体制に入りました。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・積乱雲

機窓からは真っ青な空と、真っ白もこもこの積乱雲が見えます。

季節はすっかり夏ですね。

緑の森や畑が広がるヨーロッパならではのこの風景、懐かしすぎます…!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・機窓からの風景

どの国や地域に行っても、それぞれの良さに感動するのですが、やはりヨーロッパが一番好きだなぁとしみじみ感じました。

そしてついに14時間半のフライトを終え…

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ヒースロー空港に着陸

ロンドン・ヒースロー国際空港に着陸しました!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ロンドン・ヒースロー空港に着陸

この空港に来るのは4年ぶりでしょうか。

究極の空港ラウンジ『コンコルドルーム』の魅力をすべて公開!入れるのはブリティッシュ・エアウェイズのファーストクラス搭乗客だけ?
イギリスのフラッグキャリアである「ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)」が運営するラウンジ「コンコルド・ルーム(Concorde Room)」をご存知ですか? 名前の由来は、イギリスとフランスが共同開発した超音速旅...
ブリティッシュエアウェイズ・ファーストラウンジ訪問記!本格バーラウンジに高級スパまで堪能できる♪<ロンドン・ヒースロー空港>
イギリスのフラッグキャリア、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、アッパークラス用の直営ラウンジが数多く設置されています。 中でも今回ご紹介するのは「ブリティッシュエアウェイズ・ギャラリーズ・...
ブリティッシュ・エアウェイズのアライバルラウンジってどんなところ?ロンドン・ヒースロー空港に到着したら行ってみたい素敵スポット
イギリスを代表する航空会社、ブリティッシュ・エアウェイズ(British Airways)。 その本拠地であるロンドン・ヒースロー空港には、ターミナル3とターミナル5に、合わせて6つの趣向を凝らしたラウンジが用意されています。 その中で今回...

前回から何も変わっていない風景に、ますます癒されます。

機体はスムーズにスポットへ。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ロンドン・ヒースロー空港に着陸・スポットイン

すぐ近くに、先日のカイロ国際空港で見飽きるほど見たエジプト航空機が停まっています。

サプライズの連続!?エティハド航空ビジネスクラスでアブダビから魅惑のエジプト・カイロへ♪
「一生に一度は行ってみたい国」として挙げる人も多い、エジプト。 本物のピラミッドを目にしたら、人生が変わりそうですよね! 日本からエジプトに行く場合、以前はエジプト航空が成田-カイロ直行便を運航していたのですが、コロナ禍から依然休止中。 2...

当初の予定では、昨年まさしくこの空港からこの飛行機に乗って行くはずだったエジプト・カイロが、再び懐かしく思い起こされました。

長らくお世話になったANA機ともここでお別れです。

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ロンドン・ヒースロー空港ターミナルから見た飛行機

14時間以上というロングフライトにも関わらず、全く疲れも感じませんでしたし、何ならあと2〜3時間は乗っていたいと思うほど快適でした♪

スポンサーリンク

e-ゲートで楽々入国

続いていよいよイギリス入国です。

以前は審査の待ち時間が長いことで悪名高かったヒースロー空港ですが、今となってはそれも昔の話。

2019年5月から、日本人もe-Gate(自動化ゲート)利用対象者となったため、あっという間に入国できるようになりました!

今回初めて利用してみたのですが、日本の出入国時と同じくらいスムーズでびっくり。

ほとんどドライブスルー状態で入国が完了しました。

降機から到着ロビーに出るまでの時間は、なんとたったの8分!!

ANAビジネスクラス「THE ROOM」搭乗記・ロンドン・ヒースロー空港到着ロビー

10年以上前に初めてロンドンに来た時は、審査まで数時間並ばなければならず、正直もう2度とイギリスに来ることはないだろうと思ったものでしたが、時代はこんなにも早く進歩するものなんですね。

どこの国でも自国民以外の入国審査は厳しいのが当たり前の中、日本のパスポートを対象にしてくれたことに、とにかく感謝感激でした!

さっそくヒースローエクスプレスに乗って、ロンドン市内へと向かいましょう。

ヒースローエクスプレスなら空港からロンドン・パディントン駅まで最速15分!乗り方と運賃をご紹介♪
ヒースロー・エクスプレス (Heathrow Express) は、ロンドン・ヒースロー空港とパディントン駅との間を最短時間で結ぶ空港アクセス列車です。 日中はだいたい15分間隔で運行しており、ヒースロー空港からロンドン市街地まで出る交通手...
スポンサーリンク

今回の経費

ご参考までに、今回のフライトでかかった費用は以下の通りです。

ANAマイル 90,000マイル

諸税 107,190円

(ANA運航便 羽田ーロンドン ビジネスクラス往復)

相変わらずヨーロッパ線のサーチャージは高騰中ですが、8月発券分からは値下がりする予定となっています。

最後に

ということで、今回は羽田発ロンドン行きANA新型ビジネスクラス「THE Room」搭乗記をお届けしました。

相変わらずこれ以上望むべくもないほどハイクオリティなシートは、14時間もあればしっかり堪能できるかと思いきや、まだまだ乗り足りなかった!と思えるほど。

レストランリューズさん監修のコラボメニューもとっても美味しくて、心から大満足でした♪

ちなみに今回の旅ではロンドンだけでなく、憧れの湖水地方へも足を伸ばしてきましたので、関連記事も是非お付き合いいただければ幸いです!

まるでハリーポッターの世界!セントパンクラス・ルネッサンスホテル・ロンドンの魅力とは <マリオット宿泊記>
イギリス・ロンドンの中心地に佇む、セントパンクラス・ルネッサンス・ホテルロンドン。 併設されているセントパンクラス駅は、ロンドンとフランス・パリ&リール、ベルギー・ブリュッセルやオランダ・アムステルダムを結ぶユーロスターの発着駅ですので、ヨ...
イギリス憧れの湖水地方で過ごす珠玉の休日!ロンドンからの行き方・電車の乗り方・おすすめホテル・レストラン
皆さんは、イギリスの名所と聞いてどこを思い浮かべますか? ロンドンのビッグベンやアビイロード、サッカーで有名なマンチェスターにリバプールなどなど、たくさんの見所がありますよね。 その中でも、英国文学や歴史、トレッキングがお好きな方にお勧めし...
ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア宿泊記~豪華クラブラウンジ・イギリス式朝食・特典の全て<宿泊記>
ロンドン市内でも屈指の高級エリア・メイフェア地区にある5つ星ホテル、「ロンドン・マリオットホテル・グロブナースクエア/London Marriott Grosvenor Square」。 改装済みのお部屋には、大理石作りのバスルームやラグジ...
ANA指定ラウンジ「ユナイテッドクラブ」は隠れたオアシス!ロンドン・ヒースロー空港
ロンドン・ヒースロー空港からANA便に乗る際に指定される、ユナイテッド航空のラウンジ「United Club(ユナイテッド・クラブ)」。 とってもオシャレな空間に充実の設備、イギリスのエッセンスが感じられるフードラインナップと、最後までヨー...
<最新ANAビジネスクラス搭乗記>ロンドンから羽田へ!半個室THE Roomで快適な旅を♪
日本らしい優しく細やかな気配りが人気のエアライン、ANA。 特に海外からの帰国便で利用すると、毎回すでに家に辿り着いたかのような安心感と心地よさに包まれます。 そんなANAが2019年に導入した新型ビジネスクラス「THE Room」は、日系...

ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

2024最新版『nimocaルート』徹底ガイド~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
コロナ禍も過ぎ去り、そろそろまたANAマイルを貯め始めようかな、という方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『nimocaルート(ニモカルート)』がオススメです! 本記事は、久しぶりに流れをサラッと...
2024最新版『JQみずほルート』徹底ガイド~ANAマイルを最高レート70%で貯める方法
長かったコロナ禍も終焉を迎え、本格的に旅行解禁! またANAマイルを貯め始めようと考えている方も多いのではないでしょうか。 2024年現在、ANAマイルを効率よく貯めるなら『JQみずほルート』がオススメです! 本記事は、久しぶりにポイント移...
【2024年6月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! キャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミングでモッピーに出会った方はかなりラッキー。現時点でまだモ...
【2024年6月最新】ハピタス入会キャンペーンを徹底解説!新規登録で最大2,100円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で最大2,100円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタスを始めてみ...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
2022年10月 ANA特典航空券(トクたび)を利用し鬼滅ジェットで福岡へ
2023年2月 ZIPAIR/サウスウエスト航空/ユナイテッド航空サンノゼラスベガスサンフランシスコ
2023年4月 ガルーダインドネシア航空ビジネスクラスでジャカルタバリへ(ANA提携特典)
2023年5月 エティハド航空ビジネスクラスでアブダビ経由カイロへ(ANA提携特典)
2023年6月 ANA特典航空券でイギリス・ロンドンへ
2023年7月 エバー航空ANAで台湾・台北へ(ANA提携特典)
2023年7月 JAL特典航空券グアム
2023年10月 JALファーストクラスビジネスクラスサンフランシスコへ(アラスカ航空特典)
2023年11月 キャセイパシフィック航空プレミアムエコノミー香港へ(ブリティッシュエアウェイズ特典)
2023年12月 エールフランス航空ビジネスクラスで家族4人パリ&ロンドンへ(JAL提携特典)
2024年1月 ANA特典航空券で福岡ザ・リッツ・カールトン福岡)へ
2024年3月 ANA特典航空券でドイツギリシャ
2024年3月 ANA特典航空券で宮崎へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪