instagramはじめました!フォローはこちら

【搭乗記】ANA新型ファーストクラスTHE Suiteに乗ってみた!ドア付き最新シートに豪華すぎるアメニティ&機内食まで全てレポート♪

follow us in feedly

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite

国際線の飛行機で、最も高価&最もサービスが充実している搭乗クラスといえば、皆様ご存知ファーストクラス

中でも、ANAのファーストクラスは以前から高い評価を得ていましたが、2019年、全てを刷新したファーストクラス、その名も「THE Suite(ザ・スイート)」をリリースしました!

世界的建築家・隈研吾氏監修によるスタイリッシュなインテリア。さらに、最新機能を備えたプライバシー性の高いシートになり、大変評判が良いとのこと。

新型コロナの影響でタイミングを失っていたものの、2022年3月にようやく機会に恵まれ、搭乗することができましたので、今回はその全貌をお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

フライト情報

さて。今回のフライト概要は以下の通りです。

便名 NH110
区間 東京・羽田 – ニューヨーク
出発時間 10:20
到着時間 10:00
フライト時間 12時間40分
搭乗クラス ファーストクラス

羽田空港第3ターミナル到着

いよいよ出発当日。

出発時刻の2時間前に、羽田空港第3ターミナルに到着しました!

羽田空港第3ターミナル

以前こちらは国際線ターミナルという名称でしたが、第2ターミナル(ANA国内線ターミナル)でも国際線が発着することに伴い、2020年3月に改称されています。

本来であれば、そちらの国際線エリアを使えたのでしょうが、残念ながら依然閉鎖中。

以前、人気ドラマ「半沢直樹」で映っているのをチラッと観たことがありますが、すごく開放感があって素敵な空間でしたので、使える日が今から待ち遠しいです。

今回搭乗するのはファーストクラスということで、こちらのカウンターに行ける数少ないチャンスではありましたが…

羽田空港第3ターミナルANAファーストクラスカウンター

今回はANA Travel Readyを利用して、すでにオンラインチェックイン済み。

預ける荷物もありませんので、このまま保安検査場へと進みましょう!

スポンサーリンク

搭乗前はANAスイートラウンジで

手荷物検査とパスポートチェックを経て、無事に出国完了しました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・羽田空港第3ターミナル

相変わらずお客さんは少なめながら、前回よりは増えていたような。

免税店エリアは、依然としてほとんどが臨時休業中でした。そう遠くないうちに元通りの光景が見られるようになることを願うばかりです。

搭乗間際までは、ANAスイートラウンジで過ごすことに。

こちらはだいぶ従来のサービスに戻っていたのが嬉しかったです♪

いよいよ搭乗

国際線の場合は、出発30分前に搭乗が開始されます。

【国際線】初心者でもわかる飛行機の乗り方ガイド~海外旅行に出発するまでの流れを徹底解説
みなさんは海外旅行をしたことがありますか? 日本人の有効パスポート所有率はおよそ20%と年々増加傾向の一方、一人一年あたりの海外旅行平均回数は、わずか約0.113回(参考:(公)日本交通公社旅行年報2020、観光レクリエーショ...

この日の搭乗口は109番。

ニューヨークは、新型コロナの影響でかなり治安が悪くなったと聞いていますが、どうなることやら…。

ANA新ファーストクラス搭乗記・搭乗案内

それでもこうして渡航できるのは、やはり嬉しいものですね。

運命の分かれ道を、左へと進みましょう。

ANA新ファーストクラス搭乗記・機内への入り口

スポンサーリンク

ANA THE Suiteとは

先ほども触れた通り、今回搭乗するのはANAの新型ファーストクラス「THE Suite」!

現在のところ、対応機材はB777-300ERのみです。

これまでの旧型シートも大変素晴らしいものでしたが…

ANAファーストクラス旧型(ANA公式サイトより)

よりモダンでスタイリッシュに、最新機能を備えて新登場しました!

ANAファーストクラス新型(ANA公式サイトより)

公式サイトによれば、そのコンセプトは以下の通り。

目指したのは、世界最高レベルのくつろぎ空間。日本のANAから、世界のANAを目指して。私たちはビジネスクラスをはじめ、最上級のくつろぎ空間を作り上げました。広々とした空間と革新的な機能の数々を搭載した、ドア付きの個室型シート。隣接するシートをつなげれば、ふたりだけの時間を過ごすこともできます。お客様の多様な過ごし方を実現するこれまでにない移動空間の誕生です。(ANA公式サイトより)

なんと、一機あたりたったの8席しかありません。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・シートマップ

こんな貴重な席に座れるなんて、素晴らしい思い出になること間違いなしです!

THE Suiteの就航路線は?

THE Suiteは、全ての路線で導入されているわけではありません。

最初の就航先としてロンドン、次いでニューヨーク、そしてフランクフルト線に投入されました。

ただし、最近ロンドン線はウクライナ情勢の影響で欠航続き。

フランクフルト線も同様の上、そもそもそれ以前からコロナ禍により、別機材での運行が続いていました。

つまり現時点でTHE Suiteに乗りたければ、おそらくニューヨーク一択になるというわけです(機材変更の可能性あり)

たび
たび

ちなみに、ハワイ・ホノルル線のFLYING HONU(A380)ファーストクラスは、写真を見る限りではTHE Suiteそのものなのですが、よく見るとどうやらモニターのサイズなどが異なる様子。

 

ANA公式サイトでも、THE Suiteではなく「A380のファーストクラス」として紹介されています。

 

<A380のファーストクラス>

 

ANA公式サイトA380のファーストクラス

 

<B777のTHE Suite>

 

ANA公式サイトThe suite
(画像はいずれもANA公式サイトより)

 

そのA380も、現在はコロナ禍のため運休中。1日も早い復活が待たれます!

ANAホノルル線A380「FLYING HONU/フライングホヌ」は全てが特別仕様!その魅力を徹底解剖〜新型ファーストクラス登場
多くのANAファン、そしてハワイファンが待ちに待った、A380のホノルル線投入。 ANAでは初めての導入となる大型機A380では、シートやサービスも、これまでANA国際線の主要機材となっていたB787-9とは大きく異なるスタイ...
スポンサーリンク

THE Suiteを貸し切り!

飛行機の入口では、二人のCAさんがにこやかに迎えてくれました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・全景

聞けばなんと本日、ファーストクラスの乗客は私一人だけとのこと。

CAさんに機内を撮影しても良いか伺ったところ、「どうぞいくらでも気の済むまで!」と大変快くお許しをいただけて、早々にテンションMAXです。

遠慮なくたくさん写真を撮らせていただきましたので、順を追ってご紹介します。

ANA新型ファーストクラスThe Suiteキャビン全体

THE Suiteの全貌

この日の席は1Aを選択しました。さすがはファーストクラス。窓3つ分以上を占めています。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・1A

旧型シートに比べて幾分若返ったと言いますか、ヤングエグゼクティブを意識したと思しき、シャープでスタイリッシュな印象です。

客室監修・デザイン総合監修は、かの有名な世界的建築家、隈研吾氏。

イギリスのデザイン会社Acumenが客室デザインを担当し、日本らしさを備え、落ち着きや温かみを感じられる空間を目指したとのことです。

とにかく縦幅が広い!

シートに座って前方を見るとこんな感じ。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・座席前方

とにかく縦幅があって、脚を伸ばしても向こう側には届きません!

スポンサーリンク

アメニティ

座席には、各種アメニティが用意されています(パジャマはサイズを確認してから持ってきてもらったもの)

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・アメニティ

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・アメニティ2段目

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・ブランケット

  • リラックスウェア
  • アメニティポーチ
  • Wi-Fiクーポン
  • アルコールワイプ
  • ヘッドフォン
  • カーディガン
  • スリッパ
  • ブランケット
たび
たび

ヘッドフォンとカーディガン、ブランケット、枕以外は持ち帰りOKです♪

アメニティポーチ

では、まずアメニティポーチから見てみましょう。

ANAのファーストクラス(日本発着の北米/ホノルル/ヨーロッパ路線)では、イギリスの老舗ラゲッジブランドGlobe-Trotter/グローブトロッターとコラボレーションしたハードケースを提供しています。

ANAファーストクラスアメニティ

(ANA公式サイトより)

公式サイト上ではご覧の通り5色が紹介されており、どの色に当たるかは搭乗してのお楽しみです。

今回は、ブラウンの本体×ベージュのストラップのものでした!

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・アメニティポーチ

やっぱり可愛いですよね、グローブトロッター。

何年か前にロンドンでスーツケースを購入して以来、すっかりこのブランドのファンになってしまいまして、いつかファーストクラスのポーチも欲しいなぁと思っていたので、ようやく念願が叶い感無量です。

ちなみに、グローブトロッターとコラボする前はサムソナイトでした(その前はリモワ)

コラボレーション期間は大体数年で終了するようですが、個人的にはグローブトロッターができるだけ長く続いてくれると嬉しいなと思うこの頃です。

なお、現在ビジネスクラスのアメニティもグローブトロッター。

ただしファーストクラスとはデザインが異なり、ストラップなしの2タイプ(日本発便がハード、海外発便がポーチ)が配布されています。

よろしければそちらの搭乗記もどうぞ↓

さて、さっそく開けてみますと、中にはこのようなグッズが入っていました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・アメニティポーチの中身

  • アイマスク
  • 歯ブラシ
  • イヤープラグ
  • THE GINZAのコスメセット

アイマスクなどは、ビジネスクラスと同じものです。

どこの航空会社でも、このあたりは差別化されていないのが一般的かと思いますが、JALのファーストクラスでは、ビジネスクラスよりもちょっと豪華な歯ブラシが入っていたことを思い出しました。

が、しかし。

ANAファーストクラスアメニティの驚くべきポイントは、コスメキットの豪華さです!

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・アメニティ・コスメキット

毎回大変下世話で恐縮ではありますが、ご参考までにどの程度の価値があるのか調べてみたところ…

商品名 現品価格/容量 アメニティ換算価格/容量
ザ・ギンザ クリーミークレンジングフォーム 8,250円/130g 317円/5g
ザ・ギンザ エッセンスエンパワリング 198,000円/45ml×2 22,000円/5ml×2

なんと、美容液現品の販売価格は約20万円!

この世にはこんなに高価な美容液が存在するんですね…。しかもわずか6週間分らしいです。

つまり、ひと月半で基礎化粧品の額が20万円。一体どんな方が愛用されているのでしょうか。

もちろん本アメニティは、少量にカスタマイズされてはいるものの、それでも2万円越え!

これまでいくつかのエアラインでファーストクラスに乗ってきましたが、記憶にある限り、ここまで高級なコスメキットは初めてです。

なお、ANA旧ファーストクラスからコスメキットはザ・ギンザでしたが、その内容は以下の通りでした。

商品名 現品価格/容量 アメニティ換算価格
エナジャイジングローション 18,000円/200ml 4,680円
モイスチュアライジングエマルジョン 20,000円/150g 5,600円
クリーミークレンジングフォーム 6,000円/130g 1,385円
スーペリアコットン 400円/60枚 27円

品数が減っている一方、内容は明らかに改善されています。

男性はあまり興味がないという方も多いかもしれませんが、美容にこだわりのあるパートナーがいらっしゃるなら、ぜひお土産として持ち帰ってはいかがでしょうか。

もったいなくてそのまま保管していましたが、先日ようやく開封してみました!

どちらも洗顔後ワンステップで済むので、とっても手軽。

日中用は、ほんのりピンクがかった乳液で、ベタつかずしっとり。日焼け止め効果もあるようです。

ANAファーストクラスTHEGINZAアメニティ・日中用
そして、夜用は乳白色でオイルっぽいテクスチャー。馴染ませるとサラサラになります。

ANAファーストクラスTHEGINZAアメニティ・夜用

 

あまり肌の調子が思わしくなかったのですが、これを使い始めてわずか1〜2日ほどで明らかに張りが出て、トーンが上がり、毛穴も気にならなくなったのにはびっくり!

どういう仕組みなのかわかりませんが、このお値段には意味があるのですね。

蘭の花を思わせる高貴な香りにも癒されました♪

スポンサーリンク

Wi-Fi無料カード

こちらはフライト中のWi-Fiが無料になるクーポンです。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・フルフライトプラン

2017年に搭乗した時には、このサービスはありませんでした。

飛行機に乗っている間、ネットから離れざるを得ない時代もありましたが、技術はあっという間に進歩するものなのですね。

裏面スクラッチ部分にコードが隠れており、削ってから記載の手順に従って接続します。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・フルフライトプランカード裏面

動画は観られませんでしたが、十分快適なネットサーフィンを楽しめました。これはありがたい!

追加のアメニティ

なお、座席に置いてあったもの以外にも、CAさんが席まで届けてくれるアメニティがあります。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・追加のアメニティ

アメニティポーチに入っていたのと同じアイマスクや歯ブラシの他、マスク、アルコールワイプなどなど。

前回は脚に貼る冷却シートなどが物珍しくて試してみましたが、今回はリップクリーム(フェルゼア)だけ頂きました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・フェルゼア

乾燥する機内では唇が荒れやすいので、ありがたかったです。

リラックスウェア

続いてリラックスウェア。離陸前にお化粧室で着替えます!もちろんこちらは持ち帰りOK。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・パジャマ

以前いただいたオリジナルパジャマよりも生地が厚くなり、しっかりした印象を受けます。

あれから5年弱経ちますが、なんと今でも現役。このパジャマはきっとそれ以上に活躍してくれることでしょう。

スポンサーリンク

化粧室

ちなみに、お化粧室の中はこんな感じ。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・化粧室

ご覧の通り、それほど広くはありません。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・化粧室の鏡台

足元の台を引き出せば、裸足で着替えをすることが出来ます。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・化粧室の着替え台

ファーストクラスらしいところとしては、お手拭きが布製であることと…

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・化粧室のアメニティ

ハンドローションがわりに、ザ・ギンザの乳液(驚きの一本22,000円!)が置いてあるところでしょうか。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・化粧室の乳液

乗務員さんを除けば利用者は私だけということで、いつでも待たずに綺麗な状態で使えるのがありがたかったです。

スポンサーリンク

シート機能・収納

では着替えも済んだところで、シートを詳しくチェック!

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・シートを前から見たところ

クローゼット

ジャケットなどは、各座席ドア内にあるクローゼットに収納可能です。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・クローゼット

コートやワンピースなど丈の長いものは、CAさんが預かってくれました。

似たような設備は、他エアラインのファーストクラスでも結構見かけますね。

ストレージ

身の回り品をしまっておくスペースとしては、まず画面の右下に深めの荷物入れがあります。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・座席画面側の収納

私はこの中にパジャマやカーディガンなどを入れていました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・前方画面下のスペース

画面の下には二段に分かれていますが、離発着時はいずれも物を置いてはいけないとのこと。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・収納・画面下

上段にはシートベルトがあることからわかるように、同伴者と向かい合って腰掛けられるようになっており、収納場所というよりは、座席の一部と言った方が正しいかもしれません。ベッドにした時、膝下に当たる部分でもあります。

下の段はというと、水平飛行になってから機内持ち込みサイズのトランクを入れてみましたが、あいにく収まりませんでした。

同じファーストクラスでも、スーツケースを座席に置いておけたり、はたまたCAさんがずっと預かってくれたりと、エアラインによって様々です。

肘掛けの下にはマガジンラックが。「雑誌以外は入れないでください」と書かれていました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・座席側のラック

2022年現在は、紙の機内誌が廃止されているため、エチケット袋だけ入っています。

その上にあるこちらのポケットには、機材ガイドが。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・収納・ホルダー

それほど余裕はないものの、入国書類などを置いておくにはよさそうです。

…と思ったら、開きました!

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・収納・ホルダーを開けたところ

扉の裏部分は鏡になっています。

実はこれに気がついたのが着陸間際のこと。鏡が必要な時には毎回お化粧室まで行っていました。もっと前に気付いていれば…。

窓側の収納はこんな感じ。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・収納・窓側

充電設備を備えたスペースと、A4サイズくらいまでなら余裕で入りそうな二箇所に分かれています。

リクライニング・照明

リクライニングやライトは、手元のボタンで調整可能です。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・リクライニングボタン

旧型シートでは背もたれやレッグレストの角度を個別に変えられましたが、新型ではそこまで細かい調整はできなくなっています。

リモコンはモニター付き。前方のシートモニターで映画を鑑賞しつつ、こちらで地図をチェックする、なんてことも可能です。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・リモコン

写真右下に写っているダイヤルは、手動でシートの位置を変えられるもの。あまり使うことはありませんでした。

テーブル

離発着時には画面下に収まっているテーブルは、手前に引き出すことが出来ます。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・テーブル

これだけでも結構な大きさですが、折り畳み式になっていて、開くと2倍に。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・テーブルを開いたところ

この位の広さがあれば、二人で食事もできそうですね。

AV機器

前方には43インチ・4Kの大型モニターが付いています。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・座席の前方

これまでとは比べ物にならないほど画面が綺麗で、映画にも思う存分没入できました。

映画といえば、サウンドも大事!

ノイズキャンセリング付きヘッドフォンが用意されていて、そのあたりも抜かりありません。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・ノイズキャンセリング付きヘッドフォン

つけ心地もソフトで快適でした。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・ヘッドフォン

ヘッドフォンのジャックは、先ほども触れた窓側の収納庫内にあります。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・充電

USBやHDMI、充電もまとめられていますが、私の持っていたプラグはなぜか動作しませんでした。

この機材に限らず、飛行機の充電では不具合が起こることが多いんですよね…。

搭乗中に充電できないと絶対に困るという方は、念の為いくつか違う形状のものを持参されると良いでしょう。

フルフラット仕様

座席はもちろんフルフラットにすることができます。離陸後しばらくして、CAさんが通路を挟んでお隣の席をベッドにしてくれました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・フルフラットにした状態

傍らには、ANA国際線でおなじみ、快適な睡眠に誘うオリジナルアロマシートの他、アイマスク、耳栓、お水がスタンバイ。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・ベッド脇の備品

以前と変わったのは寝具です。この通り、ベッドパッドが短くなりました。膝下はシートに直接当たる状態です。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・寝具

以前ビジネスクラスに乗った際にも、パッドが短くリニューアルされていて驚いたことが思い出されます。

私の使い方が間違っているのかとしばらく悩みましたが、今回CAさんが用意してくれても同じ状態なので、やはり合っていたのですね。

どういった意図で短くなったのでしょうか。長いとリクライニングを起こした時に引きずってしまうから…?

正直に言いますと、パッドが届かない部分はざらざらした感触で、ちょっと違和感を覚えました。

ドアを閉められるように

THE Suiteになって一番大きな変化は、各席にドアが付いたことではないでしょうか。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・プライベートドアを閉めたところ

ビジネスクラス「THE Room」は電動ですが、「THE First」では手動。

そのため、開ける時に手を入れられるよう、1cmほどの隙間が空いています。

元々座っていた1Aの方は、何故かロックされていてドアを開閉できませんでしたので、こちらは隣席のベッドを使っていた時の画像です。開けっ放しになっているとこんな感じ。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・プライベートドアを閉めたところ

閉めるとこんな感じです。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・プライベートドアを閉めたところ

ご覧の通りそれほど高さがあるわけではなく、完全個室とまでは言えませんが、前評判の通りかなりプライバシー性が高まった印象です。

隣席から見ると、このように隙間が開いてはいるものの、中の様子を窺い知ることはできません。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・隣席から見たところ

これなら周りを気にせずリラックスできますね♪

中央席にはパーテーションが

なお、お隣とのパーテーションも上げ下げ可能です。これが閉まっている状態。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・パーテーションを閉めたところ

そして開けた状態です。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・パーテーションを開けたところ

体を起こしてお隣を覗き込むとこんな感じ。中央に肘掛けがあるため、思ったよりも距離がある印象を受けました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・パーテーションを開けて隣を覗いた状態

明るい状態で前から撮影した写真も、距離感のご参考までに。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・THE Suite・中央列

ウェルカムドリンク

さて。座席に戻りまして、離陸前にウェルカムドリンクをいただきました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・ウェルカムドリンクはシャンパン

プラカップで提供されるビジネスクラスとは違い、ガラス製のシャンパングラス。

ファーストクラスに乗っていることを実感します。

いざ離陸!

その後、飛行機はほぼ定刻通り駐機場を後にし、無事に離陸しました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・いざ離陸

東京の景色も、これで少しの間見納めです。

機内食

水平飛行に入ってすぐ、機内食の提供がスタートしました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite機内食・食事の用意

シャンパンの帝王”KRUG”

まず最初の一杯は、ANAのファーストクラスに乗ったらコレ!

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・機内食・シャンパン

シャンパンの帝王とも呼ばれるKRUG(クリュッグ)です!

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・機内食・シャンパンKRUG

理系マイラー妻
理系マイラー妻

離陸前のウェルカムシャンパンは別銘柄のものです。
ファーストクラス貸切ということで、私だけでは飲みきれないことを予想し、フルボトルではなくハーフボトルをお願いしました。

ANAで提供されているのは、「クリュッグ グランド キュヴェ」というシグネチャー。

一本約2万円という高級品で、ANAファーストクラスでは1986年就航当初から変わらずサーブし続けています。

クリュッグは、複数のワインをブレンドして作ることにより、毎年変わらぬ味を再現。

それ故、ヴィンテージ表記もなされておらず、「マルチヴィンテージ」という体裁になっているのだそう。

帝王と呼ばれるにふさわしいシャンパン、一庶民の私にとっては、ANAのファーストクラスに乗った時くらいしかご縁がありませんので、今回も大変有り難く、美味しくいただきました。

アミューズ

シャンパンから間をおかずに、アミューズも届きます。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・機内食・アミューズ

余談ながら、昨年8月ドイツに行った際は感染防止のため、全てのお皿にプラスチックの蓋が乗っていましたが、今回は往復ともに一度も見かけませんでした。

アミューズの内容はこちら。和洋どちらのコースを選んでも同じです。

  • ANAオリジナルスティック
  • 鯛のマリネと茄子のタルタル
  • マグロの胡麻揚げ
  • フォアグラロール

どれもお酒に合う、ちょっとおしゃれな献立でした。

前菜

アミューズの後はメインの機内食がスタートします。

今回は事前に和食を予約していました。

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The Suite・機内食・先付け

  • 帆立ぱん博多揚げ
  • 才巻海老
  • 天豆チーズ豆腐
  • 小鯛手毬寿司
  • 穴子月冠照り焼き
  • ロマネスコ
  • マッシュルームオレンジ焼き

彩よく、食器とのバランスも美しいですね。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite機内食・前菜のアップ

機上で味覚が鈍っていたのか、お味はちょっと薄めに感じられました。

先附・お椀

通常、お椀とお造りはリクエスト制。

ですがCAさんのご厚意で、こちらから何も言わずともフルコース仕立てにしてくださいました。

まずお椀がこちら。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・椀

  • 先附け 煮蛤桜卵ソースかけ
  • お椀 あいなめ花びら椀

温かい汁物をいただくとホッとしますね。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite機内食・お椀のアップ

にんじんが桜の花びらを模してあって、春を感じられます。

お造り

続いてはお造り。先述の通り、こちらも本来はリクエスト制となっています。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・お造り

  • 本鮪赤身
  • 真鯛真砂和え
  • 墨烏賊

真砂和えとは、魚卵を使った和物のことなのだそう。

初めて頂きましたが、旨味が凝縮されていて美味しかったです。

日本酒

この辺りから、日本酒へシフト。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・日本酒

辛口の方が好みだとお伝えしたところ、CAさんにこちらの「NOGUCHI NAOHIKO SAKE INSTUTITE:YAMAHAI」を勧めていただきました。

メニューの記載はこちら。

農口尚彦研究所 山廃美山錦 《 軽快なタイプ 》
農口尚彦研究所、石川

「酒づくりの神様」の異名を持つ、農口尚彦氏が約70年におよぶ酒造り人生の集大成として立ち上げた酒蔵。酸味を帯びたベリー系の香り。口に含むと柔らかな口当たりで、旨みと酸味の バランスが心地よく、のど越しはハーブのような爽やかさを感じます。キレのある味わいです。

原料米 美山錦・山田錦 / アルコール度数19°

確かにハーブのような複雑な香りを感じられる、軽やかな飲み口です。

和食にはやはり日本酒ですね!

主菜など

そしてこちらがメイン。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・メイン

  • 蒸し物  ホタル烏賊桜蒸し
  • 小鉢  青柳のぬた
  • 主菜  甘鯛旬菜湯葉包み
  • 御飯
  • 味噌汁
  • 香の物

主菜は、湯葉で包んだ鯛に餡がかかったもの。とても手が込んでいます。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・メイン接写

小鉢は、ネギの辛味と酢味噌のコンビネーションが日本酒に合いますね。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・メイン小鉢

蒸し物は、道明寺を使った桜蒸しです。小豆あんではなく、ホタルイカの煮付けが入っていました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・メイン蒸し物

食感は関西風桜餅そのものですが、おかずとして頂くのは初めてのことで、新鮮でした。

甘味

最後はほうじ茶とスイーツでおしまいです。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・デザート

和食コースの最後はクリームあんみつだったのですが、とてもお腹に入りそうになく。

CAさんが、「では、少しだけ甘いものをお持ちしますね〜」と気を利かせてくださいました。

デカフェのコーヒーも選べるのが嬉しいところです。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・デザートとコーヒー

スポンサーリンク

ティータイム

出発までの数日間、ほとんど睡眠を取れていなかったこともあり、食後は早々にベッドに潜り込んだものの、なかなか眠れず…。

シートの上半身と下半身の境目にわずかに段差があるため、どうやら無意識に腰のあたりに力が入ってしまうようです。

もちろん体格によるところが大きいでしょうし、時差も少なからず影響したものと思われます。

6時間ほど粘りましたが、どう頑張っても眠れなかったので、開き直って起き上がることにしました。

機内がちょっと冷えていたので、まず温かいお茶をオーダー。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・途中のお茶

ドイツ・ダルマイヤーのノンカフェインティ「トゥルシー」です。

インドでハーブの女王と称されるトゥルシー(ホーリーバジル)にルイボス、オレンジ、ジンジャーなどをブレンドしたお茶で、温かくいい香りに体の芯から癒されました。

その後はさっぱりとレモン入りのペリエを。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・ペリエにレモンn

眠れこそしなかったものの、やはり設備やサービスのクオリティ、ホスピタリティは桁違いです。

すでに半分以上の距離を来てしまいましたが、まだまだ終わらないで欲しい…そればかり考えてしまいます。

二度目の機内食

とはいえ、時は無情。

願い虚しく、あっという間に着陸2時間前になり、最後の機内食をいただくことに。

しかしながら、ここまでの10時間、全くと言っていいほど動いていないこともあって、ほとんどお腹が空いていません。

「ちょっと軽めのもので、ファーストクラスでしか味わえないおすすめはありますか?」と相談してみたところ、鮭茶漬けはいかがでしょう、とのお答え。

和食膳についている小鉢なども一緒にお持ちしますとのことで、実際に提供いただいたのがこちらです!

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・お茶づけ

サラダや小鉢にデザートまでついて、立派な御前になっています。

さすがファーストクラス、こんな素敵にアレンジしていただけるなんて、本当にありがたいですね。

お茶漬けは配膳後、仕上げにお出汁をかけていただきました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・お茶づけにお出汁を注いでいただく

贅沢にも切り身丸ごとの鮭に海苔たっぷり、お出汁も奥深くて上品。食べ切れるかな…と思っていたのが嘘のように箸が進みます。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・お茶づけの接写

サラダなどのおかずもとってもバランスが良くて、今回のファーストクラスで一番美味しく感じられました。

デザートは、おそらくアラカルトに載っていた「ヨーグルトに果実ふんだんなフルーツジャムを添えて」というものでしょうか。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・デザート

さすがに満腹、と思っていたら、さらにフルーツをお勧めされまして、結局少しだけと言いつつ結構な量をいただいてしまいました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・フルーツ

ほとんど眠れないまま、12時間超のフライトがそろそろ終わろうとしています。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・機内食・朝焼け

日本では深夜に差し掛かる一方、アメリカはこれから朝を迎えるところです。

しっかり食べて備えることができて幸いでした。

スポンサーリンク

ニューヨークJFK空港に到着!

その後も順調に飛行を続け、飛行機は無事ニューヨーク・ジョン・エフ・ケネディ空港に着陸しました!

ANA新型ファーストクラス搭乗記・The suite・いざ離陸

ニューヨークは今回が人生2回目。

前回はルフトハンザのファーストクラスでやってきましたが、混雑のため、着陸から駐機場に辿り着くまでなんと1時間かかったことを思い出します。

コロナで便数が減っている現在は、さすがにそんなこともなく、スムーズにスポットへ入りました。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・無事スポットへ

最近は国際線・国内線問わず、感染拡大防止のため、アナウンスがあるまで座って待つ必要があるのですが、ファーストクラスだけは、CAさんが直接ドアまでエスコートして下さって、ちょっとびっくりです。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・一番に機外へ

おかげさまで誰よりも先に機外へと出ることができ、無事アメリカに入国完了♪

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・アメリカ入国

入国審査と税関では、いつになくみっちりと質問を受けましたが(税関ではさらに荷物を全部ひっくり返してチェックされました…)、待ち時間は一切無かったため、着陸から20分弱で出られたと記憶しています。

お世話になったCAさんお二方、そして飛行機&空港スタッフの皆さま、本当にありがとうございました!!

ここからは、電車でマンハッタンへと向かいます。

スポンサーリンク

THE Suiteの料金は?

ところで、こんなに豪華で痒いところに手が届く、ANAの新型ファーストクラスTHE Suite。

一体運賃はおいくらなのでしょうか?

時期によって多少の変動はありますが、とある日の正規料金はこちら。

ANA新型ファーストクラスTHE Suite搭乗記・運賃

なんと、130万円超え!!

これは片道だけの料金です。つまり、往復なら260万円以上するということ。

正規料金で乗れる方は一体どんな方なのでしょうか。

かくいう私はもちろん、今回もマイルで交換した特典航空券です。

日本ー北米の場合、往復15万マイル。

今回は往路をファーストクラス、復路をビジネスクラスにしたため、それぞれ片道分、ファースト75,000マイル+ビジネス42500マイル=117,500マイル(+諸税・約50,000円)の支払いとなりました。

ご参考までに、日本発着の各方面ファーストクラス特典航空券必要マイルは以下の通りです。

Zone4
東南アジア
Zone5
ハワイ
Zone6
北米
Zone7
欧州・ロシア2
ローシーズン 105,000 120,000 150,000 165,000
レギュラーシーズン 105,000 120,000 150,000 165,000
ハイシーズン 114,000 129,000 165,000 180,000

(Zone1=日本。Zone2韓国・ロシア/Zone3東アジア/Zone10オセアニアにはファーストクラス設定なし)

ファーストクラスの場合、ローシーズンとレギュラーシーズンでマイル差はありません!

 

最後に

ということで、今回は2019年に導入されたANA新型ファーストクラス「THE Suite(ザ・スイート)」搭乗記をお送りしました!

  • インテリアがスタイリッシュに
  • プライベートドアでよりリラックス
  • モニターがとにかく綺麗
  • アメニティが超豪華!
  • 機内食のバリエーションも豊富
  • CAさんの気配りがとっても細やか

旧型シートの時から素晴らしいサービスを提供されていましたが、今回新型に乗ってみると、より一層機能面がパワーアップした印象です。

インテリアも、とにかくモダンでスタイリッシュ。ドアが付いて、よりプライバシーが守られるようになったのも嬉しいポイントです。

デメリットを強いてあげるなら、シート&ベッドパッドの寝心地が個人的に合わなかったことと、収納が少なめに感じたくらいでしょうか。

以前と変わらぬ細やかなサービスは、さすが日系フルサービスキャリア、の一言。

いつか機会があれば、また搭乗したいと思います♪

↓ニューヨークのおすすめホテル宿泊記はこちら↓

【宿泊記】JWマリオットエセックスハウスはニューヨークのおすすめホテル~ラウンジ朝食までレポート♪
広いアメリカで、ダントツ1位の人口を誇る大都市、ニューヨーク。 自由の女神など、たくさんの有名観光スポットがあることはもちろん、様々なバックグラウンドを持つ人々が共存しているため、世界のありとあらゆる文化を肌で感じられるのが何...

↓2022年コロナ禍でのハワイ旅行虎の巻はこちら↓

コロナでも子供とハワイ旅行できる?入国条件・保険・PCR・必須の持ち物など現在の状況を徹底解説!
新型コロナウイルスの影響で、約3年にも渡り自由な行動が出来なくなっていましたが、今年は初めて行動制限のない夏ということで、久しぶりに旅行解禁となった方も多いのではないでしょうか。 「コロナが明けたら行きたい渡航先」No.1とい...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。

【2022年10月最新】モッピーの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で2,000円貰える
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーン実施中です!! 2022年10月1日~31日までのキャンペーン期間に新規登録すると、入会ボーナスとして最大2,000円分のポイントが貰えてしまいます。 このタイミング...
【2022年10月最新】新しくなったハピタスの入会キャンペーンを徹底解説!今なら新規登録で1,000円貰える
ポイントサイトのハピタスで期間限定の「入会キャンペーン」が実施されています! 新規登録で1,000円相当の特典が貰えるお得な企画なので、このチャンスを利用しない手はありません。キャンペーンに関する条件を確認して、お得にハピタス...

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
2020年9月 JAL特典航空券で広島へ
2020年11月 JAL特典航空券で京都へ
2021年8月 ANA特典航空券でドイツ・ミュンヘン
2022年3月 ANA特典航空券でアメリカ・ニューヨークへ
2022年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2022年5月 シンガポール航空でインド・デリーへ
2022年8月 ZIPAIRでハワイへ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

妻の旅行記
スポンサーリンク
この記事を書いた人
理系マイラー

陸マイラーブログ「理系マイラーとSFC修行」を夫婦2人で運営しています。夫は理系、妻は文系。☆最近ようやくinstagramを始めました☆ブログでは紹介しきれなかった写真も投稿してます。フォローはこちら

理系マイラーとSFC修行
トップへ戻る

Uber Eats 【初回注文2,500円OFF】クーポン


・2022年1月31日(月)23:59まで有効
・最低注文金額なし
【注意事項】このクーポンは下記リンクからの注文で有効となります。
クーポンコードをコピーした後、リンクの遷移先で貼り付けてご利用ください。

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文

【初回乗車限定】Uber Taxi 2,000円OFFクーポン
【有効期限】2022年4月1日~4月15日まで


※このクーポンは下記リンクから利用した場合に有効となります↓↓↓↓

\\ここから初回乗車で2,000円オフ//

Uber配車サービス