⇒はじめての方はこちら!ハピタスに登録(無料)で530円貰える<認定ブログ限定特典>
SFC修行とは?

ANAの上級会員になるための方法をご紹介!

詳しくはこちらから

美味しいものが充実!台湾桃園空港キャセイ航空ラウンジを徹底レポート~JALでも利用可

follow us in feedly

キャセイパシフィック航空の飛行機

台湾・台北市にある台湾桃園国際空港には、中国・香港を本拠地とするキャセイパシフィック航空(以下、キャセイ航空)のラウンジが設置されています。

キャセイ航空は、英国スカイトラックスのエアライン・オブ・ザ・イヤーを何度も受賞したことがあり、国際的にも定評のある航空会社ですが、中でも評判なのは、スタイリッシュな空港ラウンジ

アジアを中心に展開しているキャセイラウンジの中には、贅沢な浴槽付きバスルーム付きのものがあったり、ご当地シグネチャードリンクなどのオリジナルメニューを提供していたりと、各々で趣向を凝らしたもてなしを受けることが出来ます。

今回は、台湾桃園空港にあるキャセイ航空のラウンジについて、利用条件や内部の様子、提供されているサービスの内容まで、余すところなくお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

台湾桃園空港キャセイ航空ラウンジ概要

営業時間 04:30 – 20:50
場所 ターミナル1 制限エリア4階
開設 2015年11月11日
総床面積 1,253平米
席数 245
設計者 イルゼ・クロフォード/スタジオイルゼ(Studioilse)

2015年11月にリニューアルオープン

台湾桃園空港のキャセイ航空ラウンジは、2015年11月11日にリニューアルオープンした、新しく綺麗なラウンジです。

リニューアルによって、総床面積1,253平米の敷地に、従来よりも約100席ほど多い計245席の座席が配置され、ますます使いやすくなりました。

ラウンジの利用条件

台湾桃園空港のキャセイ航空ラウンジを利用できるのは下記の通り。

ラウンジ利用資格 ・キャセイ航空 ビジネスクラス搭乗客
・キャセイ航空 ファーストクラス搭乗客
・マルコポーロクラブ会員(シルバー以上)
・ワンワールド ビジネスクラス搭乗客
・ワンワールド ファーストクラス搭乗客
・ワンワールド エメラルド ステータス
・ワンワールド サファイア ステータス

キャセイ航空は、3大航空連合の一つ、ワンワールドに加盟しているため、ワンワールドのビジネスクラスまたはファーストクラス搭乗客も利用可能です。

ワンワールドと言えば、日本ではJAL(日本航空)が加盟中。つまり、JALの飛行機を利用する場合でも入室することができるということですね。

また、エコノミークラスを利用する場合でも、ワンワールドの上級会員資格(JALの上級会員資格)を保有していれば利用可能です。

JALステータスランク ラウンジ利用可否
JMBダイヤモンド
JGCプレミア
JMBサファイア(JGC含む)
JMBクリスタル ×

ラウンジの場所

台湾桃園国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは、出国審査を終えた後の制限エリア内にあります。

上記フロアマップの左上、赤丸部分です。

ラウンジへの行き方

出国審査を終えたら、ラウンジを示す「貴賓室」という案内の通りに進みましょう。

桃園国際空港 制限エリア

出国審査場は3階ですが、ラウンジがあるのは4階です。一つ上のフロアへ上がりましょう。

桃園国際空港 4階貴賓室

このフロアには、キャセイ航空の他、タイ航空や中華航空(エアチャイナ)のラウンジなどが集められています。

桃園国際空港 4階貴賓室

キャセイパシフィック航空のラウンジは、一番手前に位置していました。

スポンサーリンク

ラグジュアリーで落ち着いた雰囲気のあるレセプション

エントランスから中に入ると、レセプションがありました。温かみのある木材がふんだんに使われていて、高級感にあふれています。

桃園国際空港 4階 キャセイパシフィック航空ラウンジ

公式情報によれば、このラウンジ内はサクラ材の壁面とライムストーン(石灰石)を敷き詰めた床で統一が図られているのだそう。

数多く配置された観葉植物や、随所に飾られた地元のアート作品も、ラウンジデザインの大きな特徴です。

ダイニングエリア「フードホール」

こちらは、入室してすぐのところにあるフードホール。

桃園国際空港 4階 キャセイパシフィック航空ラウンジ フードホール

東京の青山あたりにありそうな、まさしく「お洒落カフェ」の佇まいです。

奥のケースには、自由に頂くことができるメニューがあります。朝9時前でしたので、朝ごはんに良さそうなメニューが並んでいました。

冷蔵庫にはヨーグルトとカットフルーツ。

ヨーグルトとカットフルーツ

リンゴ、みかん、ハム、チーズ。

リンゴ、みかん、ハム、チーズ

サラダが3種類。

サラダ

ドレッシングボトルも3本。

ドレッシングボトル

下の写真の中央下部にある、銀色筒状のものは、ウォーターサーバーです。すごくセンスがいいですよね。お湯も出ました。

ウォーターサーバー

お菓子も少々。

お菓子

朝食を取らずに出て来たので、サラダでも頂きたいところですが、キャセイ航空ラウンジの名物「ヌードルバー」も気になったので、こちらのお食事には手を付けませんでした。

キャセイ航空ラウンジ名物「ヌードルバー」

フードホールを出て奥へと進むと、広いダイニングエリアが見えてきました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ

ここが、キャセイ航空のラウンジ名物「ヌードルバー」です!

緑色のセラミックタイルが目印のカウンターでは、注文に応じて、本格的な麺類や点心を提供してくれます。

キャセイパシフィック航空ラウンジ ヌードルバー

ヌードルバーのメニュー

キャセイパシフィック航空ラウンジ ヌードルバー

私が訪れた時間に提供されていたのが、こちらのメニュー。

<点心メニュー> ・BBQ豚まん
・海老蒸し餃子
・野菜蒸し饅
・揚げ春巻き
・野菜麺
<朝食メニュー> ・台湾牛肉麺
・上海風担々麺
・おかゆ
・ベーコンエッグほうれん草添え
・フレンチトースト

どれも美味しそうで迷ってしまいますね。

おすすめは牛肉麺・担々麺・海老蒸し餃子

自分では決めきれなかったので、スタッフさんにオススメを聞いてみることに。

「牛肉麺か担々麺、それに海老蒸し餃子も美味しいですよ!」とのお答えでしたので、アドバイスに従って担々麺と海老蒸し餃子を頂くことにしました。

呼び出しブザーを持って待機

注文を受けてから調理が始まるため、フードコートでよくある呼び出しブザーをもらって、席で待っておきます。

キャセイパシフィック航空ラウンジ 呼び出しブザー

1人用のソファ席

席の埋まり具合は1割ほど。すみっこに一人用のソファ席があるので、そちらに陣取りました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ

いい感じに狭くて落ち着きます。

それにしても、しみじみオシャレな空間ですね。これが無料で利用できるなんて嬉しい!

キャセイパシフィック航空ラウンジ

冷蔵庫にはたくさんのドリンク

カウンター横の冷蔵庫には、様々なドリンクが用意されています。

上段には、台湾ビールとハイネケン、中段にはコーラ、コーラゼロ、下段には、ファンタ、スプライトがありました。

せっかくの台湾なので「台湾ビール」を取り、席へ。

料理の待ち時間は短めです

待つこと5分ほど。

思ったよりも早く呼び出しがかかりました。

混雑状況にもよるのでしょうが、出来上がりが早いのは助かりますね。

飛行機出発までの短い時間でも活用できそうです。

いただきます!

お盆に担々麺と餃子を乗せて持ってきました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ ヌードルバーメニュー

ビール缶との対比でお分かりかと思いますが、どちらも小さな器に少なめの量です。少しずついろんなものを食べられますね。

ビールには「PREMIUM」と書かれていました。これは前日に飲んだ台湾ビールの高級版でしょうか。さすがはキャセイのラウンジです。

プレミアム台湾ビール

担々麺は見た目がちょっとさみしい感じでしたので…

キャセイパシフィック航空ラウンジ 担々麺

カウンターに出ていた薬味を足してみました。

正体はよく分かりませんでしたが、ちょっと甘めの粉末とネギ。グッと美味しそうな見た目になりました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ 担々麺

海老蒸し餃子はこんな感じ。

キャセイパシフィック航空ラウンジ 海老蒸し餃子

さっそく頂きます!

担々麺は辛いのかと思いきや、まったりとしたゴマ風味。クリーミーでいくらでも食べられそうです。特に朝に嬉しい、ホッとする味ですね。

海老蒸し餃子も皮はぷるんぷるん、エビもたっぷりでとってもおいしかったです。

ぺろりと完食。ごちそうさまでした!
スポンサーリンク

バーエリアでリラックス

ヌードルバーの更に奥には、バーエリアが設けられています。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バーエリア

広い空間に、ゆったりと間隔を空けて並ぶソファ席が。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バーエリア

その最奥にあるのが、バーカウンターです。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バーカウンター

カウンターにはバーテンダーさんが常駐していて、好きな飲み物を作ってくれます。

豊富なドリンクメニュー

メニューはこちら。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バー

ノンアルコール シグネチャードリンク
  • キャセイディライト
  • バブルミルクティ
モクテル
  • ベリーリシャス
  • ファンシートラベル
  • マンゴークーラー
  • シャーリー・テンプル
フルーツジュース
  • オレンジ
  • アップル
  • パイナップル
コーヒー
  • エスプレッソ
  • アメリカン
  • カフェラテ
  • カプチーノ
  • カフェモカ
  • ホットチョコレート
  • キャラメルマキアート
  • アイスアメリカン
  • アイスラテ
  • アイスカプチーノ
  • アイスチョコレート
  • アイスモカ
  • アイスマキアート
アルコール カクテル
  • バーテンダースペシャル
  • モヒート
  • マティーニ
  • マルガリータ
  • ブラッディマリー
  • ピニャコラーダ
  • ブルー・ハワイ
  • ロングアイランドアイスティー
白ワイン
  • ミッシェル・リンチ・ボルドーホワイト
  • コート・デュ・ローヌ・ベルルーシュ
赤ワイン
  • ミッシェル・リンチ・ボルドーレッド
  • コート・デュ・ローヌ・ベルルーシュ
ウィスキー
  • シーバスリーガル12年
  • ジョニーウォーカーブラックレーベル
  • ジャックダニエル
スピリッツ・リカー・食前酒
  • マルティーニドライ/ロッソ
  • バカルディラム
  • ベルヴェデーレ
  • ベイリーズアイリッシュクリーム
  • ボンベイ・サファイア
  • V.S.O.P
ビール
  • 台湾ビール

かなり本格的な品揃えですね!

一般的なカクテルの他、キャセイパシフィック航空のシグネチャードリンク「キャセイディライト」や「バブルミルクティ」など、ちょっと変わった飲み物も提供しています。

おやつやおつまみも

カウンターにはクッキーやチーズ、サラミなどのおつまみも充実していました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バー

マフィンやパンも。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バー

小腹が空いた時にいいですね。

キャセイディライトをオーダー(1杯目)

せっかくなので、バーテンダーさんに行きの飛行機で注文しそびれた「キャセイディライト」をオーダーしました。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バー

キャセイディライトは人気のためか、作り置きを注ぐだけでしたので、待たずに受け取れました。クッキーと一緒に頂きます。

キャセイディライト

材料はキウイジュースとミント、ココナッツミルク、フレッシュミルク。

爽やか、さっぱりした飲み物です。シグネチャーカクテルとありますが、ノンアルコール。こちらも朝飲むのに適している感じでした。

バブルミルクティをオーダー(2杯目)

続いて注文したのが、キャセイディライトと並んで、シグネチャードリンクとして紹介されていた「バブルミルクティ」。

どんなものかも知らずにお願いしましたが、タピオカミルクティーのことなんですね。

バブルミルクティ

激甘を覚悟しましたが、意外と甘さ控えめ。タピオカがもちもちもぎゅもぎゅで美味しかったです!

ラウンジを彩るスタイリッシュなインテリア

ラウンジのインテリアデザイナーは、イギリス出身のデザイナー、イルゼ・クロフォード氏。イケアの家具などのデザインも手がけたことがあるのだとか。

こんな雰囲気のいいラウンジなら、何時間でもいられそうですね。

キャセイパシフィック航空ラウンジ バーエリア

キャセイパシフィック航空の新ブランドコンセプトを具現化しながら、五感にやさしく響く心地よさを創出。木や石などの天然資材を多用することで温もりを演出しながら音響や照明効果にも最大限の配慮を施したくつろぎの空間を提供しています。(公式サイトより引用)

電源などもむき出しではなく…

キャセイパシフィック航空ラウンジ 家具

このように、取っ手を引っ張って出す仕組み。無機的な物で木材の温かみを壊さないように、という配慮が感じられます。

キャセイパシフィック航空ラウンジ 電源

そして特徴的なのが、それぞれに読書灯や電源、コート掛けが備え付けられたソロ・チェアです。

キャセイパシフィック航空ラウンジ ソロ・チェア

上半身を三面で囲うようになっていて、パーソナルスペースが広い私でも快適に過ごすことが出来ました。

ビューロー

「ビューロー」と称するビジネススペースは、iMac・プリンター完備した5席のワークステーション。

キャセイパシフィック航空ラウンジ ビューロー

忙しいビジネスマンにも快適に過ごしてほしい、という心配りが存分に感じられます。

化粧室のアメニティはイソップ

こちらのラウンジには、あいにくシャワー室はありません。日本まで帰る分には、フライト時間も短いので、特に問題はありませんが、ちょっぴり残念な点ですね。

これまで訪れた羽田国際線や成田、クアラルンプールのキャセイラウンジでも、シャワーが設置されている所はありませんでしたので、そういう方針なのでしょう。

お化粧室はというと、ハンドソープ&ローションがオーストラリアメルボルン発のAesopだったのが、個人的には高ポイントでした!

まとめ

台湾桃園国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは、インテリア・ドリンクやフード、アメニティに至るまで、全てに統一感を持たせたとてもスタイリッシュなラウンジでした。

先進的でありながら、しっかりリラックスも出来る、この独特な雰囲気が好きな方は多いのではないでしょうか。私もとても素敵な時間を過ごすことが出来ました。

台湾を訪れる機会があれば、ぜひまた利用してみたい、素晴らしいラウンジです。

これまでに訪れた空港ラウンジについては、こちらで詳しくご紹介しています。

空港ラウンジ訪問記まとめ〜ANA・JAL・他航空会社・プライオリティパス
空港における楽しみの1つ「空港ラウンジ」。 そこは、飛行機が出発するまでの待ち時間を過ごすだけではなく、これから始まる旅行を快適にするという大きな役割を持っています。 空港ラウンジは、ゴールドカードを提示すれば無料で入室...

その他の関連記事

マイルを貯めて、毎年海外旅行へ!マイルは、クレジットカード決済や飛行機に乗ってコツコツ貯めるものではありません。ポイントサイトで大量に貯める時代です。

【新ソラチカルート】誰でもできる年間20万マイルを貯める方法とは<LINEルート対応2018年最新版>
2018年4月、ソラチカルートの一部変更により、マイルの貯め方が変わりました。世間では改悪と言われていますが、マイルを貯めるのに最も効率的な方法は、いまだにソラチカルートです。少し複雑になってしまいましたが、ソラチカルートを使えば、初心者でも年間21万6,000マイルを貯められるという事実は変わっていません。今からマイルを貯め始めたとしても、驚くほど簡単にビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くことができます。

オススメのポイントサイトは、陸マイラー人気No.1の「ハピタス」!認定ブログである当サイト経由で登録すると530円の入会ボーナスが貰えます。

登録する前に知っておきたいハピタスのメリットと注意点 2018最新版
ハピタスを使ってみたいけど何だか怖い気がする…そんな人のためにハピタスの仕組みやポイントの貯め方を詳しく解説してみました。ポイントサイト初心者でも毎月数万円、マイルへの交換で年間30万マイル以上稼ぐことも可能ですよ。

JALマイルを貯めるなら「モッピー」!期間限定で1,300円貰える入会キャンペーンも実施中!

2018年8月最新!モッピーの新規登録で1,300円貰える入会キャンペーンは見逃せない
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。 いつでもやっているキャンペーンではないので、こ...

ホテルステータスがあれば、修行や旅行が更に充実!

SPGアメックスの特典とメリットとは?人気の理由と申込・審査・カード発行までの手続きを徹底解説
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年ホテルに無料宿泊できる権利が貰えます。入会するなら最大12,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。当サイトからの紹介も可能です。

陸マイラー活動で大量のマイルが貯まると、ビジネスクラス・ファーストクラスでの海外旅行も夢ではなくなります!

【ファーストクラス】スターアライアンス世界一周特典航空券をANAマイルで発券しました!
昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、...
ANA国際線特典航空券ビジネスクラスでフランス・ドイツに行ってきました!
マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。
【ANA国際線】ビジネスクラス特典航空券の空席待ち成功!4人家族でもマイルでシドニー旅行が実現しました
ANAダイヤモンドメンバーになって、そろそろ一年が経ちます。 この間、ファーストクラスで世界一周に出かけるなど、一人でダイヤ特典を享受することが多かったのですが、残り半年を切って、もっと家族にもダイヤステータスの恩恵を受けても...