instagramはじめました!フォローはこちら

【マリオット】コートヤード台北宿泊記!アクセスからお部屋の中まで詳しく紹介~無料宿泊でもアップグレードされる?

follow us in feedly

コートヤード台北のエントランス

コートヤード台北は、台湾・台北市の東部に位置する、マリオット系列のホテル。

4~5つ星の評価を得ている高級ホテルですが、台北市街地の中心から少々離れていることもあって、比較的リーズナブルに宿泊することが出来ます。

台北市内で、手頃な価格で素敵なホテルに泊まりたいならオススメ!観光にも便利です。

以下では、コートヤード台北について、ホテルへのアクセスから、チェックイン・お部屋の中の様子まで、詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク

ホテル概要

ホテル名 コートヤード台北(六福萬怡酒店/Courtyard Taipei)
住所 No. 359, Section 7, Zhongxiao East Road, Nangang District, Taipei City, 台湾 115
マリオット リワード カテゴリー 4
客室数 465室
開業 2015年12月(台湾初のコートヤードブランド)

アクセス

コートヤード台北は、台北市街地の東部(下記地図の右端、赤丸部分)に位置しています。

コートヤード台北マップ

羽田便が発着する台北松山空港までの距離は、約7.6km。

市街地の中心からは若干外れた立地ではあるものの、そこまで離れているわけでもありません。

電車やタクシーを使えば、意外と簡単にアクセスできます。

電車でのアクセス

コートヤード台北は、MRTやTRA等が通る南港駅直結のホテルです。

台北松山空港からは、1回乗り換えで25分ほど。料金は30TWD(≒111円)と出ました。

台北松山空港からコートヤード台北最寄り南港駅まで

ちなみに、台北市郊外にある桃園国際空港から電車で来る場合は、1時間10~30分ほどかかります。

タクシーでのアクセス

台北松山空港からコートヤード台北までは、タクシーで約20分の距離。

料金も200TWD(≒736円)程度なので、荷物や人数が多い場合は、タクシーの方がオススメです。

今回は大人2名子ども2名、計4名での移動でしたので、迷わずタクシーを選択しました。

この時だけでなく、滞在中何度か利用しましたが、台湾のタクシーは日本と比べると少々運転が荒く感じたものの、ぼったくられることもありませんでしたし、子連れには便利な移動手段です。

ホテルの場所

コートヤード台北は、Googleマップ上で一見すると、大きな幹線道路沿いにあるように見えます。

コートヤード台北Googlemap

しかし、地図上のピンが立っているあたりからは、ホテルの入口らしきものを見つけることができません。

しばらく周辺をぐるぐる回ってみても、一向にホテルらしきものは見あたらず、寒い中とっても難儀しました…。

エントランスはショッピングモールの中でした

近所のカフェで尋ねたところ、親切にも案内していただき、やっとホテル内へ。

コートヤード台北は独立した建物ではなく、「CITYLINK」というショッピングモールのB棟、7階から30階部分に入っていたのです。

コートヤード台北詳細地図

ホテルへは、CITYLINK1階にある専用エレベーターを使って上がります。

CITYLINK1階のコートヤード台北入口

道理で建物の外からではわからないはずですね。

無料宿泊サーティフィケートで宿泊

今回の宿泊には、マリオットのメガボーナスで獲得した「無料宿泊サーティフィケート」を利用。

マリオットのホテルに2泊することで、1泊分の無料サーティフィケートを獲得出来るという内容のキャンペーンでした。

【プラチナチャレンジ】マリオット2017秋メガボーナスで無料宿泊をゲット!おすすめホテルはどこ?
現在、世界的ホテルチェーン「マリオットグループ」では、対象期間中の2滞在で1泊分の無料宿泊権を獲得できる「メガボーナスプロモーション」を実施中です。 私の場合、先月からマリオットのプラチナチャレンジを開始したので、あっという間...

無料宿泊対象はカテゴリー5以下のホテル

マリオットには、カテゴリー1~9(高いほどハイクラス)のホテルがありますが、今回獲得した無料宿泊サーティフィケートを使用できるのは、カテゴリー5以下のホテルのみ

無料で宿泊できるのですから、どんなホテルでも問題ないのですが、日本国内にはカテゴリー5以下のホテルが一軒もありません。ということで、国内の宿泊には利用することができませんでした。

一方、日本以外のアジア各国には、カテゴリー5以下のホテルもたくさんあります。

しかも物価の違いからか、かなり高級なホテルであっても、カテゴリーが低めに設定される傾向にあり、総じてお得。

今回宿泊するコートヤード台北のカテゴリーは””ですから、無料宿泊サーティフィケートを使えば、完全無料で宿泊することが出来るというわけです。

チェックイン

コートヤード台北の一般向けフロントデスクは、建物の7階にあります。

コートヤード台北 エントランス

コートヤード台北フロントデスク

私が到着した際には、ちょうど混雑していたので、エグゼクティブラウンジでチェックインすることにしました。

エレベーターで30階に向かいます。

コートヤード台北フロア概要

海外の場合、ホテル内のエレベーターはカードキーがないと利用できないことも多いのですが、コートヤード台北では不要でした。治安のよさからなのでしょうか。

エグゼクティブラウンジ

ホテル30階にあるエグゼクティブラウンジは、こんな感じです。

コートヤード台北エグゼクティブラウンジでチェックイン

7階のメインフロントと比べると小ぢんまりしていますが、利用者が少ないため、落ち着いた雰囲気の中でチェックインすることができました。

お部屋の無償アップグレード

マリオットの上級会員(ゴールド会員やプラチナ会員)には、無料でお部屋をアップグレードして貰えるという特典が付いています。

つまり運が良ければ、お値段据え置きで豪華なお部屋に宿泊することができるのです。

私も昨年12月に、マリオットの「プラチナチャレンジ」でプラチナ会員となっていたため、無償アップグレード特典の対象ですが、もちろん空室がなければアップグレードはされません。

果たしてアップグレードなるでしょうか?

結果は…

……

アップグレード成功!エグゼクティブルームとなりました!

コートヤード台北のお部屋は、マリオット公式サイトで確認できた限り、下記の通りです。

スーペリア     ←予約時のお部屋
デラックス
エグゼクティブ ←当日アップグレード
ジュニアスイート
デラックススイート

無料宿泊のため、もともとは最安のスーペリアルームに宿泊予定でしたが、上記表の通り、2段階アップグレードして貰うことができました。

スポンサーリンク

27階エグゼクティブルーム

本日のお部屋は、2703号室。42平米のエグゼクティブルーム(ツイン)です。さっそく入ってみましょう!

コートヤード台北27階エグゼクティブルーム

ドアを開けると、空間広々!

コートヤード台北

開業から2年しか経っていないこともあって、とても綺麗ですし、インテリアもモダンですね。

ベッドルーム

ベッドボードや壁面は、落ち着いたゴールドを基調としています。

コートヤード台北エグゼクティブルームベッド

ふかふかのダブルベッドが2つ。子供を2名含む計4名でも窮屈さは全くなく、ゆったりと休むことができました。

枕元には、ティッシュ、電話、目覚まし時計、メモ帳。

コートヤード台北エグゼクティブルームベッドサイドの設備

ベッドから正面〜窓を見ると、こんな感じです。天井が高く窓も大きいので、お部屋が一層広く感じられました。

コートヤード台北エグゼクティブルームベッドから窓を見たところ

窓からの眺め

27階のお部屋でしたので、窓からの眺めも絶景!

北側に面しており、正面奥に台北松山空港が位置しています。

コートヤード台北エグゼクティブルームから松山空港方面の眺め

右手を見やると、ちょうど虹がかかっていました。

コートヤード台北エグゼクティブルームから虹を眺める

子供達は「初めて本物の虹を見た!」と大喜び。眺めのいいお部屋にして頂けたおかげで、とても素敵な思い出ができました。

デスク&テレビ

ベッドの正面には、横長のデスクとテレビが設置されています。

テレビはご覧の通り、日本語チャンネルも映りました。

コートヤード台北エグゼクティブルームデスク周り

デスクには、ライトのほか…

コートヤード台北エグゼクティブルームデスクの上にはメニュー表など

目の前に電源・出力端子もあって、なかなかの使い心地。

コートヤード台北エグゼクティブルームデスク周辺の電源

ミニバー

デスクから入口側を見ると、たっぷりの荷物置き場とミニバーが。

コートヤード台北エグゼクティブルームミニバーなど

無料のミネラルウォーター2本と、ネスカフェドルチェグストが置かれています。

コートヤード台北エグゼクティブルームミニバー

下の引き出しには、ドルチェグスト用のカプセル、ティーバッグ、ミルク、砂糖、コーヒーカップとソーサー。

コートヤード台北エグゼクティブルームミニバー引き出しの中

一番下の開きには冷蔵庫が入っており、中を見ると、ビールとペプシ、ミネラルウォーター、お茶のペットボトルと、控えめなラインナップです。

コートヤード台北エグゼクティブルーム冷蔵庫の中身

プラチナメンバーは、エグゼクティブラウンジで自由に飲食可能なので、例によって冷蔵庫の飲み物に手をつけることはありませんでした。

ウェルカムスイーツ

窓辺のテーブルには、あらかじめミネラルウォーター2本とウェルカムフルーツ、スイーツが置かれていました。

コートヤード台北エグゼクティブルームウェルカムスイーツ

スイーツはホテル内にある「エリートベーカリー」というお店のもの。

コートヤード台北7階エリートベーカリー

お菓子自体はもちろんのこと、パッケージや入れ物もオシャレです。

パイナップルケーキやマンゴーキャラメル、アーモンドチョコなど、色々なお菓子があって、子供達も大喜びでした。これだけの種類や量が揃ったウェルカムスイーツは初めてかもしれません。

スポンサーリンク

クローゼット

クローゼットには、バスローブ、セーフティーボックス、アイロン&アイロン台、スリッパ、ランドリー袋、懐中電灯等々。

コートヤード台北エグゼクティブルームクローゼットの中

ソーイングキットや靴べら、ブラシも。十分なラインナップです。

コートヤード台北エグゼクティブルームクローゼットの中の様子

バスルーム

続いて、入口入って右手にあるバスルームを見てみましょう。

コートヤード台北エグゼクティブルームバスルーム

大きめのバスタブに…

コートヤード台北エグゼクティブルームバスルームの浴槽

反対側にシャワーブースとトイレ。

コートヤード台北エグゼクティブルームのシャワーブースとトイレ

シャワーブースの中は、こんな感じです。

コートヤード台北エグゼクティブルームシャワーブースの中

シャンプー類は、あらかじめブース内の小棚に置いてありました。

バスアメニティ

洗面台にあったアメニティはこちら。コートヤード・マリオット銀座東武ホテル等、コートヤードおなじみの「NIRVAE」シリーズです。

コートヤード台北エグゼクティブルームのバスアメニティ

固形せっけん、シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、シャワーキャップ、コーム。歯磨きセットは、添い寝の子供達用も含め、4人分揃っています。

さらに、ティッシュとミネラルウォーター2本。

コートヤード台北エグゼクティブルーム洗面台の上にもミネラルウォーターが

無料のミネラルウォーターは、一人1本となっているはずですが、お部屋の中に合計6本も置いてありました。

洗面台の下にはドライヤーも。

コートヤード台北エグゼクティブルームのドライヤー

フィリップス社製のシンプルなものですが、風量もあって使いやすかったです。

最後に

コートヤード台北は、マリオットグループの中では比較的リーズナブルなカテゴリー4のホテルなのですが、そうは思えないほど高級感があり、とても快適なホテルでした。

今回はメガボースキャンペーンで獲得した無料宿泊を利用しましたが、幸運にも、プラチナ特典でお部屋もアップグレード!新しく広々とした気持ちの良いお部屋で、家族皆ゆっくり休むことができ、素敵な滞在となりました。

市街地からちょっと離れているからこその広さやサービスなのでしょうが、電車を使えば、中心地の観光にも不自由はしませんし、台北滞在にはオススメのホテルです!

コートヤード台北のエグゼクティブラウンジはこちら↓

大人も子供も大満足!コートヤード台北のエグゼクティブラウンジのサービスを時間帯別にすべてご紹介します♪
コートヤード台北(台北六福万怡酒店)は、台湾・台北市の東部に位置するマリオットグループのホテルです。 市街地からは少し外れた立地ですが、2015年にオープンしたばかりとあって、建物内はとってもきれい。利用者からの評判も上々で、...

台湾旅行の記事

今回、我が家は陸マイルで獲得した特典航空券を使って、台北までやって来ました。

ANA特典航空券で行く!マイルで台湾家族旅行記〜空港出発からエコノミー機内食まで
2018年明けて早々、家族で台北に行ってきました! もちろん今回もANAの特典航空券です。 ANAの国際線特典航空券は、家族4人分となるとなかなか空席が見つからないのですが、昨年末頃から、1月分にちらほらと空きが出ていた...

ホテルに向かう前に立ち寄った台北おすすめレストランはこちら!

地上85階の超高層レストラン!台北101「欣葉シンイエ」は予約必須の人気店~マイルで台湾旅行記2
欣葉(シンイエ)は、台北に訪れたら絶対に食べに行きたい台湾料理の名店。 台湾家庭料理をベースとした数々のメニューは、外国からの観光客だけでなく、地元台湾の人たちにも大人気で、お店の前に長い行列ができることも珍しくありません。 ...

マリオット系列ホテルのエリート会員になる方法

コートヤード台北は、マリオットインターナショナル(Marriott International)が展開するホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用して滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

SPGアメックスにお得に入会する方法

用もないのに16泊はちょっと…という方には「SPGアメックス」がオススメ。

このクレジットカードを持てば、自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。

例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る

【初回限定】UberEats1,000円OFFクーポン

UberEatsを起動する
【a】Uber Eats フード注文