instagramはじめました!フォローはこちら
当サイトの記事には広告が含まれます

【最新版】エバー航空ビジネスクラス搭乗記〜快適シートと絶品機内食のすべて

follow us in feedly

エバー航空ビジネスクラス搭乗記

皆さんは、「エバー航空/EVA Airというエアラインをご存知ですか?

エバー航空とは1991年に運航を開始した台湾の航空会社で、2013年からはANAと同じスターアライアンスに加盟しています。

一度も重大事故を起こしていないことから「最も安全な航空会社ランキング」上位に挙げられており、日本から台湾への直行便を多数運航しているため、日本人にとっても利用しやすいエアラインです。

以前からそのクオリティの高さは噂に聞くところでしたが、実際に乗ってみると、評判に違わぬサービスの良さにびっくり!

特に、短距離フライトとは思えない素晴らしい機内食には、高評価にも納得の一言でした。

ということで今回は、羽田空港発・台北松山空港行きのエバー航空ビジネスクラス搭乗記をお届けします♪

台湾関連記事もぜひ併せてご覧ください!

<2023最新>千と千尋の世界!?九份観光おすすめグルメ・見どころ・ホテル情報~台湾旅行記
台湾で一度は行ってみたい観光地といえば、やっぱり九份(きゅうふん/ジォウフェン)! ノスタルジーたっぷり、日本でもなければ中国でもない唯一無二の街並みは、世界中の観光客の心を惹きつけてやみません。 台北市内からバスで1時間ほどですので、日帰...
台湾おすすめグルメ紀行!食べて分かった本当に美味しいお店4選〜雙月食品社・白水豆花・阜杭豆漿・冰讃in台北【2023最新】
台湾の魅力あふれる首都、台北。 言わずと知れた世界有数の美食の楽園であり、世界中から訪れる人々に新たな食の冒険を提供してくれます。 一度や二度訪れたくらいでは、とても消化しきれないほど多くの魅力的なお店がありますが、今回は、2023年実際に...
シェラトングランド台北ホテルで豪華スイートにアップグレード〜クラブラウンジはサービス充実で大満足!<マリオット宿泊記>
日本人に人気の観光都市、台湾・台北。 ピンからキリまで星の数ほどホテルがありますが、観光・仕事・美食巡りetc.全部の目的にお勧めできるのが、今回ご紹介するマリオットインターナショナル系列の「シェラトングランド台北」です! 安定のシェラトン...
<2023最新>台北松山国際空港VIPラウンジは台湾名物グルメ充実!アクセス&利用条件&サービスの全て
羽田便が発着する、台湾・台北松山国際空港(ソンシャン空港)。 この空港から出発する対象航空会社のファースト&ビジネスクラス搭乗客・マイレージエリート会員は、「AIRLINES VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)」という空港直営ラウンジを...
ANAビジネスクラスで台湾・台北-羽田をひとっ飛び!アメニティ・機内食まで全公開
日本人に大人気!台湾・台北は、美食・文化・そして人々の温かさが心に残る魅力的な街です。 東京から直行便で片道3時間程度・時差もたったの1時間と、週末のプチトリップにもおすすめ! 特に台北市の中心にある松山国際空港の発着便なら、滞在時間いっぱ...
スポンサーリンク

フライト情報

本題に入る前に、今回のフライト詳細は以下の通りです。

便名 BR189
区間 東京・羽田 – 台北・松山
出発時間 10:50
到着時間 13:30
所要時間 3時間40分
シート ビジネスクラス

エバー航空にはファーストクラスがなく、ビジネスクラスが最上なのですが、機種によって「ロイヤルローレルクラス(B787, B777-300ER)」「プレミアムローレルクラス(A330-300、A330-200)」「ビジネスクラス(A321)」と、3種類のシートが設定されています。

スポンサーリンク

WEBチェックインで楽々搭乗

さて、出発当日。

東京国際(羽田)空港第3ターミナルに到着してまず驚いたのが、この混雑ぶりです!とても平日とは思えません。

東京国際空港第3ターミナル

4月のバリ便6月のロンドン便と、最近こちらのターミナルに来る機会が続いていましたが、今回がこれまでで一番の人出でした。

出発口にはなんと「待ち時間の目安は30〜45分」との表示が!

実はこの日渋滞にはまってしまい、予定していたよりも20分ほど遅れたため、出発まであまり時間が残されていません。

この人だかりの中、チェックインカウンターに寄っていたら間に合うかどうか…。

が、エバー航空はアプリもしっかりしていて、自分でオンラインチェックインを済ませれば、スマホに搭乗券を保存することが出来るので安心です!エバー航空ビジネスクラス搭乗記・オンラインチェックイン

というわけで、チェックインカウンターには立ち寄らず、そのまま出発口へと向かいましょう。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・手荷物検査場前の行列

チェックインカウンターに寄ってからこちらに来ていたら、小心者の私は相当焦ったに違いありません(出発が迫っている人には救済措置があるとは思いますけれども)

もちろん預ける荷物がないことが前提にはなるものの、外資系ではまだこういったeサービスが確立されていないエアラインもありますので、早くもエバー航空への信頼性が高まりました。

スポンサーリンク

エバー航空はANAラウンジ指定

無事出国審査を終えたら、ひとまずは一安心。

エバー航空ビジネスクラス搭乗者には、ANAラウンジが案内されます。

【2024最新】羽田空港国際線ANAラウンジの利用条件・フード・ドリンクメニュー
ANAが、国内外の空港に展開している『ANAラウンジ(ANA LOUNGE)』! 空港ラウンジとしては、ゴールドカード等を提示して利用するカードラウンジの方が知られていますが、ANAラウンジは航空会社が直営しているだけあって、サービス内容が...

ここで出発までのんびり…

と行きたいところですが、前述の通り搭乗開始まであと10分ちょっとなので、ラウンジへは寄らずに搭乗口へ。

これほどドタバタの出国は初めてだったかもしれません。

搭乗機まではバスケア

初めてと言えば、搭乗口がいつもと違ったのも新鮮でした。

この日の搭乗口は138番。

131-139番搭乗口の場合は、ワンフロア降りた地上階から飛行機までバス案内です。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・搭乗口への案内

第2ターミナルで国内線に搭乗する時には、よくバスケアに当たるのですが、国際線用のターミナルにも同じようなエリアがあったとは知りませんでした。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・地下の搭乗口

さっそくバスに乗り込み、駐機場へ。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・バスで飛行機へ

道中では2023年6月、7年ぶりに復活したピカチュウジェットNHにも行き合いました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・バスで飛行機へ・ポケモンジェット

Wikipediaによると、この機材は東南アジア方面やホノルル、バンクーバー路線に投入されているようです。

走ること数分ののち、エバー航空機前に到着しました!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・使用機に到着

機体には、サンリオの人気キャラクター「バッドばつ丸」が大きくあしらわれています。

エバー航空とサンリオのコラボは2005年に開始され、これまでに「ハローキティジェット」「ぐでたまジェット」など、見た目も楽しい飛行機が多数誕生してきました。子供は特に喜びそうですね。

公式サイトによれば、5種類のサンリオ特別塗装機があるそうです。

search

それでは搭乗しましょう。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・サンリオコラボ機

初めてのエバー航空、どんな旅になるのでしょうか。

スポンサーリンク

ビジネスクラスシートの詳細

さて、こちらがエバー航空微ジネスクラスキャビンです!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・キャビン全体

座席の配列は2-2-2。

この日は最前列の窓側、1Aを選択しました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・1Aを選択

足元のスペースを悠々と使えるのが、この席の特権ですね。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・足を伸ばせる広さ

では、シートについて詳しく見てみましょう。

収納

まず目を引いたのはこちら。肘掛けの先端・下部分が、ちょっと珍しい形状のラックになっていました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・座席間の収納

手前のポケットにはヘッドフォンを収納。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・右肘掛け下のポケットにヘッドフォン

ユニバーサル電源の他、USB電源や画像出力端子も備え付けられていました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・右肘掛け下のポケット内電源

スポンサーリンク

機器

左の肘掛け内には、シート角度を調整するためのコントロールパネル。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・左肘掛け下のコントローラ

側面にはリモコンが付いています。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・リモコン

最前列の場合、モニターが下部に収納されていて、離発着時の使用が制限されていることもあります。

JAL国際線エコノミークラスで子供とグアムに行こう!チャイルドミールに限定オリジナルグッズも♪
新型コロナに関する各種制限が撤廃された今夏、久しぶりに家族でグアムへ!という方も多いのではないでしょうか。 東京からグアムに行く場合、現在直行便を運航しているのは「ユナイテッド航空」と「日本航空(JAL)」の2社。 どちらにもそれぞれの良さ...

ただ本機の場合はこのように正面の壁に掛かっているので、何の不自由も感じませんでした。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・正面壁にかかったモニター

ヘッドフォンはしっかりしたケース入りで、ノイズキャンセリング機能付き。さすがビジネスクラスです。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ノイズキャンセリングヘッドフォン

ちなみにアメニティポーチの提供はなし。スリッパのみ配布されました。

 

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・スリッパ

リクライニング

シートはフルフラットではありません。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・シートはライフラット

地面に対して水平ではなく傾斜があるため、多少脚に負担は感じるものの、今回のような短距離フライトでは特に問題ありませんでした。

本機のようなシートデザインだと、通路に出る時にはお隣を跨がなければなりませんが、最前列ならレッグレストをMAX伸ばしておいてもこのくらいの余裕があり、必要以上に気を使う必要がないのが嬉しいところ。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ライフラットシートの足元

先日、久しぶりにソロシートでもスタッガードでもないエティハド航空ビジネスクラスに乗った時には、お化粧室に気軽に行くことが出来ず、密かに難儀しましたが、これなら安心です。

なお、B787・B777-300ERでは、全席通路アクセスのフルフラットシート「ロイヤルローレルクラス」が設定されています!

エバー航空ろイヤルローレルクラスのキャビン

(エバー航空公式サイトより)

 

長距離路線なら、アメニティに加えてパジャマのサービスもあるのだとか。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・長距離路線ではパジャマのプレゼントも

(エバー航空公式サイトより)

 

ぜひともこれは体験してみたい!ということで、2024年、某長距離路線の特典航空券をゲット!

無事実現した暁には詳しくご紹介したいと思っています。

プライバシー

お隣との間には可動式のディバーターがあり、最大限引き出すと座っている限りお互いの顔は見えません。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・隣席との仕切り

一人旅の場合は、少しでもプライバシーを確保出来ることが想像以上に重要だったりしますよね。

テーブル

ディバーターの手前には、テーブルが収納されていました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・テーブル

テーブルは折り畳みではなく、一枚板のタイプ。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・一枚テーブル

大型テーブルはちょっと席を立ちたい時に邪魔になることもありますが、こちらは角度を付けられるので扱いやすかったです。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・一枚テーブル角度調整

スポンサーリンク

化粧室

お化粧室はというと、おむつ交換台付き。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・化粧室

ラックにはビジネスクラスらしく、蘭の花とアメニティが陳列されていました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ラバトリーのアメニティ

はて、このラベル、なんだか見覚えがあるような…

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・アメニティは4711のアクアコロニア

と思ったら、オーデコロンの元祖、ドイツ・ケルンの香水メーカー「4711」を代表する商品、アクアコロニアではありませんか!

ケルンのお土産にオススメ!「4711」の香水&エクセルシオールホテルエルンスト宿泊記<ドイツ旅行記2:>
ドイツ第4の都市、ケルン。 ケルン大聖堂やライン河下りなど観光資源も充実しており、多くの日本人観光客が訪れる一大都市です。 今回は、そんなケルンでのお土産としてオススメな「4711」の香水や、5つ星ホテル「エクセルシオールホテルエルンスト」...

外資系エアラインでは、結構アグレッシブな調合の香水が搭載されていることもありますが、さすがアジア系と申しましょうか、とっても優しくてナチュラルな香りに癒されます。

これまでドイツ国外でお目にかかることがありませんでしたので、思わぬ邂逅がとっても嬉しかったです♪

スポンサーリンク

ウェルカムドリンク

座席に戻る頃、最後のバスが機側に到着。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・2台目のバスが到着

前後してウェルカムドリンクのシャンパンが届けられました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ウェルカムドリンク

美しいフルートグラスでの提供は、ビジネスクラス気分を一層盛り上げてくれますね!

スポンサーリンク

離陸

そうこうするうちに乗客全員の搭乗が完了し、機体は滑走路へと走り出しました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・滑走路へ

先ほど見たポケモンジェットも、ちょうど同刻の出発だった様子。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ポケモンジェットも離陸

その後、多少の待ち時間はあったものの、台湾・台北松山空港に向けていざ離陸です!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・離陸

ふとお隣を見ると、同時に離陸したJAL機が。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・JAL機と同時離陸

お天気も申し分なし、幸先のいいスタートです。

コロナ以前の賑わいを取り戻したことが何より嬉しく感じられました。

スポンサーリンク

エバー航空の機内食は絶品!

上空で飛行が安定すると、さっそく機内食の提供が開始されます。

エバー航空の機内食はこだわりが詰まっていることで有名。

どんなお料理が楽しめるのでしょうか?

ドリンクリスト

まずドリンクのリストがこちら。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ドリンクメニュー

ワイン
  • シャンパン Champagne Brut Millésimé Blanc
  • チリ産白ワイン 2021 “360° SERIES Charddonay”, D.O. Valle de Casablanca, Chille
  • ドイツ産白ワイン 2021“White Rabbit” Riesling, Rhein, Germany
  • フランス産赤ワイン 2020 Silénus AOP Languedoc- Grés de Montpellier, France
  • スペイン産赤ワイン 2015 Viña Muriel Reserva, D.O.Ca Rioja, Spain
  • ポートワイン Taylor’s LBV Port
  • シェリー酒 Cuesta  Fino Sherry
スピリッツ/カクテル他
  • エバー航空シグネチャーカクテル… エバーグリーンスペシャル/オーロラ/パッション・アイランド
  • ノンアルコールカクテル…琥珀色の夢/雲のソナタ
  • クラシックカクテル
  • 梅酒
  • 日本酒(日本路線限定)
  • ビール各種
ソフトドリンク
  • コーヒー…レギュラーコーヒー/エスプレッソ/カプチーノ/カフェラッテ/低カフェインコーヒー/チャンピオンシップコーヒー(VWI by CHADWANG)東京シンガポール路線限定
  • 各種お茶…王徳傳の中国茶シリーズ/トワイニング紅茶セレクション/各種ハーブ・フラワー・フルーツティー/日本煎茶/ほうじ茶
  • ミネラルウォーター
  • スパークリングウォーター
  • ココア
  • ミルク
  • 抹茶ミルクティー
  • カルピス
  • 伊藤園緑茶
  • 各種ジュース

「エバー航空限定カクテル」なるものにも心惹かれたのですが(なんて詩的で素敵なネーミングなんでしょう)、残念なことにこのところ、甘いドリンクが益々苦手になってきたこともありまして、赤ワインを頂くことにしました。

こうしてエチケットを見せて下さるのはよくあることですが、テイスティングしますか?と提案いただいたのは記憶にある限り初めてでしたのでびっくり!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・赤ワインを選択

短時間のフライトでお忙しいでしょうに、高級レストラン顔負けの本格的なサービスに感激してしまいました。

とはいえ赤ワインに詳しいわけでもなく、CAさんのおすすめなら間違いない!ということで、そのまま注いで頂くことに。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・フランス産赤ワインを注いでいただく

いい歳をしてもう何年も同じことを言ってますが、いつかは違いのわかる大人になりたいものです(笑)。

スポンサーリンク

食事メニュー

続いてお食事のメニューがこちら。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・機内食メニュー

日本料理
  • 前菜…いくらとモロヘイヤのお浸し/百合根茶巾/鱒小袖寿司/むかご真丈
  • 向付…鮪のスモークのとろろ和え
  • 小鉢…花咲くらげときゅうり
  • 煮物…木の葉南瓜と野菜
  • 台の物…鶏と野菜の唐揚げ、大根おろし餡掛け(7月)
  • 御飯…ご飯/味噌汁/香の物
  • 水物…もちアイス
  • 緑茶
西洋料理
  • 前菜…チキンコンフィのパテ パイナップルのコンフィチュール
  • メイン…牛フィレ肉のステーキ/山葵風味の青ネギのピューレ/マデイラワインソース/ポテトのサフラン風味(7月)
  • スイーツ…フレッシュフルーツ/シトロンバナーヌケーキ
  • コーヒー/紅茶
プレミアム・ローレルクラス スペシャルメニュー
  • 御番菜…焼き餃子と野菜とメンマのピリ辛和え/細巻き/青しその実
  • メインコース…鶏ゆず塩ラーメン
  • スイーツ…フレッシュフルーツ/もちアイス
  • 中国茶

なんとたった4時間弱のショートフライトにも関わらず、3つのメニューから選べるようになっています!

他のエアラインでは、台湾線ビジネスクラスの場合、2種類で提供しているところが多数派かと思いますので、これは嬉しいですね。

ちなみに、エバー航空のビジネスクラスでは、小籠包で有名な台湾を代表する老舗レストラン鼎泰豊(ディンタイフォン)」とコラボした機内食が人気と聞いていたので、是非注文したいと思っていたのですが、なぜか機内メニューには見当たらず。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・鼎泰豊とのコラボ機内食(エバー航空公式サイトより)

CAさんに聞いてみたところ、なんと鼎泰豊を提供しているのは台湾発便だけなのだそうです。

残念…これは想定外でした。

こうなれば鼎泰豊のためだけに、近いうち台湾発便に乗ってみなければなりません復路はANA便でした

スポンサーリンク

前菜

というわけで、今回は西洋料理をチョイスすることに。

まずは前菜「チキンコンフィのパテ・パイナップルのコンフィチュール」が提供されました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・機内食のスタート

こちらもまるで高級レストランさながらの美しさですね!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・前菜のチキンコンフィパテ

まろやかなパテとフルーティーなコンフィチュールに、ドラゴンフルーツのさくさくとした食感がアクセントになっていて、非常に美味しくいただきました。

温かいパンのサービス

メインの前には、パンのサービスも。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・パンのサービス

こうしてバスケットに入れてサーブしてくれるというのも、あまり短距離路線では目にする機会がないように思います。

CAさんに伺ってみたところ、ガーリックトーストが一番人気とのこと。チーズパンと一緒に注文してみました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ホカホカのパン

いずれのパンもちゃんと温めてあって、焼きたての美味しさを楽しめます♪

メイン

そしてこちらがお待ちかねのメインディッシュ「牛フィレ肉のステーキ」です!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・牛フィレ肉のステーキ

上に乗っているのは山葵風味の青ネギのピューレ。見た目は先日ANAロンドン線ビジネスクラスで味わったステーキにもちょっぴり似ていますね。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・牛フィレ肉のステーキに載っているのはわさびとネギのソース

ところがこちらはステーキというより、まるで赤ワイン煮込みのようにホロホロでとろっとろ♪

濃厚なマデイラソースにビーフの旨みがたっぷりと溶け込んでいて、美味しいことこの上なし!!

洋食の中で、牛頬肉の赤ワイン煮込みが一番好きと言っても過言ではない私にとっては、特に嬉しいメニューでした。

これまで頂いたビジネスクラス機内食の中でも、かなり上位にランクインしそうなクオリティです。

やはりエバー航空は侮れません!

デザート

そして最後のデザートですが、メニューに「フレッシュフルーツ/シトロンバナーヌケーキ」とありましたので、いつものようにどちらかを選ぶんだろうなと思って待っていると…

なんとどちらも配膳されたではありませんか。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・デザートは2種類共配膳

二つも頂けるなんて贅沢ですね♪

お肉のソースが濃いめでしたので、フルーツはソルベ代わりにさっぱりと頂きまして。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・機内食・デザート・フルーツ

ケーキは夏にぴったりの爽やかな風味、盛り付けも繊細と、最後まで期待を裏切りません。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・機内食・デザート・シトロンバナーヌケーキ

初のエバー航空ビジネスクラス機内食は、個人的に好きなものばかりな上に、とてもショートフライトとは思えない本格的なサービスで、期待を超える忘れ難い体験となりました♪

ちなみにカトラリーに添えられているのが爪楊枝ではなく、プラスチック製の歯間ブラシだったのも嬉しかったです!

 

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・歯間ブラシ

エバー航空で日本語は通じる?

ちなみに、外資系のエアラインに乗る時に気になるのが、言語の問題ではないでしょうか。

もちろん便によって異なるとは思いますが、この便のビジネスクラスに限って言えば、日本語の通じるCAさんはいらっしゃらず。

これまでの拙い経験では、例え日本路線であっても外資系のアッパークラスで日本語OKのCAさんに当たったことはなかったと思います。

とはいえ、エコノミークラスに最低お一人は配置されていますので、本当に困ったことがあれば助けていただけますし、重要なアナウンスは日本語対応なので、それほど心配する必要はないでしょう。

スポンサーリンク

しばしの休息

食器が下げられたあたりで窓の外を覗いてみると、ちょうど故郷・宮崎の上空。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・宮崎上空

あまりこの高度から見る機会がないので、思わず写真を撮ってしまいました。とても夏らしいお天気で、地上は暑そうです。

残りのフライトは目一杯シートを倒しまして、のんびりゴロゴロ。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ライフラットで休憩

ブランケットもエティハドに似た両面仕様でした!

 

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ブランケット

寝そべった状態での視界はこんな感じです。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・ライフラットシートからの視界

しばらくうとうとしていたら、いつの間にかカップホルダーにキャンディが入っていました。

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・キャンディのプレゼント

全然気づきませんでした。ちょっと嬉しいプレゼントですね。

スポンサーリンク

台北松山国際空港に着陸!

こんなに快適なフライトなら、4時間弱など本当にあっという間。

徐々に台湾の街並みが眼下に広がり始め…

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・台湾上空へ

懐かしい台北の景色が姿を現しました!

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・台北上空

松山国際空港は上空からの撮影が禁止されているとのことでしたので、あいにく写真はありませんが、その後無事に着陸し、入国完了♪

エバー航空ビジネスクラス搭乗記・台北松山空港の外観

拍子抜けするほどあっさりと入国できまして、さすが近くて近い台湾だなぁと再認識しました。

感覚としては沖縄旅行と大して変わらないかもしれません。長年日本人に人気の旅先になっているのも納得ですね。

今回まずはUberで憧れの街、九份へ。

<2023最新>千と千尋の世界!?九份観光おすすめグルメ・見どころ・ホテル情報~台湾旅行記
台湾で一度は行ってみたい観光地といえば、やっぱり九份(きゅうふん/ジォウフェン)! ノスタルジーたっぷり、日本でもなければ中国でもない唯一無二の街並みは、世界中の観光客の心を惹きつけてやみません。 台北市内からバスで1時間ほどですので、日帰...

九份では一泊し、素敵な夜景を堪能しました!

その後台北市内に滞在し…

シェラトングランド台北ホテルで豪華スイートにアップグレード〜クラブラウンジはサービス充実で大満足!<マリオット宿泊記>
日本人に人気の観光都市、台湾・台北。 ピンからキリまで星の数ほどホテルがありますが、観光・仕事・美食巡りetc.全部の目的にお勧めできるのが、今回ご紹介するマリオットインターナショナル系列の「シェラトングランド台北」です! 安定のシェラトン...

ANAビジネスクラスで東京羽田へと戻ります。

ANAビジネスクラスで台湾・台北-羽田をひとっ飛び!アメニティ・機内食まで全公開
日本人に大人気!台湾・台北は、美食・文化・そして人々の温かさが心に残る魅力的な街です。 東京から直行便で片道3時間程度・時差もたったの1時間と、週末のプチトリップにもおすすめ! 特に台北市の中心にある松山国際空港の発着便なら、滞在時間いっぱ...

今回の経費

ご参考までに、今回の特典航空券にかかった経費は以下の通りです。

ANAマイル:40,000マイル

諸税費:23,970円

※羽田ー台北松山 往復 ビジネスクラス(エバー航空/ANA)

今回は、ANA公式サイトからANAマイルを使って、提携航空会社特典航空券(スターアライアンス加盟航空会社)を発券しました!

最後に

ということで、今回はエバー航空ビジネスクラス搭乗記をお届けしました。

機材は若干古さを感じさせるものの、アジア系エアラインらしくCAさんが細やかで優しくて、そして何より機内食が絶品!!

本拠地である台湾出発便では、一体どれほどのレベルなのでしょうか。次回への期待は膨らむばかりです。

取りにくいことで有名なANA特典航空券ですが、台湾路線なら比較的空きがあるようですし、意外と早く実現しました!のご報告が出来るかも?

今からその日が楽しみでなりません。


ここまで読んでいただき、ありがとうございました♪
twitterもフォローして下さったら嬉しいです!
【搭乗記まとめ】国内・海外の飛行機レポートをエアライン/搭乗クラス別にすべてご紹介!
国内線・国際線の飛行機レポートをエアライン別・搭乗クラス別にまとめたリンク集です。ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗記も豊富。ANA/JALだけでなく海外の航空会社も多数ご紹介しています。

関連記事

買ってよかった台湾のオススメお土産は?佳徳鳳梨酥のパイナップルケーキ/現烤蛋糕の台湾カステラ/Cookie886/Lai Haoの雑貨
台湾・台北。 東京からのフライト時間は3時間ほど、時差もたったの1時間と、老若男女問わず気軽に行ける海外旅行先として大人気の街です。 魯肉飯(ルーローハン)や小籠包(ショウロンポウ)などなど、数日では周りきれないほど美食の街として知られる台...
<2023最新>台北松山国際空港VIPラウンジは台湾名物グルメ充実!アクセス&利用条件&サービスの全て
羽田便が発着する、台湾・台北松山国際空港(ソンシャン空港)。 この空港から出発する対象航空会社のファースト&ビジネスクラス搭乗客・マイレージエリート会員は、「AIRLINES VIP LOUNGE(航空公司貴賓室)」という空港直営ラウンジを...