instagramはじめました!フォローはこちら

【香港】キャセイが誇る世界最高峰のラウンジ『ザ・ウィング』が贅沢&豪華すぎて感動!!<ワンワールド・ファーストクラスラウンジ訪問記>

follow us in feedly

キャセイザ・ウィングは豪華すぎる!世界最高峰のファーストクラスラウンジ

随分前から、いつかは絶対に行ってみたいと思っていたラウンジがあります。

それは香港にある、キャセイパシフィック航空の「ザ・ウィング・ファーストクラスラウンジ」!!

羽田や台北桃園など、各国で高評価を得ているキャセイパシフィック航空ラウンジですが、中でも香港国際空港はキャセイパシフィック航空の本拠地ということで、他とは一線を画す豪華仕様なのだとか。

これは是非とも訪れてみなくては!と思いながら、早一年あまり。

とうとう先日利用することが出来ましたので、その魅力を余すところなくお伝えしたいと思います♪

スポンサーリンク

香港にはキャセイパシフィック航空ラウンジが6つ!

香港国際空港のキャセイパシフィック航空ラウンジは、なんと6つもあります!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ

(キャセイ・パシフィック航空公式サイトより)

ファーストクラスラウンジ ザ・ウィング(本記事にてご紹介) ターミナル1、1-4番ゲート付近
ザ・ピア ターミナル1、61-63番ゲート付近
ビジネスクラスラウンジ ザ・ウィング ターミナル1、1-4ゲート番付近
ザ・ピア ターミナル1、65ゲート番付近
ザ・デッキ ターミナル1、16ゲート番付近
ザ・ブリッジ ターミナル1、35ゲート番付近

香港国際空港キャセイラウンジマップ

それぞれのラウンジは、こんな感じに配置されています。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジマップ

(キャセイ・パシフィック航空公式サイトより。一部改変)

図中、中央付近の塗りつぶされたところは、2018年にクローズした「ザ・キャビン」というラウンジ。右下は同じく、アライバルラウンジがあった場所です。

2つのラウンジが相次いで閉鎖された一方、新たに16番搭乗口付近にオープンしたのが「ザ・デッキ」ということで、図に勝手に付け加えてみました。JAL便の羽田行きを利用する場合は、ここが一番近いラウンジです。

「ザ・ウィング」「ザ・ピア」には、それぞれファーストクラス用とビジネスクラス用が併設されており、空白を埋めるようにビジネスクラスラウンジ「ザ・ブリッジ」「ザ・デッキ」が設置されているというイメージですね。

もうひとつのファーストクラスラウンジ「ザ・ピア」についてはこちら。

そして、「ザ・デッキ」についてはこちらの記事をどうぞ!

今回訪れるのは、ターミナル1本館の出国審査を出てすぐそばにある「ザ・ウィング・ファーストクラスラウンジ」アクセス方法からご紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ザ・ウィング・ファーストクラスラウンジへのアクセス

出国後、一番スムーズにザ・ウィング・ファーストクラスラウンジまで行くには、南側の出国審査場を使うのがオススメです。

香港国際空港ザ・ウィングファーストクラスラウンジへは南側から出国

保安検査場入口は自動化ゲートが早い

保安検査場の有人レーンには長蛇の列ができていましたが、e-Securityレーンはこの通りガラガラ。

香港国際空港ザ・ウィングファーストクラスラウンジへは南側から出国

11歳以上で、かつicチップが入ったパスポート等を持っていれば、このゲートを使うことが可能です。

航空会社の上級会員や、年に3回以上香港を訪れた人が登録できる「e道(e-Channel)」があると、この中の出国審査でさらに優先レーンを使えるようになっていました。

出発フロアに出たら左へ

出国審査が終わったら、すぐ左の細い通路へ進みましょう!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジへのアクセス

通路の入口には、ザ・ウィングファーストクラスラウンジの案内板が出ています。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジへのアクセス

ちなみに、ザ・ウィングにはビジネスクラスラウンジも隣接していますが、そちらの入口はワンフロア下の6階ですのでご注意ください(ファーストクラスラウンジへの入室資格を有していれば、この奥からも移動できます)。

こちらがザ・ウィングファーストクラスのエントランスです。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジへのアクセス

搭乗待合室を見下ろすオープンデッキスペースに設けられているため、想像していたよりも開放的なことに驚きました!

スポンサーリンク

ザ・ウィングファーストクラスラウンジの営業時間

このザ・ウィングファーストクラスラウンジの営業時間は下記の通りです。

毎日 5:30-最終便出発まで

ザ・ウィングファーストクラスラウンジの利用条件

キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジへ入室するためには、以下のいずれかを満たす必要があります。

●ファーストクラス搭乗者

●ワンワールドエメラルドステータス所持者(JALの場合は、JMBダイヤモンド or JGCプレミア)

※それぞれ1名まで同伴可

いずれにせよ、ワンワールド加盟航空会社の便を利用することが前提条件です。

この日、私はJAL便のエコノミークラス搭乗予定でしたが、前年度獲得していたJAL JGP=ワンワールドエメラルドを活用。

JGPとは、一年に80,000FOPを貯めることで到達できるJALの上級ステータスです。このJGP等、ワンワールドエメラルドに該当するステータスを持っていれば、搭乗するクラスは問われません。

それでは、さっそく入室します!

ザ・ウィングファーストクラスラウンジの全貌

中に入ると、奥までどーんと長くてびっくり!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのインテリア

デッキのフェンスに沿うように通路、そしてシーティングエリアが設けられており、お化粧室やレストランスペースは左手の壁側にまとめられていました。

通路からは、搭乗口と駐機場を眺められる作りです。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジからの眺め

エアラインラウンジといえば、目立たない場所にひっそりと存在していることが多いので、こんなオープンな雰囲気は初めて。とっても新鮮です!

シーティングエリアは、用途によっていくつかに分かれていました。入口に近い方から順にご紹介していきましょう。

マガジンコーナー

まずはたくさんの雑誌や新聞が並べられたコーナー。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジマガジンコーナー

椅子3脚だけの小さなスペースですが、日本の雑誌や新聞もあります。

ちょうど通り道に面しているので、行き交う人の視線が気になるかも?ここで過ごしている人は見かけませんでした。

シャンパンバー

こちらはキャセイファーストクラスラウンジの目玉の一つ、シャンパンバーを擁したスペースです。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのシャンパンバー

豪奢なソファが存在感たっぷりですね!

カウンターにはシャンパンが計6本。グラスも用意されていて、セルフサービスでシャンパンを楽しむことができます。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのシャンパンバー

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのシャンパンバー

この日置いてあったシャンパンの銘柄はこちら。

  • ペリエ ジュエ グラン ブリュット シャンパーニュ
  • アヤラ・ロゼ・マジュール
  • ティエノブリュット・ビンテージ

大体5,000〜10,000円ほどで販売されている品のようです。

傍らの立派なソファで頂いてもよし、他のスペースに持って行ってもよし。優雅な気分を味わえること請け合いです♪

様々なソファが並ぶシーティングエリア

さらに奥へ進むと、いろんなタイプのソファが並ぶエリアがありました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのシーティングエリア

一つ一つのソファが大きめで、とってもゆったりした雰囲気。

中には、こんなテーブル付きのソロソファも!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのシーティングエリア

ぐるりと包みこむような背もたれのおかげで、周囲の視線を気にせずにリラックスすることができます。

テーブルと電源がついているのも嬉しいポイント(コンセントは香港式BF型なので、日本製品を使用する場合はアダプターが必要です)。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのソロソファ

座ってPCを広げると、すぐにスタッフさんがやってきて「何か持ってきましょうか?」と尋ねてくれました。せっかくなので中国らしく、ジャスミンティーを注文。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのソロソファ

テーブルは、ポットとカップを乗せてもまだ余裕があります。もちろんお茶もとっても美味しくて、すごく快適に仕事ができました♪

また、エリア内には立派なバーカウンターも設けられており、ここでドリンクを楽しむことも可能です。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのバーカウンター

明るく開放感のある吹き抜けの下、こんなオシャレなカウンターでカクテルを頂けたら最高ですね!

スポンサーリンク

ビジネスコーナー

通路側には、ビジネスコーナーも設けられています。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジビジネスコーナー

設備はMacが2台とプリンター。自分のPCを広げられる席も2つ。計4人で利用できるコンパクトなスペースです。

ダイニングエリア

ザ・ウィングファーストクラスラウンジの一番奥は、ブッフェコーナー付きのダイニングエリアとなっていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペース

高めのバーカウンターとチェアがとってもスタイリッシュ。

さて、ブッフェにはどんなメニューがあるのでしょうか?

朝のブッフェメニュー

訪問した当初は朝10時。カウンターには、まだ朝食メニューが並べられていました。

まずは香ばしく焼けたパン。クロワッサンとアップルパイに…

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェ

ロールパンやハード系ブレッド。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェのパン

甘党に嬉しい、バナナコーヒーマフィンやキャロットケーキもありました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェのパン

小さめ・上品サイズなのがいいですね!

あらかじめ具を挟んだものもあります。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェのパン

野菜のグリルを挟んだロールパンに、七面鳥とチーズを挟んだパニーニ。中央にあるのは、ほうれん草のフリッタータ(キッシュに似た卵料理)です。

パンだけでなく、シリアルも。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェシリアル

スプレッドコーナーには、バター、はちみつ、マーマレード、いちごの小瓶が置いてありました。

コールドカッツや野菜のマリネなどなど。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェの前菜

もちろんフルーツにチーズも欠かせません♪

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェ

冷たいものだけでなく、温かいお料理もありました。こちらはソーセージとベーコン。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェホットミール

スクランブルエッグとケチャップ。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェホットミール

ローストポテトとベイクドトマト。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェホットミール

そしてオートミール。全体的に洋風の朝ごはんといった感じですね。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースブッフェホットミール

毎度のことながら、撮影のためだけに蓋を開けるのは憚られたので、容器の外観だけで恐縮ですが、雰囲気だけでも伝われば幸いです。

オートミールのお隣には、シナモンシュガーやアーモンド、レーズンなども並んでいました。

何のお話だったかはすっかり忘れてしまったのですが、昔読んだ本で主人公がオートミールを嫌がるシーンが強く印象に残っていて、なんとなく食べる機会を逃してばかり。こんなトッピングを入れたら美味しく頂けそうですね!

お昼用の軽食

12時を過ぎると、メニューはお昼用にチェンジ。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン

チキンやツナ&アボカドロールサンド、ラップサンドやスープが置いてありました。

より本格的なランチが欲しければ、後述するレストラン・ヘイブンで頂くこともできます。

スポンサーリンク

ドリンク

ブッフェカウンターには、ドリンクバーも設置されていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースドリンクメニュー

目を引くのは、手前のデトックスウォーター。フレッシュなイチゴやブルーベリーとミントの葉がたっぷり入っていて、朝にぴったりの爽やかさです!

そのほかにもたくさんのドリンクが。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースドリンクメニュー

  • イタリア産ミネラルウォーター(アクアパンナ・サンペレグリノ)
  • 牛乳
  • 豆乳
  • ジュース(オレンジ・スイカ・マンゴー・グレープフルーツ・グァバ)

一流ホテルラウンジ並みのラインナップですね。特にジュースは5種類もありました!

さらに、このラウンジに来たらぜひ味わいたいのが、本格的なお茶の数々。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースドリンクメニュー

「JING(ジン)」のオシャレなお茶がずらりと勢揃いです♪

JINGとはどんなメーカーなのかといいますと、公式サイトには下記のように紹介されていました。

2004年、英国人エドワード・アイスラーによって「最高品質のTEAを英国に根付かせたい」という思いで英国で創設された新進気鋭の高級紅茶ブランド。

アイスラーは東洋医学の学位を取得後、インド・中国・ネパール、そして日本をくまなく旅し、各地の茶園を訪ね、アジアやヨーロッパそれぞれのお茶の楽しみ方を研究した末にJING TEAをはじめました。

JING TEAの紅茶は昔ながらの茶園で熟練の技によって仕上げられ、産地にて真空包装することで、限りなく新鮮さを保った状態を保っています。最上級のお茶をお届けするため、生産者を定期的に訪ね、茶摘みや製造工程のチェックを行うなど、茶葉に対するこだわりを徹底しています。

JING TEAは世界中で、多くの 5つ星ホテルや、3つ星レストランで採用されています。パッケージはティーバッグ、茶葉、小売用と様々なニーズに対応しています。(出典:http://jingtea.jp/

歴史はそれほど長くないものの、採用実績はかなりのもののようですね。

こちらのザ・ウィングファーストクラスラウンジでは、以下の茶葉が提供されていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのJINGラインナップ

  • 季節のスペシャル:ホワイトピオニー
  • セイロンブレックファスト
  • アールグレイ
  • カモミールフラワー
  • レモングラス&ジンジャー
  • ジャパニーズ煎茶
  • オーガニックジェイドソード
  • トラディショナル鉄観音
  • ジャスミン・シルバーニードル
  • ヴィンテージプーアル

メニューを見ていると、こちらもすぐにスタッフさんがやってきてその場でお茶を用意してくれます。

「ジャスミン・シルバーニードル」を頂いてみましたが、本格的な深い味わいで体の中から綺麗になりそうな、そんな美味しいお茶でした♡

奥に進むとビジネスクラスラウンジへ

なお、このダイニングエリアがファーストクラスラウンジ最奥ですが、ここからビジネスクラスラウンジへ移動してもOKです。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングエリア

出て左手は、ビジネスクラスラウンジの1階(ビジネスクラスラウンジは6階と7階の2フロア制)へと続く階段・エレベーターがあり、まっすぐ進めばそのままビジネスクラスラウンジの2階に出ます。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングエリア

ファーストクラスラウンジ側から見たビジネスクラスラウンジ(2階)はこんな感じ。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングエリア

中の様子は、また後日詳しくレポートする予定です!

本格レストラン!ザ・ヘイブン

さて、ザ・ウィングファーストクラスラウンジのダイニングスペースの傍には、本格的なレストランスタイルで食事を楽しめる「ザ・ヘイブン」も併設されていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン

(↑写真左手が入口です)

中はこんな感じで、とってもラグジュアリー!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」店内の様子

スタッフさんが席まで案内し、オーダーも取りに来てくれます。とても空港ラウンジ内とは思えない、高級店さながらの雰囲気ですね。

朝のメニュー

朝メニューはこちら。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」店内の様子

中華セット
  • 牛肉のシュウマイ
  • BBQポークまん
  • 温豆乳とゆで卵、トッピング
    または
  • 鶏肉のおかゆとトッピング
  • フライドエッグヌードル
洋風セット
  • 卵料理(ポーチドエッグ、ゆで卵、スクランブルエッグ、目玉焼)
  • グリルアメリカンスタイルベーコン、ニュルンベルクソーセージ
  • マッシュルームソテー
  • グリルトマト
  • 白インゲン豆の煮込み
  • トーストサワードー
スペシャルブレックファスト
  • スーパーフードブレックファストボウル(ケール、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれん草、シャロット、くるみ)
  • ポルトベロマッシュルーム(スクランブルエッグ、ベーグルトースト)
  • サゴ、緑茶とココナッツのプディング(フレッシュフルーツ、チアシード)
  • ポーチドエッグとキムチ(海苔、コリアンダー、昆布)
  • ポーチドエッグオランデーズソーズ(ハムまたはスモークサーモンとともに)
  • グラノラ(レッドベリー、ヨーグルト)
シグネチャーヌードル
  • 担々麺
  • ワンタン麺

どれも美味しそうですね♪

洋風セットやスペシャルブレックファストも捨てがたいのですが、悲しいことに胃腸の調子が悪かったので、中華粥だけお願いすることにしました。こういう貴重な機会に好きなものが食べられないとは、本当についていません(涙)。

ということで、おかゆが到着!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」朝のメニュー

トッピングには油条、松の実、ピータン、ネギがついていて、おかゆには柔らかく煮込んだ鶏肉が入っていました。

このおかゆのなんと美味しかったこと!

あまりおかゆが好きではない私。出発時の羽田空港のキャセイラウンジでも感動したばかりでしたが、香港はさらに本格的でした。弱ったお腹にも優しくて、ラウンジでこんなにぴったり求めていたメニューが頂けるのは本当にありがたかったです。

ブッフェコーナーもあり

ちなみにこのザ・ヘイブン、奥の方にはブッフェカウンターもあります。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」朝のメニュー

外のダイニングエリアよりもメニュー充実!オムレツや煮込み料理、蒸籠に入った点心などもありました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」朝のブッフェメニュー

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」朝のブッフェメニュー

よく見ると、私が注文したおかゆも。最初からセルフでやればよかったんですね(笑)。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのレストラン「ザ・ヘイブン」朝のブッフェメニュー

次に来た時は、是非キッチンで作られる出来たてメニューを頂いてみたいものです!

スポンサーリンク

ザ・ウィングの目玉はカバナ!

さてさて、美味しいご飯でお腹いっぱいになったら、このザ・ウィング最大の目玉である「カバナ」へ♪

カバナとは、一般的には水辺に面した客室や更衣室のことを指しますが、ザ・ウィングファーストクラスラウンジでは「浴槽付きの個室」をこう呼んでいます。

カバナは予約必須!

ザ・ウィングファーストクラスラウンジに来る人の主目的といっても過言ではないこのカバナ、5室しかない上に一人あたりの使用時間は90分間と長めに設定されているため、はっきり言って回転はよくありません。

ラウンジ入室と同時に予約するのが鉄則です。

予約はエントランスの総合デスクではなく、カバナ専用デスクで受け付けています。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」カバナ・シャワー受付

「どのくらい待つことになりそうですか?」と聞いたところ、「わからないけど、予約しているのはあなただけ」とのことでした。それならうまくいけば1時間か、もしかするともっと早いかも?

キャセイラウンジのヌードルバーでもおなじみの呼び出しブザーを渡され、ラウンジで待つこと…

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

…なんと2時間!!

予想していたよりもずっと長かったです。平日の朝でこんなに待つとは、凄まじい人気ぶり。

私は待ち時間が長くなった場合に備えて、出発時刻の5時間前にラウンジに到着していたので、全く問題なかったのですが、そうでなければ入れずに終わってしまっていたかもしれません。

ここは高級ホテルスパ!?ラグジュアリーすぎるカバナ内部の様子

ということで、利用時間に制限もあることですし、さっそく割り当てられたカバナへ。

ドアを開けると、そこにはとても空港内とは思えない、まるで高級スパのような空間が広がっていました!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

お手洗い

入って右手にはお手洗いもありますし…

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・トイレ

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・トイレ

アイロンサービスはクローゼット内のボタンを押すだけ

左手にはクローゼットも!中にはバスローブとスリッパが入っていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・クローゼット

ん?このボタンは?

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・クローゼット

なんとカバナ利用者は、アイロンサービスも使えるんです!もちろん無料。

このハンガーにプレスしてほしい洋服をかけ、上の写真のボタンを押すと、回収→プレス→返却してくれる仕組みになっている模様。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・クローゼット

これはスゴイですね!まるでセントレジスのバトラーボックスみたいです。

鏡台

室内には、こんな大きな鏡がついたデスク&チェアもあります。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

洗面台

お部屋の中央付近には、立派な洗面台も。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

まるで高級マンションのモデルルームみたい!と思いましたが、こんなにリッチでバブリーなマンション、現代の日本にあるのでしょうか…ひょっとしたら、ないかもしれません。

何の気なく蛇口をひねってみると、ところてんのように水が出て来ました!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・洗面台の蛇口

ただ水を出すだけなのに、この細部まで徹底されたエンターテインメント性…さすがは世界最高峰のラウンジです。

アメニティ

傷・シミひとつないピッカピカの洗面台には、ハンドソープやタオルなどが置かれています。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

こちらは左がボディローション、右がフォーミングクレンザーと書かれていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・洗面台のアメニティ

キャセイのラウンジでは、Aesop(イソップ)やJurlique(ジュリーク)など、オーストラリアの自然派コスメを採用しているのが嬉しいですよね♪香りも使い心地も抜群です!

この他、紙コップ、綿棒、コットン、シャワーキャップ、サニタリーバッグ、歯ブラシ。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・洗面台のアメニティ

ドライヤーはフィリップス製。欧米のホテルでよく見かけます。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・洗面台のアメニティ

スタイリッシュすぎる浴室設備

それにしても、とにかく語彙力がないのが残念なほどにオシャレすぎる浴槽とシャワーです。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

シャワーはハンドタイプだけかと思いきや、

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

なんと壁の上部+天井にも!!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

あまりにスタイリッシュ&空間に溶け込みすぎているので、わかりやすいようにお湯を出して撮影してみました↓

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

浴槽外にはシャワーカーテンやドアも一切なく、日本式洗い場のような作りです。

何を見てもスゴイ…とにかくオシャレすぎます!

そして浴槽にお湯を貯めるだけなのに、何なのでしょうか、このフォトジェニック感。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ

浴槽にもシャワー側の壁にも、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ3点セットを設置。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・シャンプー類

いちいち移動することなく、気の向くまま思いのままに入浴出来るよう、全てが整えられています。

さらにこの浴槽、写真ではうまく伝わらないかもしれませんが、横も縦もとっても広々!!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・浴槽広々

ほとんど寝そべった状態でも、足が向こう側につかないほどでした。

このカバナ、実はドリンクも持ち込みOK!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」カバナ

こんな素晴らしいお風呂でシャンパンまで頂けて、これ以上の贅沢が存在するのでしょうか。気分は最高です!出来ることなら、もうここに住んでしまいたい…。

デイベッド

湯上りには、傍らのソファベッドでリラックス。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ザ・ウィングファーストクラスラウンジのカバナ・デイベッド

クーラーの風が真上から吹き付けてくるため、そのままだとちょっと冷えてしまいますが、バスタオルを2枚重ねて被ればバッチリ。

最高の気分のまま、30分ほど仮眠出来ました。旅先ではしっかり眠れずに睡眠不足になることも多いので、すごくありがたかったです!

シャワールームもあり

ちなみに、このカバナは人気のため今回のように待ち時間が長くなることもしばしばですが、とりあえずシャワーだけ浴びたい!という方には、別にシャワールームも用意されています。

場所はカバナの奥。受付で申し出ると、待ち時間なくお部屋に案内してもらえました。

カバナと同様に大理石調のスタイリッシュな室内。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」シャワールーム

シャワーブースには、レインシャワー、ハンドシャワーがついていました。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」シャワー

ドアはなく、半分程度ガラスでカバーしているだけなので、床を濡らしてしまわないよう多少の配慮は必要です。

シャワーブースの正面にはトイレも完備!

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」シャワー

洗面台にはスツールもついていますので、落ち着いてゆっくり身支度できます。

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」シャワー

アメニティはボディローション、サニタリーバッグ、コットン、シャワーキャップ、綿棒、歯ブラシセット、紙コップでした♪

香港国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジ「ザ・デッキ」シャワー

十分な広さがありますし、清潔感もバッチリ!フライト前のリフレッシュにぴったりなシャワールームですね。

最後に

今回は世界最高峰のラウンジと称される、香港国際空港のキャセイパシフィック航空「ザ・ウィング・ファーストクラスラウンジ」についてご紹介しました!

開放感のあるシーティングエリアに、バラエティ豊かなフード&ドリンクサービス。そして何と言っても、一流ホテルにも引けを取らない豪華なカバナは唯一無二の魅力です。

実は、お風呂のあるエアラインラウンジは、フランクフルトのルフトハンザ・ファーストクラスターミナルですでに経験済み。

訪問当時ものすごく感激しましたし、今でも1,2を争うほど大好きなラウンジですが、ザ・ウィングのカバナに限って言えば、設備のレベル自体がさらに上を行っているという印象。

まさしく世界トップクラスのラウンジと言えるでしょう。

ちなみに、香港国際空港にはもうひとつ、キャセイパシフィック航空が運営するファーストクラスラウンジ「ザ・ピア」があり、ウィング側にはないマッサージや個室「デイ・スイート」など、また別のサービスを提供しています。

その全容はこちらで詳しくレポートしていますので、ぜひご一読ください!

これまでに訪れた空港ラウンジはこちらにまとめています。

その他のキャセイパシフィック航空ラウンジ訪問記

その他のキャセイパシフィック航空ラウンジ訪問記はこちら♪

【香港】「ザ・デッキ」はキャセイパシフィック航空の最新ラウンジ!コンパクトながら充実した素敵な空間でした
キャセイ・パシフィック航空の本拠地、香港国際空港。 この空港には、キャセイ・パシフィックが総力を挙げて展開する、素晴らしいラウンジが全部で6つもあります。 中でも「ザ・デッキ」は、2018年にオープンしたばかりの最新ラウ...
【羽田空港】キャセイパシフィック航空ラウンジはオシャレで美味しくてファーストクラスラウンジ以上!?ヌードルバーも本格的!
香港を本拠地とする「キャセイパシフィック航空」は、アジアを中心に、スタイリッシュでモダンなラウンジを多数展開していることで有名です。 羽田空港国際線ターミナルにあるラウンジもその一つ。国内航空会社のANAラウンジやJALサクラ...
美味しいものが充実!台湾桃園空港キャセイ航空ラウンジを徹底レポート~JALでも利用可
台湾・台北市にある台湾桃園国際空港には、中国・香港を本拠地とするキャセイパシフィック航空(以下、キャセイ航空)のラウンジが設置されています。 キャセイ航空は、英国スカイトラックスのエアライン・オブ・ザ・イヤーを何度も受賞したこ...
【クアラルンプール】キャセイパシフィック航空ラウンジは日本人向けくつろぎスポット♪<JAL JGC修行4-4>
クアラルンプール国際空港サテライトターミナルには、たくさんの航空会社直営ラウンジがあります。 中でも今回取り上げるキャセイパシフィック航空のビジネスクラスラウンジは、こぢんまりながら、なかなか居心地の良い空間♪ インテリ...
成田空港キャセイパシフィック航空ラウンジはどんなところ?利用条件からサービス内容まで徹底レポート!<JAL JGC修行1-3>
待ち時間が長くなりがちな国際線に搭乗する際、とっても重宝するのが「空港ラウンジ」です! ゴールドカードで入れる「クレジットカードラウンジ」や「プライオリティパスラウンジ」もありますが、特に豪華なのが、航空会社がビジネスクラス・...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

今回の香港旅行は、JALマイルを使ったエコノミークラス特典航空券で実現しました!

使ったマイルは20,000マイル、諸税は16,240円です。

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る