JAL JGC修行1-13:ビジネスクラスで帰国!台北→成田キャセイパシフィック航空の座席と機内食

今回でいよいよ台湾修行も完結。

台北桃園国際空港キャセイパシフィック航空ラウンジで3時間ほどゆっくり過ごした後、成田行CX450のゲートB7に向かいます。

海外から帰国する際には、現地通貨を日本円に交換してもらうのを忘れてはいけません。

頻繁に訪問する国なら次の機会にも使えますが、私の場合は、しばらく台湾に来る予定はないので、手元に残った台湾元を日本円に変えておくことにしました。

スポンサーリンク

搭乗前に台湾元を換金

インフォメーションで尋ねたところ、ラウンジから搭乗口までの間に換金所は1箇所だけ。

コンコース手前にあるこちらの銀行でお願いしました。

もともと3,000元(約1万円)しかキャッシングしていませんでしたので、残りは1,000元ほど。2千円と数百元が返ってきました。

その後、免税店で子どもたちにチョコレートを買い、残った小銭も殆ど使い切ることが出来ました。よかったよかった。

それでは搭乗口へ向かいましょう。

搭乗口到着

今日の搭乗口はB7。

ラウンジでのんびりしすぎて、搭乗開始時刻ギリギリになってしまいました。

優先搭乗レーンは3種類

台北桃園国際空港でももちろん、優先搭乗レーンが設けられていますが、成田空港とは少々区分けが異なっています。

ファーストクラス利用者、ビジネスクラス利用者、マルコポーロのダイヤ・ゴールド・シルバーメンバーが使える最優先レーン(1)。

成田空港では、赤い看板(ファーストクラス&ダイヤモンドメンバー)と青い看板(ビジネスクラス&ゴールド・シルバーメンバー)が独立していましたが、こちらでは統合されて一つのレーンになっています。

JAL JGC修行1-7:いざ台湾桃園国際空港へ!キャセイパシフィック航空ビジネスクラス搭乗記
JGC修行の第一弾は、キャセイパシフィック航空のビジネスクラスで行く台湾。 キャセイパシフィック航空は、10年ほど前に台北経由のドイツ線エコノミークラスに乗ったことがありますが、ビジネスクラスはもちろん初めて。 しかも、台湾もこれまで観光したことはありませんでしたから、修行の旅程に組み入れることができて幸いでした。 利用するCX451便の出発ゲートは73番。張り切って行ってみましょう!

左奥のブルーグリーンの看板は、プレミアムエコノミー利用者、マルコポーロクラブのグリーンメンバーが使える優先レーン(2)。手前のすでに人が列を為している所が、エコノミー利用者が使える一般レーン(3)です。

さようなら台北

いよいよ搭乗です。

短い間でしたが、充実した滞在でした。

ウェルカムドリンクはシャンパンをいただきました。

定刻通り、13時に台北桃園国際空港を出発。

水平飛行に入って、さっそく昼食の用意が始まりました。

テーブルはこのように前の座席個人用モニターの下から引っ張り出すタイプ。ドリンクだけならそのままでも使えますし…

食事の際には、開くとこの通り大きく使うことが出来ます。

ビジネスクラス機内食紹介

メニューが配られました。

今日のお料理は…

<前菜>
・ホタテのマリネ、アヒルのレバーとマンゴーのテリーヌ
・シーズナルサウザンドレッシング
・しめじ入り蕎麦
<メイン(1-3のいずれかを選択)>
1. ローストチキン スパイシー味噌ソース
2. 牛テンダーロインソテー、ズッキーニ・オニオン・ポテト添え 赤ワインソース
3. シーフードと豆腐の蒸し煮 蟹肉ソース ブロッコリーとライス添え
<デザート>
・チーズセレクション
・フレッシュフルーツ
・ハーゲンダッツアイスクリームパンコーヒー

でした。

まずはペリエをいただきました。この構図、マイラーのみなさんがよくされているので、一度真似してみたかったんです(笑)。

前菜のプレートが来ました。

全体的に無難な味かな…。オードブルのお皿に乗っているチョコボールのようなレバーのテリーヌだけは結構癖がありました。

続いてメインメニューのワゴンが回ってきました。

ここは牛かなとも思いましたが、せっかく中国系のエアラインなので、中華風のシーフード蒸し煮を選択してみました。

蒸し煮と言うか、揚げ煮ですね。

揚げた魚や豆腐に餡がかかっています。カニの風味はなし、かなりしょっぱめ。

ご飯はよそってから保温していたのか、茶碗に接していた部分はことごとく硬化していました。

うーん…正直言って、あまり質が高いものではないと思います。機内では仕方のないことなのでしょうが、ANAやJALなど、日系エアラインがどれほど涙ぐましい努力をしているのかが伺えました。

食後はハーゲンダッツアイスクリームのストロベリーと、コーヒーを。

JGC修行第1弾終了

そうこうする内、着陸が近づいてきました。

帰りの飛行時間は3時間弱。

沖縄ー東京と大して変わりませんから、機内食など頂いているとあっという間ですね。

これで、記念すべきJAL JGC修行第一弾が滞りなく終了しました。修行と言うにはあまりにも楽なスケジュールですが…。

今回獲得したFOP等は下記の通りです(運賃はツアー料金から宿泊費相場を除いたものです)。

運賃 獲得FOP FOP単価 マイル
30,000円 3,326 9.01 3,326

JGC(サファイア)まで、あと46,674FOP。最終的な目標であるJGCプレミアまで、あと76,674FOPです!

<次の話(JAL JGC修行第2弾)>

JAL JGC修行2-1:ANAとJALのビジネスクラスを比較!クアラルンプール線「SKY SUITE」搭乗記
2017年第2回目のJGC修行は、JALビジネスクラスで行く成田ークアラルンプール往復! JALの国際線&ビジネスクラスが初めてなら、クアラルンプールも初めて。一体どんな旅になるんでしょう。とっても楽しみです。 早朝6時30分。ほとんど車も歩く人もいない銀座にやって来ました。 いつも通り、高速バスTHEアクセス成田で成田空港に向かいます。都心から成田空港への移動手段は断然バスがオススメです。

<前の話>

JAL JGC修行1-12:台北桃園国際空港キャセイ航空ラウンジレポート!ヌードルバーおすすめメニュー
台湾滞在最終日。今日はあいにくの雨です。 小雨になったタイミングを見計らい、ホテルをチェックアウトしました。 まだ朝8時前なので、歩く人もまばらです。今日の帰国便は13時出発。ホテルから桃園空港までは片道1時間弱かかるので、お店が開店するのを待っていたら飛行機に間に合いません。 というわけで、最終日は市内観光せずに、早めに空港へ向かうことにしました。 キャセイパシフィック航空のラウンジがかなり豪華ということで、とっても楽しみです!

<JGC修行第1回1話目>

JAL JGC修行1-1:始動!第一弾はキャセイパシフィック航空ビジネスクラスで台湾へ
今年はお正月に宮崎に帰省、そして大阪に日帰り旅行をしたっきり。 SFC修行をしていた一年前の同時期と比べると、格段に搭乗回数が落ちて寂しく感じていましたが、いよいよ満を辞して、JAL JGC修行開始です! JGC修行1回目は台湾 第一弾は、キャセイパシフィック航空ビジネスクラスで行く台湾往復。 この旅程は、2月に出た楽天トラベル20,000円クーポンのおかげで、なんと2泊3日で43,974円という破格のツアーを利用します(現在は配布終了)。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク