instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

【ファーストクラス搭乗記】ルフトハンザ最高峰のサービスと機内食を一挙公開!フランクフルト~ニューヨークB747-8

follow us in feedly

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ機側

ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。

堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。

これぞ正統派ファーストクラス!という、魅力溢れる空間となっていました。

今回、運よく特典航空券を使って、フランクフルト発・ニューヨーク行きのファーストクラスに搭乗することができましたので、その素晴らしさを余すところなくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

フライト情報

今回搭乗する便の詳細は、下記の通りです。

便名 LH404
区間 フランクフルト(FRA)→ニューヨーク ジョンエフケネディ空港(JFK)
使用機材 B747-8
出発時刻 17時10分
到着時刻 19時55分
飛行時間 8時間45分

ファーストクラスターミナルからは専用車で機側へ

ファーストクラス搭乗者へのサービスは、空港滞在中から徹底しています。

世界一ラグジュアリーと言われるエアライン直営ラウンジの一つ、ルフトハンザファーストクラスターミナルでは、搭乗手続きや出国手続きはもちろんのこと、おいしい食事に優雅なお風呂まであり、文字通り、下にも置かないもてなしを受けることができます。

これまで、いろいろなラウンジを訪れてきましたが、評判に違わぬ抜きんでた素晴らしさで、まさしく珠玉のラウンジといった具合でした!

詳しくはこちらのレポートをご覧下さい。

ルフトハンザの珠玉ラウンジ!フランクフルト空港ファーストクラスターミナルの全貌
世界各国の空港には、飛行機出発前の時間を快適に過ごすための「空港ラウンジ」が設置されています。 空港ラウンジといっても、クレジットカードを提示するだけで入場できるラウンジから、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客のみが入場...

夢のような時間を過ごした後は、ニューヨーク行きの飛行機に搭乗です。

ラウンジから飛行機までは、なんと専用車で送ってもらえるとのこと!!

フランクフルト国際空港 ファーストクラスターミナル 送迎車

人数が少なければ、上の写真のような、ベンツのセダンやポルシェ・カイエンに乗れるらしいのですが、この日のファーストクラスは満席。ということで、あいにくバンに相乗りとなりました。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス専用送迎車

ちょっと残念な気もしましたが、ギリギリまでゆっくりした上に、飛行機のそばまで送ってもらえるのは、ありがたいことですね。

車が乗り付けたのはここ!

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ機側

ここはランプ(エプロン)と呼ばれる場所です。航空会社の地上係員が、名札の下に「ランプパス」という許可証を付けているのを見たことがある方もいるかもしれませんね。

つまり、このランプという場所は職員でも立ち入るために許可がいる場所となっているため、基本的に一般のお客さんはここまで近づくことは出来ません(日本の場合)。

搭乗客としてここに立てるなんて、すごく貴重なことだと思います!

降車した後は、従業員用の通路を通って飛行機へ向かいましょう。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス搭乗者用ルート

エレベーターで2階へ。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス搭乗者用ルート

エコノミーやビジネスクラスの搭乗客は見当たりません。ほぼ搭乗完了しているようです。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス搭乗者用ルート

搭乗口をくぐることなく、直接ブリッジから飛行機へ。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス搭乗者用ルート

いよいよ、ルフトハンザ最新機材「B747-8」のファーストクラスに搭乗です!

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス搭乗
スポンサーリンク

ルフトハンザB747-8 シートマップ

このB747-8という機材は、2階建ての飛行機です。ファーストクラスがあるのは、1階のメインデッキ。

ルフトハンザB747-800 ファーストクラス シートマップ

ちなみに2階、アッパーデッキは、コックピットとビジネスクラスのスペースとなっています。

ルフトハンザB747-800 シートマップ アッパーデッキ

全364席のうち、ファーストクラスはたった8席。1席あたり、窓4つ分を使用しています。なんとも贅沢ですね!

ファーストクラス後方から前方を見ると、こんな感じ。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス

まだ新しいだけあって、当然劣化もほとんど見られず、モダンで明るい雰囲気です。

ファーストクラスのシートとアメニティ

座席は最前方左手、1Aにしました!

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス 1A

席に着くや、男性のチーフパーサーさんが挨拶に見えました。

とても優しい雰囲気の紳士的な方で、「ドイツ語はどこで勉強したんですか?ドイツ文学科?偶然ですね、私もそうなんですよ」とにこやかに会話して下さり、緊張を和らげてくれました(もはや大分忘れてしまって、日常会話がやっとなので、専門的なことを聞かれなくて安堵…)。

ルフトハンザは、どのCAさんもフレンドリーかつ和やかな雰囲気なのが素敵ですね。たまたま運が良かったのか、それともそういう企業カラーなのでしょうか。

ニューヨークまでの8時間45分、快適なフライトになる予感がします。

シート周りの機能

それでは、さっそくシート周りをご紹介しましょう!

前方に飾られているバラは造花ではなく、本物です。無機質になりがちな機内に潤いを与えてくれますね。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス 1aのモニターとバラの花

窓側には大きな収納と、ペットボトルホルダー。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス ストレージ

ヘッドフォンはBOSE製、ノイズキャンセラー付きのものです。

ルフトハンザ ファーストクラス ヘッドフォンはbose

左の肘掛の中にはリモコン。

ルフトハンザ ファーストクラス 肘掛の中にリモコン

右はリクライニングのボタンが収まっていました。

ルフトハンザ ファーストクラス リクライニングボタン

肘掛の下部分には、USB用とユニバーサル型の電源が全部で4つ。マガジンラックも付いています。

ルフトハンザ ファーストクラス マガジンラック

シートの向かい側には中に物を収納できるオットマンがありますが、遠すぎてとても足が届きません…!

ルフトハンザ ファーストクラス オットマン

なお、スーツケースを仕舞う場所はないため、ファーストクラス出口付近のロッカーに入れてもらいました。

ルフトハンザ ファーストクラス ロッカー

パジャマは持ち帰り可能

席には、あらかじめアメニティポーチとスリッパが用意されており、CAさんが追ってパジャマを持ってきてくれます。

ルフトハンザ ファーストクラス パジャマとスリッパ

ルフトハンザのパジャマは男女別にサイズが用意されていて、私が受け取ったのは上がS、下がMでした。

いつの間にか、薄っぺらい上半身と下半身太りをチェックされたのかと思うと、ちょっぴり辛いものがありますね(笑)。

中身はこんな感じでシンプル。

ルフトハンザファーストクラス パジャマ

タイ国際航空と同様、パジャマ含めて全て持ち帰り可能です。

【ファーストクラス搭乗記】タイ国際航空A380でバンコクからイギリス・ロンドンへ〜設備編〜
世界一周旅行の最初の目的地、タイ・バンコクを発ち、一路イギリス・ロンドンへ。 今回の旅行では、計3回ないし4回ファーストクラスに搭乗する予定です(回数が決まっていないのは、一便空席待ちの状態だから)。 前回、羽田からバン...

アメニティポーチ

ファーストクラスでは、時期や路線によって、ルフトハンザロゴの入ったリモワ製スーツケース型ポーチが提供されることもあるのですが、今回のアメニティは19世紀にドイツで創業したブランド「Braun Büffel(ブラウンビュッフェル)」のものでした。

せっかくこのフランクフルト出発間際に、空港内のワールドショップでルフトハンザモデルのリモワを購入したので、いずれ是非、ミニバージョンも手に入れて、お揃いで使ってみたいものです。

本場ドイツ購入!リモワのルフトハンザモデルが約6万円安く買えました
飛行機好きなら誰もが憧れる旅行アイテム、それは、リモワ(RIMOWA)のスーツケース! ご存知の通り、日本ではかなり高額なスーツケースとして知られており、海外旅行者にはとっても人気があります。 10万円を超えるモデルも珍...

ポーチは女性用と男性用がありました。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス 女性用アメニティ

同梱されていたカタログを見ると、2種類掲載されていますので、おそらく男性用は、上に持ち手がない方のポーチなのでしょうね。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス アメニティ カタログ

女性用ポーチの中身はというと…

靴磨き、耳栓、ヘアブラシ、靴下+アイマスク、歯ブラシセットと、

ルフトハンザ ファーストクラスアメニティ 中身

スイスの高級化粧品メーカー「la prairie(ラ・プレリー)」のリップバーム、フェイスクリーム(アイスクリスタルクリーム)、ハンドクリームからなる3点セットが入っていました。

フランクフルト国際空港 ルフトハンザ ファーストクラス 女性用アメニティ la prairie

量は各5mlとほんの少しですが、例えば顔用のアイスクリスタルクリームの販売価格は50mlでなんと36,100円!単純計算で、一個3,610円もするわけですね〜(驚)。

今回の世界一周旅行では、タイ国際航空ANA、ルフトハンザのファーストクラスに搭乗しましたが、ルフトハンザのアメニティが最も高級品でした。

スポンサーリンク

ウェルカムドリンクはシャンパン

身支度を整え終わった頃に、CAさんがシャンパンを勧めにきてくれました(あちこち撮影していた様子を見ていたらしく、このアングルで撮ったらどう?というオススメ付き!肩肘張らないフレンドリー加減で、やっぱりルフトハンザ大好きです♡)。

ルフトハンザ ファーストクラス シャンパン

銘柄は、英国王室御用達の「ローランペリエ グラン・シエクル」!

750mlで2万円ほどの高級シャンパンです。我ながら、猫に小判感が半端なかったのですが、ありがたく美味しく頂戴しました。

ルフトハンザ ファーストクラス ウェルカムシャンパン

とても気さくなCAさんで、「あなたの写真も撮ってあげるわ!」と、こちらから何もお願いせずとも積極的に協力してくれました(笑)

そういえば、ファーストクラスターミナルでも、高級なロゼシャンパンを頂いたばかり。ルフトハンザではお酒にも手を抜かないようです。

ルフトハンザ ファーストクラス ウェルカムドリンク

温かいナッツ付き。やはりちゃんとしたグラスに入れてもらえると、ありがたみも増しますね。

全てのサービスが手堅く、これぞファーストクラスらしいファーストクラス!!と言えるのではないでしょうか。

離陸!

出発前の優雅な時間も、そろそろおしまい。いよいよニューヨークに向けて出発です!

ルフトハンザ ファーストクラス搭乗記 フランクフルト国際空港

滑走中、ふと反対側の窓を見ると、駐機しているANA機の姿を発見しました。

フランクフルト国際空港にて ANA機

日本を離れて2週間以上。まるで、家族に再会したかのような懐かしさを覚えました!

飛行機は無事離陸し、順調に高度を上げていきます。15分ほど経って、そういえば最後にドイツの風景を見納めておくか、と、ふと真下を見てみると…

コブレンツ上空

偶然にも、10数年前に私がドイツで最初に暮らした町、そして1年前にも訪れた、コブレンツの真上でした!住んでいた家のあたりまでよく見えます。

ドイツ旅行記3:最終日はコブレンツ観光!ロープウェイでライン川を渡る
ドイツでは1泊だけの予定でした。最終日は、ケルンから1時間ほど南下したライン川沿いにある街、コブレンツを観光します。 日本人にはあまり知られていない街だと思いますが、私はちょうど10年前に、2ヶ月間だけホームステイしていたこと...

今回の旅行中、ドイツではトランジットだけで、ほとんど空港外に出られませんでしたが、最後の最後に、旧い友達に見送ってもらったような気がして嬉しかったです。

また近いうちに、きっと戻ってこられますように!

ルフトハンザ ファーストクラスの機内食

水平飛行になると、さっそく機内食の準備が始まりました。

ルフトハンザ ファーストクラス おしぼりにもバラの花びらが添えられている

バラの花片が沿えられたおしぼり。つくづく優雅ですね~。

メニューは英語とドイツ語、フランス語のみでした。

ルフトハンザ ファーストクラス メニュー

もちろん、日本就航便なら日本語の表記があります。

コース内容を簡単に解説しますと、以下の通りです。

前菜 ●キャビア 伝統的付け合せと共に
●鮭とオヒョウのモザイクポン酢和え わさび・生姜
●牛肉のタルタル
●トマトとパンのサラダ パルミジャーノ・レッジャーノ
●ミックスリーフサラダ バルサミコドレッシングまたはヨーグルトレモンドレッシング
スープ ●メロンとキュウリのスープ スモークサーモン、クリームチーズ
メイン ●オヒョウのフライ、白トマトソース 蒸煮したフェンネルとバジル風味大麦サラダ
●仔牛肉とコールラビの蒸し煮、セロリ&パセリピューレ
●肥育鳥のフライ、レッドカレーソース 中華風揚げ野菜とジャスミンライス添え
●スパゲッティ・カルボナーラ
デザート ●チーズ盛り合わせ
●レモンタルト
●クヴァルクのクヌーデル

どれも美味しそうですね!!

それにしても、ファーストクラスで「ポン酢」を目にしようとは。日本食の普及ぶりが見て取れます。ちなみに表記はそのまま「Ponzu」でした。

アミューズはムース

まずはアミューズから(こちらはなぜかメニューには掲載されていません)。

涼しげな器に、赤色が鮮やかな一皿が運ばれてきました!

ルフトハンザ ファーストクラス 前菜

蟹のほぐし身がたっぷり乗ったチーズのムースに、夏らしくスイカの角切りが添えられています。

甘じょっぱくて爽やかで、個人的に好きな味♡

ルフトハンザの機内食は、それほど評判が良くないようですが、なかなかどうして繊細で美味しいではないですか!

これからのメニューにも期待が高まります。

キャビア:伝統的付け合せと共に

お次はファーストクラスに乗ったら欠かせない(?)キャビア!

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食キャビア

これまでの少ない経験の中では、そんなに好きでもなく、ファーストクラスに乗ったからには食べておくべきか…くらいで「味見程度にちょっとだけ下さい!」とお願いしたのですが、これが意外と(失礼)美味しくてびっくりしました。

今まで食べて来たものは、きっと別物だったのですね…。

「伝統的な付け合せ」には、マヨネーズ、ゆで卵を白・黄に分けて細かく刻んだもの、玉ねぎのみじん切り、そしてレモン。

これ以上ないほどピッタリな食べ合わせで、キャビアとはこうやって食べるものなのかと勉強になりました!

そして、魚卵と白ワインは合いませんが、キャビアとシャンパンの相性はいいんですね。これも発見でした。

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食 シャンパン

牛肉のタルタル

続いて、また前菜メニューから牛肉のタルタルをチョイス。日本では生肉を食べる機会も減ったので、ここぞとばかりに注文です。

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食 牛肉のタルタル

BBQ風味のタルタルに、ケッパーとミニトマト、グリルしたネクタリンをトッピング。

こちらはちょっと薄味でしたが、それが却って素材の味を引き立てていて美味!!量もちょうどよかったです。

果物とお肉の相性って抜群ですよね〜。

パン

お次はパン。CAさんが色んな種類のパンを入れたバスケットを見せてくれて、その中から選ぶ形式です。

ドイツのパンはどれも美味しいので迷いますが、地上滞在中にありつけなかったプレッツェルをお願いしました。

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食 プレッツェル

これを食べずしてドイツを後には出来ません。なんとも言えない香ばしい風味と塩気に、ビールも進みます!

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食 ビール エルディンガー

短距離路線ビジネスクラスで提供されていたビールは、初めて見る銘柄でしたが、このニューヨーク路線では日本でもお馴染みになりつつあるエルディンガーのヴァイスビア。これも間違いない美味しさです。

そういえば、詳しくはよくわかりませんが、以前ドイツ人のシェアメイトに「ワインの後にビールを飲むのはよくない。ワイン飲んだらもう戻っちゃダメ!」と言われていたのをすっかり忘れて、シャンパンの後にビールを注文してしまいました。

もしかして、CAさんにも変に思われたでしょうか…。シャンパンならセーフ、だといいのですが…旅の恥はかき捨てということで。

メインはお魚

ヨーロッパ滞在中、お肉ばかり食べていたので、メインはお魚にしました。

ルフトハンザ ファーストクラス 機内食 お魚

素材は「オヒョウ」という、カレイに似た大型魚。日本ではそれほどメジャーではないものの、イギリスではフィッシュ・アンド・チップスとしてよく食べられています。

上に乗っているのはグリルしたフェンネルで、添えられているのはバジル風味の大麦サラダ。かかっているのは白いトマトで作ったソースなのだそう。珍しいですね。

こちらも塩気と旨味がちょうどよく、とーっても美味しかったです!魚もふわっと柔らかく仕上げてあって、すごく好みでした。

今回の旅行では、ルフトハンザ便に計4回乗りましたが、どの機内食も美味しくて驚き。かなり気に入ってしまいました。

しかし、この後はデザートで締めよう!というつもりでいたものの、お腹いっぱいで断念…。

つい3時間前にファーストクラスターミナルでステーキを食べていたため、これが限界でした。こういう時、いつも思いますが、たくさん食べられる人が羨ましい限りです。

いつでも注文可能なメニューも有り

ちなみに、このコース料理とは別に、いつでも注文できる軽食メニューもあります。

私が搭乗した時は、こんな感じでした。

軽食 ●日本風寿司プレート(サーモン、かっぱ巻き、たくあん巻)
●ホットクラブサンドイッチ(ポテトチップス付き)
●スープ(トムカーガイ)
●ミックスサラダ
●デザート(バニラアイス・ミックスベリー・フルーツ盛り合わせ)

しっかりコース料理を頂いたので、結局降機するまで何も食べずに終わってしまいましたが、今思えば、少なくともお寿司には挑戦しておくべきだったかもしれません。

スポンサーリンク

ドリンクコーナー

ファーストクラスキャビンのちょうど真ん中あたりには、ドリンクコーナーもあり、自由に利用することができるようになっていました。

ルフトハンザ ファーストクラス バーコーナー

とはいえ、CAさんがいつも足りないものはないかと気を配ってくれていたので、利用する機会はありませんでした。

ベッドメイキング

お腹もいっぱいになったことですし、ちょっと横になるとしましょう。CAさんがベッドメイキングをしてくれます。

ルフトハンザ ファーストクラス ベッドメイキング

待つこと数分。全長約2mのベッドが完成しました!

ルフトハンザ ファーストクラス ベッドメイキング

寝具の寝心地もサラサラふかふかで最高ですし、シートまわりには視線を遮るパーテーションも出現して、これならゆったり休めそうですね!

ミネラルウォーターのボトルも頂きました。

ルフトハンザ ファーストクラス ミネラル

さっそくホルダーにセット!

ルフトハンザ ファーストクラス ペットボトルホルダー

寝ながらでも取りやすい位置、転がる心配もせずに済むので、意外と重宝します。

窓は二重のシェードが付いていて、ボタン一つで操作可能。まずは薄いシェードが降りてきて…

その後、より遮光性の高いシェードが下がります。

ルフトハンザ ファーストクラス  B747-800 シェード

よし、これで安眠出来る!…かと思いきや、お隣の男性がずっとビデオを見ながら爆笑されていたため、寝付くことが出来ませんでした(汗)。

ファーストクラスとはいえ公共交通機関ですから、まあそういうこともありますね。

仕方がないので眠ることは諦め、映画を見ることに。ありがたいことに日本語メニューもあります。

ルフトハンザ ファーストクラス エンタメは日本語メニューも有り

しばらく日本語に触れる機会がないと、懐かしくて涙が出そう。

迷った末、チア☆ダンをチョイス。青春ですね〜。中条あやみちゃんと広瀬すずちゃんが可愛くて、3度も繰り返して鑑賞!

ルフトハンザ ファーストクラス チア☆ダンを鑑賞

こんなに長い時間、日本語を聞いたのは久しぶりだったこともあって、おかげさまで癒やされました。

お手洗い

ところで、B747-8ファーストクラスのお手洗いはどうなっているのでしょうか。ちょっと覗いてみましょう。

ルフトハンザドイツ航空 B747-800ファーストクラス トイレ

すべてを写真に収めることができませんでしたが、窓もあって明るく、結構広め。上の写真、左下にちらっと写っているクリーム色の部分が便座の蓋です。

外国には珍しく、便座クリーナーも備え付けられていました。

ルフトハンザドイツ航空 B747-800ファーストクラス トイレ 備品

トイレットペーパーも心なしか高級感があります。

洗面ボウルそばには、紙コップとマウスウォッシュも完備。

ルフトハンザドイツ航空 B747-800ファーストクラス トイレ マウスウォッシュ

引き出しを開けてみると、男性用と女性用それぞれにたっぷりとアメニティが用意されていました!

ルフトハンザドイツ航空 B747-800ファーストクラス トイレ アメニティ

女性用には、メイク落としとヘアブラシ、エビアンの化粧水、お手拭き。

ルフトハンザドイツ航空 B747-800ファーストクラス トイレ 女性用アメニティ

このお手拭きはつい先日、こぼれたコーヒーのシミをあっという間に落としてくれたのと同じものです。

【ルフトハンザ搭乗記】ビジネスクラスとエコノミーはどう違う?ヨーロッパ域内短距離路線のシートと機内食
ルフトハンザドイツ航空(Deutsche Lufthansa)はドイツ最大の航空会社です。 ANA(全日本空輸)と同じスターアライアンス加盟航空会社であり、ANAマイルを使って航空券を発券することができるため、日本在住の方であ...

機内は乾燥しますから、持ち運びしやすい大きさの化粧水がもらえるのもうれしいですね。

男性用にはこちら。

ルフトハンザドイツ航空 ファーストクラス トイレ 男性用アメニティ

メイク落としの代わりに、髭剃りセットが入っていました。

トイレのアメニティもかなりの充実度です。やはり断トツの質と品ぞろえだと感じました。

ニューヨーク到着!

出発からおよそ8時間半。ニューヨークの上空までやって来ました!

ルフトハンザ ファーストクラス ニューヨーク到着

アメリカに来るのは確か4度目ですが、ニューヨークは初めてです。国土が広いだけあって、街によって景観が全く違いますね。

無事に着陸すると、モニター画面も「ようこそニューヨークへ!」に変化。

ルフトハンザ ファーストクラス

「あと数分でスポットに入ります。ご搭乗ありがとうございました云々…」とのアナウンスも入りました。ファーストクラスは快適すぎてあっという間。去るのが惜しいですね。

…と思いきや。

混雑のため、あと数分がいつの間にか数十分に、そして1時間が経過(えええ…)。

この飛行機が入るスポットに停まっている飛行機が動けないために、滑走路でかなりの時間待つことになってしまいました。

お隣のお客さんは、一度基本ポジションに戻したシートを再度ベッドにして(基本、地上滞在中は禁止)くつろぎ始めるという大らかさ。が、ある意味正しい選択だったのかもしれません。

結局降機出来たのは、着陸から1時間10分後!

待ち長くもありましたが、その分ファーストクラスを長く体験できたのはラッキーだったかも。

これで本当にルフトハンザファーストクラスでの時間はおしまい。とっても素晴らしいスタッフさんとサービスに、大満足の9時間半でした!!

今回の世界一周で、4回ファーストクラスに乗った結果、コスパを考えればビジネスクラスで十分かなと思いましたが、もし叶うなら、ルフトハンザのファーストクラスにはもう一度乗ってみたいですね(もちろんファーストクラスターミナルも!)。

その他のルフトハンザ関連記事はこちら↓

ルフトハンザの珠玉ラウンジ!フランクフルト空港ファーストクラスターミナルの全貌
世界各国の空港には、飛行機出発前の時間を快適に過ごすための「空港ラウンジ」が設置されています。 空港ラウンジといっても、クレジットカードを提示するだけで入場できるラウンジから、ビジネスクラスやファーストクラスの搭乗客のみが入場...
【ルフトハンザ搭乗記】ビジネスクラスの絶品昼食メニューと、見たら欲しくなる?機内誌カタログ(フランクフルトーミラノ)
ルフトハンザドイツ航空第一のハブ空港、フランクフルト空港。この空港からは、日本やアメリカなどの長距離線だけでなく、ヨーロッパ域内へ向かう飛行機も数多く出ています。 今回私は、ルフトハンザLH280便(13:15発、14:25着...
【ルフトハンザ搭乗記】ビジネスクラスとエコノミーはどう違う?ヨーロッパ域内短距離路線のシートと機内食
ルフトハンザドイツ航空(Deutsche Lufthansa)はドイツ最大の航空会社です。 ANA(全日本空輸)と同じスターアライアンス加盟航空会社であり、ANAマイルを使って航空券を発券することができるため、日本在住の方であ...
ルフトハンザ航空「セネターラウンジ」と「ビジネスラウンジ」の違いを細かくチェック<ロンドン・ヒースロー空港>
ロンドン・ヒースロー空港(London Heathrow Airport)は、イギリスの首都ロンドンを代表する国際空港。 パリのシャルル・ド・ゴール空港、フランクフルトのフランクフルト空港と並び、ヨーロッパの中でも最大規模の空...
ルフトハンザ航空の空港ラウンジを徹底解説!ランク別の入室条件や日本人にオススメの利用方法とは
ルフトハンザドイツ航空(Lufthansa)は、ドイツ最大の航空会社。いわゆるナショナル・フラッグ・キャリアです。 スターアライアンス加盟航空会社(創立メンバー5社の一つ)であるため、日本を代表する航空会社”ANA”とも関わり...
本場ドイツ購入!リモワのルフトハンザモデルが約6万円安く買えました
飛行機好きなら誰もが憧れる旅行アイテム、それは、リモワ(RIMOWA)のスーツケース! ご存知の通り、日本ではかなり高額なスーツケースとして知られており、海外旅行者にはとっても人気があります。 10万円を超えるモデルも珍...
ドイツ旅行記4:デュッセルドルフ空港ルフトハンザ航空セネターラウンジ潜入レポート
無事、定刻にデュッセルドルフ空港駅に到着! 駅から空港までは、スカイトレインに乗ってターミナルに移動します。 スカイトレインとは デュッセルドルフ空港と空港駅を結ぶモノレール、それがスカイトレインです。 毎日3:45...
ANA SFCでも使える!ルフトハンザ航空のセネターラウンジが凄い<ドイツ・フランクフルト空港>
ルフトハンザ航空の本拠地”フランクフルト空港”には、上級会員向けのセネターラウンジ(Senator Lounge)が設置されています。 日本ではあまり聞き慣れない名称ではありますが、ランク的にはファーストクラスラウンジとビジネ...

関連記事

今回は、陸で貯めたANAマイルを使った世界一周特典航空券で、ルフトハンザドイツ航空のファーストクラスに搭乗しました。

【ファーストクラス】スターアライアンス世界一周特典航空券をANAマイルで発券しました!
昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、...

マイルを貯めて、毎年海外旅行へ!マイルは、クレジットカード決済や飛行機に乗ってコツコツ貯めるものではありません。ポイントサイトで大量に貯める時代です。

【新ソラチカルート】誰でもできる年間20万マイルを貯める方法とは<LINEルート対応2018年最新版>
2018年4月、ソラチカルートの一部変更により、マイルの貯め方が変わりました。世間では改悪と言われていますが、マイルを貯めるのに最も効率的な方法は、いまだにソラチカルートです。少し複雑になってしまいましたが、ソラチカルートを使えば、初心者でも年間21万6,000マイルを貯められるという事実は変わっていません。今からマイルを貯め始めたとしても、驚くほど簡単にビジネスクラスやファーストクラスで海外旅行に行くことができます。

オススメのポイントサイトは、陸マイラー人気No.1の「ハピタス」!認定ブログである当サイト経由で登録すると530円の入会ボーナスが貰えます。

登録する前に知っておきたいハピタスのメリットと注意点 2018最新版
ハピタスを使ってみたいけど何だか怖い気がする…そんな人のためにハピタスの仕組みやポイントの貯め方を詳しく解説してみました。ポイントサイト初心者でも毎月数万円、マイルへの交換で年間30万マイル以上稼ぐことも可能ですよ。

JALマイルを貯めるなら「モッピー」!期間限定で1,300円貰える入会キャンペーンも実施中!

2018年10月最新!モッピーの新規登録で1,300円貰える入会キャンペーンは見逃せない
ポイントサイトの「モッピー」で、お得な入会キャンペーンが実施されています!! 今モッピーに新規登録すると、入会ボーナスとして最大1,300円分のポイントが貰えてしまいます。 いつでもやっているキャンペーンではないので、こ...

陸マイラー活動で大量のマイルが貯まると、ビジネスクラス・ファーストクラスでの海外旅行も夢ではなくなります!

【ファーストクラス】スターアライアンス世界一周特典航空券をANAマイルで発券しました!
昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、...
ANA国際線特典航空券ビジネスクラスでフランス・ドイツに行ってきました!
マイルを貯め始めて約7ヶ月。ついにビジネスクラスでのヨーロッパ旅行が実現しました。飛行機恐怖症の夫と高齢の義母と一緒にフランスとドイツを巡るマイル旅行記です。
【ANA国際線】ビジネスクラス特典航空券の空席待ち成功!4人家族でもマイルでシドニー旅行が実現しました
ANAダイヤモンドメンバーになって、そろそろ一年が経ちます。 この間、ファーストクラスで世界一周に出かけるなど、一人でダイヤ特典を享受することが多かったのですが、残り半年を切って、もっと家族にもダイヤステータスの恩恵を受けても...

ホテル上級会員になると、沢山の特典を受けることが出来て、ますます充実した旅行に。今手軽にステータスを得るなら、SPGアメックスがイチオシ。

SPGアメックスの特典とメリットとは?人気の理由と申込・審査・カード発行までの手続きを徹底解説
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年ホテルに無料宿泊できる権利が貰えます。入会するなら最大12,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。当サイトからの紹介も可能です。

紹介プログラムも好評を頂いています。ご依頼はお気軽にどうぞ!

【2018年10月最新】SPGアメックス紹介プログラムの特典は?入会時に有利な優遇審査あり
SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。
トップへ戻る