instagramはじめました!フォローはこちら

ラウンジなしでも代替サービスが大充実!コートヤード・バイ・マリオット東京ステーションの上級会員特典とは

follow us in feedly

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

東京駅近くにあるマリオット系列ビジネスホテル、コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション。

マリオット系列のホテルでは、独自の会員資格「マリオットリワードエリートメンバー」に数々の特典を提供しています。

一般的なところでは、エグゼクティブラウンジの利用などですが、こちらのホテルにはあいにくラウンジが設定されていません。

が、しかし。

このコートヤード・バイ・マリオット東京ステーションでは、それを補って余りある代替サービスを提供しています。

今回は、その全てを余すところなくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

チェックイン時に嬉しいプレゼント

まず、マリオットリワードエリートメンバーは、チェックイン時にウェルカムドリンクセットを頂けます。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ジュースセットか、アルコールドリンクセットを選べるようになっており、私はアルコールセットをお願いしました。ミックスにしてもらうことも出来るようです。

内容はザ・モルツと金麦、ほろよいの3本セット。しっかり冷えていて、部屋に入ってすぐに飲み頃を頂けます。これは嬉しいですね!

が、プレゼントはこれだけではありません。

さらに、栄太郎のかりんとうやおまんじゅう、

ホテル名が入ったおせんべいまで頂いてしまいました。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ウェルカムスイーツを出してくれるホテルは珍しくありませんが、こちらは一際充実していますね!

ライブラリーバーでリラックス

フロントデスク前には、椅子やテーブルが並んでいます。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

実はこちら、宿泊者専用のライブラリーバー!

片隅に冷蔵庫が置いてあり、ゴールド&プラチナメンバーは自由に中のものを頂くことができます。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ジュースやソフトドリンクだけでなく、ハイネケンやコロナ、カールスバーグなどの輸入ビールも。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

こちらの営業時間等は下記の通りです。

営業時間:6時~23時
席数:32席【ソファー18、テーブル10、半個室4】

雰囲気もおしゃれですし、私が宿泊した日はほとんど利用している人もいませんでしたので、ゆったり過ごすことができました。

ちなみに、コーヒーはフロントに申し出ると頂けます♪

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

レストラン「 LA VAROCK」で本格的なお料理

前述のライブラリーバーも、エグゼクティブラウンジの代替サービスではあるのですが、さらに夜の時間帯には、なんと1階のレストラン「LA VAROCK=ラヴァロック」(週末の場合。平日は、向かいにあるカフェGGCo.)で本格的なお料理の数々を無料で味わうことが出来てしまいます!

マリオットリワードエリートメンバー専用のメニューはこちら。

フードメニュー
・枝豆
・ピクルス盛り合わせ
・オリーブマリネ
・チーズ盛り合わせ
・ミックスナッツ
・スモークサーモン
・フレンチフライ
・ガーリックトースト
・グリルソーセージ
・チキンウィング&オニオンリング
・シーザーサラダ(プレーン・シュリンプ・チキン)
・コールドミート盛り合わせ(ペパロニ・カモパストラミ・ペッパーポーク等)
ドリンクメニュー
・ワイン(スパークリング、白、赤)
・生ビール(カールスバーグ、モルツ、マスターズドリーム)
・スピリッツ(ジン、ウォッカ、ラム、テキーラ)
・コニャック(マーテルV.S.O.P)
・リキュール(アマレット、カンパリ、カシス、ディタ、カルーア、ミドリ、梅酒)
・ウイスキー(山崎、白州、メーカーズマーク、シーバスリーガル、ミズナラ、
ザ・グレンリベット)
・ソフトドリンク(オレンジ、グレープフルーツ、トマト、ペプシ等)

(2018年時点)

以前は、2,000円以上するマリオットバーガーもリストに入っていたそうですが、10月に訪問した際には除かれていました。

それでも十分なラインナップです。どのくらいの量なのかわからなかったので、様子を見つつ…

まずは枝豆。

そして、ピクルス盛り合わせ、オリーブマリネ、コールドミート盛り合わせ。

さらに、フィッシュ&チップスに…

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

チキンウィング&オニオンリング、

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

最後にグリルソーセージ。しっかりした大きさのものが3本に、ザワークラウトまで付いていました。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

無料メニューなので、ほんの一口くらいずつかと思いきや、予想外にボリュームしっかり!もちろんレストランですから、味もとっても本格的です。

作りたてを席まで持って来て頂けるのも嬉しいですね♪

お酒も豊富なメニューが揃っています。私はマスターズドリームと…

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

カルーアミルクを頂きました。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

夫は赤ワインと、

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

ウイスキーを注文。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

とても美味しいお酒と食事を頂きながら、楽しい時間を過ごせました。

帰り際、ホテルのエレベーター内にラヴァロックのメニュー表が貼ってあったので、何の気なく見てみたら、マスターズドリーム1,180円、カルーアミルク980円etcでびっくり。ちょっとした高級店並みの価格ですね。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

知らなかったこととは言え、申し訳なくなるほど特典を満喫してしまいました…。

今回の宿泊費は15,000円程度でしたので、実質的なお部屋代は、数千円程度になったのではないでしょうか。

朝食もラヴァロックで出来たてを頂けます

マリオットリワードゴールドとプラチナには、本人と同伴者1名の2名分の朝食が無料で付きます。

夜と同様に、1階ラヴァロックが朝食会場です。

コートヤード・バイ・マリオット東京ステーション

明るく開放感のある雰囲気の中、充実した朝ごはんとなりました!詳しくは別記事でまとめています。

朝食ブッフェ (6:30~10:00) の料金は、大人1名3,240円。2人で6,480円分が無料になったというわけです。

夕食もあれだけ充実していた上に、朝食まで無料になるなんて、マリオットリワードゴールドステータス、おそるべしですね。

マリオットとSPGの統合により、ゴールドステータスは朝食無料の対象ではなくなりました(プラチナ以上が対象)。記事作成当時の情報のままご紹介しています。悪しからずご了承ください。

まとめ

マリオット系列には、これまでコートヤードマリオット銀座東武ホテル、ザ・プリンスさくらタワー東京、東京マリオットホテルと泊まってきましたが、ここまでマリオットリワードメンバー特典が充実しているホテルは初めてでした。

限られたメンバーだけに入室が許される「エグゼクティブラウンジ」で過ごせるのも嬉しいのですが、やはり本格的レストランで頂く出来立てのお料理は格別です。

美味しいお料理やお酒を心ゆくまで堪能した1日でした。

マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間25泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、最大36,000マリオットリワードポイントが貰えます。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです!ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

プラチナチャレンジとは?

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。
プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

関連記事

他ホテルの宿泊記はこちら。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

そんなに旅行出来ないし、ホテルステータスがあっても使う機会がなさそう…という方には、陸マイルを貯めることをオススメします!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る