【宿泊記】セントレジス上海静安のお部屋紹介 SPGプラチナ特典でスイートルームに無料アップグレード!

セントレジス上海静安 エントランス

セントレジス上海静安(The St. Regis Shanghai Jingan/上海静安瑞吉酒店)は、中国・上海の静安区にある五つ星ホテル。

外資系の大手ホテルグループSPG(スターウッド)の最高峰ブランド「セントレジス」を冠したラグジュアリーホテルで、満足度の高い上質なサービスを提供しています。

アクセスに関しても、上海の地下鉄2号線「南京西路駅」から徒歩5分で、観光にもビジネスにも便利。伊勢丹や高級ブランド街にもほど近く、使い勝手のよいホテルです。

今回は、SPGプラチナ会員の特典として、お部屋を無料アップグレードして頂くことができました。予約していたのは最安のスタンダードなお部屋ですが、アサインされたのは憧れのスイートルームです。

高級五つ星ホテルのスイートルームは、一体どんなお部屋なのでしょうか?

以下では、私が実際に宿泊したお部屋の様子を、余すところなくお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

カロラインアスタースイート

セントレジス上海静安には、現時点で7種類のお部屋が用意されています。

予約していたのは最安の「デラックス」でしたが、実際に宿泊することになったのは、ホテルで2番目に良いお部屋の「カロラインアスタースイート」。

・デラックス ←予約していたお部屋
・スーペリアデラックス
・プレミアデラックスルーム
・エグゼクティブ・デラックスルーム
・セントレジス スイート
・カロラインアスタースイート ←アサインされたお部屋
・メトロポリタンスイート

なんと、5段階もアップグレードして貰えました!

カロラインアスタースイートは、大人1名で1泊5万円を超える豪華なお部屋。こんな素敵なお部屋に無料でアップグレードして頂けるなんて、やっぱりSPG上級会員のステータスは最高ですね。

超高層50階のお部屋です

この日アサインされたお部屋は、50階の5026号室です。早速入ってみましょう。

セントレジス上海 カロラインスイート ドア 

ドアを開けると…

セントレジス上海 カロラインアスタースイート ドアを開けたところ

入口からでも、かなり広い部屋であることがわかります。正面の大きな窓からは、上海の夜景が。駅や伊勢丹側の方角ではないこともあり、落ち着いた雰囲気です。

左手はウォークインクローゼット、右手がバスルーム。奥はリビングで、その右側にはベッドルームという間取りです。一人には贅沢すぎますね。

大理石のバスルーム

それではさっそくバスルームを見てみましょう!大理石で出来たバスルームには、高級感と清潔感が溢れています。

セントレジス上海静安 大理石でできたバスルーム

奥のドアはといいますと、左がシャワールーム。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート シャワールーム

レインシャワーとハンドシャワー、ちょっと腰掛けられる椅子も付いていて、なかなか快適で素敵なシャワールームです。

セントレジス上海静安 シャワールーム アメニティ

シャンプー、コンディショナー、ボディウォッシュは予め用意されています。「REMEDE」というブランドのもので、高級感のある香りがしました。

ハイテクウォシュレット

バスルーム、右のドアはトイレです。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート トイレ

日本人に嬉しいウォシュレット付き!しかも何やらハイテクなタッチパネル方式でした。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート トイレはウォシュレット付き

アメリカのKOHLER(コーラー)という水回り専門メーカーのもので、蓋の自動開閉に洗浄、シートの温度調節、ビデ、ドライヤー、除菌、マッサージ、水温・位置・強弱を調整できるボタンが揃っていました。日本でも、ここまで多機能なものは滅多に見られないように思います。

さすがは昨年できたばかりの高級ホテルですね。

鏡の中にテレビ!

ハイテクな仕掛けは他にもあります。浴槽の側にある鏡の中に、なんと17型テレビが埋め込まれていました!

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート 大理石でできたバスルーム

通常は普通の鏡なのですが、テレビの電源を入れると、裏側に配置されているテレビ画面が見えるようになります。日本ではまだあまり見かけませんが、テレビを目立たせずに配置できるため、海外を中心に徐々に人気を集めているシステムなんだとか。

のんびりテレビを見ながら入浴できて最高でした。

浴槽はミニテーブル付き

浴槽には、小さなスライド出来るミニテーブルが付いていて、ボディスポンジや石鹸、入浴剤、テレビのリモコン(は写っていませんが)が置いてありました。

セントレジス上海静安 バスルーム アメニティ

さらに、ここに飲み物でも用意しておけば、いくらでも長湯できそうです。

洗面台はダブルボウル

洗面台はこのような感じ。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート 洗面台

2人以上で滞在する時に嬉しい、ダブルボウルになっています。台の上には、ティッシュ、無料のミネラルウォーター2本、グラス。

そして固形石鹸、洗顔料、ボディローション、タオルが置かれていました。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイートアメニティ

充実のアメニティ

もちろん、アメニティはこれだけではありません。

ミネラルウォーターが置いてある台の下は引き出しになっていて、中にマウスウォッシュ、ソーイングセット、シャワーキャップ、コットン、爪やすり、歯間ブラシ、綿棒、コーム、髭剃りセット、歯ブラシが入っていました。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート アメニティ

下の写真は、ソーイングセット〜綿棒を出して並べた様子です。

セントレジス上海静安 アメニティ

「ST REGIS」の文字とロゴが高級感を醸し出していますね。

この他、一人にもかかわらずタオルもたっぷり用意されていて、とても贅沢なバスタイムを過ごすことが出来ました。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート バスタオル

スポンサーリンク

ウォークインクローゼット

続いて、クローゼットを見てみましょう。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート ウォークインクローゼット

かなり広々としていて、荷物置き場や引き出しも充実。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート ウォークインクローゼット 引き出し

上部には磁器が飾られていて、いかにも中国富裕層が好みそうなイメージです。

一番下に入っているのは、スリッパとブラシ、靴べら。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート ウォークインクローゼット 備品

2つあるスリッパの袋の1つは、入室した時点ですでに空っぽの状態でした。

スリッパの行方

はて?と思って探してみると、お風呂を出てすぐ履けるよう、バスマットの上に並べて用意されていました。こういうお気遣いを頂いたのは初めてな気がします。さすがはセントレジス!

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート スリッパ1足はベッド側に配置済み

ジュエリーケース

ウォークインクローゼットの引き出し最上部は、このような仕切りのついたガラス張りのケースになっていました。

セントレジス上海静安 ウォークインクローゼット ジュエリーボックス

ホテルでは、客室内といえども、あまり貴重品を見えるところに置かない方がいいようにも思いますが、家にいる時のように、お気に入りのジュエリーを飾っておきたいというニーズもあるのでしょう。

クローゼットには、もちろんアイロンとアイロン台も完備されていました。

セントレジス上海静安 カロラインスイート ウォークインクローゼット

広々としたリビング

続いてリビングへ。こちらも一人には勿体無いほどの広さです。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート リビング

家族全員で来ても、まだ余裕を感じられそう。

セントレジス上海静安 カロラインスイート

壁に飾られた龍の絵に、中国を感じますね。風水的なものもあるのでしょうか、全体的に金色がテーマカラーとなっていて、なんだか金運がアップしそうです。

眺望重視なら東側のお部屋がオススメ

先述の通り、こちらのお部屋は駅や繁華街の反対側ですし、上海のシンボル「東方明珠電視塔(上海テレビ塔)」等が見える方向でもありませんので、夜景はかなり静かな印象です。

ご参考までに、ホテル50階のフロアマップはこちら。

セントレジス上海静安 方角

赤丸が今回宿泊した5026号室で、北側に面したお部屋となっています。

ホテルの公式サイトによれば、東側のお部屋はこんな感じなのだそう。遠くにうっすらと、丸いモニュメントを備えた東方明珠電視塔が見えます。

セントレジス上海静安 東方明珠電視塔側のお部屋

近代的な高層ビルが立ち並んでいて、これぞ上海!といった景色ですね。

景色だけを見比べれば、ちょっぴり残念な感じがしなくもないのですが、最安のお部屋からこんな贅沢なスイートに無償でアップグレードして頂いたわけで、感謝こそすれ、不満など持ちようもありません。

なおアップグレードに際しては、予約時にリクエストを入れておくと、ある程度考慮して頂けるようです。

セントレジス上海静安 予約時のリクエスト

積極的に気に入ってもらえそうなお部屋にアップグレードしよう、という意図が感じられるのが嬉しいですね。

大型テレビとデスク

それでは、お部屋のご紹介に戻りましょう。

窓側からドアの方を見るとこんな感じで、テレビ台とワーキングデスクがあるのがわかるかと思います。

セントレジス上海静安 カロラインスイート リビングからドアを見た風景

それぞれ、かなり大きめの家具にもかかわらず、この余白。つくづく一人が勿体無いほど贅沢です。

ソファからテレビを見ると、こんな感じ。

セントレジス上海静安 カロラインスイート ソファから見た光景

軽食や飲み物を自由に頂けるラウンジサービスがあったため、手をつけることなく終わりましたが、ウェルカムフルーツも置かれていました。

ミニバーなど

テレビの下にあるキャビネットには、冷蔵庫やミニバーが収められています。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート 冷蔵庫

引き出し式の冷蔵庫、ちょっと珍しいですよね。オレンジジュースやソフトドリンク、ビール、ウォッカなどのミニボトルが入っていました。

その上段には常温品が入っていて、無料のコーヒーカプセルとティーバッグ、甘味料と食器、有料のミニスナックが。

セントレジス上海静安 カロラインスイート 無料のミニバー

お隣の引き出しには、赤ワインのボトル。

セントレジス上海静安 カロラインスイート キャビネットにはワインのボトルも

反対側には、グラス。

セントレジス上海静安 カロラインスイート グラス

天板の上、テレビのそばには、湯沸かし器とスリムタイプのネスプレッソが置いてありました。

セントレジス上海静安 カロラインスイート コーヒーマシーン

日本より物価の安い中国とはいえ、やはりミニバーの商品は高額なので、こうしてたくさんのミネラルウォーターやコーヒー紅茶が無料で利用できるのは嬉しいですね。

スポンサーリンク

ベッドルーム

続いて、ベッドルームをご紹介します。

セントレジス上海静安 カロラインスイート ベッドルーム

こちらのホテルのセールスポイントの一つは、「スレッドカウント300のシーツと豪華な寝具」とのこと。

スレッドカウントとは、糸の密度を示す数値で、1インチ(2.54cm)四方の布に、どれだけの糸が使われているかを示します。だいたい300以上が高級リネンとされているそうです。

チェックインの時点で、すでにターンダウンがされていたこともあって、見た目は豪華と言うよりはシンプルな寝具でしたが、滑らかな肌触りでとても寝心地の良いベッドでした。

ベッドルームからバスルームを見ると、こんな感じ。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート 寝室

もちろんドアは両方とも閉めることが出来ます。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート バスルームとリビングをつなぐドア

寝室にも、スタイリッシュな薄型テレビが付いていました。

セントレジス上海静安 カロラインアスタースイート ベッドルーム

当然のことながら、中国国内のチャンネルだけでなく、CNNやBBC、日本のNHKも見られます。長期滞在にはありがたいですよね。

私はなんとなく、SPGの宣伝チャンネルをずっと付けっ放しに。ぼんやり眺めていると、いろんな国のSPGを訪れてみたくなりました。

バトラーサービス

セントレジスといえば、24時間対応のバトラーサービスが有名です。

私が到着したのは夜でしたし、何をお願いすればいいのやらで自発的に使うことはありませんでしたが、お部屋に入ってしばらくすると、バトラーさんがお茶を持って来てくれました。

セントレジス上海静安のバトラーサービス

日本の旅館で受けるおもてなしみたいですね。

あとは、チェックイン時に「明日のご予定は?観光情報などご入用ですか」と聞かれた時に、「じゃあお願いします」と答えておいたところ、日本語の堪能な男性バトラーさんが地図を携えて訪問してくれました。

まさか中国ではグーグルマップを使えないとはつゆ知らず、このホテルに来るまでも相当難儀しましたので、次に滞在する予定のホテルの場所を予めしっかりと確認したかったのです。

セントレジス上海静安(The St. Regis Shanghai Jingan/上海静安瑞吉酒店)は、中国上海市静安区にある、SPG(スターウッド)系列の5つ星ホテルです。 中国・上海にはたくさんのホテルがありますが、セントレジス上海静安は2017年5月22日に開業したばかりの比較的新しいホテル。そのためか、ホテルに関する情報は、インターネット上にもごくわずかしかありません。 ホテルまでのアクセス方法に関しても、いまいち信用できる情報がなく、実際にホテルに到着するまでに、か...

結果、やはり事前情報とは全く違う場所だったことが判明!

危うく、2日連続で右往左往するところでした。タクシー料金の目安や、周辺観光地を日本語で教えて頂けたのも助かりました。

最後に

セントレジス上海静安は、その名に違わぬ上質なサービスを提供している素晴らしいホテルでした。

日本国内のセントレジスホテルは、現時点で大阪にある「セントレジスホテル大阪」1つだけ。こちらは、SPGカテゴリー”7”の最高級ホテルです(カテゴリは1~7まであり、数字が大きいほど高い)。

一方、今回宿泊したセントレジス上海静安はカテゴリー5のため、比較的お安くセントレジスを体験することができます。

入会次年度以降、毎年もらえるSPGアメックスの無料宿泊も使えますし、スターポイント16,000ptを使って無料宿泊することも可能。

最高ランクのホテルでありながら、コスパも悪くありませんので、上海を訪れる機会があれば、ぜひ宿泊してみて下さい。

もちろん、SPG上級会員のステータスがあれば、より一層ホテルの魅力を引き出すことが可能です。

私がSPGプラチナになった方法

私は、昨年マリオットのプラチナチャレンジによって、SPGのプラチナステータスを取得しました。マリオットとSPGの合併により、マリオットのプラチナメンバーになれば、SPGのプラチナメンバーにもなれるのです。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

通常は「年間50泊または25滞在」が必要なプラチナステータスですが、プラチナチャレンジを利用すれば、最低限の出費でプラチナ会員に昇格することができます。

マリオットホテルグループには、年間の宿泊回数に応じてステータスが上がるマリオットリワードという制度があります。 このマリオットリワードの最上級会員であるプラチナメンバーになるためには、本来なら年間75泊(つまり、5日に1泊以上のペース)が必要。一般人にはとても手が届きません。 しかし、「プラチナチャレンジ」という特別なキャンペーンを利用すると、たった9滞在(実質的には9泊)でプラチナステータスを獲得できます。

今回のアップグレードだけでも、1万円以上お得になりましたし、お部屋の無料アップグレード以外にも様々な特典が用意されています。

セントレジス上海静安(The St. Regis Shanghai Jingan/上海静安瑞吉酒店)は、中国・上海にある、SPG(スターウッド)系列の5ツ星ホテル。 このホテルは、2017年5月に開業したばかりということもあって、現時点でどのようなサービスを提供しているのか、事前に正確な情報を得ることができませんでした。 正直あまり期待していなかったのですが、実際に泊まってみたところ、SPG上級会員向けに意外としっかりしたサービスが提供されていることが判明! 今回は、セ...

数回ホテルに泊まれば、あっという間に元は取れてしまいそうです。

SPGアメックスでゴールド会員に自動昇格

ゼロからSPGの上級会員を目指すのであれば、「SPGアメックス」というクレジットカードを保有するのがオススメです。

spgアメックスの券面

このカードを持っていれば、それだけでSPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格。年会費は3万円強ですが、入会ボーナスや、入会翌年度移行に毎年付与される無料宿泊を考慮すれば、決して損はしないお得なカードです。

SPGグループやマリットグループのホテルに泊まる機会があるのであれば、ぜひ入会を検討してみて下さい。

紹介で入会するとお得です

SPGアメックスは、入会して3ヶ月以内に合計10万円以上カードを利用すると、入会ボーナスとして10,000スターポイントが貰えます。

スターポイントは、1pt=2円以上として使うこともできますから、10,000スターポイントの価値は2万円以上!

これだけでも十分お得なのですが、既存会員の紹介で入会すると更にお得。入会ボーナスが2,000ポイント増額され、合計12,000スターポイントを獲得することができます。

1pt=2円で換算すれば、12,000スターポイントは24,000円相当。高額な年会費がネックのSPGアメックスも、紹介制度を利用すると、元は取れないまでも、かなりお得に入会できるのです。

紹介ご希望の方は、こちらのSPGアメックス紹介依頼フォームからご連絡下さい。原則24時間以内に紹介用のURLをお伝えします。

スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク