ミラノ「BIOCITY HOTEL」はコスパ抜群!最高のオーガニック朝食付きで一泊1万円

ミラノ・ビオシティホテル

BIOCITY HOTEL(バイオシティ/ビオシティホテル)は、イタリア・ミラノにある大人気の3つ星ホテル。

1920年代初頭のヴィラを改装したホテルで、環境に配慮した取り組みの一環として、地球に優しい素材と技術のみを採用しています。

建材からバスアメニティに至るまで、生分解性・オーガニックを徹底している上、空調もヒートポンプとゼロエミッション採用というこだわりぶり。

何と言っても特筆すべきはKM0(=0キロメートル、地産地消)自家製の朝食ブッフェ!とっても美味しくて、体に優しいメニューにたっぷり癒されました。

今回は客室の様子から朝食まで、余すところなくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ホテル概要

住所: via Edolo, 18 MILANO, IT
電話: +39 02 66703595
メール:info@biocityhotel.it
公式サイト:http://www.biocityhotel.it/en/
料金目安:9,110円〜

アクセスはトラムが便利

ビオシティホテルは、ミラノ中央駅から1kmほど離れたところに位置しています。

ビオシティミラノ地図

ミラノ中央駅からホテルまで行くには、歩くかタクシーしかないという情報を見ていたので、前日に泊まった駅近のヒルトン・ミラノからタクシーを使ったのですが、いざ行ってみると、実際にはホテルからわずか徒歩3分のところにトラム乗り場がありました。

この「V. le Lunigiana」というトラム停留所からミラノ中央駅まで、5/10番線が通っています(乗車時間3分)ので、とっても楽チン。

ビオシティからミラノ中央駅まで

あらかじめよくよく調べておくべきでした。

いざチェックイン

さてさて、それではチェックインすることにしましょう。

ロビーは小ぢんまりとしていて、落ち着いた雰囲気です。

受付のスタッフさんも、とてもフレンドリーでいい感じでした。

お部屋は2階のシングルルーム

今回のお部屋は、2階にあるシングルルームです。内装はいたってシンプル。

イタリア・ミラノ・ビオシティ・シングルルーム

暮らすように旅したい人にとってはぴったりですね。

ベッド周りの設備

10平米と小さなお部屋ではありますが、デスクに薄型テレビ、荷物置き場と、機能的に整っていました。

イタリア・ミラノ・ビオシティ・シングルルーム

知らない土地であまりに広いお部屋をあてがわれると、ちょっと身の置き所がないように感じることもあるのですが、ここでは自分の家のようにくつろいで過ごすことができました。

そしてとにかく清潔!隅々まで綺麗に掃除されています。

スポンサーリンク

ミニバー

冷蔵庫の中には、ジュースやスナック、ミネラルウォーターがありました。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム・ミニバー

大概のホテルでは、ミニバー内にコーラやスプライトといったドリンクを入れているかと思いますが、こちらにはありません。

ビオやオーガニックにこだわりのあるホテルだけあって、お客さんの健康に徹底した配慮がなされているのですね。

エアコンはダイキン製

前述の通り、こちらでは空調設備についても地球環境に優しいシステムを採用しているとのこと。

部屋のコントローラーをよく見てみると…ん?なんだか見慣れたロゴマークが。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム・ダイキンのエアコン

なんと、日本が誇るダイキンのエアコンが採用されていました。

こんなところでお目にかかれるとは…。そして、それほどまでに徹底したポリシーを掲げるホテルが、日本のメーカーを選んでくれたというのも、なんだか嬉しく感じますね。

バスルーム

バスルームはベッドの右脇にあります。

イタリア・ミラノ・ビオシティ・シングルルームのベッド脇にバスルーム

入って左手がシャワーブース。

ミラノ・ビオシティ・シングルルームのシャワーブース

ブース内の壁には、シャワージェルとシャンプーのディスペンサーが取り付けられています。中身はどこのメーカーのものなのかわかりませんが、これもオーガニックで体に優しいもののようです。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム・シャワーブースのバスアメニティ

洗面台にも同じような形態でハンドソープが備え付けられていました。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム・洗面台

この他、洗面台に置いてあったアメニティはシャワーキャップのみ。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム

地球に優しく、がここでも見受けられます。

そして、右手はトイレとビデになっていました。

ミラノ・ビオシティ・シングルルームのバスルーム

お手頃なホテルながら、ビデ完備が嬉しいですね。専用の洗剤が添えられていました。

ミラノ・ビオシティ・シングルルーム

こちらのホテルでバスタブがついているのは、「DE CHARME WITH JACUZZI」というお部屋タイプのみ。

なかなか空きがないようですが、ゆっくり浴槽に浸かりたいという人は公式サイトで狙ってみてください。

スポンサーリンク

自家製!美味しいオーガニックの朝食

このホテルで最も感動したのが、セールスポイントにもなっている朝食です!

1階のレストランが会場となっており、大きな窓から降り注ぐ陽光とともに、美味しく体に良い食事を楽しむことができます。

ミラノ・ビオシティ・1階朝食会場

窓からは、手入れの行き届いたガーデンテラスが見えました。

ミラノ・ビオシティ・ガーデンテラス

いかにもヨーロッパといった雰囲気が素敵ですね〜♪

隅っこに着席。

イタリア・ミラノ・ビオシティホテル

最初のコーヒー以外は、セルフサービスとなっていますので、さっそくブッフェ台を見てみるとしましょう。

メニューはこちら。

ドリンク
  • エスプレッソ
  • カプチーノ
  • ホットチョコレート
  • ミルク
  • オーガニックティー
  • オーガニックオレンジジュース
フード
  • オーガニックヨーグルト
  • クロワッサン
  • オーガニックシリアル(オーツ、ライス&チョコ、コーンフレーク)
  • オーガニックラスク
  • ホームメイドブレッド
  • オーガニックのゆで卵
  • ハム、サラミ、ボローニャソーセージ
  • オーガニックチーズ
  • オーガニックバター
  • オーガニックジャム
  • オーガニックハニー

自家製、オーガニックへのこだわりが見て取れますね。

特に、このケーキが美味しかった!!

ヨーロッパならではの、とってもリッチな配合です。メニューは日替わりで、この日はマーブルケーキと洋梨のタルトでした。ちょっと小さめにカットされているのもgood!

パンにシリアル、りんごジュース。

バター、ジャム、ミルク、水等々。

自家製ヨーグルトも3種類用意されています。

イタリア・ミラノBIOCITYヨーグルト

ハムやチーズもとても美味しい!

ゆで卵もありました。

実食

まず1泊目の朝食がこちら。

サクサクのタルトにクリーミーなチーズ、ちょうどいい塩気のハム、オレンジジュース、カプチーノです。カプチーノがしっかりオシャレな感じになってるのも嬉しい♡

ちなみに、2泊目はこちら。

この日はスクランブルエッグもありました!チョコレートタルト、クロワッサン、ハム、チーズを頂きました。

イタリア・ミラノBIOCITY朝食

特にチョコレートタルトが美味しかったー!手作りならではの素朴さがありつつ、しっかりとした美味しさ。甘さよりもミルキーさが前面に出ているのがいいんですよね。これは乳製品が充実しているヨーロッパならではの品質です。

温かいお料理こそ少ないものの、ビスケットやパンとコーヒーといったシンプルな朝食が多いイタリアでは、これだけ揃っていれば十分。

本当に見るだけでテンションが上がるラインナップで、毎朝のメニューが楽しみでなりませんでした!

最後に

イタリア・ミラノにあるホテル「BIO CITY」。

中心地からは少し離れていますが、トラムを使えばアクセス至便ですし、お部屋も清潔・朝食は最高!と素晴らしいホテルでした。

ちなみに、私が宿泊した時の料金は、朝食付きで一泊10,000円ほど。コスパ面も優れていて、人気があるのも納得です。

滞在中、飛び込みで空室がないか尋ねてくるお客さんと何度か遭遇しましたが、小さなホテルということもあっていつも満室でお断りされていました。ミラノに滞在する時には、ぜひ早めに予約することをお勧めします!

今回は、ANA&スターアライアンスのファーストクラス世界一周特典航空券でミラノに滞在しました。

2017年6月。 約半年前、1月にANAマイルを使って発券した世界一周ファーストクラスの特典航空券を使う日がいよいよやってきました! 記念すべき一便目は、タイ国際航空のファーストクラスです。 今回、タイ国際航空の飛行機も初めてなら、ファーストクラスに乗るのも人生初。 出発前からワクワクが止まりません。

飛行機やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトで大量にマイルを貯めることにより実現!1年もあれば必要マイルに到達可能です。

陸マイラーという言葉を知っていますか?世の中には飛行機に乗らずとも毎年100万マイルを稼ぎ続けている人たちがいます。陸マイラーは特別な存在ではありません。誰でも好きな時に始めることができます。この記事では、陸マイラーの仕組みや初心者でも失敗しない方法を詳しく解説しています。あなたも「陸マイラー」始めてみませんか?

ミラノのオススメお土産品をランキング形式でご紹介↓

イタリアのお土産の定番って何でしょうか? パスタ、ワイン、チョコレートなどなど、その候補はいくつもありますが、本当に気に入ってもらえるお土産を見つけるのは意外と難しいものです。 じっくり時間をかけてお土産を探すのも楽しいのですが、「できれば短時間でまとめて買ってしまいたい」という方も多いはず。 そんな要望にお答えして、この記事では、”とっても簡単にイタリアのお土産を揃える方法”をご紹介。

ミラノで本当におすすめできるレストラン3選↓

イタリアといえば、食の都。そしてスローフード発祥の国。食事については、日本以上と言っても過言ではないこだわりをもつお国柄です。 せっかくイタリアを訪れたなら、本格的なお料理や家庭的な一皿を味わってみたいですよね。 とはいえ、慣れない異国の地で美味しいレストランを探し当てるのは至難の業。ガイドブックに頼るという手もありますが、期待はずれの結果になってしまうことも。 今回は、たくさん食べ歩いたお店の中でも、本当に美味しかったレストランを3店ご紹介します! ロッソポモドーロ...

ドゥオモの最新入場方法はこちら↓

イタリア・ミラノを代表する建築物、ドゥオモ(ドゥオーモ/大聖堂)。 1386年にミラノ公国領主のジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの命によって、聖母マリアに捧げるため、およそ500年という長い時間をかけて建設されました。 現在では、ミラノを訪れる誰しもが一度は目にする、一大観光スポットとなっています。 今回は、実際の経験と公式サイトの情報を元に、アクセス、チケットの種類や、入場方法について詳しくご紹介します! ドゥオモへのアクセス ドゥオモへ行くなら、渋滞がなく初...

ミラノに行ったら必見!最後の晩餐の予約方法から入場までレポート↓

イタリア・ミラノには、ドゥオモやガッレリアなど、歴史ある素晴らしい建築物・美術品がたくさんありますが、何と言ってもメインイベントは、かの有名な画家、レオナルド・ダ・ヴィンチ作の「最後の晩餐」を観ることですよね! 一生の内、一度でいいから見てみたいと思っている方も多いのではないでしょうか? 今回は、難易度の高いチケットを入手した方法と、実際に訪れた際の様子までを一挙ご紹介します。 訪問を予定している方に、少しでもご参考になれば幸いです。 最後の晩餐チケットの取り方 ...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク