instagramはじめました!フォローはこちら

【世界一周旅行1】ANAマイルで乗るタイ国際航空ファーストクラス 羽田空港編

follow us in feedly

マイルを溜め始める前は、一生縁がないだろうと思っていた「ファーストクラス」。

けれどこの度、ANAマイルを使って発券した世界一周ファーストクラスの特典航空券を使う日がいよいよやってきました!

記念すべき一便目は、タイ国際航空のファーストクラスです。

ファーストクラスも初めてなら、タイ国際航空も人生初。一体どんな旅になるのでしょう?出発前からワクワクが止まりません!

今回は、三週間という長い旅の序章として、空港から飛行機に搭乗するまでをご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

フライト情報

今回のフライト詳細はこちら!

便名 TG661
区間 東京(羽田)ータイ・バンコク(スワンナプーム)
出発時刻 24:20
到着時刻 4:50
フライト所要時間 6時間30分

タイと東京の時差は2時間です。深夜便は少々苦手ですが、ファーストクラスならきっとビジネスクラスよりもずっと快適に過ごせるはず♪6時間ちょっとという限られた時間をしっかり満喫したいと思います。

オンラインチェックインを済ませて羽田空港へ!

今回は自宅から近い羽田空港出発なので、片道2時間近くかかる成田発と比べると、もし万一忘れ物をしてしまっても取りに帰れるなとちょっと気楽です。

タイ国際航空のチェックインカウンターは出発3時間前オープン

海外の航空会社が運行する国際線のチェックインカウンターは、原則として出発3時間前にならないとオープンしません。

通常の利用ではそれで何も問題ありませんが、私は羽田空港のANAスイートラウンジ内で「ダイニングh」の数量限定メニューを是非とも味わってみたいと思っていました。

ダイニングhが開店するのは19:30。

限定メニューは開店してすぐに品切れとなってしまうこともあるらしく、チェックインカウンターのオープン時間(21:20)を待っていては、間に合わないかもしれません。

というわけで、今回は出発3時間前よりも早く出国すべく、策を講じることにしました。

チェックインカウンターオープン前にラウンジに行く方法

ANAスイートラウンジは制限区域内にあるため、当然のことながらチェックインと出国審査を済ませた状態でないと入れません。

カウンターオープン前に出国する方法、それはオンラインチェックインを済ませておくことです!

公式サイトの航空券予約情報に、パスポート番号等を入れれば手続きは完了。オンラインチェックイン後、家で搭乗券を印刷しました。

(「ROYAL FIRST」の文字が輝いています!)

こうしてオンラインチェックインを済ませ、搭乗券を持った状態であれば、チェックインカウンターに寄る必要はありありません。

ただし、搭乗券を持っていても預ける手荷物があれば、やはりチェックインカウンターでの手続きが必要です。

これを回避するには、荷物を飛行機に持って入れる大きさと数に絞ること!

というわけで、今回私は機内持ち込み可能サイズ(40L)の小さめのスーツケースと、リュックサックだけ持っていくことにしました。

・搭乗券不携帯/預け入れ手荷物あり
→ チェックインカウンターで手続きが必要
オンラインチェックイン済み&預ける手荷物なし
→ チェックインカウンターで手続き不要

三週間弱と長い旅行ではありますが、衣類は3日分をホテルで洗濯して着回すことにし、化粧品なども本当に必要最低限のものだけ。もし足りなくなれば、現地で購入すれば良いですしね。

さらに、今後増えていくであろうお土産の収納は、2番目の目的地・ロンドンでスーツケースを買うことで解決です。実際に購入した時のレポートはこちらからどうぞ。

ちなみに、海外旅行の持ち物は毎回こんな感じにまとめています↓

タイ国際航空のチェックインカウンターは“I”

羽田空港に到着したのは18時過ぎ。飛行機の出発時刻の6時間前です。

タイ国際航空のチェックインカウンターは「I」のレーン。当然のことながら、まだ誰もいませんでした。

カウンターの一番手前がロイヤルファースト専用レーンです。タイ国際航空のファーストクラスなんて、もうこれきりかもしれませんので、せっかくならここに並んでみたかった気もしますね。

噂によれば、ファーストクラス搭乗者はチェックイン後に係員さんがANAスイートラウンジまでアテンドしてくれるんだとか。貴重な体験が出来ずちょっと残念ですが、ダイニングhの限定メニューには代えられません。

ふと脇を見ると、自動チェックイン機が。もしかしてここでもセルフチェックインができるのかと思いきや、タイ国際航空はあいにく利用可能航空会社に含まれていませんでした。

対象は、キャセイパシフィック航空・チャイナエアラインズ・デルタ航空・エールフランス・キャセイドラゴン航空・アメリカン航空の6社のみ。

どの航空会社でも使えるようになると便利でいいですね。

スポンサーリンク

いざ出国!

搭乗手続きは済んでいるので、チェックインカウンターは素通りして、保安検査場に向かいましょう。

こちらはファーストクラス&ビジネスクラス搭乗者、航空会社の上級会員が使える優先レーンです。ここだけ小さな赤絨毯が敷かれています。ポールも他のレーンと違い、高級感がありますね。

平日の夕方、あまり出発便のない時間帯なだけあって、通常のレーンもガラガラに空いていましたが、せっかくなのでこちらを利用させてもらうことに。

検査後の出国審査場も空いていて、あっという間に出国できました。

これから約3週間、女一人旅。こんなに長く夫や子供と離れたことはありません。しばらく日本の土を踏むこともないと思うと、少々緊張してきます。

ANAスイートラウンジを満喫!

制限区域内に出たらANAスイートラウンジへ直行し、18:30に入室。

ダイニングhの開店時間(19:30)に1時間ほど余裕がありましたので、無事に数量限定メニューのステーキを頂くことが出来ました!

羽田空港ANAスイートラウンジ「ダイニングh」

このステーキの美味しかったことと言ったら!オンラインチェックインにして早く来た甲斐があったというもの♪

シャワーやマッサージなども利用しつつ、出発までの5時間をとても快適に過ごすことができました。

ダイニングhの詳細、およびANAスイートラウンジ内の様子は、こちらの記事をご覧ください↓

いよいよ搭乗口へ

本日の搭乗口はターミナルの一番端っこ、105番です。

ロイヤルファーストの列で搭乗開始を待ちます。

本当にファーストクラスに乗れるんですね!なんだかまだ信じられません。

車椅子の方の搭乗後、まずファーストクラスのレーンが解放されました。

と言っても、並んで待っていたのは私だけ。1人エスカレーターを降り、赤絨毯の廊下を進んで行きます。

後ろを振り返ってみましたが、長い通路の終わりに差し掛かっても、ビジネス・エコノミーのお客さんは続いて来ませんでした。もしかして、ファーストクラスの搭乗が完全に済むまで待っていたのでしょうか?

懐かしのジャンボジェット

いよいよ飛行機が見えてきました!

機材はB747-400(74N)。ANAでは2014年に退役してしまったジャンボジェットです。この飛行機に乗るのは一体何年振りでしょう。

タイのバンコク・スワンナプーム国際空港までの6時間半、お世話になります!

夢のファーストクラス搭乗

さらに進んで行くと、ここが運命の分かれ道。

「ロイヤルファースト(ファーストクラス)」「ロイヤルシルク(ビジネスクラス)」と書かれた、左のブリッジに進みます。

初めてビジネスクラスに乗った時の高揚感が蘇って来ました。ビジネスクラスだけでなく、まさかファーストクラスに乗れる日が来るなんて、陸マイラー万歳です!

人生初のファーストクラス。一体どのような旅になるのでしょうか。

次回、機内の様子やサービス内容を詳しくご紹介したいと思います!

<次回へ続く>

【ファーストクラス搭乗記】タイ国際航空でスターアライアンス世界一周旅行に出発 <羽田~バンコク・スワンナプーム空港>
このたび、タイ国際航空の国際線ファーストクラスに搭乗してきました! 色々なブログや雑誌記事で見るに、タイ国際航空は世界各国の航空会社の中でも機材やサービス内容がトップクラスとのこと。実際に体験できる日が来るなんて夢のようです♪...

ファーストクラス関連記事

【ファーストクラス搭乗記】タイ国際航空A380でバンコクからイギリス・ロンドンへ〜設備編〜
ANAマイルで実現した「ファーストクラス世界一周旅行」! その名の通り、飛行機でぐるーっと地球を一周。大陸間移動は全てファーストクラスを利用という、夢のような旅です♪ 羽田からバンコクへの第一便に続いて搭乗するのは、バン...
ファーストクラスの機内食はどんなメニュー?タイ国際航空A380バンコク・スワンナプーム〜ロンドン・ヒースロー空港
微笑みの国、タイ。 この国最大の航空会社「タイ国際航空(Thai Airways International)」は、ANAと同じくスターアライアンスに加盟しており、そのサービスは国内外から高い評価を獲得しています。 中で...
【ファーストクラス搭乗記】ルフトハンザ最高峰のサービスと機内食を一挙公開!フランクフルト~ニューヨークB747-8
ドイツが誇るフラッグキャリア「ルフトハンザドイツ航空」。 堅実、質実剛健なイメージの航空会社ですが、ファーストクラスで提供しているサービスはとっても豪華でこまやか。 これぞ正統派ファーストクラス!という、魅力溢れる空間と...
乗ってきました!ANAファーストクラス搭乗記〜日本最高峰の客室とサービス、機内食を全て公開<ニューヨーク〜羽田>
誰もが憧れる夢のシート「ファーストクラス」! その価格は飛行機片道分だけで100万円を超えることもあり、普通の人なら、一生乗る機会がなくてもおかしくありません。その存在を知ってはいても、実際にどんなサービスが提供されているのか...
【搭乗記】エミレーツ航空A380ファーストクラスに乗ってみた!世界一豪華な機内を徹底リポート<成田国際空港-ドバイ国際空港>
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイを本拠地とするエミレーツ航空。 同じくUAEのアブダビを本拠地とするエティハド航空、そしてカタールのドーハを本拠地とするカタール航空と並んで、「中東御三家」と称されています。 その贅を尽...
エミレーツ航空A380ファーストクラスの極上サービスを徹底リポート!アメニティ・機内食・シャワールーム
世界一豪華といっても過言ではない「エミレーツ航空ファーストクラス」。 ゴールドで統一されたきらびやかな空間は、プライベートドアを閉じると個室になり、座席を倒せばフルフラットのベッドにもなります。 お腹が空いたら美味しい料...
【搭乗記】JAL国際線ファーストクラスに乗ってみた!最高級シート「JAL SUITE」の乗り心地と豪華アメニティをレポート♪
JAL(日本航空)といえば、言わずと知れた日本を代表するフラッグキャリア。日系らしくきめ細やかなサービスで、国内だけでなく海外からも高い評価を得ています。 その中でも最高峰のサービスを堪能するには?と聞かれれば、答えはもちろん...
JAL国際線ファーストクラスの機内食が贅沢すぎる!本当に美味しいと評判の和食・洋食メニューを実食レポート
誰もが一度は憧れる、夢の空間「ファーストクラス」。 片道100万円を超えることもあるVIP専用シートでは、世界各国のセレブの舌を唸らせる美食の数々が提供されています。 まさに空の上の高級レストランというわけですね。 ...

 

マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とANA提携航空会社特典ビジネスクラス航空券でバリ島へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る