instagramはじめました!フォローはこちら

飛行機モチーフが可愛い!ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートは空港直結の快適ホテル

follow us in feedly

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートは、イギリス・ロンドンにある、ヒルトン系列の4つ星ホテルです。

「ヒースローエアポート」と名のつく通り、ヒースロー空港のターミナル4に直結しており、ホテルから空港に直接アクセスできます。

また、こちらのホテルは、至る所に飛行機を連想させるモチーフが配されていて、旅好きの心を鷲掴み。もちろん中も清潔・モダンで、とっても過ごしやすいホテルでした。

今回は、快適なお部屋の様子を、すみずみまで詳しくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

飛行機がお出迎え

こちらは客室が連なる廊下の写真です。ルームナンバープレートにジェット機のシルエットが。心憎い演出ですね。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート客室廊下

私の本日のお部屋はこちら。457号室です。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート客室

アップグレード結果

この日予約したのは最安のキングゲストルームでしたが、ヒルトンダイヤモンドステータス特典のアップグレードを受け、キングエグゼクティブルームにしていただけました!

なお、お部屋カテゴリは下記の通り。下に行くほど高額になります。

クイーン&キング&ツインゲストルーム
キング&ツインデラックスルーム
キング&ツインエグゼクティブルーム
ファミリーゲストルーム
キングジュニアスイート
キングエグゼクティブスイート

元の予約時の料金は、諸税込128ポンド≒19,390円。

この日のキングエグゼクティブルームの料金は、220ポンド≒33,330円でしたので、1万4千円ほど得をしたということに。

ちなみにこちらのホテルは、最高ランクのキングエグゼクティブスイートでも、宿泊費は450ポンド前後と、そこまで高額ではありません。

空港に用があるお客さんばかりで、優雅に長期滞在するタイプのホテルではないからなのでしょうね。

お部屋の中の様子

前置きが長くなりましたが、中に入ってみましょう。

ドアをオープン!

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートエグゼクティブキング

ベージュとカーキを基調とした、落ち着いたお部屋です。写真だと、なんだかちょっと古めかしく見えるかもしれませんが、設備は新しくていい感じ!

24平米とコンパクトなものの、一人旅には十分です。あんまり広いと落ち着かない性質の私にはピッタリでした。

ベッドサイドには、ヒルトンダイヤモンドステータス特典のミネラルウォーター。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート客室

ヒルトン・ロンドン・パディントンにおいてあったものと同じ、HILDON(ヒルドン)というメーカーのものです。

クローゼット

ベッドサイドのクローゼットには、アイロン、ドライヤー、セーフティボックス。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

その隣の扉を開けると、アイロン台とスリッパ、ハンガー、バスローブが入っていました。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

ファシリティ

ベッドの反対側には、電話とミネラルウォーター、ちょっと変わったソファとテーブルが。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

ベッドから正面はこんな感じ。ライトがヨーロッパ地図になっていて、これまた可愛い♡

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

テレビの横にある鏡も、飛行機の窓を意識しているよう。

旅気分を否応なく盛り上げてくれますね!

ミニバー

ミニバーもちょっと変わっていまして…

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

こんな風に、どこか近未来感のあるディスプレイなのです。

ミニバーの下には、無料のコーヒー類と食器、湯沸かし器、アイスペール。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート ミニバー

トレーの内容は、インスタントコーヒーに数種のティーバッグ、ミルク、砂糖と一般的なものでした。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート 無料アメニティ

そして、キャビネットの反対側には、冷蔵庫が入っています。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

価格表はこちら。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートキングエグゼクティブルーム

お水一本2.95ポンド≒446円。330mlと小さめのボトルの割には、やはりお高めですね。

冷蔵庫は、海外ホテルによくあるタイプの「アイテムを取り出すと自動的にチャージされる」システムとなっていましたので、注意が必要です。

ホテルの周辺にお店はないものの、幸いエグゼクティブラウンジが使えたので、不便はありませんでした。

スポンサーリンク

バスルーム

続いて、バスルームを見てみましょう。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート

ホテルでも一般家庭でも、暖色の照明が主流となっているヨーロッパでは珍しく、白色のライトがついていて、とても明るい雰囲気です。

こういった色の照明下では、汚れがごまかせないのもいいですね。隅から隅まで綺麗に清掃してありました。

洗面台もモダン。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート

シンプルながら、鏡や洗面ボウルの形に流線形が多用されていて、なんとなく飛行機に繋がる機能美が感じられます。物を置けるスペースが広いのも使いやすかったです。

アメニティ

アメニティは、日本国内のヒルトンでもお馴染み、ピーター・トーマス・ロスのシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ソープバーでした。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート アメニティ

パディントンでもそうでしたが、こちらでは歯ブラシがないのが一般的なようですね。

フロントや電話で頼めば、届けてもらうことが出来ます。

トイレ

トイレは洗面台の反対側にあります。こちらもとってもシンプル。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートトイレ

ヒルトン・ロンドン・パディントンでは水の流れが悪く、一日中下水臭が漂っていましたが、こちらではそのようなことはありませんでした。

お部屋からの眺め

シンプルモダンで新しい客室内の設備も素敵ですが、中でも個人的に気に入ったのが、お部屋からの眺め。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート 客室からの眺め

あいにく飛行機は見えなかったものの、ヨーロッパらしいのどかな風景が広がっていて、移ろいゆく夏の日差しをのんびりと眺められるのが嬉しかったです。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート 客室からの眺め

異国にいながら、なんだか懐かしい気分に浸れました。

右下に目をやったところには、フロントとロビー。

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポート 客室からの眺め

ちょっと不思議な作りですよね。24時間、いつでも眼下に人の気配を感じられたのも、安心感があって良かったです。

最後に

ヒルトン・ロンドン・ヒースローエアポートは、明るくモダンでとっても快適なホテルでした♪

ターミナル4から連絡通路で直結していますので、ヒースロー空港を利用する時の前後泊に最適。

市街地のホテルよりも安く、品質も伴っている印象でしたので、また次回ロンドンを訪れる時には是非利用したいと思います!

ロンドンの他ホテル宿泊記はこちら↓

【宿泊記】ロンドン・マリオット・ホテル・パークレーンはアクセス最高!お部屋もラウンジもオシャレでヨーロッパらしさ満点♪
ロンドンの中心地にある「ロンドン・マリオットホテル・パークレーン」は、世界最大のホテルチェーン「マリオット・インターナショナル」が展開するホテルです。 お部屋は新しくてオシャレ&ラウンジもヨーロッパらしくてフードプレゼンテーシ...
【マリオット/SPG】ロンドン・グレートノーザンホテル宿泊記~キングス・クロス駅直結で自由に使えるパントリーも完備
グレートノーザンホテル・ア トリビュートポートフォリオホテル ロンドン(Great Northern Hotel, A Tribute Portfolio Hotel, London)は、イギリス・ロンドンにある5つ星ホテルです。 ...
ロンドン・朝食が美味しいホテルで頂く最高のイングリッシュブレックファスト!【マリオット・グレートノーザンホテル】
イングリッシュ・ブレックファスト(English breakfast)は、イギリスの伝統的な朝食。 食べ物に関して、あまりよい評判を聞かないイギリスではありますが、朝食には定評があります。「イギリスで美味しい食事がしたければ、...
ヒルトン・ロンドン・パディントン宿泊記。駅からホテルへの行き方とお部屋の様子を紹介します
ヒルトン・ロンドン・パディントン(Hilton London Paddington)は、イギリス・ロンドンにあるヒルトングループのホテルです。 ヒースロー国際空港からは、特急電車「ヒースローエクスプレス」を使ってたったの15分...

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう

今回は、ファーストクラス世界一周特典航空券でロンドンを訪れました!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
2019年12月 次女とガルーダ・インドネシア航空ビジネスクラスでバリ島へ
2020年1月 家族4人JALで沖縄へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る