instagramはじめました!フォローはこちら
マイルの貯め方2018最新版!

年間100万マイルを実現した驚きの方法とは?
そのすべてを公開しています!

詳しくはこちら

【英国御三家】エッティンガーの財布をロンドンで購入!取扱店舗と価格は?

follow us in feedly

ロンドンの街並み

イギリス・ロンドンで1934年に創業した紳士向けレザーグッズ専門店、ETTINGER(エッティンガー)

1960年代に英国王室御用達となり、日本にも銀座に旗艦店がある他、全国の有名百貨店やセレクトショップで取り扱われている、信頼性抜群の人気ブランドです!

今回は、本場ロンドンで実際にエッティンガーの財布(長財布)を購入した時の様子や、気になる現地価格・割引率などのご紹介をしたいと思います。

スポンサーリンク

エッティンガーとは

イギリスには、「英国御三家」と呼ばれる3大レザー製品メーカーがあります。

1979年にスコットランドで設立された「GLENROYAL(グレンロイヤル)」、1875年創業の「Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)」、そして「Ettinger(エッティンガー)」です。

<英国御三家>
・グレンロイヤル
・ホワイトハウスコックス
・エッティンガー

3者3様に特色があるわけですが、エッティンガーの特徴は、乗馬発祥の国イギリスならでは、手綱や馬具に使われる固くて分厚いブライドルレザーをメイン素材とし、耐久性を保ちつつも可能な限り薄く削ぐことで、2つに折っても厚みが出ない、スマートなレザーグッズを作り出しているという点。

夫の財布を探し始めた頃は、ホワイトハウスコックスとどちらにしようか迷いましたが、結局スーツのポケットにも嵩張らずスムーズに出し入れできる、スタイリッシュなエッティンガーに決定しました。

狙うはSTERLINGシリーズの赤い財布

私が買おうと思っているのがこちら。
ettinger sterling collection wallet

色はターコイズ、オレンジ、レッドの3色展開ですが、夫は赤好きなためレッド一択!

最初は、エッティンガーこだわりのブライドルレザー製の財布にするべきか迷ったのですが、銀座本店で色々手に取って見た中で、指紋がつきにくく、なめらかな感触のこちらのカーフレザー製が一番しっくり来ました。

日本での定価は43,000円と、なかなかのお値段です。

では、本国イギリスでは一体いくらなのかというと…

ettinger wallet

公式サイトでは、210ポンドとなっていました。日本円で大体31,910円。11,000円ほどの差額があります。免税手続きをすれば、さらにいくらか還元されるはずです。

<参考価格>
・日本国内価格:43,000円
・ロンドン価格:31,910円(さらに免税あり)

ロンドン市内には3店舗

肝心の取扱店ですが、公式サイト上ではロンドン市内に3店舗あるとのこと。

ただし、エッティンガー直営ショールームは平日のみ営業、しかも予約が必要と書いてありましたので、残り2店舗の「フォートナム&メイソン」と「ドクターハリス」に行ってみることにしました。

幸い、2店は同じピカデリー地区のごく近所にあり、もし品切れがあってもどちらかでは購入できそうです。

エッティンガー取扱店

そうと決まれば、さっそく行ってみましょう!

Dr. Harris&Co.

まずは、Dr. Harris&Co. へ。

Dr. Harris&Co.

こちらは薬局のようですね。薬局に高級レザー商品が置いてあるというのもちょっと不思議。

店内に入ってみると…ん?それらしいものがありません。

念のため店員さんにも聞いてみましたが、取扱はないとのことでした。残念。

財布以外のエッティンガー商品も見当たらなかったのですが、こまごました雑貨が沢山置いてあったので、その中に埋もれていたのでしょうか…。
スポンサーリンク

フォートナム&メイソンへ

続いて、日本でも人気のある英国王室御用達の総合百貨店、フォートナム&メイソンへ行ってみます。

フォートナム&メイソン

フォートナム&メイソンと言えば、紅茶が有名ですよね。

こちらのお店には、紅茶やお菓子など自社ブランド製品の他、レストランやセレクトショップなども入っています。

fortnum&mason

3階に上がると、そこは紳士向け商品のフロア。

フォートナム&メイソン

英国紳士にふさわしい、落ち着いた高級感のある商品が並んでいます。

葉巻や靴、ひげそり、香水等々、オシャレ好きな男性なら、きっと時間を忘れてしまいそうなグッズの数々。

フォートナム&メイソン

フォートナム&メイソン

さてさて、エッティンガーはというと…

エッティンガー商品

フォートナム&メイソン

ありました!フロアの一角にショーケースが設けられ、中には色とりどりの革製品がずらっと並んでいます。

お目当ての赤い財布もありますね。

店員さんに声をかけると、内側の在庫置き場の鍵を開けて、商品を出して見せてくれました。なんと最後の一つとのこと。「あなたラッキーね!人気で売り切れの時もよくあるのよ」と言ってました。

長財布には小銭入れが付いていないので、もしあればコインパースも一緒に買うつもりでしたが、そちらは残念ながら売り切れていて購入できず…。

でも、元々夫は殆ど現金を使わないですし、小銭入れがなくても大丈夫でしょう。無事に第一希望のものが買えて良かったです!

フォートナム&メイソン

ハロッズで買ったグローブトロッターも最後の一点でしたので、つくづく今回はついてますね~。

現地ロンドン購入!憧れのグローブトロッターが日本で買うより安い割引価格で手に入りました
グローブ・トロッター(GLOBE-TROTTER)というブランドをご存知でしょうか。 1897年にイギリス人のデイヴィッド・ネルケンによって創業された、バッグ&ラゲッジメーカーです。 そのグローブトロッターが扱う商品の中でも特に...

免税額は?

エッティンガーの店員さんに教わった通り、2階に降りて「免税手続きをしたいんですけど」と店員さんに尋ねたところ、「ちょっとここで待ってて下さい」とレシートを持って奥へ。

ほんの数分で、書類を手に戻って来ました。免税手続きで必須なはずのパスポート提示も求められず終了。拍子抜けでしたが、簡単でよかったです。

肝心の還元額は、23.5ポンド!約3,570円です。

結果として、186.5ポンド≒28,340円で購入できたということに。日本の価格と比べると、約15,000円安くなりましたので、かなり満足いくお買い物でした!

最後に

ロンドンでショッピングというと、女性向けのお店が取り上げられることが多いのですが、フォートナム&メイソンは男性も楽しめるであろう、素敵なお店でした。

店員さんもとっても親切でしたし、時間がなく全てのフロアを見ることが出来ませんでしたので、また近い内、今度は夫と一緒に行きたいと思います。

今回は、マイルを使ったファーストクラス世界一周の途中でロンドンに立ち寄りました。

【ファーストクラス】スターアライアンス世界一周特典航空券をANAマイルで発券しました!
昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、...
【世界一周旅行1】ANAマイルで乗るタイ国際航空ファーストクラス 羽田空港編
2017年6月。 約半年前、1月にANAマイルを使って発券した世界一周ファーストクラスの特典航空券を使う日がいよいよやってきました! 記念すべき一便目は、タイ国際航空のファーストクラスです。 今回、タイ国際航空の飛...

今や、マイルはクレジット決済や飛行機搭乗でコツコツ貯めるのではなく、ポイントサイトで大量に貯める時代です。

【陸マイラー入門】誰でもできる効率的なマイルの貯め方 2018最新版
最近「陸マイラー」という言葉を聞いたことはありませんか? 陸マイラーとは、飛行機に乗らずに(つまり「空」ではなく「陸」で)航空会社のマイル(マイレージ)を貯めている人たちのことです。 常識では考えられないくらい大量のマイ...

ホテルステータスがあれば、旅はさらに充実!年会費以上にオトクな特典盛りだくさんのSPGアメックスについてはこちらをどうぞ。

SPGアメックスの特典とメリットとは?人気の理由と申込・審査・カード発行までの手続きを徹底解説
SPGアメックスに入会すると、SPG&マリオットのゴールド会員に自動昇格でき、2年目以降は毎年ホテルに無料宿泊できる権利が貰えます。入会するなら最大12,000ポイントが貰える紹介プログラムがオススメ。当サイトからの紹介も可能です。

オススメホテルはこちらからどうぞ。

【SPG】ロンドン・グレートノーザンホテル宿泊記~キングス・クロス駅直結で自由に使えるパントリーも完備
グレートノーザンホテル・ア トリビュートポートフォリオホテル ロンドン(Great Northern Hotel, A Tribute Portfolio Hotel, London)は、イギリス・ロンドンにある5つ星ホテルです。 ...
ヒルトン・ロンドン・パディントン宿泊記。駅からホテルへの行き方とお部屋の様子を紹介します
ヒルトン・ロンドン・パディントン(Hilton London Paddington)は、イギリス・ロンドンにあるヒルトングループのホテルです。 ヒースロー国際空港からは、特急電車「ヒースローエクスプレス」を使ってたったの15分...
トップへ戻る