instagramはじめました!フォローはこちら

チェコに行くならレギオジェットが最高♪運行路線から予約方法まで徹底解説!<ウィーンからプラハへのおすすめ移動手段>

follow us in feedly

プラハへはレギオジェットがオススメ

風光明媚な都市・プラハは、中央ヨーロッパに位置するチェコ共和国の首都。「黄金のプラハ」と呼ばれるのも納得できる、宝石のような美しい街です。

パリやロンドンほどの知名度はないものの、大都市にはない魅力に溢れ、近年では日本人観光客の人気も高まりつつあります。

日本からのアクセス方法としては、今のところ直行便がないため、ドイツ等の第三国を経由して入国するのが一般的。

今回、オーストリア・ウィーンに滞在するにあたり、プラハへの一泊旅行を思い立ち、色々と調べた結果「レギオジェット」という電車で移動することに。

結果、これが大正解!サービスも素晴らしく、とてもいい思い出となりました。

今回はレギオジェットの概要と、その予約方法について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ウィーンからプラハへの移動にはレギオジェットがおすすめ!その理由は?

ウィーンからプラハへ出かける場合、空路、陸路(電車、バス)いずれも選択肢となって来ます。

もちろんどれを選んでもよいのですが、空路(飛行機)の場合、下記のような問題が発生。

  • 運賃が高い(当時、エコノミークラスの最安カテゴリでも往復2万円〜)
  • 安いチケットだとキャンセル料金が高額になる
  • 荷物の持ち込み・預け入れに厳しい制限がある
  • ウィーン空港までの移動にかかる労力とお金、搭乗までの待ち時間が勿体ない

その点、レギオジェットなら全て解決です。

  • 運賃がとにかく安い!
  • しかも出発15分前までならキャンセル無料
  • 荷物持ち込みに厳格な制限はなし
  • ウィーン中心地にほど近いウィーン中央駅 or シマリング駅発着

ちなみに、オーストリア国鉄が運行する「レイルジェット」という特急電車もあるのですが、レギオジェットに比べると運賃が高く、最安運賃は基本的にキャンセル不可なので却下。

高速バスも一般的な手段ではあるものの、今回は車酔いしやすい娘が一緒なので、最初から選択肢に入っていませんでした。

レギオジェットとは

レギオジェットは、チェコ・プラハを中心に運行する長距離列車(バスもあります)です。

チェコの国鉄ではなく、あくまで私鉄。

とにかく安いその理由は、スイスやオーストリアで使われていた列車をレストアして使うなどで、コスト削減に努めているからなのだそうです。

運行路線

レギオジェットが運行しているのは以下のルート。

  • Prague-Olomouc-Ostrava-Tatry-Košice(プラハ-オロモウツ-オストラバ-タトラ-コシツェ)
  • Prague-Brno-Vienna(プラハ-ブルノ-ウィーン)
  • Prague-Brno-Bratislava(プラハ-ブルノ-ブラチスラヴァ)
  • Prague-Brno–Ostrava–Bohumin(プラハ-ブルノ-オストラバ-ボフミン:2019年12月就航予定)

ご覧の通り、チェコ・スロバキア・オーストリアの3国を跨いで走る鉄道です。

なお、プラハ〜オーストリア・ウィーン区間は、2017年に開通した比較的新しい路線とのこと。

座席は4ランクから選べる

レギオジェットは、「ローコスト」、「スタンダード」、「リラックスクラス」、「ビジネスクラス」の4クラス制となっています。

レギオジェットは4クラス制

ローコスト(Low cost) コスパを重視した最安価格のシート。
スタンダード(Standard) シートは6人席やモニター付きなど、バラエティに富む。
リラックスクラス(Relax) 調節可能な革張りのシート。テーブル付き。
ビジネスクラス(Business) 最高ランクのコンパートメント型シート。ウェルカムドリンクやクッキー&フリーコーヒー付き。

それぞれのサービスについては、公式ページで詳しく紹介されていますので、ぜひ見比べてみて下さい。

ビジネスクラスには静かに過ごせる「クワイエットコンパートメント」があったり、スタンダードクラスには「キッズ専用コンパートメント」も!

レギオジェット・キッズコンパートメント(レギオジェット公式サイトより)

いろんなニーズに応えようとする姿勢に好感が持てますね。

レギオジェットなら最上クラスでウィーン〜プラハ間を往復しても安い!

レギオジェット最大の魅力は、とっても運賃が安いこと!

一体いくらくらいなのかと言いますと、日時によっても運賃は変わってきますが、とある日の料金表がこちら。

レギオジェットの料金表

ローコスト 15ユーロ(≒1,761円)
スタンダード 17ユーロ(≒1,996円)
リラックスクラス 19ユーロ(≒2,231円)
ビジネスクラス 25ユーロ(≒2,935円)

移動時間が4時間という長距離にも関わらず、最安なんと15ユーロ!

オーストリア国鉄のレイルジェットだと、同じ区間で34ユーロかかるので、半額以下の料金となります。素晴らしいコスパですよね♪

ビジネスクラスがおすすめ

さらに、レギオジェットの座席には、クラス間でそれほどの価格差はありません。

新幹線のグリーン車は、少し座席が広くなるだけで大幅な追加料金が必要になってきますが、レギオジェットでは、特典いっぱいのビジネスクラスでも差額は1,200円弱。

ということで、今回私は迷わず「ビジネスクラス」を選択しました。

支払った料金は、全部で122ユーロ(往復2名分:ビジネスクラスに子供料金はないため大人と同額)。

結果的にこの選択は大正解だったと思っています!

スポンサーリンク

レギオジェットの予約方法

それでは、肝心の予約方法をご紹介していきましょう。

レギオジェットはウェブ上で予約可能なので、出国前に日本で予約しておくことができます。

チェコの私鉄のため、公式サイトは基本チェコ語ですが、英語ページもありますので、それほど苦労なく予約を完了させることが出来るかと思います。

公式 レギオジェット公式サイト(英語)

1. トップページで出発地や日付、人数を選択

それでは、まず左端の「BUS AND TRAIN」というタブ内のボックスを埋めていきましょう。大人・小人の選択も忘れずに。

レギオジェットの予約方法・公式サイトトップページ

2. 電車を確認して選択

発着地の入力方法によっては、バス便が出てくることがありますので、間違えないようにご注意ください。ちなみに、各便の緑の数字は空席数を示しています。

レギオジェットの予約方法・電車を選択

各料金の表示(黄色いボタン)をクリックすると、次の画面へ。

3. クラスを選択

続いてクラスを選択します。朝一番(6時台)の便が一番安く、その後の便では多少料金が上がってくるようです。

レギオジェットの予約方法・クラスを選択

クラスを選択すると、「Tickets in the basket(チケットがバスケットに入りました)」と表示されました。

レギオジェットの予約方法・チケットをバスケットへ

「Book a ticket」というボタンをクリックして、次へ進みます。

4. シート選択

次は座席の選択です。まず上の方にメールアドレスを入力しましょう(↓ピンクの枠)。その隣の電話番号はオプション(任意)ですので、入力する義務はありません。

レギオジェット予約方法・シートマップでメールアドレスを入力

画面下にスクロールすると、シート選択画面が出ますので、ここで好みの席を選びます。

レギオジェットの予約方法・シート選択

ウィーン発プラハ行きのシートマップは、左手が進行方向となっている一方、プラハ発ウィーン行きは、右側が進行方向です。(2019年7月時点)。

プラハ発ウィーン行きシートマップ

当然ながら、選択したクラス内の席のみ指定可能。ビジネスクラスの場合は、1〜34番に当たります。

なお、1~4番(人差し指を立てた横顔のマークが入っているところ)は、15歳以下使用不可のクワイエットコンパートメントですのでご注意を。静かに過ごしたい一人旅にはいいかもしれません。

5. オプション選択

シートマップの下には、いろんな無料オプション「Additional offers」が表示されています。

アプリをダウンロードして使うプラハのオーディオツアーガイドや、カーシェア割引、自転車持ち込みなどなど。希望のものがあれば、ボックスにチェックを入れておきましょう。

レギオジェット予約方法・無料オプション

全ての選択が終わったら、規約同意とロボット認証の二箇所(ピンクの枠部分)にチェックを入れて、「Book a ticket」をクリック。

6. 決済へ

すると、予約完了画面が表示されました。ここまで来れば、あとは決済を済ませるだけです。

レギオジェットの予約方法・予約完了画面

ページ内には、「出発15分前までの変更・キャンセル無料、15分前を過ぎると不可」の文言も確認できます。

レギオジェット予約方法・決済へ

一番下にある「Pay €○○」をクリックして、支払いを済ませましょう!

現金も選択できますが、日本在住ならクレジットカードを選ぶ方がほとんどだと思います。VISA、マスター、ダイナースクラブが使用可能です。

レギオジェットの予約方法・クレジットカード

一番上、左端のクレジットカードを選択すると、以下のような表示が出ますので、メールアドレスを入力し、「Continue to payment gate」をクリック。

レギオジェットの予約方法・クレジットカード

3Dセキュアページへと遷移しますので、ここでカード情報を入力します。

レギオジェットの予約方法・クレジットカード情報入力

7. 発券完了!

決済完了で、無事にチケットが発券されました♪

レギオジェットの予約方法・発券完了

今後はチケット番号で予約を管理しますので、万一メールが届かなかった場合に備えて控えておくと安心です。

8. 乗車時はチケットを忘れずに

メールアドレスが正しければ、決済完了時にeチケットが送られてきます。日時や発着地に間違いがないかも、改めてしっかりチェックしておきましょう。

チケットにはQRコードが含まれていますので、プリントアウトして乗車中携行しておけばOKです!

レギオジェットのeチケット

メール文中には「You can manage your ticket here (you will need a ticket number to log in):予約管理はこちらから」というリンクも付いています。

メールを誤って削除しないようにご注意くださいね。

充実のビジネスクラスについては次回ご紹介予定

ということで、今回はレギオジェットの予約方法について詳しくご紹介しました。

予約方法も簡単ですし、15分前までならキャンセル無料ととても扱いやすいので、初めてヨーロッパで鉄道に乗るという方にも手軽なのではないでしょうか。

チェコ⇔ウィーン or ブラチスラバの旅をお考えなら、イチオシの移動手段です!

肝心の乗ってみた感想は、こちらをどうぞ。

娘曰く「今回の旅行で一番楽しくて思い出になった!また乗りたい♡」とのことでした♪

ウィーン旅行関連記事

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

今回の中央ヨーロッパを巡る旅は、ANAマイルを使った特典航空券で実現しました♪

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る