instagramはじめました!フォローはこちら

ル・メリディアン ウィーン宿泊記。モダンなお部屋にアップグレード!ラウンジはないけれどミニバー無料♪朝食もオシャレで美味しい♡

follow us in feedly

ルメリディアン ウィーンはオシャレで快適!オススメホテル

世界最大規模のホテルチェーン「マリオットボンヴォイ」

高級ホテルとして名高いリッツ・カールトンやセントレジス、日本各地に多数展開するシェラトンなども、このグループに属するホテルです。

そのマリオットグループの中でも、個人的に大好きなのが「ル・メリディアン」!

元々はフランスの航空会社エールフランスが創業したホテルで、とにかくオシャレでスタイリッシュなんです♪

今回は、オーストリア・ウィーンを訪れるにあたり、「ル メリディアン ウィーン(Le Méridien Vienna)に2泊することに。

トラディショナルな外観に反して、お部屋は一際モダンで設備も最新式、立地も良くてとっても快適でした。

今回は、アクセスからお部屋の様子、朝食までを詳しくご紹介します!

スポンサーリンク

アクセス

ル メリディアン ウィーンがあるのは、ウィーン旧市街をぐるっと囲む大通り「リンクシュトラーセ(オペルンリンク)」沿い。

最寄駅はKarls Platz:カールスプラッツ(U1, U2, U4)です。

オペラ座や、一大ショッピングストリートであるケルントナー通りも徒歩圏内と、とっても便利な場所にあります♪

ホテルの外観とロビー

滞在中はあまりお天気が良くなかったので、クラシカルな外観の写真は公式サイトからお借りしました。

ルメリディアン ウィーンはオシャレで快適!外観はとってもクラシカル(公式サイトより)

昔ながらのヨーロッパらしい建物ですね。一歩中に入ると…

ルメリディアン ウィーン・ロビーの様子

ご覧の通り、とってもモダンな雰囲気のスタイリッシュなロビーとなっていました!

それでは、さっそくレセプションでチェックインしましょう。

マリオットボンヴォイ特典・アップグレード結果は?

チェックイン時のお楽しみは、マリオットボンヴォイの特典の1つである『お部屋の無償アップグレード』。

マリオットボンヴォイ系列ホテルでは、エリートメンバー(上級会員)のステータスを保有していると、その日の空き状況次第で、予約したお部屋よりも高いカテゴリーのお部屋に案内してもらえるのです。

私は今回「マリオットボンヴォイ・チタンステータス」を持っての宿泊なので、運が良ければスイートルームを含めたお部屋へアップグレードされる可能性も。

さて、今回の結果は…?

……

 

「スタジオ」というお部屋になりました!

ちなみに某日のルーム・料金一覧はこちら。

  • クラシック 185EUR        ←元々の予約
  • スーペリア 215EUR
  • デラックス 240EUR
  • エグゼクティブシティ 265EUR
  • コーナーパーク 295EUR
  • スタジオ 295EUR         ←アップグレード!
  • ルーフトップテラス 295EUR
  • エグゼクティブスイート 445EUR
  • ファミリースイート 445EUR
  • ルーフトップテラススイート 645EUR

一泊あたり115ユーロの差額ですので、二泊で230ユーロ得したと言ってよいでしょう。これはありがたいです!

ちなみに、この日空いている中では一番良いお部屋でした。

スタジオの概要は以下の通りです。子供とのふたり旅には十分すぎる広さですね♪

面積:約55㎡
定員:最大2名
ベッド:キングサイズ1ベッド

スタジオ・302号室

今回アサインされたのは3階(7階建)の302号室。日本式4階に当たります。

ルメリディアン ウィーン3階のスタジオ

ドアを開けると、目の前にリビングが!

ルメリディアン ウィーン3階のスタジオ・リビングルーム

そして右奥はベッドルームとなっていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・ベッドルーム

外観に反してとても現代的と言いますか、とっても洗練された素敵なお部屋ですね!

リビング

では、リビングを見てみましょう。お部屋の中央にテーブルと4脚のチェア、窓際にソファと長椅子が置かれています。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビング

クローゼットとお部屋を区切るガラスには、エッチングでしょうか、コーヒーカップの模様が描かれています。なんともオシャレ!

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・エッチングが施されたパーテーション

テレビは可動式

テレビは可動式の柱に取り付けられており、リビング側、ベッドルーム側好きな方で見ることができるようになっていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・テレビは可動式

デスク

さらに、壁際には機能的なデスクとチェアが設置されています。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビングのデスク

デスクの正面にある壁の隅には、こんな遊び心溢れる装飾付き!スイッチを入れると点灯します。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・デスクの照明

本当の窓みたいでとっても可愛いですね♡

無料モバイルWi-Fi

…ん?ふと見ると、デスクの上に見慣れないものが置かれています。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビングルーム・デスクの上

なんとこちらは無料のモバイルWi-Fi!

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビングルーム・デスクの上にモバイルルーター

「TAKE IT WITH YOU」と書かれているので、お部屋の中だけでなく観光に持ち出してもいいようです。

今回もSIMカードを事前に購入していましたが、容量が限られているので、こういう備品はありがたいですね!

…が、しかし。

たまたま調子が悪かったのか、私が使用した時は、全く電波をキャッチしてくれず仕舞いでした(トホホ)。あくまで無料サービスなので、使えたらラッキーくらいに思っておくといいかもしれません。

無料のミネラルウォーター

リビングの卓上には、大きなミネラルウォーターのボトルが。「無料」のタグが付いています。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビングルーム・テーブルの上には無料のミネラルウォーター

500mlのペットボトルが2本置かれているホテルも多い中、こちらは1Lが一本。

斜めにカットされたコップにもこだわりを感じますね!

ウェルカムスイーツ

朝アーリーチェックインした後すぐに観光に出かけたのですが、帰ってくると卓上にはウェルカムレターとオーストリア定番の「MANNER(マンナー)」というウエハースが置かれていました♪

ルメリディアン ウィーン・ウェルカムスイーツ

帯に「EAT ME(私を食べて)」と書いてあるのも可愛い♡不思議の国のアリスを彷彿させます。

マンナーのウエハースも、ヘーゼルナッツ風味の日本にはない味で美味しかったです!ご当地のお菓子をいただけると、お土産選びの参考になりますし、とっても嬉しいですね。

スポンサーリンク

ベッドルーム

それでは、続いてベッドルームを見てみましょう!

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・ベッドルーム

お部屋には、キングサイズのベッドが一台。ルメリディアン共通の、清潔感漂う真っ白なリネンで覆われていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・ベッドリネン

ヘッドボードには、お部屋入口と同様にカップ&ソーサーのエッチングが施されており、ライトを点けるとこんな風にぼんやりと浮かび上がります。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・エッチングが施されたヘッドボード

隣で娘が寝返りを打っても、ほとんど軋みなどは伝わらず、快適に休むことができました♪

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・キングベッド

バスルーム

ベッドルームのお隣にあるのがバスルーム。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームの入口から

左手奥には、嬉しい大きな浴槽が!モダンでありながら、猫足の付いたヨーロッパらしいスタイルのバスタブです。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームの浴室

その手前はトイレ。シンプルながら、ティッシュと非常用電話が付いていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームのトイレ

そして、右奥は洗面台。シングルボウルでとってもコンパクトではありますが、すっきりとして使いやすかったです。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームの洗面台

卓上には、ボティローションとコップ、爪やすり&コットン、固形石鹸が置かれていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームの洗面台アメニティ

歯ブラシは、ヨーロッパでありがちなリクエスト制です。

そして、右手前はシャワーブース。とってもゆとりがあって、子供の洗髪なども楽々手伝うことが出来ました。シャワーヘッドは、固定式ヘッドシャワー・ボディシャワー2つ。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・バスルームのシャワーブース

浴槽に入る前に汚れを落としつつ、しっかり温まることができます。

収納スペース

ルメリディアン ウィーン・スタジオは、55平米をゆったり贅沢に使った間取りだけあって、入口周りの空間にもかなりの余裕を感じられます。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・前室

入口近くにあるこの姿見の裏には、アイロンとドライヤーが。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・アイロン台とドライヤー

ドア内側にも鏡がついています。

そしてそのお隣、入口側にはこんなにたっぷりの収納棚が設けられていました!

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・荷物置き場

ドアはありませんが、しっかりとした奥行きがあり、ウォークインクローゼットのように使うことができました。

トイレがもう一つ

その向かい側にはトイレ。手洗い場も付いています。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・入口側のトイレ

2つトイレがあるっていいですよね!二人以上での旅では、なんだか安心感があります。

ベッドルームから離れているので、夜お互いを起こさず使用できるのもよかったです。

クローゼット

トイレの隣、リビングの手前には、クローゼットが設置されていました。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・クローゼット

クローゼットの左手には、バスローブが2着と…

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・クローゼットの中身

スリッパ、靴べら、エチケットブラシ、ランドリーバッグなどなど。靴磨きサービスも利用可能です。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・クローゼットの籠

なお、ルメリディアン ウィーンでは、子供用アメニティの提供はありませんでした。お子さん連れの方は、子供用の履物や歯ブラシなど、必要なものは持参することをお勧めします!

ミニバーは全て無料!

右手には、セーフティーボックスと無料の紅茶やコーヒー、湯沸かし器、食器などなど。

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・クローゼットの備品

その下に入ってる冷蔵庫を開けると、ドリンクが6本とハリボーの小袋が一つ。なんとこれ、全部無料なんです!

ルメリディアン ウィーン・スタジオ・リビングルーム・冷蔵庫ないのものは全て無料

ラインナップはこちら。

  • スパークリングウォーター
  • りんごジュース
  • フレーバーウォーター(ストロベリー&ペッパー)
  • ペプシコーラ
  • ペプシダイエット
  • ビール(オッタクリンガー)

ビールまで無料なんてスゴイですよね♪しかも最初の1日だけではなく、毎日補充してもらえます。

最初はクラブラウンジがないことが気になっていたのですが、ドリンクの買い出しに出る必要がなかったので、このホテルにして正解だったなぁと思いました!

昨年のパリ母娘旅行では、クラブラウンジなし・パレードのため近隣の交通機関が全てダウン・灼熱かんかん照りという条件の下、スーパーまで買いに行くのがとっても大変だったもので…。おかげさまで今回はだいぶ体力を温存できました。

スポンサーリンク

朝食はウェルカムギフトで選択可能

ルメリディアン ウィーンには、前述の通りクラブラウンジがありません。

クラブラウンジでは、無料の朝食・カクテルタイムが提供されていますので、これがないのは大きな痛手。

けれど、マリオットボンヴォイのプラチナ・チタン・アンバサダーなら、到着時のウェルカムギフトで朝食を選ぶことができます。

<ウェルカムギフトの選択肢>

  • 1,000ポイント
  • アメニティ
  • 毎朝のレストランでの朝食

1000ポイントは言わずもがな、マリオットボンヴォイで使えるポイントのこと。アメニティはホテルによって様々です。

紀尾井町のプリンスギャラリーではお箸でしたし、

ハワイのモアナサーフライダーではチョコレート。

そしてドバイのアルマハではデーツの詰め合わせでした♪

ご覧の通り、それぞれのホテルで独自に内容を考えた品物を頂けるので、ちょっとしたサプライズ感もあり、積極的に選ぶようにしています。

けれど、今回は娘が一緒。

朝から食事を調達するために連れて歩き回るのも何だしな、ということで、朝食を選択しました。本来なら、朝食ブッフェ料金は一人32ユーロなので、コスパ的にも一番良いと思われます。

レストラン「YOU」

朝食会場は0階(日本式1階、レセプションデスクの奥)のレストラン「YOU」。

ルメリディアン ウィーンの朝食会場

朝食の営業時間は以下の通りです。

月〜金曜日 6:30-10:30
土日祝 6:30~11:00

お店の中はこんな感じでとーってもお洒落!

ルメリディアン ウィーン・レストランYOUのインテリア

そこかしこにグリーンがあしらわれ、ブラウンのテーブル&チェアとよくマッチしていますね。

天井の一部はガラスとなっており、自然光が入ってとても居心地のいい雰囲気でした。

ブッフェ内容

それでは、どんなメニューがあるのかブッフェ台を覗いてみましょう。

ルメリディアン ウィーン・レストランYOUのブッフェカウンター

サラダバー

まずはサラダコーナーです。

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・サラダ

新鮮なパプリカ、トマト、レタス、きゅうり、マカロニ、そして小さく切り分けられたキッシュが並んでいました。

ヨーロッパの朝食に欠かせないハムやチーズもこの通りたっぷり♪

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・ハムとチーズ

ボリューム満点のサラダが作れそうですね!

パン

パンのコーナーには、バゲットやカイザーゼンメルなどの食事パンだけでなく…

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・ハードパン

フルーツやチョコレートを使ったデニッシュ類に、

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・デニッシュ

ドイツ語圏でおなじみのマルモアクーヘンにマフィンまで!

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・ケーキなど

どれも美味しそうな上にディスプレイが可愛くて、つい目移りしてしまいます。

シリアル派にも、ミューズリーやコンフレーク、パフなどが揃っていました。

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・シリアル

限られたスペースながら、主食系の品揃えは豊富です。

デザート

デザートコーナーには、木箱に入ったフルーツが。リンゴやオレンジ、ぶどう、ももが入っています。

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食・フルーツ

マルシェで売られているかのようなディスプレイが素敵ですね!

丸ごとフルーツだけでなく、カットされたパイナップル、オレンジ、スイカもありました。

ルメリディアン ウィーン・朝食・デザート

右にあるのは瓶入りヨーグルトと、牛乳です。ヨーロッパの乳製品はまろやか濃厚で美味しいので、ぜひ味わっておきたい一品です!

実際にいただいたもの

実際にいただいたのがこちら♪

ルメリディアン ウィーン・レストランYOU・朝食

お客さんが並んでいたので写真は撮りませんでしたが、写真に写っているように、野菜ソテー、ウィンナー、グリルトマトなどのホットミールも用意されていました。

エッグステーションらしきコーナーもあったものの、私たちの訪問時はずっとスタッフさん不在のため利用できず。もしかしたら、時間が早すぎたのかもしれません(オープンと同時に訪れました)。

お味はもちろんのこと、品揃えのバランスもいいですし、全体的に美しく整えられているおかげで、選ぶ楽しさも堪能できました!

最後に

今回は、ウィーン観光にうってつけなホテル「ルメリディアン ウィーン」について詳しくご紹介しました。

オペラ座や旧市街に近く、ドリンク無料なのも便利でとってもよかったです。周りには美味しいレストランがたくさんあるので、食事にも不自由はしませんでした。

ヨーロッパでは、概して伝統を重んじた重厚なホテルが多い中、こちらはクラシカルでありながら、程よく現代風にアレンジされているため、初めてのヨーロッパ旅行にもとってもオススメです♪

ご近所にある「ホテルインペリアルウィーン」についてはこちらをどうぞ!

ルメリディアン ウィーン ホテル概要

ホテル名称 ルメリディアン・ウィーン
ホテルランク
マリオットボンヴォイカテゴリー 5(無料宿泊:30,000/35,000/40,000ポイント)
住所 1010ウィーンRobert-Stolz-Platz 1オーストリア
チェックインタイム 15:00
チェックアウトタイム 12:00
TEL +43 1 588900

ウィーン関連記事

以前は日系航空会社で行く場合、ドイツ等での乗り継ぎが必要だったオーストリア・ウィーン。

2019年2月17日にANAの直行便が就航(東京/羽田発)したため、日本人にとってもより身近でアクセスしやすくなりました!

ANAビジネスクラス特典航空券を使っての旅の様子は、ぜひこちらをご覧ください♪

オーストリア航空のラウンジについてはこちらをどうぞ!

ウィーンからの小旅行にオススメ!プラハ行きの特急電車レギオジェットについては、こちらで詳しくご紹介しています。

他のル・メリディアン宿泊記

マリオットボンヴォイ系列ホテルのエリート会員になる方法

ルメリディアン ウィーンは、マリオットボンヴォイ(Marriott Bonvoy)が展開する5つ星ホテルです。

今回は、マリオットボンヴォイの「チタンエリート(旧プラチナ・プレミア)」のステータスを利用してルメリディアン ・ウィーンに滞在しました。

このステータスを取得するには、基本的に何度もマリオット系列のホテルに宿泊しなければなりません。

例えば、チタンエリートであれば年間75泊。プラチナエリートでも年間50泊が必要です。この数字を見てしまうと絶対に無理だとしか思えませんが、私の場合は、特別な方法を使ってチタンエリートのステータスを取得しました。

その方法が「プラチナチャレンジ」です。

プラチナチャレンジとは

プラチナチャレンジは、通常よりも少ない宿泊回数でエリート会員のステータスを取得できるキャンペーンです。

上述のように、チタンエリートになるためには通常75泊が条件ですが、私の場合はたったの9泊でステータスを取得することができました。

現在、少し改悪されたようですが、それでも16泊でプラチナステータス(通常年間50泊必要)を取得することができます。かなりお得な制度ですよね。

プラチナチャレンジの参加条件

ただし、プラチナチャレンジには誰でも参加できるわけではありません。

参加条件は、すでに「ゴールド会員」としての資格を取得していること。

プラチナ会員の1つ下のランクであるゴールド会員でなければ、プラチナチャレンジに参加することができないのです。現時点でステータスを保有していない人にとっては、嬉しくない条件ですよね。

でも、大丈夫!

実は、マリオット/SPGのゴールド会員には簡単になることができます。「SPGアメックス」というクレジットカードを保有していれば、誰でも自動的にゴールド会員に昇格できるのです。

つまりSPGアメックスに入会すれば、いきなりプラチナチャレンジに参加することが出来るということ!

プラチナチャレンジの条件は予告なく変わることがありますので、事前に必ずご自身でも確認をお願いします。

SPGアメックスにお得に入会する方法

プラチナチャレンジの話を抜きにしても、「SPGアメックス」は魅力的なカードです。

自動的にゴールド会員に昇格できるため、最初の宿泊からゴールド会員向けの特典を受けることができます。例えば、お部屋のアップグレードやレイトチェックアウトもゴールド会員の特典に含まれています(一部対象外ホテルあり)。

また、SPGアメックスには、入会次年度以降、毎年1泊分の無料宿泊券が貰える(50,000ポイント以下のホテルで使用可)という非常に強烈な特典もあります。マリオットボンヴォイ系列のホテルに宿泊する機会がある場合には、ぜひとも入会しておきたいカードです!

SPGアメックスは年会費のかかるクレジットカードですが、紹介プログラムを使えば、お得に入会することが出来ます♪

宿泊記まとめ

これまでの宿泊記はこちらへどうぞ♪(リンク集)

陸マイルを貯めよう!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

トップへ戻る