【エグゼクティブラウンジ】駅構内の様子を見ながらくつろげるホテル ヒルトン・ロンドン・パディントン

ヒルトン・ロンドン・パディントンエグゼクティブラウンジ

ヒルトン・ロンドン・パディントンは、イギリスの首都ロンドンにあるパディントン駅に直結しているとっても便利なホテルです。

このホテルには、エグゼクティブルーム宿泊者と、ヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーが使える「エグゼクティブラウンジ」が設けられています。

エグゼクティブラウンジは、上級会員等を対象としたラウンジであるため、雰囲気も素敵ですし、無料で頂ける軽食やドリンクも盛り沢山。

今回は、私が世界一周旅行の途中で宿泊した際の、ヒルトン・ロンドン・パディントンのエグゼクティブラウンジの様子を詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

ラウンジ概要

エグゼクティブラウンジは、ホテルのパディントン駅側の入口すぐの所にあります。

ヒルトン ロンドン パディントン

営業時間は下記の通り。

営業時間 6:30-23:00
朝食 6:30-11:00
カクテル 18:00-20:30

実際には、朝食やカクテルの他にも、アフタヌーンティーが設けられていましたが、時間帯は公表されていませんでした。

室内の様子

エグゼクティブラウンジの室内は、赤みがかった木材が暖かく明るい雰囲気を演出しています。

ダイニングエリアにはテーブル席が設けられており、落ちついて食事を取ることができます。

ヒルトンロンドンパディントン

窓が大きく取られ、

ヒルトンロンドンパディントン

お茶を飲みながら、直結しているパディントン駅のホームまで見渡せるようになっていました。

ヒルトン・ロンドン・パディントンエグゼクティブラウンジ

大きな駅にたくさんの利用者が行き交っている様子をぼんやり眺めるのも楽しい一時です。

ラウンジの奥にはソファ席もありますし、

ヒルトンロンドンパディントン

仕事にうってつけの半個室も。

ヒルトンロンドンパディントン

それぞれのブースに電源、パーテーション、荷物置き場が付いていて、デスクも広く、なかなかの使い心地でした。

ヒルトンロンドンパディントン

ドリンク

続いて、終日提供されているドリンクをご紹介します。

まずは、コーヒーマシンにオレンジ&アップルジュース。

ヒルトンロンドンパディントン

コーヒーマシンでは、エスプレッソ、アメリカン、ホットチョコレート、カプチーノ、カフェラテ、モカの6種類を作れます。

冷蔵庫の中には、シュウェップスやミネラルウォーター。

ヒルトンロンドンパディントン

こちらのミネラルウォーターは、お部屋に無料特典として置いてあったのと同じHILDON。

ヒルトン・ロンドン・パディントン(Hilton London Paddington)は、イギリス・ロンドンにあるヒルトングループのホテルです。 ヒースロー国際空港からは、特急電車「ヒースローエクスプレス」を使ってたったの15分と、飛行機を降りてすぐホテルに直行したい時にも便利です。 パディントン駅に隣接(直結)しており、アクセスは抜群。ロンドン市内の観光にもうってつけのホテルでした。 今回は、パディントン駅からホテルへの行き方と、私が実際に宿泊したお部屋の様子をご紹介し...

もう一方の冷蔵庫には、オレンジジュースとコーラなどのソフトドリンクが収まっていました。

ヒルトンロンドンパディントン

スポンサーリンク

朝食

続いて、朝食。毎日6:30から提供されていました。

こちらはシリアルやミューズリー。ドライフルーツを好きなだけ入れることが出来ます。

ジャムは日本でもおなじみ、フランス製のボンヌママン。ストロベリーやマーマレードに加えて、蜂蜜の瓶もありました。

パンはデニッシュやカンパーニュなど、4~5種類はあったでしょうか。

ヒルトンロンドンパディントン

肉類も外せません。ベーコンとウィンナー。ウィンナーはハーブとスパイスが効いていて、外国の味がしました。

ヒルトンロンドンパディントン

こちらはハッシュドポテトとポリッジ。ポリッジとは、オーツ麦をミルクで煮込んだおかゆのようなものです。食物繊維たっぷりなので腹持ちもよく、日本でも健康志向の人々の間で密かなブームになっているんだとか。

ヒルトンロンドンパディントン

ケチャップやマヨネーズ、マスタードも小瓶で置いてあるのがなんともオシャレですね。

この他、ハムにチーズ、サラダ、ヨーグルト、フルーツと、外国には珍しく、焼き魚も。

ヒルトンロンドンパディントン

狭いラウンジながら、不足のないラインナップでした。

この日は、ウィンナー、ハム、ハッシュドポテト、焼き魚、サラダ、パイナップル少々、クロワッサン、ヨーグルトを頂きました。

ヒルトンロンドンパディントン

イギリスはあまり食事に力を入れていないイメージがありましたが、予想に反してかなり充実していました。

アフタヌーンティー

前述の通り、時間帯は案内されていませんでしたが、午後はカウンターに軽食が用意されています。

クッキーやプレッツェルにポテトチップス。

ヒルトンロンドンパディントン

そして、メインはこちらのサンドイッチ類です。

ヒルトンロンドンパディントン

チキンマヨ、ツナ、ハム野菜のサンドイッチと、レモンタルトが並んでいました。

日本の東京マリオットホテルや、ザ・プリンスさくらタワー東京等のエグゼクティブラウンジには及ばないものの、十分昼食代わりになりました。

ヒルトンロンドンパディントン

この瓶ジュースもフレッシュな風味で美味しかったです!

カクテルタイム

最後はイブニングカクテルのご紹介。この時間には、アルコール類が提供されます。

ビールは「Point」というメーカーのもの。IPAとアンバーラガーの2種類が置いてありました。

ヒルトンロンドンパディントン

Pointとは、1857年に創業したアメリカンクラフトビールメーカーとのこと。

IPAは苦手なので、アンバーラガーをいただきました。このトンガリ頭…妖精か何かなのでしょうか。それとも帽子かな?

ワインやジャックダニエル、ウォッカなどもありました。

ヒルトンロンドンパディントン

ワインはスペイン産「Casa ALBALI」のシラーズ(赤)でした。スペインやドイツで色々賞を取っている銘柄のようです。

食べ物はと言うと、ハムやチーズのカナッペ、ぶどう、チーズ。

ヒルトンロンドンパディントン

クラッカー、ドライフルーツ、カット野菜。

ヒルトンロンドンパディントン

ホットミールは、サモサとチキンティッカなどなど。ソースは魚とマンゴーチャツネがありました。味に保守的と言われるイギリスで、アジア系の料理が並んでいたのがちょっと意外です。

ヒルトンロンドンパディントン

さっそくお気にいりの駅が見える席で頂きます。

ヒルトンロンドンパディントン

味はそれなり(冷凍食品?)だったものの、冷たいものと温かいものそれぞれ用意されていたので、不足はありませんでした。ビールも飲みやすくて美味しかったです。

最後に

私の場合、ロンドン・ヒースロー空港に到着してから、そのままホテルに向かったので、こちらに着いたのは朝9時ごろ。

当然、部屋の用意はまだ出来ていないとのことでしたが、チェックイン前にラウンジに自由に出入りできるキーを頂けたので、とっても助かりました。

ほぼ終日何らかの食べ物が用意してあり、思い返せば滞在中の食事は殆どラウンジで完結。物価の高いロンドンではかなり重宝しました。

このホテルは、タワールーム宿泊者専用ラウンジが別にあるようですので、次回はそちらにも行ってみたいですね。

今回は、ヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーの資格によって、エグゼクティブラウンジを利用することができました。

ANAダイヤモンドとのステータスマッチで頂いた”なんちゃって”ヒルトンダイヤではありますが、取得した甲斐があったというものです。

ただし、ホテルのステータスは原則1年間だけなので、このステータスも来年3月で終了してしまう予定。

ヒルトンダイヤのお陰で、すっかりホテルステータスの魅力に取り憑かれてしまい、現在はマリオットとSPGのプラチナステータスを取るべくチャレンジ中です。

ホテル宿泊時に特別なサービスを受けることができる上級会員。 上級会員になるためには、原則として同じ系列のホテルに何回も泊まり続けることで、宿泊日数または滞在回数に関する条件を満たす必要があります。 具体的な条件については、ホテルチェーン・会員ランクによって異なるので、一概に何回泊まればOKとは言えませんが、例えば1年間で50泊以上の宿泊が条件となっていることも。 ですから、仕事で出張が多く、毎週のようにホテルに宿泊するような方でもなければ、なかなか上級会員にはなれません...

充実したホテルライフに必携!入会者急増中のSPGアメックスはこちらから。お得な紹介プログラムもご好評頂いています。

SPGアメックスに最もお得に入会するための方法である「紹介キャンペーン」の内容と利用方法について詳しく解説しています。SPGアメックスは年会費が必要なクレジットカードですが、実質無料で入会することができますよ。

今回のロンドン滞在は、陸マイラー活動で貯めたANAマイルを活用したファーストクラス世界一周旅行の一環です。

昨年から、ファーストクラスで世界一周に行く!と言い続け、もはやチケット取る取る詐欺のようになっていましたが、このたびようやく「ファーストクラス世界一周特典航空券」を発券しました!! マイルを使って発券可能な世界一周特典航空券、しかもファーストクラスに関しては、ネット上でもなかなか情報が見つかりません。実際に発券するまでは、本当に取れるものなのか、内心ドキドキでした。 この記事では、旅の計画から発券までの過程、実際に私が組んだ世界一周の旅程を詳しくご紹介していきます。これから予...

たった半年でファーストクラスも夢じゃない!効率的なマイルの貯め方はこちらからどうぞ。

初心者でも簡単に大量のマイルを貯めることができる方法を、ランキング形式で紹介していきます。航空会社のマイルは、貯め方さえ知ってしまえば、お金をかけずに貯めることができます。節約好きな方にもオススメです。

関連記事

先日宿泊した、ヒルトン・クアラルンプール。 このホテルには、ヒルトンではお馴染みの「エグゼクティブラウンジ」があります。 エグゼクティブルーム宿泊者またはヒルトンオナーズダイヤモンドメンバーしか入室することができない特別なラウンジだけあって、フリードリンクを頂きながらゆっくり寛ぐことができますし、時間帯によっては食事やスイーツ等も無料で提供されます。 とってもラグジュアリーで素敵なラウンジでしたので、以下で詳しくご紹介していきます。
今回は、クアラルンプール中心地にある「ダブルツリーバイヒルトンクアラルンプール」に一泊します。 ダブルツリーはヒルトン系列のホテルですので、ヒルトンオナーズダイヤモンドステータスの特典として、お部屋のアップグレードという制度があります。 以前、ヒルトン東京を利用した際には、2番目にいいお部屋にアップグレードしていただきましたが、今回はどうなるのでしょうか。 海外のヒルトン自体が初めてなので、お部屋やサービス内容もとても楽しみです!
新宿にある「ヒルトン東京」には、豪華なエグゼクティブラウンジがあります。 もちろん他のヒルトン系列のホテルにもエグゼクティブラウンジはあるのですが、その中でも特にヒルトン東京のラウンジは高級感のある素敵なラウンジです。 私はこちらのラウンジを利用するのは初めてでしたが、とても優雅な時間を過ごすことができました。 かなりオススメできる場所なので、以下で詳しく紹介していきたいと思います。
ヒルトン系列のホテルには、「エグゼクティブ・ラウンジ」なるものが設けられていることがあります。 一部の宿泊客のみが入室を許される特別なラウンジです。 エグゼクティブラウンジのメリットは、高級感のある素敵な空間でくつろげるところですが、食事や飲み物が無料で提供されるところに大きな魅力を感じている方も多いはず。
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク