instagramはじめました!フォローはこちら

【宿泊記】ザ・プリンス さくらタワー東京オートグラフ コレクションのエアウィーヴフロアに宿泊!マリオットゴールド/SPGアメックス<プラチナチャレンジ3泊目>

follow us in feedly

東京・品川駅ほど近くにある、ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフ コレクションは、西武グループのホテル・レジャー事業会社が運営するホテルで、もともとは1998年に「高輪プリンスホテル さくらタワー」として開業。

その後、2013年に改装し、世界的ホテルチェーンマリオットグループが展開する独立ブランド「オートグラフコレクション」に、日本のホテルとして初めて加盟したという経緯があります。

オートグラフコレクションとは、マリオットの中でも高級ラインに位置しているブランドのため、宿泊する日をとても楽しみにしていました!

今回は、とっても豪華で快適なお部屋の中をご紹介します♪

スポンサーリンク

プリンスホテルの最高峰『ザ・プリンス』

『ザ・プリンス さくらタワー東京』は、マリオット系列のホテルであるとともに、プリンス系列のホテルでもあります。

公式ウェブサイトの情報によれば、プリンス系列のホテルには大きく分けて3つのブランドが存在しています。

<1.ザ・プリンス>
プリンスホテルグループのフラッグシップホテル。価値あるものを知っているお客さまに心からリラックスしていただける特別なおもてなしと空間を。
<2.グランドプリンスホテル>
都市型ホテルに求められるすべてを。ビジネスでもプライベートでも、かけがえのないひとときが生まれる贅沢な空間が、そこにあります。
<3.プリンスホテル>
訪れるすべての方にほほえんでいただくために。個性にあふれた全国のプリンスホテルが、いつも期待を超えるサービスでお迎えいたします。

各ブランドにランクをつけるならば、ザ・プリンス>グランドプリンスホテル>プリンスホテルの順ですね。

品川にはプリンス系列のホテルが集まっており、今回宿泊する『ザ・プリンス さくらタワー東京』の他にも、『グランドプリンスホテル高輪』、『グランドプリンスホテル新高輪』、『品川プリンスホテル』があります。

それらの中でも『ザ・プリンス さくらタワー東京』は、最高級のフラッグシップホテル!

泊まる前からワクワクです。

3泊目は家族とプラチナチャレンジ!

9月某日、プラチナチャレンジ3泊目は家族と一緒に4人でお泊まりです。

お部屋は11階のエアウィーヴフロア

今回も最もお手頃な「デラックスツイン」を大人2人、子供2人(添い寝)で予約していました。

公式ホームページから予約した時点では 28,800円でしたが、ベストレート申請が認められ、21,000円ほどに値下がりしました。家族4人でと考えれば、なかなかのお値段ではないでしょうか。

マリオットのベストレート申請方法はこちらで詳しくご紹介しています。

さらに、マリオットゴールドステータスを持っていると、お部屋の空き状況次第でアップグレードしていただくことができます。

コートヤード・マリオット銀座東武ホテルでは、シングルからクイーンに上げていただきました。

今回はというと…

「サウスサイドデラックスツイン・11階エアウィーヴフロア」へアップグレード!

デラックスツインには変わりありませんが、普通のデラックスツインよりも優れた寝具「エアウィーヴ」が備わっていて、公式ホームページによれば、その料金差は4,752円とのことでした。

お部屋自体のランクこそ上がらなかったものの、個人的にエアウィーヴファンなので嬉しい限りです♪

エアウィーヴとは?

エアウィーヴは、トップアスリートや著名人など、眠りにこだわる多くの方々に愛用されている新次元マットレスパッドです。適度な反発力と優れた体圧分散性が、眠りの質を高めてくれるのだそう。

<特徴1:寝返りが楽>
復元性の高いエアウィーヴ素材が、就寝時の体の動きにスムーズに反応して反発する
ため、楽に寝返りができます。自然な寝返りを妨げないことで、熟睡をサポートします。

<特徴2:優れた体圧分散>
三次元状に絡み合ったエアウィーヴ素材が、あらゆる方向から体を支え、体圧を分散。
一点に体重が集中しづらいため、体に負担がかかりません。

理系マイラー
理系マイラー

すごく寝心地よさそう!

ホテルでは熟睡できないことも多いので、エアウィーヴ期待大ですね♪

お部屋は5110号室

 

本日のお部屋は、11階5110号室です。

同じ敷地内にある「グランドプリンスホテル高輪」および「グランドプリンスホテル新高輪」と同じシステムでお部屋を管理しているらしく、さくらタワーのお部屋には、最初にすべて”5”が付いているのだとか。

さっそく中に入ってみましょう。

ドアを開けると、このような感じになっていました。

左手の鏡張りのドアはトイレ、並びにクローゼット、右手がバスルーム、そして正面が居室です。

トイレ

まずはお手洗いから。数年前にリニューアルされたばかりとあって、とても綺麗。手洗い場も付いています。

写真には写っていませんが、緊急用の電話機も備えられていました。

クローゼット

クローゼット内には、ハンガーと消臭スプレー、アイロン、アイロン台、スリッパ、靴べら、靴磨き、洋服ブラシ、スリッパ2足。

この他、大人用のパジャマも。

子供用のアメニティは、後から持ってきていただきました。

浴衣と歯ブラシ、可愛いスリッパに2人とも大喜びでした♪

バスルーム

続いてバスルーム。

洗面台とジェットバス付きの浴槽、そして奥にはシャワーブースも。

大人の分のバスローブと、人数分のタオルも置かれています。

バスアメニティ

用意されていたアメニティはこちら。

シャンプー、コンディショナー、シャワージェル、ボディローションです。

メーカーは日本の「ペリカン石鹸」でした。何気にファンなので嬉しい!

家族4人分にしてはちょっと少ないかな?と思いましたが、よく見るとシャワーブースにボディローション以外の3点が置いてありました。これだけあれば安心ですね。

隣の箱には、ボディタオル、歯ブラシ、カミソリ、ヘアブラシ、シャワーキャップ、石鹸、レディースアメニティ(コットン、ヘアゴム)。

さらに下にはバスミルク(ヒノキ&さくら)と綿棒。

一番下にビニール袋が入っていました。バラエティ豊かな品ぞろえです。

洗面台には、手拭きタオルとドライヤー、

そして手洗い用の石鹸が。こちらもペリカン石鹸製のものです。

「さくらウッディアロマ」と書かれています。日本らしい、ほのかで奥ゆかしい香りでした。

スポンサーリンク

ベッドルーム

肝心のベッドルームはこちらです。全体的にアースカラーで落ち着いた印象。

ベッドは確かに快適な寝心地です。しっかりエアウィーヴである旨の案内表示もありました。

正面にはデスク、チェア、照明器具、コーヒーメーカー、ミネラルウォーター(2本プレゼント)等々が。

テレビが結構大きくて(50インチ)、テレビっ子の夫は大喜びでした。

デスク上には、LANケーブルや携帯の充電器、

折りたたみ式の鏡、

デジタルオーディオプレイヤー、

そしてキューリグのコーヒーメーカーが置かれています。

キャビネットの中身は…

1段目に無料のコーヒーやティーバッグ、カップ、グラス。

2段目が有料のスナックやアルコール類。

開きには冷蔵庫が収まっていました。

これらの他、窓辺には空気清浄機も完備。

ダニアレルギー揃いの我が家には欠かせないもの。高級ホテルらしく、充実した品ぞろえですね。

お部屋からの眺め

5110号室は「サウスサイド」の名の通り南を向いており、窓の外には残念ながらこれといった見所はありません。

廊下を挟んで反対側は東京タワーが見える「タワーサイド」なので、いつかはそちらに泊まれたら嬉しいですね♪

ただ、近くに目立った建物がない分、圧迫感もなく落ち着いて過ごせるかと思います。

最後に

今回は大幅なアップグレードこそ実現しませんでしたが、家族4人21,000円で泊まれたわけですし、設備やインテリアも高級ホテルの名に恥じない質の良さで、とっても満足いく滞在となりました!

特に、ホテル大好きな夫がものすごく気に入ってしまったらしく、「必ずまた泊まりたい!」とのこと。プラチナチャレンジ中にまたお世話になることは確実です。

お部屋の中ももちろんのこと、エグゼクティブラウンジや、日本庭園も素晴らしかったので、今から次回の滞在が楽しみでなりません!

マリオットゴールドステータスを簡単に獲得するには?

マリオットホテルでアップグレードなどの各種特典を受けられるゴールドメンバーになるためには、本来年間25泊もの宿泊実績が必要ですが、「SPGアメックス」というクレジットカードを発行すれば、アカウントにマリオットリワードを紐付けするだけで到達することができます。

私も、すでにSPG会員だった夫の紹介でカードを発行しました。

年会費3万円超と少々お高めのカードではありますが、紹介プログラムを利用して入会すると、最大36,000マリオットリワードポイントが貰えます。

その上、次年度以降は毎年一泊分の無料宿泊も付いてくるため、年会費以上のリターンを見込めるカードなのです!ホテルステイが好きな人なら必携の一枚と言えるでしょう。

ご希望の方には、喜んで私から紹介させていただきますので、どうぞお気軽に紹介依頼フォームからご連絡ください。折り返し専用URLをお送りいたします。

通常24時間以内に紹介URLをお送りしております。もし2日経っても応答がない場合は、ご入力いただいたメールアドレスに誤りがあった可能性がありますので、大変お手数ですが再度ご送信頂ければ幸いです。

SPGアメックスと紹介キャンペーンについての詳細はこちらをご覧ください。

プラチナチャレンジとは?

私は現在、たった9滞在でマリオット最上級のプラチナステータスを取得できる「プラチナチャレンジ」に挑戦中です。
プラチナステータスには、ゴールドよりも一段階上のアップグレードが見込める他、色々なメリットがありますので、ご興味のある方は是非こちらの記事をどうぞ。

2019年現在は、16泊でプラチナ達成と条件が変更になっています。

関連記事

他ホテルの宿泊記はこちら。

陸マイルを貯めて気軽に旅に出よう!

そんなに旅行出来ないし、ホテルステータスがあっても使う機会がなさそう…という方には、陸マイルを貯めることをオススメします!

航空会社のマイルは、飛行機搭乗やクレジットカード決済ではなく、ポイントサイトを使うことで大量に貯めることが出来ます。具体的な方法はこちらをどうぞ。

我が家はこの方法で、お盆・正月は必ず家族全員で宮崎に帰省するほか、海外旅行にも毎年複数回出かけられるようになりました!

2015年12月 陸マイルを貯め始める
2016年7月 ANAビジネスクラスで大人3名フランス・ドイツへ
2017年2月 長女と大阪日帰り旅行
2017年6月 スターアライアンスファーストクラス世界一周の旅
2017年11月 家族4人ANAビジネスクラスでシドニーへ
2018年1月 家族4人ANAエコノミーで台湾へ
2018年3月 ANAエコノミーで上海へ
2018年5月 JALどこかにマイルで家族4人福岡旅行
2018年6月 ANAビジネスクラスで母娘パリ旅行
2018年10月 家族4人で京都大阪
2018年10月 次女と2人で宮崎
2018年10月 JALエコノミーでホーチミンへ
2019年1月 家族4人ANAビジネスクラスでホノルルへ
2019年3月 JALエコノミーで香港へ
2019年4月 次女と2人JALエコノミーで香港へ
2019年4月 家族4人JALで大阪へ
2019年5月 エミレーツ航空ファーストクラスでドバイへ
2019年5月 家族4人JALエコノミーでグアムへ
2019年7月 長女と2人ANAビジネスクラスでウィーン(+プラハ・ブラチスラバ)へ
2019年11月 ワンワールド特典ファーストクラス航空券でヨーロッパ周遊
※国際線の場合、マイルで補填できる航空運賃の他に諸税がかかります。

マイルを貯めて、気軽に旅行へ出かけましょう♪

 

トップへ戻る